久しぶりにツールレビューガッツリ行きますどうも「今日は」気合が入ってますakicyanです^^
何しろタイトルが「使ってみた」じゃなくて「使ってみよ」(笑)
 
その本意は最後まで読んでもらえばいやでもわかります。
いや、いつも入ってはいますヨ気合い。でもね肩の力は抜かないと、面白いもんが書けないでしょ(笑)
 
さて、日々増え続ける新たな模型用のツールやマテリアルなんですが、今のように専用ツールがほとんどなかった頃というのは、代替ツールとして様々なものを使ってきたんですけども、現在でも「本当は○○用のツールなんだけど、模型用として使える」ものがたくさんあります。
 
そういったものは、もちろんGPARTSにも沢山あるわけなんですが、その中の一つにSHAVIV(シャビーブ)- プラムバー(プラ棒・パイプ用エッジ処理工具)というのがあるんですね。
 
実はこれ、元は建材の塩ビ管や金属管などを削るパイプ用のリーマーというやつで、実際模型用として使用できる利便性が非常に高くて導入し、大変人気があるツールなんですが、便利な中にも模型専用ではないが為の決定的な弱点がありました。
 
簡単に言うと、高さが1cm以下のパイプや棒、スラスターなどの小さい部品の外縁周のエッジ処理が大変やりにくいという点です。
 
これはなぜか。
 
ちょい画像を使ってご説明します^^
 
 
 
 ここにエッジ処理をしたいなっていうこんな部品があるとしましょう。それぞれのサイズは画像の通りです。
 
まぁ模型ですから、こういうサイズ十分ありがちです。ちなみに15mmの高さのスラスターは、1/100サイズキットから拝借したもの。これが1/144用とかになりますと、あまりに小さすぎて話にならないので今回はこれをサンプルにしました。ちなみに後ろの赤いのがプラムバーです。
 
これらの部品の外縁周を削って、例えば図のようにしたいとしましょう。
 
 
ところが・・・・パーツをつまんで指先は入っても、パーツを上手く回せないんです・・・
 
 
横から見ると、右図のような感じですね^^
 
つまり、画像のような小さい部品の外縁周を削るにはV字状のすり鉢状の内部に指を突っ込んで回さなきゃならんわけですが、小さすぎてまわせないわけです。
 
単純に部品をCSIクレオス - Mrピンセットパーツホールドやラジオペンチなどでつまんで作業したらOKだと思うんですが、感覚的にこれがやりにくい(笑)
 
そこで満を持して登場するのが模型用パイプリーマーともいえる今回の新ネタ、シモムラアレック - ピンホイールです!(なんかTVショッピングみたいになってきた)
 
 
これ、見ての通りプラムバーのような外部の樹脂の持ち手部分がありません。刃部むき出しです(笑)ところがこれが弱点を克服する模型用としての特徴。
 
この刃部をじかに手で持ってこのように小さいものでも簡単に処理することができるんです!(∩´∀`)∩ヤリィ~♪
 
 
更に、内周部については本体エッジ部分が、それぞれ異なる様々な角度でカットしてあって、それがすべて刃付けされているという特殊凶器(笑)のようなツール。でも別に見た目怖そうにしたかった訳じゃないよw(タブン)
 
これ、この異なる角度を使えば、スケールやパイプの太さ等によってスクレービングの角度も変えられるという優れた機能を具現化してるんです。
 
例えばやや太めのパイプの場合と、細目のパイプとでは当然こんな風に違いを出せます。
因みに左はWAVE - プラ=パイプ(肉厚) の直径6.0mmを使いました。高さは14mmくらいと、プラムバーだとギリギリ処理できるレベルの高さです。
 
右の水色のほうは一応比較で画像を作っておいたんですが、小さいがためにちょい処理が下手だった(苦笑)ので、商品画像ではボツになりましたが、直径4mmの肉厚のパイプ。
 
先端にこれだけ寄って撮ってるので、どうしてもちょいがたついて見えるんですけど、かなり細いですから、自分で言うのもなんですが普通に見た感じではものすごくきれいに処理できてますヨイヤホント(笑)
 
異なる角度の内周処理用の刃を使い分ければ、全くサイズの異なるパイプやスラスターの内周部も好みのカタチに処理できると、こういうわけです^^
 
このツールのこだわりは、模型用に使われる市販パイプや一般的な小型のスラスターといったものの処理を専門でできるように、サイズ調整をしてある点。パイプや棒の外縁周の処理用の刃は直径15mm程度まで処理可能にしてありますから、エバーグリーン プラパイプ(各種)の最も直径の大きなものもOK♪

