• 10 Dec
    • 海事振興連盟 八戸タウンミーティング

      「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。12月9日(土)、快晴とはいえ冷え込む中、海事振興連盟(衛藤征士郎会長)主催の青森県の八戸タウンミーティングが八戸パークホテルで開催されました。八戸海洋少年団の手旗信号での出迎えを受け、海事関係団体からの要望を聞き、決議を行いました。午後からは、寒風吹きすさぶ中で、八戸港沖の埋立地ポートアイランドにある造船所を視察しました。その後、青森県と八戸市の教育委員会との海洋教育推進プロジェクトを行いました。●青森県八戸市 北東北最大の工業都市 海上輸送の重要性八戸市は、人口23万人、青森県第二の都市で、県南部、岩手県堺にあり、なだらかな台地に囲まれた平野部が太平洋を臨み、水産資源に恵まれ、港湾が整備され、陸海空の交通の結節点であり、北東北最大の臨海工業都市でもあります。日本一で世界5位のステンレス原料を生産する太平洋金属㈱、世界一の高機能部品の原材料となる金属粉末を生産するエプソンアトミックス㈱等が立地しています。東日本大震災では、震度5強の揺れが襲い、津波が襲来して、防波堤や護岸、臨海施設等に被害が出ました。被害額は1200億円と言われています。いち早く復旧が行われ、2年後には完了したと言います。岩手県釜石市の復興工事で発生した建設土を、八戸港まで海上コンテナで輸送し、八戸セメント㈱がセメント原料として利用しました。昨年の北海道を襲った台風10号被害では、JR北海道が不通となり、鉄道コンテナの物流が寸断されてしまいました。その事態を受け、釧路貨物駅から釧路港へ、チャーター船で八戸港に荷揚げされ、八戸貨物駅から鉄道へと代替輸送が行われました。物流の停滞解消に大きな役割を果たしました。海上輸送は、安全や環境面から陸上交通の代替だけでなく、災害時にも有効に機能することが証明されたのです。●海事振興連盟八戸タウンミーティングの決議文地元の各団体からの要望を踏まえ、海事振興連盟八戸タウンミーティングとして、以下のような決議を行いました。1 内航海運の活性化に向けて、老齢化率7割の内航船の代替建造を進めるために、船舶共有建造制度や税制の特例措置を維持・拡充する。「内航未来創造プラン」の着実な実現を図り、カブタージュ制度(安全保障上の理由から内航船は自国船で行う)を堅持する。2 離島航路をはじめとする旅客航路の維持・活性化として、離島航路補助制度の充実、基盤整備、モーダルシフト(陸上交通から海上交通への移動)の推進を図る。3 SOX(硫黄酸化物)規制強化は、2020年から船舶の燃料油中の硫黄分濃度を現状の3.5%から0.5%以下とするもので、低硫黄燃料油の転換が不可避である。そのため、燃料油の品質、供給量、価格等の見込みや荷主の理解等、情報提供や適切な支援を図るべく検討を至急進める。4 海事関連税制の維持・強化等として、今年度末に期限を迎える以下の税制を延長していく。また、トン数標準税制を着実に実施する。・国際船舶の所有権保存登記等に係る登録免許税の軽減措置・国際船舶に係る固定資産税の標準課税の特例措置・経由引取税の課税免除の特例措置・倉庫用建物等の割増償却及び倉庫等に係る固定資産税及び都市計画税の標準課税の特例措置5 造船業の人材育成等として、工業高校や大学での造船教育を支援を図る。特に、高等学校学習指導要領に、再び造船工学が教科に位置付ける。6 海事生産性の向上等として、船舶の開発・設計、建造から運航に至る全ての段階での生産性向上に取組み、自動運航船の導入を進める。成長著しい海洋開発分野の支援も図る。第3期海洋基本計画の工程表を明示する。来年度の予算確保を図る。7 中小造船業に対する支援として、設備投資、技術開発、環境対策等の支援を図り、海外への巡視船の供与促進を図る。8 日本人船員の後継者の確保・育成として、各自治体に住民税減免の促進を働きかける。船員への政策減税に取り組む。船員教育機関の定員拡大や民間短期養成制度の拡充、新人船員の支援強化、船内居住環境・労働環境の向上等に取り組む。9 海賊対策の継続として、再び海賊が横行していることから、我が国の海賊対処行動の継続とともに、日本船舶警備特別措置法を的確に運用し、関係者が一丸となって海賊行為の根絶に向けた海賊対処を引続き、着実に実施するよう取り組む。10 海事教育の充実等として、本年3月に改訂された小中学校の学習指導要領に海洋国家日本における海事の重要性がより明確に位置付けられたことから、学校教育において積極的に取組む。また、海洋少年団を強化する。11 八戸港及び宮古港の整備等として、公称水位の維持、ポートアイランドの第3期工事の早期着工、港湾法上の国際拠点港湾の指定に向けて取り組む。また、宮古港の静穏度確保のため、防波堤延長について検討を行う。12 八戸港フェリーターミナルビルの整備として、建設から35年を経過し、老朽化が目立ち、バリアフリー化に向けて、建て替えを求めていく。13 海の日を7月20日に固定化として、意義を国民に広くアピールし、海洋国家日本の礎の日とするため、海の日固定化に取り組む。●海洋教育推進プロジェクト 八戸港沖のポートアイランドにある造船所を視察した後、市内の総合教育センターで、海洋教育推進プロジェクトを開催しました。青森県及び八戸市教育委員会と海事産業団体が、海洋教育推進に向けて、双方の取組みを紹介し、意見交換を行いました。八戸港からは毎日4便、北海道苫小牧港へフェリーが往復しており、八戸港に停泊しているフェリー船を活用した小中学生の見学会ができないかとの意見が出ました。調整役を立てて、具体的に検討することになりました。 夕方の東北新幹線で八戸から東京に戻りました。12月10日(日)は、羽田空港から島根県の出雲縁結空港に飛び、島根県の学校法人の理事長の祝賀会に出席します。今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      NEW!

      4
      テーマ:
  • 09 Dec
    • 第195回国会(特別会)閉会 8本の法案改正

      「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。12月8日(金)、第195回国会(特別会)が実質閉会となりました。11月1日に召集され、会期は12月9日までの39日間でした。衆議院議員総選挙の結果を受け、首班指名が行われ、安倍自民党総裁が第98代内閣総理大臣に就任し、第4次安倍内閣が始動しました。国会では、野党は相変わらず、安倍総理の関与がないのに、「モリ・カケ問題」に終始していました。短い中でも、北朝鮮のICBM級の弾道ミサイル発射への抗議決議を行い、各大臣の所信を聞いて質疑を行いました。そして、民泊の罰則を強化する旅館法改正、地方競馬を支援する競馬法改正、特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第Ⅸ因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金支給特別措置法改正、人事院勧告にともなう給与関係法等、8本の法案を可決しました。詳細はhttp://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/195/gian.htm ●自民党文部科学部会開催私は、朝8時に自民党文部科学部会を開催し、以下の議案を議論しました。(1)「国公立大学振興議員連盟」決議の報告⑵「専修学校等振興議員連盟」決議の報告⑶教育再生実行本部第9次提言の報告⑷「平成29年の地方からの提案等に関する対応方針」文部科学省関連部分についての了承⑸中央教育審議会教育振興基本計画部会「第3期教育振興基本計画の策定に向けたこれまでの審議経過について」についての意見交換 午前中は、参議院の会期末処理ということで、文教科学委員会、拉致特別委員会、資源エネルギー調査会、本会議に出席しました。 昼は、遺族会の全国大会に出席し、午後からは自民党税調の森林環境税、たばこ税、観光促進税等の議論に参加しました。その後、東北新幹線で青森県八戸市での海事振興連盟八戸会議の前夜祭に出席しました。八戸はやはり寒かいなあ・・・今日12月9日(土)は、快晴の中海事振興連盟(衛藤征士郎会長)主催の八戸タウンミーティングが開催され、海洋少年団の手旗披露、海事関係団体からの要望を聞き、午後からは造船所を視察し、海洋教育推進プロジェクトを行います。今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      3
      テーマ:
  • 08 Dec
    • 10年後の教育のあり方を考えるプロジェクトを開始

       写真は、 自民党の部会の様子「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。12月7日(木)、私が部会長を務める自民党文部科学部会では、10年後の教育のあり方を考えるプロジェクトを始動しました。昼は清和政策研究会の総会があり、午後は参議院文教科学委員会と内閣委員会の連合審査会があり、加計学園問題で集中審議がありました。野党は、相変わらずあたかも愛媛県今治市での獣医学部新設に問題があるかのように追求しています。その根拠は「設置審議会のある委員が言っている」というものです。匿名でそう言われても、マスコミ報道ではなく、国会での議論ですから、説得力を持ちようがありません。●10年後の教育のあり方を考えるプロジェクト始動 私が部会長を務める自民党文部科学部会では、新たに「10年後の教育のあり方を考えるプロジェクト」を立ち上げました。その趣旨は以下です。 我が国が直面する、急激な少子高齢化や人口減少に伴う就学・就業構造の変化、急速な技術革新やグローバル化の進展に伴う産業構造の変化等といった大きな課題を乗り越えて、人々が創造的にかつ自己肯定感を持つことができる、物心ともに豊かな社会を創造していくために、教育の果たす役割は極めて大きいものがあります。人生100年時代、超スマート社会(Society5.0)の到来が予想される中、我が国の10年先を見据え、これからの教育がどういったものであるべきか、検討を始める必要があります。残念ながら、現状の施策や政策論議は、喫緊の課題を解決するだけで終始しがちであり、中長期的構想を実現するために、逆算して今何をしなければならないかという視点に欠けているのではないかと思います。これまでの議論にとらわれず、新しい視点や考え方で議論を深め、広く国民に対して、我が国の10年先を見据えた教育のあり方を提案していくことを目的として、各界の有識者からヒアリングを行い、来年春頃をめどに一定の方向性を見つけていきたいと存じます。つきましては、文部科学部会の下に、「10年後の教育のあり方を考えるプロジェクト」(略称)10年プロジェクト)を設置致します。去る11月28日(火)の部会で設置をご了承頂き、下記の要領で第1回会合を開催致します。多くの方々の参加をお願い申し上げます。●時代は既に情報化社会に突入 その第一回会合が12月7日(木)午前10時30分から1時間、下村博文元文部科学大臣から講演をいただきました。下村元大臣からは、時代は既に情報化社会に突入しており、必要な資質、能力は以下4点あるのではないかと指摘して頂きました。① 高い志を抱いて課題に取り組んでいく能力② 他者との協調性、リーダーシップ、プレゼンテーション能力③ 創造性豊かな発想力、企画力、直観力④ 豊かな感性や思いやり、優しさ、慈しみの心 今後も春頃を目途に定期的に有識者の話を聞き、政府に提言できるものはしていきたいと思います。今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      3
      テーマ:
  • 07 Dec
    • 自民党税調 ○×議論

