今年の夏ほど工作できてない夏はないだろうなと確信してますakicyanです。

 

外付けHDDがダメになった時点で相当の覚悟はしてましたが、想像以上です。まさに危機的に忙しいです(笑)

 

そんなわけで悲しいことに、ブログを書くためのネタがもう3週間分ほどないです(笑)

 

なわけで、今日は『お仕事のリスク』ってのを掘り下げてみようと思います。

 

この今の状況の元凶は、全てあの忌まわしき外付けHDDのせいなんですけど、画像の保存やデータの保存に関しては、もう全部さくっとドロップボックス使って保管しちゃおうという方向で今は何とかしてます。

 

問題はそっちよりも、完全に失われた発注用のデータ類。価格も含めて発注時に別の発注書を新たに修正して作り直して発注というような方法を繰り返しているため、とにかく1つの発注に異様に時間がかかるわけですね。

 

G PARTSというお店がほかのショップさんなんかとかと違う点は、たぶん個人店ならではの小回りの利く部分だと思うんですが、これはいくつもの問屋さんやメーカーに発注する頻度と量が恐らくムチャクチャ効率的だったんだと思うんです。多分です。

 

ところがこういった面倒な発注作業を効率的にやってきた肝の部分を全て持っていかれたわけで、これに影響が出るということは、そのまま他の作業(運営上のメール返信作業をはじめとする受注業務全般、梱包、出荷作業などなど)も全て足を引っ張られるわけです。

 

その結果、これまで何とかその仕事の合い間合い間にやってきた模型工作なんかははっきり言って全く出来なくなりました。あと問題は溜まりにたまっている新入荷品のUP作業、これもほぼ、通常業務の合い間にやっていたといっていいんですが、これもほとんど出来ていないわけです。

 

この状況を踏まえて今年はお盆休みをなくしましたが、今度は体力的にキツイ(笑)

心配だったので、予め臨時休的に8/22(月)~23(火)をお休みにさせてもらってたわけですが、これでなんとか少し一息つけると思います。(仕事以外のことも色々押してて大変なんですわ~)

 

最近思うのはやはり、積み上げてきたものを今後どう管理運用するかという点。

 

危機管理は割としっかりやってきたんですが、一元管理の危険性をいやというほど思い知らされた今は、逆に何も信用できなくなりました。

 

外付けHDDのように壊れてただの箱になってしまうものを再び仕事で使う気はないわけですが、これ例えばスマホで何でも出来ちゃう、何でもやっちゃってたなら、じゃあスマホダメになったらどうすんのっていうのと同じで。

 

リスク分散の点からいったら、手段を変えていくつかの目的を達成するしかないんですよね。

 

最近は固定電話をもってる方もずいぶん減ったんですけど、スマホがアウトになる可能性を固定電話で回避したり、さらに様々な連絡先がとんでしまうのでアドレスや連絡先を手帳に保管したり。

 

つまり別の手段を使う危機管理の場合、二元管理程度でできるものではなくて、三元、四元の管理が必要になってくるわけで、これの運用の面倒さと煩雑さは考えたらすぐ分かりますよね。

 

便利なものに頼るというのは、逆に実にリスクの多いことであるということです。

でも、これはある程度頼らざるを得ない。頼って初めて、スムーズな運営というのが出来てるんですから。

 

つまりこういった便利さの中に潜むリスクをギリギリで回避しながら仕事をしていくのが個人のネットショップ運営というやつです。

 

とりあえず、オーダーを頂いたお客様にきちんと商品をお届けするための作業が出来なくなったらもうそれで終わりだと思ってますので、その最終ラインまでは今のところ問題ありませんが、それこそ吹けば飛ぶような個人商店ですから、常に正念場を意識してなくちゃなりません。今年の夏はまさしくその正念場の中の正念場です。

 

時代の波は『個人の時代』になったと以前書きましたが、SNSを使って簡単に情報発信・拡散ができる今はこれ当然のことなんです。言ってみれば企業のサイズとかに関係なく、誰もが同じスタートラインに立ってるということなんです。

 

でもそこから一歩先踏み込んでみたらどうか。

 

地雷のように隠れた破壊的なリスクを、どうやって見極めるのか。

 

つまりこの便利な時代に隠れているリスクと対峙することや、その対策を予め準備しておくことに意識を向けると、これもまた別の意味で仕事に繋がる何かだと思いませんか。

 

これに気がつけたことが自分にとって今回の危機的状況の中での大きな収穫です。

 

 

さて、そんなヤバイ状況の中で新商品も出すには出した!!

