寒い。寒いっすね~!寒すぎて先週末ちょっと体調を崩しちゃいましたが復活したので記事書きますakicyanです!

 

さて、ラビリスなんですが今回は腕の改造。前回掲載記事で腕を付け替えた状態の画像を出しましたが、新規の改造パーツやらエッチング部品やらがやたら沢山出るくせに、なぜか全くと言っていいほど昔からほとんど変わってねぇのが関節改造や延長工作用のサポートパーツ群。今日はこの古参の英雄どもを上手く使って改造するコツを書いてみようと思います。

 

ご存じWAVEのプラサポシリーズやホビーベースの関節技シリーズなんかがその代表なんですが、これらが使いやすいのは統一規格のように分かりやすい軸棒の直径と軸穴のサイズにあります。

 

実際のところ、量販に行けば模型自体が安く叩き売られてる現在、その辺のガンプラキットを流用しても、改造にかける費用やらを見積もるとむしろそっちの方が経済的だったりするようなこともある時代なんですが、敢えてこういうサポートパーツを使う理由は、軸径に合わない部品同志を繋ぎ合わせるのがは実はかなり大変だから

 

例えば軸棒のサイズと形状は改造にぴったりなんだけど肝心のポリキャップの穴のサイズが小さすぎて合わないとか、そのポリキャップ変えたら関節がゆるゆるになっちゃって立てなくなったとか(経験談 笑)、まぁそんなところもありますね。

 

こういったサポートパーツが未だにちゃんと一定のニーズがあるのにはこういう理由があります。

つまりそれなりの改造や拡張工作をしようと思うと、単純に某ガ〇プラバトルみたいに既存部品を付け替えりゃいいってもんじゃなく、ぴったりなサイズ同志の部品類が揃っていることや、それらが分かりやすく分類されている必要があるんですね。

 

今回のラビリスや、前回作った妹のアイギスの腕の場合も男性が中に入ってると想定したバトルスーツをそのまま女性のボディとして活用するには、全パーツの幅詰めや部品の取り換えが必須。

 

なんかそのままでもよさげに見えるんですけど、実際にはかなり筋肉質な中の人(笑)を女性らしい体形にするにはやっぱりあちこち削らないといけないわけで、特に腕のような部品を削るには少々綺麗に削ったり盛ったりは大変。また長さの調節がやりにくいので、腕パーツごとサポートパーツ類で自作して付け替えるのが一番なんです。(ここまで長かった)

 

その前に本体の進捗が見えてないと色々説明が面倒(オイ)なので、先にそっちを書こう(笑)

 


現在、ガイアノーツ -サーフェイサーエヴォ (50ml入 フレッシュ)で捨てサフ吹きまして本体の傷埋めやらの作業中なんですが(画像ちょっと怖い顔してるけど)、本体部分についてはほぼホライジング - マジックスカルプ (ナチュラル)で細部造形してるので大本のキットは幅詰めして接着してたりしてほとんど残ってません。

 

今回腕に使用する部品を見える化するとこうなります。

(1)のWAVE- P・キャップ(PC-05)、これは1/100ガンプラなどの肩や股関節などの主軸の軸径に合わせた5mm径の軸穴を持っているのでこういった個所に非常に使いやすいです。

 

他の部品に関しては軸穴が3mmと、多くのガンプラなどに使われる軸穴径になっているWAVE- プラサポ[1]WAVE- プラサポ[2]のパーツの多くが適合します。この辺が分かっていれば、あとは組み合わせやサイズ調整などで全体の長さを変えることはできます。

さらに肘関節は、きっとパーツが非常にゴツイ造形なので、完全にすげ替えが必要なんで、これはHOBBY BASE - 関節技 球体ジョイントスリム(ダークグレー)を使用します。スリム伊達じゃありません(笑)

 

 

こうなります。上腕はサイズに合わせたプラパイプを適合して差し込んでやればOK。今回のラビリスの場合、デザイン的にもこの部品類を使うほうがしっくりきましたので色々組み合わせた結果このようになりました。

 

肘に使った関節技、確か今月にはより小さいサイズのボールジョイントもリリースされると聞いてますので、人気の小型キットの関節改造にもより使いやすくなるでしょうね!

 

更に股関節、見ての通りなんですがこれも実はプラサポで置き換えてます。元はこういう状態です。もうね、デカくてがっちりしてるんです。

 

画像の右の軸棒はこれ非常に太くて、ほぼそのまま使用する脚部につながる大事な部品ですので、ここはそのままにしてまたしてもWAVE- P・キャップ(PC-05)の大口径のポリパーツを上手く使います。

 

 

股関節パーツはこれまたデザイン上メカがむき出しな部分なので、元々プラサポに変更する予定でいたんですが、これも上記の腕同様です。こうすることで結果、太腿全体を体軸に寄せることができるため、体形自体を細目に見せることもできるわけです^^

 

と、関節を変えると男の模型が女の子の模型に変わるっていう話(笑)
普段あまり語られることのない関節パーツ類について今回は詳しく書きましたが、昔からあるのになぜいつまでも変わらず豊富な品揃え、かつ商品としても元気に現役で人気なのか?っていうちょっとした疑問の答えの一つだと思ってください。長く売れている商品には、ちゃんと秘密があるんですね!