       写真は、自民党税制調査会の模様 産経 https://www.sankeibiz.jp/macro/news/171207/mca1712070500001-n1.htm 「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。12月6日(水)の予定は、朝自民党本部で、アジア健康構想の推進に向けた提言案を議論し、税制改正、人生100年時代構想の打合せを行いました。昼は文部科学部会を開催し、①高専プロジェクトチームからの決議、②平成30年度予算編成大綱案、③文部科学部会関係税制改正について議論しました。午後からは、党税制調査会小委員会で、500近い重点要望について、全議員が参加して審議を行いました。夕方には政調全体会議で新しい経済政策パッケージ案の議論でした。●税制の○×議論とは 毎年の税制改正について、2千以上の各団体からの税制改正要望があり、その中から500前後の重点項目が絞り込まれ、昨日は全議員参加の大詰めの○×議論となりました。国税は財務省、地方税は総務省が、原案を提出します。分かりやすくするために記号で表しています。その記号は次のようなものです。○=受け入れる、×お断りする、△=検討する(検討後受れ入れ)、二重△=長期検討、○政=政策的課題なので後日別途協議等。○や△がつけば議論せずに、二重△や×を議論します。その議論の結果、×が二重△や△になったり、原案通りとなったりします。 私が担当した文部科学部会重点要望の結果は次のようなものです。① 「私立学校等への寄附に係る寄附金控除の年末調整対象化」×→×② 「国立大学法人等に対する評価性資産寄附へのみなし譲渡所得税の非課税承認を受けるための要件の緩和等」△③ 「独立行政法人日本学生支援機構に係る指定寄附金の給付型奨学金への対象拡充」△④ 「美術品・文化財に係る相続税の納税猶予の特例の創設」△⑤ 「障害者に対応した劇場・音楽堂等の課税標準の特例の創設」×→△⑥ 「国民の健康の観点からたばこの消費を抑制することを目的とした、たばこ税の税率の引上げ」○政⑦ 「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けた税制上の所要の措置」×→×⑧ 「2019年ラグビーワールドカップ大会の開催に向けた税制上の所要の措置」△⑨ 「ゴルフ場利用税」×→二重△ 以上、原案として×がついた4項目について、私が部会長として口火を切り、平場の議員が賛否を表明して、税調役員が判定を下します。その結果、×の劇場・音楽堂のバリアフリー化支援税制が△となり、ゴルフ場利用税が二重△と格上げとなり、それ以外は×のまま認められませんでした。4戦中2勝2敗という五分の結果となりました。 国民に密接に関係する税制が、以上のような手続で決められていきます。今日明日も○政が議論され、来週中に与党税制大綱が決められていきます。今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      6
      テーマ:
  • 06 Dec
    • MANGA 地方からの要望と整備法案了承

       写真は、MANGA議連総会で荒俣宏京都国際マンガミュージアム館長より要望を受ける「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 12月5日(火)は、朝8時から「人づくり革命」「生産性革命」の政府の方針を議論しました。私は文科部会長として、①幼児教育無償化に幼稚園の預かり保育を含めること、②高等教育の負担軽減の対象には大学・短大・高専・専門学校を含め、特に専門学校は設置者が多様なので制度設計に当たっては関係者の話を聞いて進めること、③私立高校の無償化に当たっては財源不足から他の教育予算に影響を与えないこと、④生産性革命の前提に、時間管理を強化するという人づくりを活かすこと等、発言しました。そして、午前10時から衆議院文教科学委員会が昼食休憩を含め午後3時30分から4時間半開催されました。林大臣の所信に対して、各党が質問に立ちました。昼食時には、自民党本部で宇宙計画、サイバーセキュリティの議論がありました。参議院文教科学委員会終了後は、治安テロ対策調査会の事前打合せを行い、超党派MANGA議連総会があり、さらに技術教育、来年度予算大綱の打合せを行いました。●超党派MANGA議連総会国立MANGAナショナルセンターの概要と効果 総選挙後初の超党派MANGA議連(古屋圭司会長)の総会では、地方のMANGA関連施設を代表して、京都国際マンガミュージアムの荒俣宏館長より、全国の22施設の代表として、①資料の蓄積、②人材育成や産業振興、③点在する地方の関連施設の連携拠点と国際的な情報発信として、国立MANGAナショナルセンターの整備への共同要望書を頂きました。 発起人は、京都国際マンガミュージアム他、北九州市漫画ミュージアム、NPO法人熊本マンガミュージアムプロジェクト、新潟市マンガ・アニメ情報館、明治大学マンガ図書館、横手市増田まんが美術館の6施設・団体で、賛同いただいたのが以下15施設です。石ノ森漫画館、川崎市市民ミュージアム、GALLERYタマリン館、合志マンガミュージアム、少女まんが館、昭和漫画館青虫、高畠華宵大正ロマン館、宝塚市立手塚治虫漫画館、ちびまる子ちゃんランド、富永一朗あづま漫画館、新潟市マンガの家、松本かづち資料館です。 そして、国立MANGAナショナルセンター整備に向けた議員立法を了承し、党内手続きに入ることが決定されました。私は、自民党の党内手続の担当者として、来年の通常国会での法案整備に力を尽くします。●12月6日(水)の予定 12月6日(水)の予定は、朝自民党本部で、アジア健康構想の推進に向けた提言案を議論し、税制改正、人生100年時代構想の打合せを行います。昼は文部科学部会を開催し、①高専プロジェクトチームからの決議、②平成30年度予算編成大綱案、③文部科学部会関係税制改正について議論します。午後からは、税制調査会小委員会で、500近く重点要望について、全議員が参加して審議を行います。夕方には政調全体会議で新しい経済政策パッケージ案の議論です。夜は忘年会となります。今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      4
      1
      テーマ:
  • 05 Dec
    • 参議院本会議 北朝鮮弾道ミサイル発射抗議決議

       写真は、参議院本会議の模様(出所:参議院)  http://www.sangiin.go.jp/japanese/ugoki/h29/la171204-2.html   「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 12月4日(月)は、午後から参議院本会議が開会となりました。衆議院に先立って、参議院として、北朝鮮によるICBM級の弾道ミサイル発射に対して、全会一致で以下のような抗議決議を行い、国家国民の意志を明確にしました。 http://www.sangiin.go.jp/japanese/ugoki/h29/171204.html  ちょうど米韓軍事演習も始まりました。引続き北朝鮮に対して、国連安保理の決議にそった経済制裁等で圧力をかけ続け、交渉・対話の席に着かせるべく政府を督促したいと思います。●参議院 北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議去る十一月二十九日、北朝鮮は、国際社会の度重なる抗議と警告を無視し、ICBM級とみられる弾道ミサイル一発を発射し、日本海の我が国の排他的経済水域内に落下した。これは、関連する国連安全保障理事会決議や日朝平壌宣言に違反するとともに、六者会合共同声明の趣旨にも反するものであり、断固として抗議する。北朝鮮は、九月三日に六回目となる過去最大規模の核実験を強行し、八月二十九日及び九月十五日には我が国上空を通過する形での弾道ミサイル発射を立て続けに行った。さらに、今回、過去最高の高度に達する弾道ミサイル発射を強行した。これまでの北朝鮮による核実験及び度重なる弾道ミサイル発射に加え、今回の弾道ミサイル発射は、核・ミサイル開発をあくまでも継続するという北朝鮮の意図の表れであり、国際社会に対する正面からの挑発として、断じて容認できない。これらの挑発行為は、我が国を含む地域の安全に対するこれまでにない重大かつ差し迫った脅威であり、地域及び国際社会の平和と安全を著しく損なうものであることから、極めて強く非難する。本院は、北朝鮮に対し、一切の挑発行動をやめ、全ての核及び弾道ミサイル計画を放棄し、不可逆的かつ検証可能な国際社会による管理を受け入れ、朝鮮半島の非核化に取り組むことを強く求める。また、安保理決議第二三七五号を始めとする関連する安保理決議を即時かつ完全に履行することを断固として要求する。国際社会は、安保理決議に基づく制裁措置を完全に履行することを通じ、北朝鮮の考えを改めさせるとともに意味のある対話に引き出し、外交努力による平和的解決を模索すべきである。政府は、国際社会に対して、安保理決議の確実な履行を強く働きかけるとともに、併せて、米国、韓国、中国、ロシア等関係各国と緊密に連携し、北朝鮮が挑発行動をやめ非核化に向けた具体的行動をとるよう強く求めるべきである。同時に、我が国独自の制裁の徹底及び強化を図るべきである。加えて、政府は、北朝鮮情勢に関する情報収集・分析を徹底するとともに、日米韓の情報共有を含む連携をより一層強化すること、また、国民に対して迅速かつ的確な情報提供を行うとともに、不測の事態に備えて不断に必要な態勢をとることのほか、我が国の平和と安全の確保、国民の安全と安心の確保に努め、万全の措置を講ずるべきである。北朝鮮の核・ミサイル問題のみならず、拉致問題も我が国の主権及び国民の生命と安全に関わる最も重大な問題であり、国際社会が結束して北朝鮮による核、ミサイル、そして、最重要課題である拉致問題の包括的かつ早急な解決を図るべく、政府の総力を挙げた努力を傾注し、もって国民の負託に応えるべきである。右決議する。●12月5日(火)の予定 12月5日(火)は、朝一で自民党からの提言を受けた、政府からの「人づくり革命」「生産性革命」の方針を議論します。その後、衆議院文教科学委員会が午前、午後と終日行われます。昼には宇宙政策、夕方には超党派MANGA議連総会があり、さらに打合せが2つ入ります。今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      4
      テーマ:
  • 04 Dec
    • 高専ロボコン30年 技術力だけでなく人間力の向上に貢献

