sonar sound tokyo

テーマ:

7日ソナーサウンドに行ってきました。


今回のsonarは2年前に比べると、民主的な出演者という感じの印象です。


当日に影山氏と恵比寿駅で待ち合わせ適当にメシを食い会場へ。


あまり込んでなく22時前にしっかり入り込めた。


開始まで場内で物販を眺め、ディスクユニオンブースで物販にいそしむ松井さん(以前バイトやイベントで世話になった人です)に挨拶などをし、Tシャツなんかも買ってだらり。(松井さん、今度ゆっくり遊びましょう!!)


影山氏は、どらビデオからサインをもらったりしている笑


22時メインホールでソフトパッド 開始

de ←こんな感じのいわゆるラップトップな4人組。(当日の写真ではないです)


会場のスピーカーの鳴りがあまり良くなくせっかくのサイン波も耳に効果を与えるてくるものではなかったんです。


ですが、おそらく自作プログラミングされた映像と音色はとてもシステマティックな効果を場内に与えていて、日本のソナーらしいオープニングアクトでした。


そんなこんなしているうちに専門学校時の悪い同級生、等々力氏も会場入り。


恵比寿近所在住をいいことに、坊主にtシャツにハーパンで登場。(会場一ラフであることは疑いもない)


前にあったのが、スコット・ヘレンとバトルズが来日したときだから1年前くらいでしょうか?


音楽での繋がりは大切ですね。


さて


そんなこんなしている内にサブホールのほうで、今回、個人的に一番注目していたoptrum 開始です。


半年まえくらいにheadzからリリースしていたので、cdを購入。ヤバイ音だなーとはおもっていたんですが、それが、ドラムと蛍光灯だけによるものだから驚きです。


fgf ←光っているのが蛍光灯。(ここからディストーションギターのごとき音が流れます。)


ほんとしっかり演奏するんですね。蛍光灯を。


かなりヤラレマス。


ライブはビジュアル先行でみるところがあるので、満足いく内容だったんですが、蛍光灯をあまりにうまく操り、音を奏でるので、音色だけ聴くと、もしかしたら聴いたときのあるタイプの音なんですね。実験的な人達なのは疑いないですから、今後もおもしろいことをしてくれそうで目が離せません。


メインホールではdj baku が始まっています。(5年前僕は彼の追っかけみたいな感じでイベントに行っていました笑)


大舞台にbakuが立っている姿をみて、彼の5年の結果を感じさせられました次第です。(突き通した結果ですね)


3年くらい前に彼のプレイスタイルに飽きて、実はあまり注目してもなく見ていたんですが、3分後にはヤラレテイマシタ笑


出す音がストイックになっていて厚みがましているのと、3台のターンテーブル、2台のミキサー、数知れず、エフェクターの使い方がかなりうまくなっているんです。


テクから音からすべて進化していて、見たことのないプレイを見ました。

cc ←買う気のなかったcdをかってみようと思います。


そのままメインホールはdj krush


いつも見るたびにいくつになったのだろうと、関心させられます。

名前は誰でも知っているんだろうけど、結構無視されているようにも思うんです。


親父の音楽なのは確かだけれど、彼は古典ではないのは確かです。。若手よりも行動的で実験的。

養ったものをかくしているようにもおもえるんです。


今回も硬質なロービートで攻めてくるのは疑いもなかったんですが、ブレイクコア以降のドラムンベースみたいなつくりの音を多様していたため、踊り狂う人間がでるほど笑


あんなロービートで人を踊らせまくるdjって希有だ、それも40歳を超えて・・・。


krushで場内はかなり温まる。ジャンキーもたくさんいる様子だ。


ここで前回のベストアクト、tucker

xx

03年のフジロック出演から一気に注目を集めるのは、彼のライブを体験したら納得のいくことです。


自分は初めてみたのは2年前。


エレクトーンを燃やして、ダイブする人がいると聞き見たのが最初です。

そのとき確かに彼はエレクトーンに火をつけて、会場にダイブに、裸でマイクをもち、のたうち回っていたんです。


それからは一度彼を見た人と同様に虜なわけです。


派手な行動がそうさせるのではなく、彼の親近感、時折みせる心地のいい音。なによりかなりがんばっていること。嫌いな人はいないんじゃないかなーと。無視できない要素だらけです。テキーラ!!