 

スジボリ堂 - 微美鬼斬(各種)

 

 

既存の鬼斬シリーズの、細身タイプだと思ってください。ぶっちゃけちゃんと使えてはいないので、どうだこうだは残念ながら書けませんが、いずれ使ってきちんと書かせていただきます^^;

 

シタデルエッジシリーズ

 

 

これは明るくなるエッジ部分に色を乗せる目的で作られたシタデルカラーシリーズの中でも今までになかったレベルの非常に明るいカラーシリーズ。パステル調の明るさが目にくる!「(´∀`*)ちゃんと先週の約束守ってるよ!(笑)

 

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

AD

ええ、お盆休みは今年はですね、諸般の事情で一週間ずらしましたどうもakicyanです^^;

 

あ、以前お伝えした夏のプレゼントキャンペーン、実はグッズ(というか商品品質)が後から大量に届きまして。で、もう一回仕切りなおして先週から再開してます!

 

 

以前と差し上げるルールが変わりましたので、よ~~く読んでからご注文ください!今回から、1,080円以上で各1枚づつ、3枚まで一度に差し上げることができます!(´∀`*)ノ

※ただし商品をカートに入れないともらえません。

 

実はこのキャンペーンのおかげで毎日、8月とは思えない異常な数のオーダーをいただいてましてホントうれしい限りです!

 

まだいっぱいあるので、特に今まで当店を使ったことのない方や、ハイキューパーツさんの商品を手にした事がない方などにも是非お試しいただきたいと思っています^^

 

さて、今日はお盆なので本来ならお休みしてるんですが、とにかくなんだかんだでやることが全く進んでない!模型はもちろん全く進んでない!!ヒジョーにストレスフルな毎日を送ってます!

 

で、ついにアリオウスガンダムに色を乗せ始めましたよ!!というか今回はシタデル - レトリビューター・アーマー スプレー(400ml)を贅沢に使って(切腹して)!!

 

シタデルスプレー、以前のアイギスでシルバーとグレーを使ってるんですが、今回はゴールドという。。。人柱にも程がある(笑)

 

 

グレーが以前も使用したシタデル - メカニカス・スタンダード・グレイ スプレー(400ml)、これはそのままでも非常にいいんですが、ゴールドが画像のような感じ。やや赤みの強い赤金という感じなんですが、ほかの一般色のシタデルと比べると少々粒子が粗く感じるかもです。

 

これはシタデル - リードベルチャー スプレー(400ml)でも感じたんですが、シタデルカラーのメタリック系の全般的な特徴かも知れません。

 

 

個人的にはギラギラのホイルカラーみたいな金や銀はあまり好きではないので、こういう汚しや深みを出す下地用のカラー、嫌いじゃないんですが、やはり好き嫌いの分かれる部分ですね^^ まんまですと粒子の粗いほうにどうも目が行ってしまうので、上に色を乗せて深みを演出するベースカラー本来の仕事をさせたほうがいいなというのが使ってみた感想です^^

 

※実は少々進めていて、HDDすっ飛んでなければある程度画像取り貯めしてたんですがスミマセン。。

 

さて、今週はなんとか溜まってしまった新商品に手をつけないとだぞ!

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

 

AD

まだ若くしてキャリア途上ななか期せずして故人となってしまった彼のために、私ごときでも何か出来ることはないか考えた時、書くことしか出来ないので、できるだけ書いておこうと思います。

 

先月6/7(火)、浜松在住のプロモデラー、MASATOさんが37歳の若さで急逝いたしました。死因は白血病です。


ブログ:SOUL ART ツイッター:MASATO D


彼とは最初、お店のユーザーさんによくいらっしゃる浜松の方がいるなぁということがきっかけでした。その後、ツールについてのいろんな質問も頂き、しょっちゅうメールでやり取りをしていました。

その後、私が参加した浜松ジオラマファクトリーのボランティアで2013年開催の第二回浜松ジオラマグランプリ開催にあたって、メンバー不足に悩んでいた当時に、彼にボランティアへの協力を呼びかけた際に初めて会話をしました。

 

当時から模型紙面に少しづつ作品を掲載され活躍の場を広げていってましたが、快く引き受けてくださり、その結果関係各所への連絡やその人脈をフルに活かしてジオラマグランプリ成功に大いに貢献してくれました。もちろんグランプリは大変な盛り上がりをみせて大成功。
翌年第3回のグランプリでは、先年の反省点や、またさらに活躍の場を広げた彼が中心となり見事な音頭を取ってがんばっていたことを覚えています。

 

 

その後、彼の名前をメジャーにしたこの浜松駅周辺をジオラマ化した作品と画像がネット上で話題となり、めざましテレビなどのメディア等への出演も果たして、さらにその活躍の場を広げていっていました。