      高専ロボコン全国大会の模様(有明コロシアムで)「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。12月3日(日)は、東京湾岸の有明コロシアムで、30回目の節目を迎えた「アイデア対決全国高等専門学校ロボットコンテスト2017」が開催され、視察させて頂きました。会場は、全国の57校のブロックごとの予選を勝ち抜いた26校のチームと応援団が結集し、格闘技場のような熱気にあふれていました。結果、北九州高専が10年ぶり3度目の優勝を果たしました。https://www.nhk.or.jp/robocon/kosen/index.html  谷口功国立高専機構理事長に、30年の成果を聞くと、学校での学びを基礎にして、3か月間という限られた期間で、テーマに沿ったロボットを企画、設計、製作し、大会に出場して、勝ち抜かなければならないわけで、技術力はもちろん、企画力、チームワーク等の総合的な人間力が得られ、参加者の中からは企業内で活躍するだけでなく、起業家も出てきているとのことでした。●高専は国内外で評価 高専は、全国各地に56校あり、5・8万人が学んでいます。中卒で5年間の専門技術者を養成するという高専制度は、国内での評価も高いものがあります。高専生が卒業する年齢は短大卒と同等なのですが、四大卒と同様の実力が認められ、さらに高専卒業後の専攻科2年で四大卒と同等の年齢なのですが、大学院修士卒程度の実力があると評価されるようになってきています。また、海外からも注目され、インドネシア、タイ、サウジアラビア、トルコ、ベトナム、マレーシア、モンゴル等の国との連携が進み、海外にも同様の制度輸出がなされるようになってきています。高専ロボコンを経験した人たちが、社会に活躍し、後輩たちもそれに続くことが、科学技術立国の我が国の屋台骨を支えてくれることを期待しています。それをしっかり支援していきたいと思っています。今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      4
      テーマ:
  • 03 Dec
    • 笹子トンネル天井坂落下事故から5年 社会資本の長寿命化

       動画は、ANNニュースより https://youtu.be/DeVsJNHCY_k   「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 12月2日(土)は、中央自動車道の笹子トンネル天井坂落下事故で、9名の方々が亡くなってから5年の節目であり、追悼慰霊式に参列しました。ご遺族や関係者の無念に、痛切な思いを抱きました。事故を引き起こした中日本高速自動車株式会社のお詫びと安全への取組みの決意を聞きました。11月30日には、山梨県警は当時の役員ら8人を業務上過失致死傷の疑いで書類送検しました。同社は、事故車両を保存し、社員の安全教育に活用しているとのことでした。 詳細は https://youtu.be/seLfIP0N5F0  私は、二度とこのようなことが発生しないように、慰霊と国政からの決意を込めて、献花させて頂きました。●社会資本の維持管理の課題 我が国の社会資本は高度経済成長期に整備されたために、老朽化が進み、維持・更新の時期も、同一期間に一斉にきます。その危険性は、笹子トンネル事故発生の前にも、指摘されていました。事故が発生する10か月前、平成24年2月に総務省は行政監察報告を提出していました。民主党政権下でしたが、それが着実に実施されていたらと思うと残念でなりません。詳細は http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/infra_roukyuuka/k_dai4/siryou3-3.pdf 笹子トンネル事故を受け、その後政権を奪還した安倍自公政権では、公共投資の減少に歯止めをかけ、インフラ老朽化対策の関係省庁連絡会議を設置し、基本計画を策定し、すべての社会資本を調査し終えています。そして、順次修繕を行う所は行い始めています。ただ、限られた予算の中で、社会資本の維持管理、更新が順調に進んでいるとは言えず、使用禁止にしたり、廃止を検討する所も出ています。詳細は http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/infra_roukyuuka/index.html笹子トンネル事故を教訓に、社会資本の老朽化対策、維持管理、更新を着実に進めるべく、公共投資の拡充を図るべく、政府へ予算確保を働きかけたいと思います。今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      1
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 皇室の慶事と皇室会議により御譲位日が決定

       動画は、ANNニュースより https://youtu.be/JK-2DPk5QqU 「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 皇室の慶事が続いております。 眞子内親王殿下と小室圭氏とのご結婚に関する儀式、行事について、今後の予定が公表されました。 http://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/03/gokekkon/konyaku-yotei.html 納采の儀が来年の平成30年3月4日(日)、告期の儀が同年10月7日(日)、賢所皇霊殿神殿に謁するの儀が10月31日(水)、朝見の儀が10月31日(水)、入第の儀が11月4日(日)、ご結婚式が30年11月 4日(日)となります。そして、11月30日(木)は、文仁親王殿下の52歳の御生誕日でした。http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/15さらに、12月1日(金)、愛子内親王殿下の16歳の御生誕日でした。http://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/02/activity02-ph3.html 同日、皇室会議が開催され、皇室典範特例法による天皇陛下の御譲位日が平成31年4月30日となり、翌5月1日に皇太子殿下が御即位なされることが決定致しました。光格天皇以来200年ぶりの行事となります。http://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201712/01kaiken.html皇室は我が国柄の中心であり、皇室の弥栄は我が国の繁栄と国民の安寧の源泉だと畏れ多くも感じている次第です。恙なく行事が進むよう、国会議員の一人として、政府をしっかり支援していきたいと思います。そして、以前も述べましたが、皇室の公務を精査し、全体として負担軽減を図るべく政府を督促していきたいと思います。今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      1
      テーマ:
  • 01 Dec
    • 北朝鮮ICBM級ミサイル発射

       写真は、北朝鮮弾道ミサイル発射の概要(出所:防衛省) 「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 11月29日(水)午前3時18分頃、北朝鮮がICBM級のミサイルを発射しました。早速、自民党では対策本部を開催し、政府から対応について説明を聴取しました。私は、以下3点を発言しました。第一は、初めて発射された平城(ピョンソン)の状況はどうなっているのか。第二は経済制裁の効果は出ているのか。第三は国民保護訓練について、ブロックごろに全ての市町村参加で実施すべき、というものです。それに対して、政府からは、以下回答を頂きました。発射基地の現状については確認中であること。経済制裁の効果は出ているものの、今回のように発射された以上、効果は限定的であり、引続き制裁の実効性を上げたいというものでした。国民保護訓練については、19道県21市町村で実施して、引続き地方の協力を得ながら、訓練を拡充したいということでした。備えあれば、憂いなし。北朝鮮のミサイル発射が今後も予想される中で、ブロックごとにJアラートが鳴るわけで、国民保護訓練も全市町村参加で実施すべきだと考えます。今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      1
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 税制改正の議論開始 文科部会長として要望