tuckerに続いて登場、afra&インクレジブルビートボックスバンド

cs ←いいともにでるafra。おそわるタモリ。


始めてみるafraのショーは疑いもなくオリジナルで、半端ない日本人のレベルにニコニコ。

でもサブステージのriow arai+dj ductを見とけばよかったかな・・・・と。


メインホールでde la soul が開始。

ee


今回一番の大物にして、場違い。


とおもっていたんですが、メインホール本日一番の盛り上がり・・・・ナゼ・・・。こんなにde la soulファンが来ているのか。


5分くらい「de la soulがde la soulであった」ことを確認して、退散。


サブステージでdoravideo (どらビデオ)。

とくに知らなかったんですが、どうもヒッカカリのある名前と容姿なのはたしかで、みてみました。

dd

名前の通り、ドラムとvideoで構成されたライブ。

見たとたんニンマリです。


影山氏がドラビデオのことを知らずにビジュアルだけで買ったdvdがドラえもんのパクリであったことや、そのdvdがフィギュアのおまけだったりすることが、すべて繋がる内容。


藤子先生オマージュどころの話ではなく、無法律な人だ。


以下、web上で見つけた記事。


「どこかの会社の社員達が工場見学旅行に行った際に撮ったホームビデオを加工した映像、旅館での宴会で太った中年コンパニオンガールを押し倒して抱きつくオッサンたちの映像、赤穂浪士の殿中シーンのネタ、女子十二楽坊、マツケンサンバ、皇室、米国での公演用に作ったというブッシュと北朝鮮のマスゲームやパレードシーンをコラージュしたマイケル・ムーアを超えたメッセージ映像『ブッシュでブッシュ』などヤヴァ過ぎるネタを限度も知らずに惜し気もなく映像として披露。昨年7月発売されたDVD「ドラびでお第一集」は著作権侵害、名誉毀損、猥褻物陳列罪等のDVDで考えられる法律すべてパーフェクトに触れギネス級の違反物と賞され発売直前に絶版。」

今回のライブでは絶版となった映像を使っていた模様。


映像の編集物にあわせてドラムを叩いているんだろうとおもっていたんですが、どうやら、ドラムが映像のコントローラーになっているようですね。

バスドラムで再生。

スネアで逆再生。

スモールタムで2倍速再生。

みたいな感じだそうです。


すこし疲れるライブでしたね笑


どらビデオは本名?一楽儀光というらしいですが、もともとインプロ周辺の人で、大友良英と組んでたりなんかしたみたいですね。(大友さんのground zeroとか)

一楽儀光は音響やらインプロやら、いろいろやりながらなやんでいたようで、このドラビデオプロジェクトで初めて、自分が表現できた様子なんです。

大友さんの過去のブログに書いていました。「やっと彼らしいものを見つけられたようでよかった」と。

一楽儀光についてはなにも知りませんが、ドラビデオが成立するまでに苦悩があったことは確かなようで、安心しました。



その後メインホールに戻りdj kentaro 。世界一のターンテーブリストは始め15分かなり調子がよかったものの、後半は少し飽きる。

「うまい」の一言です。


メインホール最後のdiplo が期待はずれで、早朝5時前にはクタクタで会場を3人ででる。


恵比寿のウエンディーズで(3人の母校がある近くなのでノスタルジックをおぼえる)少し話し7時には解散。


個人的にその後予定があったので、家に帰るり寝ることが許されず、結果的には山の手線で睡眠。1周の間寝る。


なんにしろいい週末です。












AD

BURN TO SHINE2

テーマ:

oo

遅く起きてやる事がない。まるでひと昔前流行った「アレ」な一日になりそうな予感がした今日は久しぶりに音採集へ行く事にした。小さいレコーダーにヘッドホンつけてとりあえず河川敷へ。いつもはただの水の音だが今日はビニールにレコーダーをいれて水の中にいれてみる。おそらく後姿はさみしい。子供嫌いの自分は河川敷で騒ぐ団地出身の子供がうるさいなーなどと思っていると泣き叫びながら近くに歩み寄ってくる子供の声が水中ビニール越しに聞こえる。あまりにも声が大きくなったのでヘッドホンをはずし振り向くと、すぐ横で泣き叫んでいる。