 

 

また、このまるでジオラマには見えないこの倉庫とゼロ戦の作品も多くの方から支持を受け、まさに彼の代表作といっていい作品となりました。

 

その後、彼主催のワークショップをお手伝いさせてもらったり、そこで使う素材を提供させてもらったりということもあって、仕事仲間としても欠かせない人物になりました。(下のワークショップの際の画像は私が撮ったものです)

 

元気だった頃のMASATOさんです。

 

入院したのは2016年の2月。長期の入院生活が予想される状況で、入院前、あまり周りに言わないで欲しい旨、私にも連絡をくれましたがあまり多くの方に心配をかけるのが嫌だったんでしょう。人には非常に気を遣うくせに、自分は気を遣われるのをどこか嫌うところがありました。

5月のホビーショーの時期には再びツイッターなどに顔を出していたので、私も「ああ、大丈夫そうなんだな」と軽く考えていまた気がします。

 

※ここからは伝聞です

そのホビーショー開催の頃にはやや体調も安定し、一時退院までできたのですが、その油断からか免疫力が低下していた状態から肺を悪くし、その後容体が急変。急激に病状が悪化してしまい、そして6/7の深夜、ご親戚とごく近しいご友人に看取られ永眠されました。

 

ご両親やご兄弟がおられない為、葬儀については急逝後すぐ市内の葬祭場にて直葬という形で執り行われ、その後、ご親戚とともに近しいご友人らが、彼の遺した様々なものを整理しながら、つい最近までどういった形で彼の急逝についてお知らせするべきかを考えておられだそうです。

 

私の耳に彼が亡くなったらしいという話が耳に入りましたのもごく最近7/3(日)です。その後大急ぎで周辺にコンタクトを取って確認しました。その後、その日のうちに彼の家に行き、線香をあげ、入院後以降の彼の様子や詳しい話を聞かせてもらいました。

が、どこからかフェイスブックなどで少しづつ、彼が急逝した件についての事実が広まったため、相談した結果、亡くなった事実についてきちんとお伝えし、またその後のこともそれによってある程度解決できることもあるだろうとその日のうちに急逝の事実を私のツイッターで正式にお伝えしました。

 

ただ、仏壇に線香を上げた私ですら、今こういった形でブログに書いていてようやく実感が少しづつ沸いてきているような状態です。未だ、きちんと腑に落ちた気がしていません。

 

でも、彼のことをきちんと書いておこうとブログを改めて拝見していたら、ウチのお店の商品を使った記事では、その都度リンクを貼って紹介して下さっていたり、街のジオラマの中にこっそり「Gパーツ セール中!」などといった垂れ幕を紛れ込ませたりしてくれているのが書き込まれていて、これを見ていたら思わず涙が流れてきてしまいました。

 

きちんと話をし始めてからまだ数年も経っていませんでしたが、どこか人付き合いが苦手で、意固地なところもあった彼が、次々と人脈を広げて、モデルグラフィックスやスケールアヴィエーション等の紙面を飾っていくたび、まるで弟が成功していくがごとく嬉しかったので、本当に、本当に残念でなりません。

 

 

現在、彼の遺した作品を今後作品展などで展示する機会を作りたいという声を数多く頂いています。

 

また作品そのもののをできれば後々にもきちんと残るようにしていってあげたいという周辺の声もあり、今、彼の遺品の整理などをしてくださっている方ががんばってくれています。

 

私は、自分自身の利益に関係なく、ボランティアに参加をしてくれた彼に今でも感謝しています。本当にありがとう。その後何度か彼と話した際、『オレ、akicyanブログを見て、あ~いいな模型やっぱいいなと思ったんだよ!』と笑いながら話してくれたときの彼の顔が、今でも忘れられません。

 

 

 

**********************【7/12(月)加筆】**************************

 

◇里親様募集◇

先日、訃報をお伝えしましたプロモデラーMASATO氏の愛犬・愛猫の二匹をもらっていただける方を募集中です。(できれば2匹とも譲り受けて下さる方を希望します)

 

訃報でもお知らせいたしましたが、MASATOさんはご両親・ご兄弟がいらっしゃらないため、現在ご親戚とご友人が身辺の整理を進めています。

 

二匹のペット達については、彼の入院時から彼に代わって面倒を見ていたご友人が引き続きケアをしている状況ですが、残念ながら引き取れない諸般の事情があり、今回里親様を募集させていただくことになりました。

 


 

 

■アリアさん (チワワ犬)