       写真は、自民党税制調査会(自民党本部で)産経ニュースよりhttp://www.sankei.com/economy/photos/171128/ecn1711280004-p1.html「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 11月27日(月)は、午後から自民党本部で党税制調査会小委員会が開会となり、各部会から重点要望を行いました。私は、文科部会長として、以下9点の重点要望の説明を行いました。●教育、科学技術の税制改正要望文部科学部会から9点の重点要望事項について、ご説明申し上げます。 「所得税」の「私立学校等への寄附に係る寄附金控除の年末調整対象化」です。これにより、事業者の協力を得て、手続の負担を軽減し、寄附のインセンティブ(誘因)を高め、私立学校等に対して、広く社会からの支援を実現し、私学を振興し、寄付文化を醸成します。続いて、「国立大学法人等に対する評価性資産寄附へのみなし譲渡所得税の非課税承認を受けるための要件の緩和等」で、内閣部会等との共同要望です。公益法人等に土地や建物、株等の現物寄附を行った場合、みなし譲渡所得税の非課税措置を受けるためには国税庁長官の承認が必要です。国立大学法人や国立研究開発法人などがこの承認を受けやすくなるよう承認の要件を緩和する等の特例を設け、寄附の一層の促進を図るものです。次に法人税」の「独立行政法人日本学生支援機構に係る指定寄附金の給付型奨学金への対象拡充」です。日本学生支援機構に対する法人からの寄附の税制優遇措置(指定寄付金)について、貸与される学費だけでなく、新たに創設した給付型奨学金、つまり支給された学費も対象に追加しようとするものです。●文化関係の税制改正要望「相続税・贈与税」の「美術品・文化財に係る相続税の納税猶予の特例の創設」です。美術館に寄託されて公開された美術品や、保存活用計画が策定された文化財について、相続税の納税猶予の特例を設けるものです。これにより、美術品・文化財は個人所有が多く、相続時での散逸や海外への流出を防ぎ、次世代への確実な継承と、公開・活用を促進して、文化芸術立国をつくってまいりたいと考えております。地方税として、「固定資産税、都市計画税」の「障害者に対応した劇場・音楽堂等の課税標準の特例の創設」です。障害者に対応した高度なバリアフリー対策を行う劇場・音楽堂に対し、固定資産税等の特例措置を行うものです。これにより、本年6月、文化芸術基本法に新たに盛り込まれた、国民が障害の有無に関わらず、文化芸術に親しむことができる環境を整備し、2020年東京オリ・パラ競技大会を機に、障害のある人が今まで以上に積極的に芸術文化活動に参加できる社会の実現に努めてまいりたいと考えております。●スポーツ関係の税制改正要望次に「たばこ税」の「国民の健康の観点からたばこの消費を抑制することを目的とした、たばこ税の税率の引上げ」で、厚生労働部会との共同要望です。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、WHOとIOCの「たばこのないオリンピック」等の2010年の合意に基づき、スポーツによる健康増進を図るにあたり、たばこの消費抑制はその基盤となるとともに、青少年による喫煙の防止にも繋がることから、要望しているものです。次に「その他」として、「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けた税制上の所要の措置」です。IOCからの要望を踏まえ、本競技大会のために来日する関係者を対象とし、本国との二重課税を排除する措置を講じるものです。2020年の大会開催年はもちろんですが、大会準備もあり既に関係者の来日が始まろうとしており、来年度からの対応が必要となります。続いて、「2019年ラグビーワールドカップ大会の開催に向けた税制上の所要の措置」です。世界三大スポーツイベントの一つラグビーワールドカップの円滑な実施のため、ホストユニオン契約に基づき、ラグビーの国際組織に支払いが義務付けられている大会保証料、9600万英ポンド(約145億円)について国内源泉所得の対象とならないよう措置を講じるものです。最後に、9点目となります。「ゴルフ場利用税」について、以下申し上げます。スポーツの中で唯一、ゴルフのみが課税されており、長年税の観点から「不公平、差別」と非難されてきました。さらに、ゴルフが昨年のオリンピックのリオ大会から正式種目となり、このままでは、1000日を切った東京オリンピック競技大会で、世界各国の代表選手に課税することになります。税の観点のみならず、スポーツ・オリンピックの観点からも、そして国内のみならず海外からも「不公平、差別」と批判され始めています。今や「不公平、差別」という声が大きく広がりつつあるのが現状なのです。昨年の税調では「長期的に検討する」という「二重△」を頂きましたが、今年はさらに進め「ゴルフ場利用税の廃止」を要望するものです。ゴルフ団体が、今年全国400以上のゴルフ場が立地する市町村を廃止要望で回っています。ゴルフだけを差別することに賛成する市町村長は、誰もいませんでした。「さらに、ゴルフ場利用税廃止に理解し賛同する市町村長が何人も出てきています。」市町村長のみならず、ゴルフだけを差別してもいいと言っている方は、誰もいないと思われます。従って、ゴルフを差別してはならないことは合意形成が取れていると思います。その一方、ゴルフ場利用税「堅持」を訴える市町村から聞こえてくるところによると、3点の根拠が挙げられています。第一は担税力、第二は応益性、第三は地方公共団体の貴重な財源という視点です。(中略)以上、市町村の言うところの担税力、応益性、地方の財源の3点のゴルフ場利用税「堅持」の根拠が失われた以上、国内、海外からの「不公平、差別」の批判を払拭すべく、ゴルフ場利用税は廃止すべきと考えます。なお、代替財源については、ゴルフ団体が地方への寄付などの協力を申し出ていますが、地方税を所管する総務省が中心になって検討する必要を訴えておきたいと思います。今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      6
      テーマ:
  • 26 Nov
    • 海洋立国へ 海事振興に向けて決議

