5月も気がついたら終わるじゃねーか!(‘Д’)

あっという間に折り返しになるなじゃねーか!(`Д’)

 

そんなわけで2ヶ月ほどだらだらとやってきたアイギスもとうとう完成編です。完成編、書くことがほぼ塗装の話になっちゃうのでなんかどうも微妙なんですが、今回は前回でも書いてますがシタデルスプレーとか、初物もまた使ってたりするのでそれも一緒に記載します。

 

 

実はアイギスはボディをを含めほぼホワイトで塗装するべきところを、前回ボディ下地に使用したシタデル - メカニカス・スタンダード・グレイ スプレー(400ml)の地のままで完了させることにしました。これは非常に食いつきと発色が良かったためです。

 

もうひとつは、脚はほぼキットのままのシルエットだったので、どうしてもややがっしりした太めに見えてしまうところもあって、膨張色のホワイトだとどうもしまりがないなというのもありました。

上は塗装中の画像ですが ボディをはじめとした乳白色のホワイトに関しては、ショップでは取り扱いのないリキテックススプレーという画材の水性スプレーを導入テスト的に使いました。乾燥すると完全なつや消しになるという、シタデルスプレーと非常に良く似た特性を持っていたんですがただこれ、残念ながらエアーのパワーや乾燥速度などが模型にはちょっと使いにくく、あまりお勧めできません(笑)ちなみに胴体は砂吹きにして乾燥後に汚しを入れ、レザー調にしました。

 

ただ使った色はバーチメントという色で大変いい色でしたので、またどこかで使いたいと思ってます(笑)

 

股関節周辺には可動を妨げないよう、本体と足にWAVE - Aスプリング ブラック(15cm x 2本入)の2.5mmを片足に2本づつ通してあります。

 

 

アイギス独特の三角穴の金属部品は、前回シタデル - リードベルチャー スプレー(400ml)を吹きましたが、その上にGSIクレオス - メタルカラー カッパー(10ml入)を筆塗り。

 

このへんもフェイスがアニメーションの設定のような少女然としたロボットではなく、どちらかといえばやや年長の妙齢の女性をイメージしたところもあったので、設定どおりのカラーリングにこだわらず、よりロボットらしさを感じるようにアレンジしています。

 

手はなかなか再生産がこないHOBBY BASE- 極め手 1/100 丸なんですが、サイズ的には少し大きめかも知れません。ただ、左手のみ汎用ソケットピンA (1.8mm バーニアノズルピン/バルカン/センサー他汎用 20個入)を使ってフィンガーバルカンを再現したので、サイズ的にはこれで案外ちょうど良かったと思います^^;



ちなみに腕につけている腕章ですが、S.E.E.S.(SPECIAL EXTRACURRICULAR EXCUTE SECTOR)って書いてあります。物語の中で登場人物たちが付けているもので、赤いマスキングテープにレーザープリンタを使って印刷しただけです(笑)

 

 

首などは設定では布カバーが被っていてメカは見えないんですが、それも無しでメカむき出しです(笑)そこが萌えポイントです(

前回同じMGFの素体を使ってワンピースのキャラクターを作りましたが、そのときは顔以外をどうにか人間チックに寄せて作らないとっていうしんどさがあって、ぶっちゃけ今回のほうが圧倒的に面白かったです(笑)

 

ちなみに上の台座は静岡HSで展示させて頂いた際に使ったものです。足裏に固定軸があるので、モデル歩きポーズで展示させて頂きました^^

 

今回唯一、背景紙で撮影した一枚(笑)実はこの娘の連れも作るつもりでいるので、ちゃんと撮影するのはその連れの完成後にってことにします(笑)


ということで、編、これにて完結!

 

 

 

やはり作ってて楽しいっていうのが自分が改造だのなんだのを嬉々としてやる理由なんだと思います。だってこれ、最初はバーナビーブルックスJrだったんですから(笑)

 

こういう、最初は自分のイメージすら追いついていないような姿に変わるっていう意外性を追求したいからこそなんだろうと思います。

 

だからたぶん、アイギスのフィギュア欲しいかって聞かれたら、どんな出来がいいものも必要ないって言えちゃうんでしょうね^^;

 

さて、ショップのほうは昨日から月末までポイント5倍とかいう無茶してますのでどうぞふるって皆様お越しください(笑)

 

いよいよザンボット3完成させないとだぞ・・・・(’A`;)

 

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

AD

今年も静岡ホビーショー、そして同時開催の合同展示会が終わりまして^^

あ、わざわざ私の拙作を見にお越しいただいた皆様本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

 

しかしながらザンボット3は前回の記事に書きましたとおり「とりあえず見ていただける状態」で持っていったがために(のけぞりポーズも含め)自分的にも満足いかない残念な状態でございましたスイマセン(’◇`;)

 

実際シタデルエアー単色吹きっさらしという状態で、武器も未完成したので色々心悩ましい状況でしたので、恥をしのんで更にシタデルのレイヤー塗装や汚しの材料として今後まだ活躍していただきますので、ちゃんとした完成記事の予定は未定。。

更に本製作工程の詳細を掲載続行中のこのアイギスに関して、まさしく完成などしていないがごとく普通に続きを書いていくわけです。ええ、ショップ同様に一切ブレません(笑)ブレ知らず。

 

というわけでアイギス前回からの続き♪

 

え~製作工程は前回記事以降からどちらかというと地味な段階に入ります。例えば、ある程度形が出来てくるとですね、細部のつめということになるわけですから、そういう意味で激しく改修過程を見ていただける段階である”峠を越えた”感が(笑)

 

そんなわけで、(自分が)飽きないようにフェイスの塗装なども同時にやっていくというあざとい演出を展開してまいります。

 

 

第一段階(ネクタイは仮ね^^;)、フェイスは単純にガイアカラー 052 ノーツフレッシュ ホワイト (基本色 15ml入)を吹いて、唇はガイアカラー 016 ブリリアントピンク (基本色 15ml入)を少量混色して筆で薄く塗ってみます。

 

で、ここでテスト的にGSIクレオス - メタルカラー カッパー(10ml入)を使って金属部分を塗ってみます。筆塗りです。

 

 

この感じトテモ気に入ったので、本来設定どおりならゴールドで塗装する所なんですがコノカッパー使わせていただくことにします♪さて第二段階。

 

 

目の淵にホルベイン - ネイルアートミニブラシ (5本セット)の色No.2 ライナーを使って色を入れてみました。赤が目の下に入ると実に人っぽくなるという。。。!