団地妻が怒りながら遠くでタカシ君を呼ぶ。タカシ君は自分のすぐ横で泣いている子供に間違いなかった。

子供が嫌いな自分は子供との接し方も知らない。

どうやらタカシ君はわざと泣いているようだ。どうも泣きかたがうさんくさい。わかったのはそれくらいだ。

寸分もしないうちに団地妻が水辺に下りてきて「すみません」と謝罪しながらタカシ君の頭をもって上に登っていった。ちらっとレコーダーを盗み見た感はあったがどうやらなにかわからない様子だった。

気持ちの問題で河川敷レコーディングは失敗に終わる。

家に帰りレコーダーをPCに接続し聞いてみる。

水の音とタカシ君の鳴き声が結構おもしろいなと思いながら、エデットしてみるも結局タカシ君の鳴き声がジャマになる。子供は嫌いだ。


話はBURN TO SHINE2。みんな大好きTORTOISが出演しているという事でかったdvdの名前。

他にもイアン・マッケイのEVENS、スティーブ・アルビニのSHELLAC等結構大物揃いのわりにamazonで1500円と安かった。ついでに1も購入するも今回は2に軍配。

映像の展開的には好き嫌いはあると思います。音は決してよくない。

レベルの高い素人が好きにやっている感じです。そのかわり被写体になるバンドの生が映し出されています。結果何人かでみたんですが、結局いつもどうりバンドやりたいという話になりました。


人に向ける音楽があります。


自分のつくる音にはそれがないです。とくに何も。

面白がっているだけで。それでいいとおもってますし、発信するものも特にない。


意味を感じる事は重要なんですけどね。


AD

judee sill

テーマ:

ddd

judee sill ジュディ・シル。1970年代の1stが再発されていたのが目にとまり購入。

もとはヒッピーでコミューン生活をしていた彼女。

60年代後半に起こったベトナム反戦戦争、ヒッピームーブメントが一段落し、ミーイズムと言われる個人へ向かう社会的風潮がアメリカ西海岸にひろまった70年代初頭、シンガーソングライターなる言葉が生まれました。はじめはアコースティクで素朴なサウンドのなか自分自身を投影した日記のような歌詞が共感を得ていた音楽のようです。いまでも続いているタイプのものですね。そのなかでも政治問題を扱うようになったり、環境問題を扱うようになったり、ストレートに音楽と言葉を利用したメッセージの発信者がシンガーソングライターです。鼻歌入力。

そういえば、meismという言葉ですが、自己中心主義と訳されています。エゴイズムとは区別された考え方で一人淡々と物事をとらえ処理するといった傾向を持つとあります。当てはまる人がおおいのではないでしょうか?エゴイストよりも多数存在するように思います。とらえかたと処理の仕方が現代では複雑化、カオス化している分、危険思想の人間にもあてはまるようにおもいます。

ちなみにmeism個人が集団となりweism。矛盾しているようですが、個人思想の集団は全共闘時代から日本でも多数あります。コミューンだって結局そうだったはずです。

意識共有について去年は多数書きましたが、安易で平坦で青臭い答えしか見つかりません。

意識の問題を言葉や文字で表すから、歯がゆい部分が多数でてくるのでしょう。

何冊かの関連本を読んだり、精神分析の本も読みましたが、言ってる事は結局宇宙の真理です。

そこまでは良いんですが、要するに宇宙の心理を理解しえない人間が宇宙の真理を理解した気になっているのが危険なんです。中途半端に関連本を読んでいたら、この心理を自分自身植え付けられていました。

書物に対して、信頼している部分が低脳の自分にはどこかしらあったので、改めたいとおもいます。

自己の存在を疑問に思うには簡単です。答えがありませんから。死ねば分かるとかいってるヤツは死ねばいいです。結局意識の問題にもたっしてないから。

疑問に思うことより(何かに支配されているとおもうより)想像することに意味があります。よって武者小路実篤の理論も今の自分の考えでは否定的に考えます。

考えるより想う。単純な事でした。


judee sillの音楽からのインスピレーションです。

最近までこの人の音楽を知りませんでしたが、数々のミュージシャンがマスターピースにあげるように自分自身初のマスターピースになりえる音楽と感じました。

今まで何十万と曲を聴きましたが、そんな一枚に出会うためにレコード買いまくってるようなところもありますからね。



AD

op.disk

テーマ:

op.disk

ご存知 田中フミヤとハンノヨシヒロが今年つくったレーベル。

今のとこ3枚発売されてます。

1 ハンノとフミヤ

2 リョウアライとナオツコイ

3 アオキタカマサとサワイミョウジ

こんな感じでなんとなく方向性が見てとれる面子による3枚。

4枚目は eaterとcompositionist(aka dj klock)と言う事になるらしい。

内容的にはどれもそれぞれの音源と2人での音源が混じって入っている感じ。この路線でいくのなら今後このレーべルはおもしろい事になりそうだ。

創作は2人以上になるとなにがでるかわからないもので、大概失敗に終わるイメージがある。方向性を一貫してひどい作品ばかり残すバンドは多い。2人以上でやる場合方向性など後からついてくるもんだと自分は思う。

今やっている曲の1つに先輩とやってる曲があるけれども、つくる、こわすの繰り返しである。自分は創造するのが苦手なので、なにかしら音をつくってもらってソレをつかってなにやらかにやらするのが自分の役目。

今はそんな音をとりためてる段階で最終的には構築しないといけないんだけど、なんかここでシーケンスしてしまうのはもったいないというか、型にはまりきってるなと感じる。

シーケンスはすごい嫌いで自分の曲はレコーディングしたらあんまりエディトしないんだけれど、入れる時はメチャクチャな音をいれたりする。シーケンスして流すとフラットな感じになってものすごいもったいないのだ。

波形になってあらわされるショックはでかい。所詮波形であらわされる音。平面の音。平面から立体で聴かすのは簡単だけども、音に形ができてしまうのに問題がある。

波形でリズムを読み取ることができるようになってきたという言葉を聞くけれど、寂しいことでもアル。


話がそれるとネガティブになるのが現状。

音楽療法辞典

テーマ:

今日近くの市役所に行き、いろいろ溜まっていた、まーなんていうか一般生活における事務処理をしてきてみた。市役所案外おもしろい所だ。いろいろな場所で出くわす役員が平日昼間にヘッドホン爆音音漏れでin ミックステープ from アズーロな若者顔したワタクシを心配そうに見ているようにみえる。

まー、ニートorプーにでも見えるんだろう。やけに丁寧に説明してくれる。ゆっくり外人に話かけるように。最近の若者の見られ方が気になりつつ、丁寧な言葉口調の話に、言葉をかぶせまくる。実際遅くてイライラするのだ。「こ・こ・に・ハ・ン・コ・・・・・。」「はい、じゃあ今日中の郵送お願いします。」「本・日・午・後・・・」「明日には届きますか?」「お・そ・ら・・・・」「届かなかった場合土日挟んで月曜になってしまいますよね」「そ・う・で・・・・・・・」「その際は連絡します。」

馬鹿は馬鹿にされると頭にくるものだ。


市役所は融通利かないから好きじゃない。わがままが通じない。あれじゃ美人も得しない。役所のシステムをつくり上げた人間はブスだ。



ブスの都、市役所をでて、その帰りに古本屋へ。

音楽と時代ものに力が入ってる本屋だ。

音楽はクラシック、ジャズが大半。ただ、現代音楽、フリージャズ、実験までおさえている。

ここにある宮沢賢治の音楽関連本のほとんどは家にある。安いのである。廃盤、絶版無視で安い。時代ものにとんでもない値段がついてるのをみると、ここのオヤジは時代に生きる親父である事が伺える。

しかとされ気味の音楽コーナーは横積みでかなりみずらい。この置き方では分厚い本しか目がいかない。

その分厚い本の中に「音楽療法辞典」なる時点を発見。元値8000円が1400円。パラパラめくると、音楽によるトランス、不完全相互音楽、即興睡眠、呪術師と呪医、ポエムセラピーなど興味を引く単語がずらり。読まずにはいられまい。丁度、ジョンレノン関連の溜まってた本が終わるところだ。いつも中途半端に手をだす音楽療法関連に手を染めようではないかと。

(ホントはCADの勉強しようかと思っていたのだけど・・・・。まだいいや・・・。)

職業としてとても魅力的な音楽療法師は資格やらなにやら、まー教育を受けてない自分には今のとこ無縁の話。自分は爺さんになったとき年金がはいらないタイプの人間なのでその頃までには、人をなんらかの方法で治療できる能力を身に付けておきたい、別に魔術でもいいのだけど・・・。