       写真は、海事振興連盟総会の模様(参議院議員会館1階講堂)「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 11月21日(火)、最古最大の超党派議員連盟である海事振興連盟の総会が参議院議員会館1階講堂で開催されました。 http://www.kaiji-shinko.jp/ 衛藤征士郎会長が再任され、私は常任理事となりました。海洋立国に向けて、以下のような決議を行いました。海事振興に向けて、30項目の課題が列挙されています。一つ一つ課題を解決させていかなければなりません。●海事振興連盟決議四方を海に囲まれている我が国にとって、海運・造船・港運・倉庫等の海事産業は、国民経済・生活を支える上で大きな役割を担っている。さらに、近年世界貿易の拡大や海洋資源開発私情の成長、訪日外国人観光客の飛躍的増加など、海事産業にとってチャンスとも言うべき変化が生じている。海事産業がこうした変化を確実につかみとり、世界の成長を取り込むことにより、我が国全体の目標であるGDP600兆円の実現等を通じた強い経済や地方創生に大いに寄与することも求められている。他方、我が国は、少子高齢化と人口減少により労働力が逼迫した状況にあり、人材の確保・育成とともに、生産性をいっそう向上させ、持続可能で活力ある海事産業の確立を図ることが急務となっている。このような中、外航においては安定的な国際海上輸送の確保や国際競争力の強化、国内の人流・物流を支え、災害発生時にも重大な役割を担う内航貨物・旅客船においては老朽化の進む船舶の代替建造の促進と船員の確保・育成、離島航路等の維持・改善による地域住民の生活の確保、モーダルシフトの一層の促進、我が国の地域経済に大きく貢献している造船業においては持続的な競争力の向上、海洋産業においては我が国の技術力を活かした海洋資源開発、海洋エネルギー分野への産業展開等、多くの課題を抱えており、海洋基本計画や交通政策基本計画に基づき、適切かつ具体的な施策を講じるなど、その改善・推進に向け引き続き全力で取り組む必要がある。さらに、日本経済・地域経済において重要な役割を担う海事産業に対する認識向上のため海事広報の重要性は高まっており、学校教育の場においては、海事産業が積極的に取り上げられるよう全力で取り組むとともに、祝日である海の日を7月20日に戻し、海洋国家日本の礎の日とするよう全力で取り組む必要がある。税制改正、予算要求など多くの課題を抱えているところであるが、今後とも当連盟は、政府、業界が一丸となって、具体的成果を着実に積み重ね、もって海事産業の発展に貢献していく。そのため、当連盟は下記項目の実現に全力で取り組む。1 平成29年度末で期限を迎える国際船舶に係る「登録免許税」及び「固定資産税」の特例措置の延長等を成し遂げる。両制度は、我が国の経済活動と国民生活を支える日本商船隊の国際競争力強化に資するものであり、また、安定的な海上輸送の確保を図るためにも必要不可欠である。2 国連気候変動枠組条約(UNFCCC)締約国会議(COP)において合意されている途上国支援のための資金拠出(年間1000億ドル)については、国際海運に対して多額の拠出(長期資金総額の10~15%に当たる100億~150億ドル)を求めようとする動きがある。これは、国際海運によるCO2排出量(世界の総排出量比2.2%)と比してあまりにも過大であり、不合理なものである。国際海運に対して課題な負担が課されれば、世界の海上貿易量の約10%を占める我が国の経済全体に影響を及ぶことが懸念されることから、合理的な拠出方法が合意されるよう適切に対応する。3 海運業界にとって、老齢船の解撤を円滑に実施しえる柔軟な解撤キャパシティの確保は重要な課題である。さらに、労働者の安全及び環境汚染防止を配慮した解撤が国際的に求められており、その基準であるシップリサイクル条約(香港条約)に適合するようインドの解撤ヤードの改善支援を行う日本政府の対応を支持する。加えて、我が国が率先して国内法制を整え、同条約を締結し、イニシアチブを持って早期に発効するよう世界諸国に働きかけることを求める。4 新学習指導要領及び同解説が公示されたことを契機とし、日本経済・地域経済で重要な役割を担う海事産業への理解や関心を深め、海洋国家である日本の未来を担う子供たちの資質・能力を確実に育成するため、学校教育において、海事産業が積極的に取り上げられるよう取り組む。5 ソマリヤ沖・アデン湾での海賊略奪行為は、自衛隊や海上保安庁はじめとする海賊対処国際部隊の活動などによりほとんど発生していなかったが、2017年に入り6月末までに既に7件発生し、また、西アフリカのギニア湾周辺海域や東南アジア海域においても海賊等事案が多発していることから、日本商船隊の安全運航を確保するために、海賊略奪行為の防止・根絶に向けた取り組みの継続を求める。6 我が国国内の基幹的輸送モードである内航海運の活性化を図るため、内航海運の市場環境の整備とその一層の健全化を図るとともに、内航海運暫定措置事業の円滑かつ着実な実施、内航船舶の代替建造等に資する税制特例措置を今後とも維持・拡充するよう取り組む。あわせて、内航海運の将来にわたる安定的輸送の確保、生産性向上を目指し、新たな産業政策としてとりまとめられた「内航未来創造プラン」の着実な実現を図る。7 高齢化の進む内航船員の安定的確保など経営基盤強化のための諸施策を推進するとともに、我が国の安全保障及び国内海上貨物の安定輸送のために不可欠なカボタージュ制度(自国の沿岸輸送、すなわち内航海運は自国船に限るというルール)を堅持する。8 内航業界本来の使命である船舶の安全運航並びに物資の安定輸送の確保に加え、近年、社会的要請として強まりつつある環境面への配慮、さらには災害時の復旧・復興物資の効率的輸送を全うする上からも老朽船の代替建造が喫緊の課題であることから、良質な新造船建造のための経済的支援に加え、技術的支援が受けられる鉄道・運輸機構の共有建造制度を拡充することにより、老朽化が著しい内航船舶の代替建造の促進を図る。9 船舶の燃料油中の硫黄分濃度を現状の3.5%以下から0.5%以下とする硫黄酸化物(SOX)規制の強化について、昨年10月に開催された国際海事機関(IMO)の委員会で、2020年から開始されることが確定した。この規制に対応するためには、現在使用中の高硫黄燃料油より高価な低硫黄の燃料油への転換等が必要となり、多大な影響が予想されるため、燃料油の品質、供給量、価格等の見込みや荷主理解等に関する情報の提供や支援を含め適切あ対応を求めていく。10 離島航路は、過疎化・高齢化による輸送人員の減少等によりその運営は極めて厳しい状況下にあり、離島住民の唯一の輸送手段として月々の生活に欠くことのできない離島航路を安定的に確保維持していくため、離島航路補助金の十分な所要額の確保を図る。11 国内旅客船事業は、過疎化・高齢化による利用者の減少、東日本大震災時の原発事故や熊本地震等の自然災害に係る風評被害等の影響により依然として厳しい経営状況が続いている。これらの課題に対応するため、平成30年度税制改正では、平成29年度末で期限を迎える軽油引取税に係る課税免除措置を延長するとともに、免税措置の恒久化を成し遂げる。12 旅客船分野における地球温暖化対策を推進するため、老朽船舶の環境負荷低減船への代替建造を促進するための支援策の充実・強化等を図るとともに、エネルギー対策特別会計において要求している「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金」、「内航船の運航の効率化実証事業」、「低炭素型輸送機器の整備促進事業」及び「船舶、港湾の連携による低炭素化促進事業」について、引続き旅客船事業者でも活用可能な制度となるよう努める。更に、基幹的な海上物流機能を担うフェリーへのモーダルシフトを促す施策としてモーダルシフト支援策の充実を図る。13 船員の確保・育成対策として船員計画雇用促進助成金を維持するとともに、船員教育機関の定員枠の拡大等の充実策を講じるよう努める。14 特定有人国境離島地域社会維持推進交付金事業に基づく航路運賃低廉化事業については、今後とも安定的な航路運営が図られるよう支援策の充実を図る。特に、航空運賃の大幅低廉化により離島航路利用者の減少などの影響を受けた航路事業者に対する支援策を図る。また、運賃低廉化の対象が島民に限定されているが、航路利用を活性化させるため全医療者に拡大するよう努める。15 第3期海洋基本計画について、「海洋産業の振興と健全な発展」のために具現化した計画作庭を求めるとともに、海洋開発の産業化・事業化に向けて、「誰が、いつまでに、何を行うのか」について、リスクテイクや予算規模等を含めたポイントを指摘し、事業化に向けた「工程表」策定の明示を求め、政府主導による官民オールジャパンが参加する推進主体を設立するなどの体制整備を推進する。16 平成30年に改訂される高等学校学習指導要領で、再び造船工学を教科に位置付けられるよう求める。17 人材の供給が困難を増す中、造船業界が将来にわたり外国人造船就労者受入事業を活用できるように2022年以降の同制度の継続を早期に決めると共に、造船事業者にとって利用しやすいものとなるように造船事業者の意見を基に柔軟な制度運用を行う。18 国際競争力を維持・向上させ、日本造船の世界シェアの拡大を通じてGDP600兆円の実現と地域経済への貢献を図るため、政府の支援などにより、船舶の開発・設計、建造から運航に至る全てのフェーズにおける生産性向上に取り組むとともに、成長市場である海洋開発分野で造船業をはじめとする日本の海事産業が活躍できるように、同分野の技術力を幅広く向上させていく。このように現在進められている海事生産性革命(i-Shipping,j-Ocean)の取組みに官民挙げて取り組む。19 造船・海洋産業の振興、艦艇・巡視船艇の造修に係る概算要求額の満額確保に向けた支援を求める。20 海洋立国日本を支える造船業の持続的発展のためには、日本海運の競争力強化と、それに伴う国内造船所への重点的発注が必要となるため、海運税制の充実に向けた取組みの継続を求める。21 中小企業主体の中小造船業界も、大手造船業と同様に熾烈な国際競争に直面しており、国際競争力を維持・強化するよう、近年の国際規則の度重なる強化やIOTの動きなどの環境変化に対応するための取り組みを支援する。22 地場産業として地域の経済と雇用の安定に欠かせない中小造船業が取り組む次世代人材の確保育成に対して、産学官の連携による支援の取組みを推進するとともに、高等学校、大学における海洋・造船教育の充実に努める。23 内航船代替建造促進、経済協力による巡視船等船舶の供与促進等、中小型船の建造需要喚起対策を推進する。24 将来にわかり物資や旅客の海上輸送及び水産資源の安定的な供給体制を確保すべく、船員養成教育機関の維持・定員拡大をはじめ、船員の確保・育成を実現するための施策を講じるとともに、若者が船員職業に関心を持ち、船員志望者の裾野が拡大するよう広報活動などの取り組みを推進する。25 船員に対する住民税減免措置の全国的拡大に向けた取り組みとともに、船員職業の重要性に関する認識度と船員ステータスの向上、ならびに後継者の確保を図る観点から、国際としての船員に対する所得税減免の早期実現に向けた取り組みを推進する。26 港湾は、海・陸の物流システムが交差する産業活動の拠点として極めて重要な社会基盤であり、我が国の国際競争力強化を図るためにも、国際コンテナ戦略港湾に対して3本柱の施策である「集貨」「創貨」「競争力強化」をより一層推進するための財政面、税制面の支援策を推進する。また、これらを支える港湾運送事業者は中小企業が多くを占め、脆弱な経営基盤であり、堅実な基盤維持のために、軽油引取税の課税免除の延長を図る。27 倉庫業は、国民生活に必要不可欠な物資の保管、積み替え、流通加工などを行うとともに、災害時においても円滑な支援物資物流を実現することにより、産業活動や国民生活に重要な役割を果たしているなど、公益性の極めて高い産業であることから、災害に強く、輸送の効率化に資する物流施設に係る特別措置(倉庫用建物等の割増償却、固定資産税及び都市計画税の課税標準の特例)の延長及び軽油引取税の課税免除の特例の延長を図る。28 総合物流施策大綱の提言に沿った予算(地球温暖化の防止及び働き方改革に資する効率的な物流体系の構築を図るためのバース予約調整システムの導入支援等)を確保する。29 海を教育の場として少年少女の健全育成を目指して活動している海洋少年団の強化・活性化等に取り組む。30 平成8年に実現した海の日の国民の祝日化は、海事関係者が1000万人を超える署名を集め、当連盟所属の国会議員の働きにより、2000を超える地方議会の支持決議を得て実現したものである。祝日である海の日を7月20日に戻し、“海洋国家日本”の礎の日とするよう取り組んでいく。平成29年11月21日 海事振興連盟今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、我が国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      15
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 職業教育の充実に向けて決議

       写真は、専修学校等振興議員連盟総会の模様(自民党本部で)「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 11月24日(金)は、午前中自民党本部で外交再生戦略会議を行い、外交力強化に関する決議を行いました。会館事務所に戻り、内閣官房からアジア健康構想について説明を聴取しました。昼は、専修学校等振興議員連盟総会が自民党本部で行われ、事務局次長として司会進行を務めました。午後からは全国専修学校各種学校総連合会都道府県協会等代表者会議で挨拶を行いました。再度、会館事務所に戻り、文科省研究開発局よりもんじゅについて、文科省私学部より補正予算について、文科省初等中等教育局より次世代の学校教育の在り方等について、説明を聴取しました。全国オートバイ協同組合連合会総会懇親会に顔を出し、再度会館事務所に戻り、スポーツ庁と税制改正の打合せでした。●職業教育の充実へ決議 専修学校等振興議員連盟での決議は、以下です。 専修学校等の振興に関する決議少子高齢化が急速に進む中、社会の高度化・グローバル化に対応しつつ我が国が成長を続けるためには、地方活性化や働き方改革の推進、人生100年時代を見据えた「人づくり革命」「生産性革命」等の取組を相互に連動させながら展開することが重要であり、各地域において職業教育の実践を通じて社会・経済を支える中核的専門人材の養成を進める専修学校等が果たすべき役割は大きい。専修学校等に対する支援の一層の充実及び我が国における実践的な職業教育体系の構築を実現するため、特に次の事項に重点的に取り組むことをここに総意をもって決議する。一、 産学官の連携体制を確立し、超スマート社会や地方創生の実現に向けた教育プログラムの開発や、専修学校等における社会人の学び直し講座等の充実及びそれらの講座に係る情報アクセスの改善、外国人留学生の受入れから就労までを支援する取組等を通じ、地域や産業の振興を担う人材の養成を進めること。二、 職業教育への理解を増進し、幅広い視野からの進路選択を実現する流れを構築するため、専修学校等の魅力発信を促進するとともに、「職業実践専門課程」の社会的認知度の向上と定着を図り、質の保証・向上に取り組む専修学校等への支援の充実に向けた取組を推進すること。三、 意欲あるすべての者が希望すれば専修学校に進学し安心して学ぶことができるよう、真に必要な子供たちに対する高等教育の無償化の実現に向け、給付型奨学金や授業料減免などの経済的支援を充実すること。平成二十九年十一月二十四日 自由民主党 専修学校等振興議員連盟今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      7
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 「いじめ対策の都道府県差の是正に向けた取組強化」を要請