チワワです。 男の子、11歳くらいです。

性格は寂しがりやで、寂しいときやかまって欲しい時などは鳴きますが、基本しょっちゅうほえることはありません。

首輪はあまり好きではないようで、すると機嫌がよくないそうです。 抱っこは好きじゃないそうで、どうしても抱っこする際はゆっくりやさしく抱き上げてあげて欲しいそうです。体を撫でられるのは大好きだそうです。

 

トイレはトイレシートの上でほぼ用をたします。うんちは、家の庭でしています。窓を開けると庭に出て用をたして帰ってきます。

 

心臓に持病があります。少し血圧を下げる薬を1日1回、夕方に飲んでいます。

飲ませかたは、ささみジャーキー1本をブロック状に切って、そこにたてに切れ目をいれ、お薬をはさむだけでOK。口元に持っていくとすぐ食べてしまうそうです。

残りのジャーキーはおやつとして、スティックパン半分とあわせてあげていいそうです。

 

ドッグフードは7歳以上、チワワ用というのを1日1回継ぎ足しであげていて、お水は1日1回交換。ゲージも備品としてセットでお渡しできます。

 

■ミーアちゃん(猫)

女の子、11歳以上とのこと。

なでられるのも、抱き上げられるのも好きで、かまってほしいときは鳴くそうです。ひっかいたりもしない、おとなしい子で、基本的に紐でつないで飼っていて、ごくたまに紐をつけたままお庭を散歩する程度だそうです。

 

用をたすのはトイレ用のケースに猫砂を入れてあり、そこで必ずするようにしつけできています。 寝る場所はケースに毛布を入れておいておけばそこで寝るそうです。

 

※以前の名前が聞き伝えの名前であったため、本当の名前を彼のスマホ内のデータから確認し、正しい名前に変更させていただきました(8/7)


 

二匹とも大変仲が良く、画像のように一緒にいることも多いそうで、やはりできれば2匹共かわいがって下さる里親様を探しています。

 

二匹は現在、彼の家にいます。ご友人とご親戚が交代で面倒を見ており、諸般の事情を含めよくご理解いただき、こちらまで引き取りに来てくださる方を希望しています。ダイレクトメッセージなどでご連絡先等をご連絡頂ければ、ご連絡差し上げます。ご質問等もありましたらお気軽にお寄せ下さい。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

**********************【8/7(日)加筆】**************************

 

 

本日、無事二匹のペットたちはおかげさまで新しい里親様を見つけることができました!^^
 

 

犬と猫なのに(偏見?)とても仲がよく、離れ離れよりできれば二匹一緒にという希望もあったため、なかなかうまくお話をまとめられず、今回のご報告までに時間がかかってしまいましたが、まずは1匹だけでも、という気持ちで改めてご相談をさせていただこうという矢先に、本当にうれしいお申し出をいただきました。

 

長瀬様、二匹のことどうぞよろしくお願いいたします^^
https://www.facebook.com/shigeyo.nagase/posts/817032135099455

 

そして今回のご縁を繋いでいただきましたアナベル・サトーさんには感謝の言葉しか見つかりません。

 

というわけで仲人(命の恩人)さんから逃げるミーア姫

 

 

この暑さの中、MASATOさんのお墓に報告までしてくれたのにこの恩知らず(笑)

 

・・・でも二匹とも引き取られていくという空気を察したのか、ミーアさんは我関せずという余裕の体でありながらやや神経質に、アリア君はリビングに集まった一堂に一人ひとり愛想を振りまいては顔色を伺ってという感じがしました。やはりこれからの不安があったんでしょう。

 

でも、里親様家族総出でのお出迎えに、実に素直にケージに入って旅立っていきました。

 

優しい家族の皆さんに囲まれて、今まで以上に幸せな日々を送って下さい。MASATOくん、良かったね^^

 

・・・それから、もうひとつ報告があります!

 

有志のモデラー様が他のご尽力で、MASATOさんの作品の追悼展示会開催が決まりました!

 


・開催日:2016/8/26(金) ~ 9/25(日)

・時間:10:00~20:00


・ザザシティー 西館1F(ユニクロ前)


・入場料金:無料

・展示内容:模型誌に掲載された作品+プライベート作品

 

※8/26(金)~8/28(日)までは浜松ジオラマグランプリ期間です。ぜひグランプリと同時に、お越しください。
 

※追悼展示期間後はメモリアルコーナーとして一部作品が浜松ジオラマファクトリーの方に一定期間展示される予定です。(こちらは浜松ジオラマファクトリーの入場料が必要)

 


 

ぜひ、彼の遺したさまざまな作品を浜松に見に来てください!^^

 

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

AD