日本の音楽療法の現場はパッと見た感じ、あまい。音楽そのものの再生装置がラジカセだったり、患者にわたっている楽器が粗悪だったり、治療が病室で行われていたり。

音楽療法の理論、方法はしっかりしていると思う。ただ環境がねー。

場所、音質、感触次第で効果はいくらか増せると思う。ラジカセで聴くクラシックはなんだか力がないように思うのです。メロディーそのものが重要なのもわかるしそうゆう聴き方を音楽は多くの人にされている。


音楽療法病院が単独であってもいいとおもう。音楽がないと朝、目が覚めなかったり、夜家で聴いてからでないと寝れない、自分にとっては音楽の力はそれくらい大切だ。



耳と脳と精神

テーマ:

昨日小学生の頃から30回以上は見てるであろうSTAND BY MEのVHSを見ながら寝ていたわけだが、その時思った事を一つ。

VHS見ながら何度も見たストーリーに興味が湧くわけもなく寝てしまったわけだが、最後の回想シーンあたりで再び起きる。

寝てしまっている時VHSから音は流れているが音を認識しなくなる。

映画を見たまま眠り、その映画に関連した夢を見るといった事例も多少聞かれるが、実際経験(体験)した憶えがないので信用しがたい。

夢の中ではVHSの音とはまったく別の音、会話、出来事が繰り広げられる。聞こえてくる(夢で回想している)音はまったく無関係だ。

音が空気の振動そのものではなく、脳と耳のシステムによって成立っていることがわかる。

音は物理ではない証拠だ。心理で音はいくらでも変えれる。

一度目に聴いた音とそれ以降に聴く音がドンドン変わっていくのは、心理が働いているから。

記憶や想像、偶然、予想。音を聴くにあたって、本来何一つ必要ない。

それらの思考が働いてしまう事から音楽は固定概念を狂わせずらいジャンルになってしまっている。つまらなくしているのは、やっぱり毎度人間の思考でしかない。


ただ可能性も十分あって、無意識時に感じている音として捕らえている何かを再現することが意識状態で可能ならば、これは面白い。ただ再現するにあたって科学で再現してしまっていいものなのかという事柄もでてくる。

無意識共有が絡んでくるとまたまた厄介な話になってくる。

夢の音を現在に再現するのは、過去、未来、現在の情報が絡んできてしまう。

不可能って事か。

澤井妙治 (portable[k]ommunity)

テーマ:

sd

高度な質感を持つ膨大な情報量のデータを生成しそこで発生するバグ、もしくはバグ的効果を繊細且つ暴力的な美学のもとに展開するportable[k]ommunityとしての活動を行う。EYE(Boredoms/V∞redoms)、城一裕(S.W.Q.)とのユニットaeoにおいては、身体の動きを多様な音響へと変換する。ライブパフォーマンス/作品制作のみならず、芸術系大学においてのレクチャー、サウンド&レコーディングマガジン誌(リットー出版)においての連載やユリイカ誌(青土社)への寄稿などの執筆活動、また音と光による空間デザイン、 ACO (SONY MUSIC)のアルバム「irony」のプロデュースなどといったことも行っている。

上記はあるページからの抜粋。コピーってすごい。

澤井妙治と堀切潤の2人組。頭いいんですよね。この2人堀切潤氏のほうは、インタビュー見に行った感じ性格的に問題がありそうな人。理由は早口で落ち着きなかったので・・・。

最近は結構いるんだけど、ソフトウエアの製作から自らで行うタイプの人等です。

ovalやニコライ、nao tukoiなんかもソフトから作ってますよね。maxとかの原理と近いものをみんなつくるんだけど、portable[k]ommunityはちょっと違う。

体育会系である。

e

この写真が作品の一つ。《S3GA mark III》とい作品です。

去年iccに展示してあった頃、友人と実際体験してきましたが、あまりの不規則性と瞬発力の悪さが少し気になりました。

あっ、この作品、3Dマウスを利用して映像と音を発生させるうちに,身体パフォーマンスへと目的がすり替わっていく作品。

右手に持っている3Dマウスを動かしたり揺らしたりすると映像と音が変化するんです。要は区間ないでマウスもって動きまくろうというもの。子供も喜びますね。一家に一台。


今音楽つくる事よりも作品つくることに興味がいっている。

プログラムがウンたらとか難しいものではなくて、もっと工業高校出身!みたいな作品だ。動かなくてもいいし、動いてもいい。音がなっても鳴らなくても。やわらかくても硬くても。目的が一切ないものを造ろうとおもう。