      「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 11月20日(月)に、自民党本部から各都道府県支部連合会に対して、「いじめ対策の都道府県差の是正に向けた取組強化について(要請)」を坂本哲志地方組織・議員総局長名で、発出しました。11月2日(木)に私が部会長を務める文部科学部会での議論を踏まえた措置です。ぜひ全国各地の地方議会等で確認をお願いしたいと存じます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平成29年11月20日自由民主党都道府県支部連合会 幹 事 長 殿組織運動本部 地方組織・議員総局総局長 坂 本 哲 志いじめ対策の都道府県差の是正に向けた取組強化について(要請)  日頃より党勢拡大に御尽力賜り感謝申し上げます。さて、昨今学校において、多数のいじめが相変わらず横行し、自殺まで至るという最悪の事態も発生しております。そこで、我が党は各党と協力して、平成25年に議員立法で「いじめ防止対策推進法」を制定し、去る11月2日には党政務調査会文部科学部会(赤池誠章部会長)において集中審議を行い、文部科学省や警察庁、法務省人権擁護局と連携し、各地方公共団体での取組を促してきているところです(添付資料1「いじめ防止対策の概要」)。しかしながら、各都道府県において、いじめの早期発見に繋がる認知件数について、児童生徒1千人当たり京都府の96.8件から香川県の5.0件と、19倍の差が出ています(添付資料2「いじめ認知件数の都道府県差」)。また、いじめを認知していない学校も全体の約3割に上っています(添付資料3「いじめの認知の学校間格差」)。認知件数の高い京都府では、年2回のいじめを早期発見するアンケート調査を実施しており、回答を選択式とするなど工夫が見られます(添付資料4「京都府のいじめアンケート調査」)。残念ながら、いじめはどの学校においても存在すると言わざるを得ません。いじめが放置・隠蔽されることにより自殺という最悪の事態に陥らせないためにも、早期発見・早期対応が不可欠であり、そのため軽微と思われる事案でも学校・保護者・地域・行政全ての関係者が積極的にいじめを認知し、解決に取り組む必要があります。いじめ認知件数が多い地域ほど、いじめが多く荒れた地域ではなく、いじめ対策に積極的に取り組む良い地域だということが定着していくことが重要だと思っています。 つきましては、貴都道府県支部連合会におかれましては、添付資料をご確認の上、別記の項目について、地元の都道府県、市区町村等の取組みをご確認頂き、いじめ認知件数の都道府県差の是正に向けて、地方議会等の場を活用して、いじめ防止対策の取組み強化をお願い申し上げます。  記1.いじめの認知は、いじめられた児童・生徒の立場に立って行うものであり、発生件数ではなく認知件数に変わり、積極的に認知件数を上げることが重要だとの認識が、学校、保護者、教育委員会を含む行政等すべての関係者に認識され、周知されているか。特に、いじめを認知していない学校においては、いじめの認知件数が零であったということを児童生徒や保護者向けに公表し、検証を仰ぐことで、認知漏れがないかを確認しているか。2.教育委員会、学校、保護者、地域社会において、いじめ防止対策推進法が周知され、同法に基づく取組みが進んでいるのか。また公立学校のみならず、地域内の私立学校に対しても周知・指導が徹底され、積極的ないじめの防止と解決を図る取り組みが進んでいるのか。3.いじめ早期発見のためのアンケート調査が定期的に行われ、選択式等の子供たちにとって回答しやすいように工夫がなされているか。4.教育委員会や学校、保護者はもちろん、警察、法務局、都道府県、文部科学省等との連携による外部の視点を入れた解決がどの程度進んでいるのか。「いじめ問題対策連絡協議会」が組織されているのか。5.来年度から小学校で、2年後から中学校で、道徳の時間が教科化されるに当たり、教育委員会や学校での取組みは進んでいるか。6.日頃から教育委員会や学校と家庭、地域との連携は進んでいるか。学校運営協議会や地域学校協働本部等、学校と地域が連携する仕組みが構築されているか。 以 上//////////////////////////////////////////////////////今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      7
      テーマ:
  • 23 Nov
    • MANGAと地方創生

       写真は、山梨経営フォーラムでの桶田大介弁護士からの講演(甲府富士屋ホテルで)「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 11月20日(月)は、甲府富士屋ホテルで、毎月恒例の異業種勉強会・山梨経営フォーラムを開催しました。今月のテーマは「MANGAと地方創生」です。講師は、MANGA(マンガ、アニメ、ゲーム等)に詳しい弁護士の桶田大介先生です。新国立美術館参与で、私が所属する超党派MANGA議連のアドバイザーもお願いしています。講演要旨は以下です。●MANGAとはMANGAとは、マンガ、アニメ、ゲームの頭文字から取った造語です。現在、我が国のMANGAは世界の中で注目されています。博報堂の調査によると、日本から連想するモノ・サービス・エンタテイメントは何かと聞くと、アジア各国では家電、デジタル製品、自動車に次いで、アニメやマンガに第4位に入っています。米国ニューヨークでは1位、ブラジル・サンパウロでも3位に入っています。国際交流基金の調査でも、外国人の日本語学習の目的は、①日本語自体への興味、②日本語でのコミュニケーション、③マンガ、アニメ、J-POP等が好きだからとなっています。世界や国内各地で注目されるMANGAですが、マンガ市場は約4500億円と横ばいです。紙版の減少を電子版が補っているという状況です。アニメ市場は2兆円と、海外での需要が急増しています。そのアニメ市場ですが、アニメ会社の売上高で計測した狭義のアニメ市場規模は約1700億円程度ですが、テレビだけでなく、映画やビデオ、ネット配信、商品化、音楽、遊興(ゲームやパチンコ等)、ライブと国内アニメ市場は約1.24兆円と7.5倍に増大しています。それだけ、裾野が広いということです。マンガでは、原作者が企画・制作し、出版者が編集し、印刷会社が印刷して、取次会社が配本して、書店等で販売されるという単純な構造です。アニメでは、著作権者である原作者から、アニメ化が許諾され、制作委員会が企画・制作し、アニメ制作会社が制作し、テレビ局が流通、包装されます。映画もほぼ同様です。音楽は、作曲者・作詞者が企画・制作し、レコード会社が制作し、問屋で流通し、小売店で販売されます。ネットでは配信会社が販売します。ゲームや玩具でもほぼ同様です。著作権者は、玩具を除いてそれぞれが持つことになり、複雑になります。マンガは、漫画家とアシスタントという限られた人数での制作となりますが、アニメでは個人取引を含む多層下請構造で制作され、アニメ会社の平均従業員数は約100人となっています。正社員は3分の2で、それ以外は契約社員となっています。●MANAGAによる地方創生そして、そのMANGAを活用して地方創生への取り組みが始まっています。注目される事例は以下です。① 徳島県徳島市「マチ★アソビ」アニメ制作会社ufotableの代表者が、出身地である徳島市で2009年から春秋開催しているアニメを中心としたMANGAイベント「マチ★アソビ」です。  http://www.machiasobi.com/来場者数は、1万2000人(第1回、2009年)から8万3000人(第19回、2017年)へと増加しています。イベントに留まらず、ufotableは徳島市にスタジオを開設するようになりました。② 埼玉県鷲宮町平成19(2007)年放送のTVアニメ「らき☆すた」の主要キャラクターの実家が、埼玉県鷺宮神社という設定でした。その結果、鷺宮神社の平成19(2007)年の初詣客は約13万人でしたが、放送後翌年20(2008)年は約30万人、2年後の21(2009)年42万人、以降も40万人超で安定しています。MANGAによる地域振興の先駆けとなりました。詳細はhttp://ascii.jp/elem/000/001/275/1275157/ http://ascii.jp/elem/000/001/408/1408712/ ③ 茨城県大洗町平成24(2012)年放送のTVアニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台(の一部)が茨城県大洗町でした。その結果、ふるさと納税が202件、7,631,000円(2014年)から7,266件、202,646,000円(2015年)に急増しました。そして、地元の「あんこう祭り」の参加者数も、平成23(2011)年3万人だったのが、24(2012)年6万人、25(2013)年10万人、26(2016)年13万人と増加しています。さらに、地元の鉄道である大洗鹿島線が黒字転換するという波及効果が出ています。詳細は http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1606/21/news122.html http://www.geoenv.tsukuba.ac.jp/~chicho/nenpo/38/03.pdf ④ 富山県南砺市/石川県金沢市湯涌温泉平成23(2011)年放送のTVアニメ「花咲くいろは」の舞台「湯乃鷺温泉」のモデルが石川県金沢市の湯桶温泉でした。それを受けて、地元が新たにお祭り「湯桶ぼんぼり祭り」を始めました。 http://yuwaku.gr.jp/bonbori/  そのアニメの制作会社はP.A.Worksであり、隣県である富山県南砺市に所在しています。 新たなお祭りは、初回の平成23(2011)年の来場者数は約5,000人でしたが、第6回平成28(2016)年は約15,000人と年々増加しています。 以上は、近年の成功例ですが、残念ながら十分な効果が出ず、失敗例も出ています。●MANGAによる地方創生による課題MANGAを活用した地方創生を成功させるためには、目的設定を明確にする必要があります。それは、プロモーションによる観光振興なのか、産業振興(雇用創出、人口増)なのかということです。プロモーションも仕掛けてできるものではなく、偶然が左右します。アンテナを高く張って、取上げられたらすぐに行動することが必要ではないかと思っています。それよりも、アニメ制作会社の誘致する方が、会社も地方もお互いの利点があるかもしれません。 以上、桶田弁護士の話を聞きながら、MANGAの魅力と可能性を改めて感じました。超党派MANGA議連では、選挙後初の総会を12月上旬に開催します。そこでは、MANGAの国立拠点施設の整備に向けて、議員立法を確認して、党内手続きに入り、来年の成立を目指していきます。今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      テーマ:
  • 20 Nov
    • 自民党山梨県連の改革に向けて

