夏のインプロラーニング
~心のスイッチを切り替える~...
■【早割専用お申込フォーム】明日21日(金)まで!
https://ws.formzu.net/fgen/S47005341/
 
日常で私たちは「見る」ことを
どれだけ意識出来ているでしょうか?
 
 
私たちのコミュニケーションは、
視覚情報が多くの割合を占めるにも拘わらず、
キャッチする情報が実は…
とても狭いことに気づかされます。

 
もちろん初対面の相手、初めての場所、環境の場合は、
情報収集のため意識的に見る傾向にありますが、
大事なところは、
★ある程度慣れてきたとき★
です。
 
「見る」という行為を通して、
相手からどんな情報をキャッチしているか?
そしてそこから何を感じるか?
→それこそが豊かな表現に繋がっていく要素なのです。

何気ない会話をする中にも、
相手からは沢山の情報が発信されています。
 
大きな変化や情報は誰でもキャッチ出来ますが、
小さな情報は見落としがち。
それでもやり取りはどんどん進んでいくので、
それらはなかったことになることもしばしば…

 
実はその小さな情報こそが、
豊かな表現やコミュニケーションに繋がる宝物。

「丁寧に見ること」
は、繊細な情報のキャッチに繋がります。
 
 
「あなたは、何のために自分を表現するの?」
と質問されたらどのように答えますか?
 
誰かに反応してもらいたいから?
誰かと一緒に共有したいから?
自分という人間を理解してもらいたいから?

 
そうですよね!
そこに誰か(ひと)がいるからこそ
私たちは表現をします。
誰もいなければ表現はしません。
 
目に映るから「意識的に見る」へ。
自分の見たいものだけを見る情報でなく、
「自らキャッチする情報」へ。

 
そのために、
当たり前に出来ているはずの、
「見る」をもう一度丁寧に意識していきます!
 
コミュニケーションでは、
自ら何かを発信しなければいけない、
表現しなければいけない、
ではなく、
 
相手(周り)が発信しているものを、
丁寧に見てキャッチすることが出来れば、
それに対して表現というものは自然に生まれます。
 
それが本来の
「目の前にあるものを大切にするコミュニケーション」
だと私は思います。
インプロラーニングで是非体感してください!
ご参加お待ちしています!
 
【津村朱実HP】
音譜セミナーワークショップ詳細はこちら
http://stars-corp1.wixsite.com/mysite
AD