鼓膜

テーマ:

er

音楽に関してすごく飽きっぽい所が自分にはあって、それの音楽スランプと呼んでいるのだけれど、最近スランプ現るです。

音楽の生活に対する位置付け%が人より高いのは確かで、いい音楽とテンションが常に比例してる。常に。

音楽以外の事って精神くらいしか調べる気になれないし、アドリブで十分。

音楽だけは、ないと不安だし、なかったら音探すし目が見えないと同じ事だ。暗くてもみようとすれば見える。見方次第で景色が流れに変わったり、そこにガラスでもあったなら、光と反射位置次第でとんでもない光景が見える。

音楽もそこに音楽がなかったら耳で周囲の音を組み立てればおもしろかったりもする。自分は視覚と比べて聴覚の好き嫌いが激しいので、組み立てる際いらない音が氾濫しすぎている事も感じる。

言葉は音を組み立てる際、邪魔なものでソレは意味として情報をとらえてしまうからなんでしょう。

人間の声が嫌いなわけではないだけど・・・。

逆に声で人を好きになったりする。人間すべて違うし、好き嫌いは明らかにあるでしょうね。

自分の声が強弱がなく、一定のテンポで低い周波数帯のみ発せられてる事くらいしっている。聞き返されるのも慣れたもんだ。聞き返されても面倒なので2度言わない事のが多いけれども。表情にだせば十分。

自分の録音された声を聞き「うわー私こんな声なんだー!」などという発言を仕事がらよく聞くが、あれも生活に対する音の重点の置き方の違いを感じる。

鏡みて「うわー私こんな顔なんだー」とおもう人はもうあまりいないはずである。

自分の声のテンションくらい把握しておいてほしい。声質で迷惑がかかってる人もいるのだ。


そういえば、音楽ブランクの話。


なに聴いてもテンション上がらないのよ。古いもんも新しいもんも。

ジャズもプログレもエレクトロニカもクラシックも実験も・・・。実験・・・・。

ライブ体験でびっくりした事を思い出しました。

taeji sawaiのライブです。portable[k]ommunityでおなじみですね。

今はパリに移住してますが、先日チョロっと日本に来てました。半分追っかけですね。

この人なかなか音源」ださないんです。

理由は簡単でメディアがついていけないんです。

ライブ体験した人はわかるでしょうが、この人オシレーター使って、多分サイン波で出力してると思うんだけど危険を感じる事をする。極端な高周波を使用するのだ。(人間は20khzまで聞き取れるとされているがそれを超えたところに音をたしてみると体、内臓になんらかの影響がある事がわかっている。音楽の可能性その一)

極端な高周波はなんらかの形で加工され波形となるのだけど、これがすごい。

鼓膜が高周波によって揺らされるのである。耳の位置でピコピコ。これは感覚の話。

これはcdじゃできないんですね。

フォーマットが44.1khzなんで。dvd方式なら196khz 24bitまでいける。

sacdならその上も見込めますね。sacdで音源出してしまえばいいのに。

まだsacdは世に出たてですが、フォーマットの限界みたいな音源は誰もやってないんです。

まー十分だからですけど・・・。

可聴範囲を超えた音楽がこれからのテーマになりかねないですよ。


澤井妙冶さnについては気が向いたらまた書きます。いかれた人なんで。

Thrill Jockey

テーマ:

N


全文添付 



「音楽家たちは何に影響を受けてきたか?」というテーマのもと、Thrill Jockeyが制作した5時間半にも及ぶドキュメンタリー。

答えるのはトータス、シー・アンド・ケイクなどレーベル所属のアーティストはもちろん、マイク・ワット、ジョン・スペンサー、スティーヴ・アルビーニ、ビョーク、サーストン・ムーア、ヨラテンゴ、キャレキシコも登場!総勢112人が、レコード、ライブ、ミュージシャンなど、音の記憶をたどり、その思いを熱く語っています。
このDVDの収益金は環境保護団体グリーンピースに寄付されるとのことです。


これはやばいけど字幕がない。