第3段階、頭部をクレオス水性塗料のゴールドを使って筆塗り。

 

 

フェイスはガイアカラー 051 ノーツフレッシュ (基本色 15ml入)ホルベイン - ネイルアートミニブラシ (5本セット)のNo.3フィルバートを使って影にあたる部分や頬などに色味を入れていってます。唇も赤すぎないよう、極力薄めたノーツフレッシュを重ねてます。

 

しかし人(ロボットだけど)の顔は難しい!!!

ぶっちゃけロボットより20倍くらい難しいです!><モーイヤ

しかし!!20倍くらい面白いかも!!!(沼

 

・・え~脚の処理行きましょう!(復活

 

 

脚部は余分なモールドをすべて削り落とします。段差激しい部分やモールドを削る初期段階で使ったのは樹脂用ジルコニアロータリーバー ショートストレート型各種の細です。

 

ある程度これを使って段差部分をすべて削ってやったあとで、ゴッドハンド - 神ヤス 120番(各種)ゴッドハンド - 神ヤス 600番(各種)を使って表面を均していきます。

 

その後、ロックペイント - グレージングパテ グリーンII (250g)で細かいキズや削り跡の残りを埋めてやり、また神ヤス細目で処理を繰り返し。

 

 

ちなみに腿と股関節にあたる部分に吹いてあるのはシタデル - リードベルチャー スプレー(400ml)。シタデルカラーのスプレー、ここで初めてテスト的に使ってみたんですがこれ素晴らしいですお!!

 

 

ちなみにボディには表面処理段階でシタデル - メカニカス・スタンダード・グレイ スプレー(400ml)を吹いてみました(笑)

 

腰から肩にかけて白く見えるチャックラインとモールドはエバーグリーン HOスケール(0.28mm厚 10本入)各種の8103を細くカットして貼り付けて使用してます。あと、股関節付近のビスは肩や股関節の関節部位のカバーにも使ったWAVE- I・チップ[台形] (20種類 /48パーツ)です。

 

このディティールアップパーツは非常に地味なんですが、こういった随所で使えますので本当に頼もしいですから是非一家に3つは置いておきましょう♪

 

さあ、これでアイギスも大分出来てきました!なんとか積みっぱなしだったバーナビーもこれで成仏・・・・・・・・・・・

 

 

・・・って実はもう一体積んでるんですよね。。OTZ (次回作への複線

 

 

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

 

AD

既にあちこちで静岡ホビーショー関連情報を聞かれてると思いますが、今年は明日から2日間、フルで合同展示会に参加することにいたしましたどうもakicyanです^^

 

ちなみに卓はプラギルド/OZさんの合同卓のところで、ゲストとして作品展示させていただきます。自分も二日間はこちらの卓におりますので、是非お越しの際はお気軽にお声掛け下さい^^

 

展示場所などはサークルOZさんの記事でもご確認いただけます。

模型サークル【OZ(仮)】 静岡ホビーショーへの刻 直前公開!

 

と、実は完成記事を書く前に完成作品を持っていかざるを得ないという、なんだか間の悪い話になっちゃうんですが(笑)、私はこのマテラボにおける作品制作記事は、あくまで使ったマテリアルに対する掘り下げが大事なのであって、完成させることが最終目的ではないと思っています。

ですのでこれからも完成記事を急ぐのではなく、制作の過程に重きを置いてじっくり書いていきたいと思っています。

 

なお、展示は現在マテラボでは未完・もしくは製作途中になっている2作品、ともうひとつ、1/8対シャドウ特別制圧兵装七式アイギスを完成状態で持ってあがります^^

 

 

ザンボット3は、実は記事の続きですが最後色々苦しみました^^;やはりシタデルエアーという慣れない塗料を使いこなして、これだけ塗り分けの多いキットに使うのはチョットハードルが高かったかも知れませんが、何とかギリギリ形にはなったと思ってます。

 

細かい部分、色々技術が及んでいないところもありますが、どうぞ温かい目で見てやっていただければ幸いです。

 

あと、アイギスはペルソナファンの方に怒られるかも知れませんが、個人的に色々チャレンジングな作品になってます(笑)私の作品については思い出したら会場で是非探してやっていただければ^^;見つけたらあわせてこちらも広い目で見てあげていただければ幸いです^^

 

もちろん、当方の拙作以外に沢山の素晴らしい力作がずらっと並びます!本当に凄い数々の作品をじっくり目に焼き付けていただき、今後の模型制作の肥やしにして頂きたいです^^

 

あと、恐らく例年になく多くのお客様が訪れるだろうという予想ですので、ごった返す状況になるかも知れませんが、どうぞ事故やお怪我の無い様、十分お気をつけてお越し下さいね!

 

もちろん行きたいけど、お越しいただけない方も沢山いらっしゃるかと思います。完成記事も制作過程模また通常通り来週から再開しますので、どうぞお楽しみに♪

 

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

AD