      「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 11月19日(日)は、自民党山梨県支部連合会の県連役員・総務、支部長合同会議が、アピオ甲府で開催され、私も出席し挨拶を述べました。●全国は5連戦5連勝だが山梨は3連敗  私は次のように述べました。 国会では、特別国会中で安倍総理の所信表明演説があり、来週から代表質問、月末には予算委員会があり、12月に入って、各大臣からの所信表明と質疑が予定されています。自民党内では、衆議院議員総選挙での公約であった、人生100年時代の全世代型社会保障を構築するために、2年後の消費税増税分の使途を変更して、幼児教育・保育の無償化、高等教育の負担軽減、社会人の学び直し等、政府への提言を議論し取りまとめています。私は、文部科学部会長として、議論に加わっています。●3つの提言 本日の会合では、3つの提言をしたいと思います。第一は、県連内に本日ご参集の職域や地域支部長や有識者を含め、今までの国政選挙の敗因分析や、今後の一区の支部長選定問題について、検討する会議体「県連改革会議」を設けるべきだと思います。安倍政権は、平成24年政権奪還以来、衆参衆参衆と5回戦って、全国では5連勝ですが、「保守王国」と呼ばれた山梨県では、見る影もなく、3連敗です。参議院全国比例区選出議員として、全国各地を回るのですが、なぜ山梨だけ連敗するのか、その敗因をしっかり私たち関係者が見つめ、共有しないと、再生への道には繋がられないと思います。「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」この言葉は野球評論家の野村克也氏が有名にしましたが、松浦静山の剣術書『剣談』からの引用です。真理を突いていると思います。政策、組織、事務局体制等、各支部から幅広く意見を求めながら、原因分析から有効な対策案を練って頂きたいと思います。第二は、山梨県知事や県都甲府市長には、我が自民党の独自候補擁立に向けて、動き出すべきだと考えます。国政選挙で私たちを応援して頂けない方々、国政とのパイプがなく、山梨の活性化にも繋がりにくい方々を、次回も支援する必要があるのでしょうか。二年後の1月、1年2か月後に迫った山梨県知事選挙、甲府市長選挙については、県政、市政の検証を行いつつ、独自候補擁立に向けて、動き出すべきだと考えます。第三は、憲法改正についてです。ご承知の通り、今回の自民党重点公約に、4点の憲法改正項目を掲げました。①9条に自衛隊を明記、②緊急事態条項の創設、③教育の機会均等、④参議院の合区解消についてです。総選挙後、本部では憲法改正本部の会議が再開されました。県連や各支部においても、我が自民党結党以来の悲願である憲法改正に備えるために、情報を共有しつつ、来年か再来年の国民投票に向けての準備をお願いしたいと思います。以上、敗因分析や1区選定問題を議論する県連改革会議、県知事や甲府市長への独自候補擁立、憲法改正の準備の3点について、県連執行部にはご検討をお願い申し上げます。 出席した支部長からは、1区の小選挙区敗北について、厳しい意見が出されました。当然ですが、しっかり受け止め次に繋げていかなければと思います。 11月20日(月)は、毎月恒例の山梨経営フォーラムです。「MANGA(マンガ、アニメ、ゲーム等)と地方創生」と題して、MANGA議連のアドバイザーを務めて頂いている弁護士の桶田大介先生からお話を頂きます。 今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      10
      テーマ:
  • 19 Nov
    • 観光立国へ 観光促進税(出国税)導入の是非

       ・写真は、①観光の現状と目標値(出所:観光庁)「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 11月14日(火)、15日(水)、17日(木)と自民党観光立国調査会、国土交通部会で、新たな観光財源について、議論が行われました。●観光を基幹産業へ しかしながら観光予算は200億円で頭打ち!? 昨年、訪日外国人旅行者数は、初めて2千万人を超え、2,400万人前後となったほか、その消費額も、過去最高であった平成27(2015)年を上回り、4兆円が視野に入る勢いで増加し、訪日観光需要が引き続き堅調に拡大しています。人口減少、少子高齢化といった我が国の抱える深刻な課題に対処していくために、新たな成長のためのエンジンとなる観光による交流人口の拡大が求められています。観光は、我が国の豊富な地域資源を活かし、隅々まで地域を活性化させ、地域に雇用と活力と誇りを生み出し、我が国の未来を切り開いていく基幹産業となりうる裾野の広い産業です。また、観光は国際相互理解の増進や国際社会における我が国の地位の向上という観点からも重要です。観光を支援する予算は、観光庁発足(H20)以来、40億円代から今年度は210億円まで増大してきました。しかしながら、厳しい財政状況の中で、また国土交通省の中での各局の予算配分から、これ以上観光予算を増大させるには、限界があります。そこで、出てきたのが新たな観光財源の確保です。●観光促進税(出国税)の概要 観光庁は本年9月から「次世代の観光立国実現に向けた観光財源のあり方検討会」という有識者会議を開催して、関係者からヒアリングを行い、提言を取りまとめました。その内容は以下です。 ・税方式により出国旅客(日本人を含む。)に負担を求めること。 ・負担額は定額・一律(※近隣アジア諸国との競争環境や訪日旅行需要への影響等を考慮し、一人一回につき1千円を超えない範囲で、必要となる財政需要の規模も勘案しつつ検討) ・航空については既存の統一的な仕組み(運賃との一括収受方式)の活用を基本。船舶については徴収のあり方について要精査。 ・地方譲与税については課題があるため、外国人旅行者の地方への誘客促進は国があら財源を活用し適切に対応。航空券連滞税については今回の観光財源とあわせて検討することは適当ではない。 ・観光財源の使途について、①ストレスフリーで快適に旅行できる環境の整備、②我が国の多様な魅力に関する情報の入手の容易化、③地域固有の文化、自然等を活用した観光資源の整備等による地域での体験・滞在の満足度の向上等です。 ・導入時期については、できるだけ早期。●他国の事例、税導入で観光客は?観光関係税の諸外国の事例(出所:観光庁) 図表の通り、豪州、英米、近隣諸国でも同様の税金を取っています。私達が各国に旅行して、帰国する時には、税金を取られていたということになります。問題は、課税することによって、肝心の観光客が減少してしまっては意味がありません。そのことを観光庁に質問すると、豪州と独の事例を調べてくれました。増税の影響はなく、国際旅客は増加し続けています。豪と独の課税と国際旅客の影響(出所:観光庁) 外国人観光客や日本人が出国時に1千円徴収されると、400億円程度が国庫に入ることになります。その税金の使途について、入出国時の税関や入管が渋滞しないように整備したり、看板や案内を充実したり、多言語化するのは悪いことではないと思います。ただ、肝心の観光資源である文化財や自然が荒廃していては意味がありません。観光庁に対して、増税分はしっかり観光資源の整備、修繕にも回してほしいと釘を刺しました。 今後、自民党税制調査会の場で議論することになるのですが、皆さんはどうお考えですか。 11月19日(日)は、自民党山梨県連の会議です。 今日一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      2
      テーマ:
  • 18 Nov
    • 安倍総理の所信表明演説、会議と打合せの連続

       ・写真は、安倍総理の所信表明演説(参議院本会議で) http://www.sangiin.go.jp/japanese/ugoki/h29/la171117-1.html 「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 11月17日(金)の予定は、朝から夜まで、会議や打合せが続き、その間本会議があり、安倍総理の所信表明演説を聞きました。●政策の実行、実行、実行あるのみ 総選挙後初の安倍総理の所信表明演説の要旨は以下です。https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement2/20171117shoshinhyomei.html衆議院議員総選挙でも訴えていた、緊迫する北朝鮮情勢、急速に進む少子高齢化の国難について、国民の信任なくして、この国難を乗り越えることはできない、「安定的な政治基盤の下で、政策を、ひたすらに実行せよ。」という国民の意思を受け、政策を実行し、結果を出していくことを訴えていました。・米、露中、日中韓等首脳会談を行い、積極的な外交政策を展開。・2020年度までの3年間を「生産性革命・集中投資期間」と位置付け、人手不足に悩む中小・小規模事業者も含め、企業による設備や人材への投資を力強く促します。・人づくり革命として、幼児教育の無償化を一気に進め、2020年度までに、3歳から5歳まで、全ての子どもたちの幼稚園や保育園の費用を無償化します。0歳から2歳児も、所得の低い世帯では無償化します。待機児童解消として、「子育て安心プラン」を前倒しし、2020年度までに32万人分の受け皿整備を進めます。・どんなに貧しい家庭に育っても、意欲さえあれば、高校、高専にも、専修学校、大学にも行くことができる。真に必要な子どもたちには、高等教育を無償化します。いくつになっても、誰にでも、学び直しと新しいチャレンジの機会を確保する。そのためのリカレント教育を抜本的に拡充します。大学改革を進めてまいります。・2020年代初頭までに50万人分の介護の受け皿を整備。・インドの広大な大地を、日本が誇る新幹線が駆け抜ける。この9月、高速鉄道の建設がスタートしました。200回を超えるトップセールスが実を結び、インフラ輸出額は、5年間で10兆円増加。・農林水産物の輸出は、本年も、5年連続で、過去最高を更新するペースで伸びています。40代以下の新規若手就農者は、調査開始以来、初めて、3年連続で2万人を超えました。・東北の被災地では、農地の8割以上が作付け可能となり、全ての漁港が復旧。福島では、帰還困難区域を除き、ほぼ全ての避難指示が解除。先月から中間貯蔵施設が稼働。2020年には身近な場所から仮置き場をなくします。・互いに知恵を出し合いながら、共に、困難な課題に答えを出していく。そうした努力の中で、憲法改正の議論も前に進むことができる。そう確信しています。●会議、会議、会議の連続 私は、朝から会議、会議、会議の連続でした。・トラック輸送振興議連総会で団体から要望を受け、関係省庁から対策を聞きました。・自民党TPP・日EU等経済協定対策本部幹部会で大綱案を確認しました。・自民党教育再生実行本部・次世代の学校指導体制実現部会で校長会・教頭会・全日教連からの要望を聞き、英語教育の時間数が増えることの対策について議論しました。・自民党国土交通部会で、税制改正要望や自動車製造会社の検査漏れを議論しました。・自民党法務部会・家族の絆を守る特命委員会合同会議で、4年かけての相続法制の改正案について議論しました。・自民党人生100年時代戦略本部で、経済団体から拠出金について考え方を聞き、提言骨子案を議論しました。文科部会長として、義務教育の年齢引下げが提言に入ったことを感謝し、私大の支援の上限設定について質問し、社会人の学び直しについて運用改善を訴えました。・財務省で木原稔財務副大臣や主計官に、文科部会として申入れを行いました。●打合せ、打合せ、打合せの連続午後からは、打合せ、打合せ、打合せの連続でした。・参議院会館事務所で午後からは山田滝雄ユネスコ大使から就任挨拶を受けました。・参議院自民党議員総会後、参議委院本会議で安倍総理からの所信表明演説を聞きました。・法務省から来年度予算案への支援依頼を受け、相続法制について打合せを行いました。・参議院議員会館事務所で、山梨県庁と交通安全、武道振興、日本遺産について打合せを行いました。・文科省・スポーツ庁と税制改正の進め方について打合せを行いました。・国土交通省と中央道渋滞対策、中部横断道北部区間整備について説明を聴取しました。・人事院と国家公務員倫理規程について、意見交換をしました。 さすがに夜となると、頭が芯から疲れてきました。私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      3
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 森喜朗元総理の講演 立法への苦闘