ちなみに処理する際は、ページにも書きましたが、本体を利き手で持って、部品を反対の手で固定し、本体側をくるくると半回転さすようにして処理してください^^ こうするときれいに処理できます。
 
と、こちら実は昨年の秋のホビーショーで先行販売されたんですが、恐ろしい数出たそうで(笑)実は私がサンプルで使ってるのは、先行販売のほうで、この時の品より若干部品の強度UP用にパーツ改良が加えられて今回の本販売となっています。
 
ちなみに、初回入荷は24個(!)即日完売でしたので、すぐ翌日18個、更に2日で完売でまた追加!>< と、有難い仕入れ連鎖でちょい気が遠くなりそうでした(笑)
このツールなんでこんなに一生懸命なのかというと、思い入れがありまして、実は私、このツールの初期構想をシモムラさんにご相談して、なんとか具現化してくれぇとねだった本人です(笑)ええ、全責任は私にあります(エ
 
とにかく今後もしっかり仕入れをしていきますんで、どうぞお近くのお店になかったらGPARTSで!他の商品もやってますけど、これに関しては可能な限りしっかり品揃えしておく努力をしますので、ぜひ!(ウルサイ)
 
※ちなみにプラムバーはプラムバーで、あの赤い持ち手は使いやすいんですよね(笑)なので、いまだ長いパイプの処理には現役だったりします^^ ツールは使いようです!
 
 
AD
さて、本体も大概煮詰まってまいりました(笑)そろそろ武器でも作って気分転換と行きたいところ。
 
 
これねー。こんな自分の体の半分もあるような武器な、そういえば前に作った1/60 ハイパー・メガ・ランチャーレベル。もうどっちが主役なのってレベル(笑)
 
形状もすさまじいんですが、全部プラ板で作ろうが片方だけプラ板積層削ってレジンで複製取ろうが(やらないけど)、恐らくこりゃ相当重くなるよね。。。。
 
まぁ分かっちゃいますが考えてても始まりません、とりあえず手を動かしちゃいましょう。
 
 
一応、サイズは上のキューズQさんのキットの画像をもとに大体の大きさに合わせて、片面の形をエバーグリーン プラシートホワイトプレーン1.0mmにラフ書きしておきます。
 
で、ドラパス - スケールカッター・コンパスでこれに合わせた位置でサークルカット。楕円形状の中空部分は完全に手書きです。1枚を型にして、同じ厚みの板を片側だけで4枚作製します。
さらにその4枚をHunbrol(ハンブロール)- Liquid poly (リキッド ポリ) (強力流し込み接着剤)を使って張り合わせます。こいつ、多少接着に時間はかかりますがよく引っ付いてくれますのでプラ板スクラッチには結構使います^^
 
 
カット後のプラ板(刃部)なんですがまぁこんなもんです(笑)
 
自分の場合、最初のプラ板カットなんて原版以外相当適当です。1枚はきれいにサークルカッターなどを使ってカットして、残りの3枚はシャープペンで周囲をなぞってENGINEER(エンジニア) - 鉄腕ハサミ(厚手プラ板カット用)でザクザク切るだけの非精密工作(笑)
スミマセン参考にならなくてw
 
でも勝負はここからだ!
 
 
必殺、力技始めます。刃部は4mm厚と非常に太く、切削量と面積が広いため、使用するのは未だに力技作業に人気のある五万石 - プラスチックヤスリ(P1)シモムラアレック - シャインブレード16 (ステンレス製ヤスリ)です。上の画像はP1を使ってやってますが、ここからさらに削るには結構体力が(笑)で、途中からシャインブレードにタッチ。
 
こういう工作は、カーブのところなのでどのみちヤスリ掛け必須ですから、カットの最初から全力できれいに作ってもあんまり意味がないと思ってます。疲れちゃいますし、楽に行きましょうよ楽に(笑)
 
 
中空部と刃部以外のカーブは樹脂用ジルコニアロータリーバー 砲弾型(ミディアムカット)を使って整えていきます。丸い穴の開いてるところはやっぱしこれ京商 -SPナイフエッジリーマープラス。これでほぼ3分です。
こんな厚みとサイズをドリルなんかで削ってたら日が暮れますわ(笑)
 
と、大体の形出しができたところでもう反対側分をやるんですがここでなんと!
 