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

AD

いいお正月をお迎えになることができましたでしょうか?ちゃんとした正月を過ごせなかったせいでまだ正月気分が全然抜けてないですええ、akicyanです…(*´ω`;)

 

今年はですね、年賀状出せてないから始まって(頂いた皆様この場をお借りして本当に申し訳ございません。)、実家も駐車場になっちゃって帰るところも無く、かといって年末年始の正月特番に全く興味がないのでいつも通りに寝て起きてダラダラ仕事をし、キューケー時に一度も買ったことがない福袋のチラシをひたすら見て(当然買わない)、ああそうだ初詣と思って出かけようとしたらいつもやってもらうお祓いの予算が手持ちになく(中止)、気が付いたらお休み終ってました(笑)

 

さて、こんな調子で元旦しか休めなかったわけで飲んで寝て1日で終わりました正月(笑)そういうわけで既に始まっちゃいましたんで2017年、まずは仕込み中のネタからご紹介してまいりましょう。

 

まず完全に去年UPできなかったものから…(*ノωノ)

 

 

これは先端ツールなんですが、紙ヤスリが円錐状に巻いて作ってあります。サイズは最も太いところで直径5mm程度、G PARTSで扱っている極小ペーパーコーンセット 各種(スチールカッター1個・コーン20個入)よりは少し大きいんですが、細部のヤスリ掛けというより全体にまんべんなくヤスリをかける際に使える先端ツールです。価格はペーパーコーンよりお買い得なので今作ってるラビリスでも使用(以前のアイギスでもかなり使いました)してます^^コスパがいいですね!これは今月上げます。

 

次はカラーが全く上がってないハンブロール各種カラー^^;

 

 

シンナー類と接着剤はすでに上がってます(接着剤類スゲー人気)が、カラーが全然UPできずに年越してしまいましたのでかなり焦ってます(汗

これは一度に上げられないので、少しづつできるようにスケジュール組んでる所です。いまだ全種類入荷してない状況なので、上げられるものからってことになりそう。

 

次、これも去年来てたんですがAMMO by mig Jimenez(アモ バイ ミグ ヒメネス)の面相筆付きの小型ボトル式模型用油絵具、オイルブラッシャーです。

81色、パレットを必要としない上に面相筆月なので、簡単に細部のウェザリング塗装等に使用できます^^ カラーの種類も通常職に加え、『宇宙船の汚れ』とか『日焼けした肌色』なんていう色まであったりするのでお楽しみに~^^

 

海外製品が続きますが次はこれステッドラー FIMO からモデリングツール各種(スパチュラ)。

 

フィモといえばカラー粘土のステッドラーブランドなんですが、こういったヘラやスパチュラなどのツールも出してたんですね^^ これまたちょっと先走って一部使ってみてるんですが、マジックスカルプやスカルピー等での造形には今までなかったゴムヘラツールとか、ドリルとスパチュラが1本になってる(!)ツールとかあるんですね。

 

このほか、プラ板切るためのカッターとかアウトレットのドリル刃とかね、ちょいちょい出す予定ですのでお楽しみに!^^

さて冬休みにラビリス進んでるのかというと、一応進めてはいます^^;

 

 

現状は腰蓑(こしみの)を作り始めたようなところですけど、腰とボディの隙間をホライジング - マジックスカルプ (ナチュラル)で埋めて固定し、これを樹脂用ジルコニアロータリーバー 砲弾型(ミディアムカット)で荒削り。この状態から何を使ってどう綺麗にしていくか、正月すぎてワクワクしながら考えてる事はやっぱしそういう事なのよねー(笑)

 

そんなわけで今年も色々新しいネタ仕込んで参りますのでどうぞよろしくお願いいたします!^^

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

AD

まぁしかしよく分かりませんね人生というものは!何があるか、どういう事態に巻き込まれるか、ホント先が読めませんよakicyanです。パソコンだってハードディスクだっていつぶっ飛ぶかわかんないっすよ気を付けて~♪

 

あ、因みに今週は年末年始のドタバタのおかげで日曜のブログ更新ができなかったので、今日やってますが、1月からちゃぁんと毎週1回ブログ更新してるんですよね!(イヤ出来てない週もあったような;)

 

そんな今年一番のニュースといえば、新しいツールメーカーさんの活躍やリリースされた新商品の多さ。

 

特に今年はほぼファンテックさんの年といってもいい(笑)うちでは6月前後から発売を始めたファンテック - 超硬スクレーパーは、今月ですでに350個ほどを出荷してましたし、その後夏発売となったファンテック - スジ彫りカーバイト(各種)も非常によく動いてます。正直すさまじい(笑)