       ・写真は、森元総理の講演の模様(自民党本部で)「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 11月16日(木)は、午前中山梨県市長会・山梨県町村会の税制改正の要望を受け、文科省、法務省、国土交通省より税制改正等の説明を聴取しました。昼は清和政策研究会議員総会があり、午後からは憲法改正推進本部で参議院の「合区」問題の議論を行い、教育再生実行本部・文部科学部会・私立大学等振興小委員会合同会議で森喜朗元総理の話を聞き、夕方は団体と懇親を行いました。●森喜朗元総理の話 政治家として立法への苦闘 午後4時から自民党本部で、森喜朗元総理をお招きして、私共国会議員60名以上が1時間40分に渡り、しっかり聞かせて頂いました。政治家となり、文教族の一員として、各種法律をどのような背景で、党内で反対されてもそれを乗り越えて苦闘しながら、同志とともに、熱心に取り組んできたことを、教えて頂きました。・学者から猛反発されながら、教授会の権限をなくすために東京教育大学を筑波に移転させた筑波法(国立大学設置法改正1973・S48)・ストライキを続発させて対立する日教組を懐柔するために、一般公務員より給与を上げるために立案した「人確法」(学校教育の水準の維持向上のための義務教育諸学校の教育職員の人材確保に関する特別措置法1974・S49)・教頭職の法制化(学校教育法改正1974・S49)・私立学校に対して2分の1を目途に助成することを目指した私立学校振興助成法(1975・S50)等 往時の熱い政治家たちの戦いとその覚悟を教えて頂きました。●11月17日(金)の予定 11月17日(金)の予定は、午前中トラック輸送振興議連総会、TPP・日EU等経済協定対策本部幹部会、教育再生実行本部・次世代の学校指導体制実現部会、国土交通部会、法務部会・家族の絆を守る特命委員会合同会議、第62回簡易水道整備促進全国大会、人生100年時代戦略本部、木原稔財務副大臣への申入れを行います。午後からは山田滝雄ユネスコ大使が就任挨拶にこられ、参議院自民党議員総会、参議委院本会議で安倍総理からの所信表明演説を聞き、法務省、山梨県、文科省・スポーツ庁、国土交通省と打合せを行います。今日も一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      2
      テーマ:
  • 16 Nov
    • 18歳19歳の投票率は その向上策は

       ・写真は、高校で政治教育を受けた人の投票差と住民票を異動の有無の投票差(出所)総務省)「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。 11月15日(水)は、愛媛県今治市での加計学園獣医学部新設の認可を受け、衆議院文部科学委員会が開催されました。専門家の議論を経て文科大臣が認可したもので、野党の追及は空回りでした。本来なら、衆議院に続いて16日(木)に私が所属する参議院文教科学委員会が開催されるはずでしたが、12月に先送りされてしまいました。衆議院の野党第一党は立憲民主党、参議院の野党第一党は民進党ということで、野党が分裂して連携が取れておらず、足並みが乱れた形です。衆議院が審議を実施したのに、参議院が先送りでは存在意義にもかかわるのに・・・私は、朝8時から文部科学部会を開催し、その後人生100年時代戦略本部の議論に参加し、幼児教育の質の保障、高等教育の負担軽減も少子化対策となると訴えました。昼は参議院自民党政策審議会に出席し、朝鮮半島情勢について専門家から話を聞きました。午後は文部科学部会内に、10年後の教育の在り方の議論を行う「10年プロジェクト」の打合せを行いました。機関紙「自由民主」の原稿を書き、文科省と税制改正の打合せを行いました。●18歳19歳投票率は 課題は 朝8時からの自民党文科部会では、昨年から導入した18歳19歳選挙権について、投票率の結果と課題、今後の対応策について議論しました。 総務省の報告によると、18歳19歳の投票率は以下でした。・H28参議院(選挙区)   18歳51.28% 19歳42.30% 全体54.70%・H29衆議院(小選挙区)  同  50.74%  同 32.34%  同 53.68% 全体も低いのですが、18歳に比べて19歳の投票率の低さが際立っています。総務省の昨年10月の参院選後の18歳から20歳の選挙権に関する意識調査によると、以下です。・投票に行かなかった理由は、「今住んでいる市区町村で投票することができなかったから」が最も多い22%もおり、年齢別では18歳よりも19歳の割合が高くなっています。親と一緒に住んでいない人の内、住民票を「移していない」人の割合は56%もおり、移している人といない人を比較すると、約10%も投票割合が違ってきています。引越し先の速町村へ住民票を移す必要があると知っている人は3分の2の66%もいるにもかかわらず、徹底されていないことが浮き彫りになっています。・地域差もあり、関東(19.6%)や中部(19.4%)よりも、中四国(25.9%)、九州沖縄(26.8%)が5ポイントも高くなっています。・高校で何らかの授業を「受けたことがある」人(6割)と、「受けたことがない」人(4割)と比較すると、投票した割合が約7%高くなっています。高校の教育効果がある程度出ていることが分かります。ただし、副教材「私たちが拓く日本の未来」の認知度が18歳で3割しかないというのは問題です。文科省によると8割の学校で副教材を活用されているはずにもかかわらずです。授業の時間や方法に課題があるのではないかと思われます。・子供の頃に親が行く投票について行ったことが「ある」人の方が、投票した割合が20%も投票した割合が高くなっています。また、親と一緒に「住んでいる」人の方が、投票した割合が約30%も高くなっています。家庭での親子の会話や体験が政治教育では重要だということでしょう。 詳細はこちらへ http://www.soumu.go.jp/main_content/000457170.pdf●学生や生徒の投票率の向上の取組みは 文部科学省では、総務省と連携し、各大学等に対して、平成27年度から4回に渡り通知を発出し、各種会議を通じて、若者の投票率向上に向けて、以下を周知していると言います。① キャンパス内の期日前投票所の設置② 学生・生徒への啓発活動③ 住民票異動の必要性や不在者投票制度 その結果、期日前投票所が今回の総選挙では大学・短大・高専に91か所、高校に41か所設置されました。各大学・短大・高専・専修学校では、それぞれ取り組まれていますが、ぜひ上記の3点について、積極的な取組みをお願いしたいと思います。 今回の部会の議論を踏まえて、文科省では、実態の把握と分析を行い、様々な機会をとらえた周知の強化を行うことになりました。 投票率は、学校教育の効果、成果が問われる事例でもあるので、引続きしっかり取り組んでいきたいと思います。●11月16日(木)の予定は 11月16日(木)の予定は、午前中山梨県市長会・山梨県町村会の要望を受け、文科省、法務省、国土交通省より説明を聴取します。昼は清和政策研究会議員総会があり、午後からは憲法改正推進本部で参議院の「合区」問題の議論を行い、教育再生実行本部・文部科学部会・私立大学等振興小委員会合同会議で森喜朗元総理の話を聞き、夕方は2団体と懇親を行います。今日も一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、全ては国家国民のために、根拠をもち総合的な判断を心掛け、日々全身全霊で取組みます。…………………………………………………………………………………●7/5九州北部豪雨被害 復旧・復興支援情報 7月5日から九州で大雨が続き、大きな被害が出ました。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念致します。残暑が続く中、被災者の方々にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ ・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html ●4/14・16熊本地震の被災者支援情報平成28年4月14日前震と16日に本震等が発災した熊本地震において、被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html●3/11東日本大震災の復興支援情報 平成23年3月11日に発災した東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等は以下からご覧になられます。 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/…………………………………………………………………………………●自民党党員募集 自民党では党員を募集しております。ぜひ事務所までご連絡下さい。●赤池まさあき後援会入会案内後援会入会希望の方はこちらへhttp://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html …………………………………………………………………………………●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。http://blog.with2.net/link.php?797820:1510http://politics.blogmura.com/フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。http://www.facebook.com/akaike.masaaki

      4
      テーマ:

プロフィール

参議院議員 赤池まさあき

性別:
男性
誕生日:
1961年7月19日19時頃
血液型:
B型
お住まいの地域:
山梨県

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。