 
 
予想通りプラ板が足りなくなりました!でけぇんだよ・・・・(ーー;) やむを得ずWAVE - プラプレート【グレー】目盛付き(目盛印刷色:ブルー)の1mmを投入(吐血)
 
エバーグリーン4枚重ねをカットしたり削ったりした直後からのこのWAVE1mm、やっぱり結構違いますね。切削感は明らかにやや硬めです。なので、大量に切ったり、大積層を削ったりを繰り返す場合には、明らかにエバーグリーンのほうが作業性はいいでしょう。ただし、1枚だけ貼り付けるとか、正確なカットが必要な部位などには、やはりこの目盛り付きは非常に便利^^
 
やはりここでもマテリアルの使い分けが必要なのが分かります。削る量少ないとかデリケートな場合は逆にこっちじゃないと、エバーグリーン柔らかすぎるかもですよね。
 
とりあえずこれで何とか2つのメインのパーツがそろいましたが。
 
…熱い思い。
 
違う、
厚い重い
 
そりゃ1mmプラ板の4枚積層ですからね、普通に重いよ(笑)ゴツイガンプラでも保持できないと思うわウン(笑)
 
 
うん、仮で棒付けてみたけど、更に本体とは別に支えが必要だねウン(笑)
 
 
AD
本日は地味なアイテムオンパレード(死語)です。待っててねーもうすぐ派手なヤツ出てくるから(笑)
ラビリス胴体のディティール参ります。
胴体部分は構造的に背部から腹部手前までを覆っているパーツと首から胸→腹を覆っているパーツとに分けられているようなんですが、正直よくわかりません。で、肌着とシャツのような二重構造式のスーツになっていると考えてみました。
本体の二重構造式スーツの境目をエバーグリーン HOスケール 0.28mm厚 10本入(70EG 8103)をカットして、GSIクレオス - Mr.セメント S(流し込みタイプ)で貼り付けていきます。
 
 
接着後、二重構造に見えるように背面部にあたる部位にロックペイント - グレージングパテ グリーンII (250g)を薄く盛ってやり、ゴッドハンド - 神ヤス 800番(5mm)でなだらかに均します。
 
パテについては色々出ていますが、部位や目的ごとに使い分けが必要です。強度が必要で重くなっても構わないような場合と、できるだけ軽くかつ細部をきれいに処理したい場合とでは当然使うパテは変わります。
 
今回のような薄付けの場合、食いつきと処理の容易さや処理後の表面の綺麗さなどを考えてラッカーパテのグレージングパテを選びましたが、本体をホライジング - マジックスカルプ (各種)で作っているのを考えると、薄く延ばすことも可能なマジックスカルプでもいいかもしれません。
 
 
引き続き、今度はホックらしきもの(?)を設置するために極細20本組みストレートドリル刃セットの0.8mmを使って本体側をこのように開口。
 
ここにENGINEER - チップカッター(プラ等汎用)をテコ代わりに使って思いっきり曲げたジャンパー線(極小IC端子・30個入)のJR-07を差し込みます。これを片側3個、両側で計6個。
 
 
ボタンはコトブキヤ-M.S.G.プラユニット 小型リベットの1.2mmのものを使ってますが、種類が違うボタンが混ざってるな。。。(汗
 
因みにジャンパー線は案外硬いので、曲げるには結構コツと力が要ります。あと、金属カット用ニッパーだと切れてしまうので、今回は刃の硬度が高く、金属髷に使っても簡単には折れないENGINEER - チップカッター(プラ等汎用)を使いました。これ、あんまり人気ありませんけど、細い真鍮線とかなら簡単に切れますしプラと併用しても平気。かつ丈夫なのでずっと使ってます(笑)
 
さて、今回あまりにも超接写画像ばかりで面白くなかったので、次回は少し全身が分かるような工作をしたいですね!ちなみにちょっとだけ腕やり始めてます。前回のアイギスも腕はそのまま使いましたが、今回もそのまま使う事にしました。
 
 
ラビリスはアイギスと違い、手持ちの斧状の大型武器のみかと思っていたら、なんと肘から下をロケット推進力で飛ばして標的を粉砕するチェーンナックルという衝撃的な内臓武器があるという事を知りました٩( ''ω'' )و/チェーンナックー!
 
なので、その辺それなりにギミックとしても面白い(けど流石にチェーンは仕込まないよ?)ので、こんな感じにロケット発射体勢にしたら面白いですよねーヘヘヘ(誰に話しかけてるんだ
 
 
AD