 

で、今回は近々に出たばかりのファンテック - 超硬けがきニードル(各種)を使用してみました。

 

 

けがきニードルには先端角10°と30°の2種類があり、10度は見ての通り刃先が非常に細く繊細。今回は10°を使ってみました(上級者向けですって大丈夫カシラ)♪

 

 

しかしこの細さ、実際に今作ってるラビリスの顔の細部をやるには大変使いやすかったんですね!ガンプラのような模型と違い、曲線や凸凹が複雑に入り組んだ形状を極所極所で処理するのに向いてます。

 

 

特に唇は以前のアイギスの際にもなかなか思ったような形状に持っていけず結構苦しみました。

例えば唇の凹凸に沿ったナイフなどでの彫り込みは、どうしてもエッジが立ってしまう部分があるんですが、ニードルを使う場合は元々円錐の針状なのでそういった心配もありません。

 

 

当然実際に作業をする際は、口とはいっても横一文字に線を引くわけではないので唇が開いているようなところは深く(広く)彫り、口角は浅く(狭く)彫ります。

 

まぁ当然ながら腕前の方が追いついてませんが(笑)、こういったフィギュアの複雑に入り組んだ曲線などの彫り込み作業には非常に使いやすく、繊細なコントロールが可能なうえ非常によく斬れる!作業性も想像以上によく、メカモデルの筋彫りの彫り直し以上に、フィギュアを作る方にも強くお勧め。

 

ただし、非常に細いのでカスが詰まりやすいです。なので彫りながら、もしくは彫った後でこれまたファンテック - 磨き・ケバ立ち取りブラシ(2本入)を使って削りカスをしっかり除去してください(笑)

 

 

これはよく安いモーターツールなどにも付属しているブラシとは違いかなり毛が細く、細部にまで毛が届きます。けがき針を使用した場合などには間違いなく役に立ちます。僅か900円前後、モーターツールに指して使えば磨きにも使用できますので、とにかく1セット持っておくのが良。

 

さて、ラビリスは後頭部の工作で四苦八苦してましたが、いよいよテールを。

 

このテールは、プラ棒の芯にホライジング - マジックスカルプ (グリーン)を薄く伸ばしたものを絡ませて作ってます。あとはここに自遊自在の2.0mmメタリックブラウンを接続する基部をフレキシブルシリンダーシャフト のシャフト受パーツ(内径がぴったり)を使って耳に設置。

 

やや全長が長いのでシモムラアレック - アイアンUブレード (軽金属用)を使って全体を短く、また局面に沿って接着すなければならないので合わせながら削りますが、流石は金属向けなだけあって軽々と削ってくれます^^ プラと併用するならやはりこれが一番かも。

 

 

スタビライザーのような、尾翼のような髪側の接続パーツにはエバーグリーン プラシート(ホワイトプレーン0.75mm厚)を使用。

 

ぼちぼち頭は全体ができてきましたが、胴体まだ全然手つかずですからまだまだやね(笑)

 

さて、実は昨日12/28(火)で年内の営業というか出荷業務は終わってます。今日はこのブログのあと棚卸し作業(笑)また今年も休みなしで年を越すことになりそうですけど、もう慣れてきました(笑)

 

ただまぁ思いますのは、このたった一年でもホント色々変わりました。

これは今年に限ったことじゃないんですが、今までとてもよく売れていたものがどういうわけかパタッと動かなくなったかわりに、逆に今回のファンテックさんのような新しいメーカーさんがバリバリ頑張っていいツールを生み出してくれたおかげで驚くような数が出る商品が出てきたり、またプロモデラーの有澤浩道さんとの縁のおかげでidolaシリーズという新たなエッチングツール/パーツの仕入れができるようになったうえ、新たなお客様層の拡大にも繋がっていきました^^

 

あそうそう、シリーズに新たに3商品が追加されましたヨ!^^これはそのうちのひとつ、idola - ノズルモールド(20パーツ入)。これは今月発売のモデルグラフィックスの巻頭特集でも有澤さんの作例に使用していただいてるという事でぜひ!!↓

 

 

 

話戻りますが、前にも書きましたがまさにこういううねりというか、変化の激しい過渡期を上手く乗り切るタイミングはどこでいつやってくるか分かりません。そのタイミングが2016年だったと言えます。

 

展示会向けに作品を作ってみたりしたのも一つのそのタイミングに合わせた違う事をやってみようというチャレンジだったんですけど、そこでも様々な出会いやお客様のモデラーさんから声を掛けていただいたりして、参加して本当によかったと思ったんですが、これも今までの自分を変える為のタイミングだったと思います^^ ホント色々感謝なんです!

 

(また凄まじいバナーだな)

そんなわけで色々あった2016年。最後はこの感謝で締めくくりたいと思いまして、キャンペーン開始!今回はポイント5倍だよっ♪(出荷開始は1/4からね!)

 

模型工具・模型用品の専門ショップ G PARTS 

 

AD