アカデメイアカレッジのスクールスタッフのブログ

占いスクールのアカデメイアカレッジ(東京・恵比寿)のスクールブログ。タロット・カード、西洋占星術、四柱推命、紫微斗数、九星気学、手相など幅広い講座を扱う占いスクールです。
各占術についての考察や日常やゲームと占いとの関係性などきままに更新します


テーマ:

 みなさんこんにちは、アカデメイアカレッジスタッフの柘榴です。

 前回の記事では10月期のお知らせなどを書きましたが、無料セミナーはこれからが本番です!気になる講座があったらとりあえず参加してみてくださいね~キラキラ


 あんまり宣伝が続くのは個人的に好きではないので、今日は雑談チックな占い考察でも…


 西洋占星術において、アスペクトというのは重要な要素ですね。個人の天体の配置によっては複合アスペクトがネイタルに存在するでしょう。

 実際には複合アスペクトがあるからどうという訳ではなく、「どの天体がかかわっているか」の方が重要です。

 それによって解釈が変わってくるので、複合アスペクトだからと騒がないで、パーソナル天体がかかわっているのかなど冷静に読み込む必要があると思います。


 ところで複合アスペクトの中で最もインパクトがあるのは、なんといってもグランドクロスでしょう。

 ハードアスペクトの組み合わせなので、古くは「最凶相」といわれていましたが、そう決めてしまうのは問題アリですね。


 確かにハードアスペクトには変わりないので「波乱に満ちた・葛藤が多い」という意味になります。それはつまり苦労することが多いということなんです。

 そういう意味では、不幸だと感じる人もいるかもしれませんねダウン


 一方世の中でいわゆる「成功者」にもみられるものだとも言われています。

 苦労したり葛藤したりというのは苦しい事ですが、人間的成長につながるのは間違いないことです。困難を乗り切るパワーも身についていることでしょう。

 若いころの苦労は買ってでもしろ、ということでしょうか。


 柘榴以外にもいろいろとブログなどで考察している人は多いと思いますが。

 トランジットでグランドクロスが巡ってくると、該当する三区分のサイン天体に影響がある感じがしますものね…あまり結びつけたくないですが…

 世の中的にもそれっぽいこと?が起きたりすることを思えば、やはりエネルギーが強いんだなぁと思います。


 …と、まぁ、まっとうな考察?ですが…

 柘榴が西洋占星術を勉強していたころ、グランドクロスと聞いて真っ先に思い浮かんだのは実はDQでしたビックリマーク


 ナンバリングのⅥ以降に同名の戦闘用特技があって、使うと「いのりをこめて じゅうじをきった!」と表示されるんですよね。

 個人的にはメルビン!なイメージです。


 その印象がやたらと強烈で「占星術にもグランドクロスがあるのか、強そうビックリマーク」と勝手に思っておりました。実際そこまで強い特技じゃないですけどね。なんかこう、語感的に!


 占星術的には天体のエネルギーがぶつかり合うがゆえに、強いパワーが生じるというような解釈になり、「扱いに困る、もてあます」といった印象ですね。

 …ということは強そうという感想もあながち外れてはいない…はてなマーク

 

 細かいことは置いておいて、とにかく複合アスペクトの中でも柘榴的に身近な感じのするグランドクロスのお話でした音譜 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 みなさんこんにちは、アカデメイアカレッジスタッフの柘榴です。ここの所蒸し暑くて寝苦しい日々が続いてますねダウン

 正直なんだか風邪気味というかバテ気味です…


 

 ま、気を取り直してお仕事です!

 HPも更新されたことですし、10月期の宣伝と物販のお知らせをします!!


 

 まずは物販から!みなさんお待ちかねのアルマナックから『Stargazer占星暦2017』が入荷いたしましたキラキラ


 

 

 入荷数は30部です。

 店舗販売しているところはかなりレアで、結構人気の品物なので購入を考えている方はお早めに受付にいらしてくださいね~アップ

 ちなみにお値段は一冊1620円です。なおこちらでは通販は扱っておりません

 

 さて続きまして講座のご案内に移りましょう。

 実は10月期は続き物の講座が多くて、新規の方が受けられる講座がちょっと少ないんですあせる

 そこで!新規・初心者でも受けられる、しかもちょっとマニアック(?)な講座をご紹介!

 

 まずは中嶋先生の「易占入門(周易入門)」です。

 隔週で月曜日13:10~というスケジュール。初回は10/3です。(日程の詳細はパンフやHPをご参照ください)


 

 易の基本である64卦の解説から始めますので、初心者の方も安心音譜

 東洋系の授業って先生がビシバシと怖そう、というイメージもあったりしますが、大丈夫!

 担当の中嶋先生はもともと心理学系の講座をカレッジでは教授していた、やわらかい語り口の穏やかな先生です!

 東洋系って興味あるけど、難しそうだし、と二の足を踏んでいる方にお勧めです。


 

 お次は田口先生の「ルネサンスの魔術論~西洋神秘学の華~」です。

 10/14スタートで、隔週金曜日14:50~という日程です。(同じく詳細はパンフやHPをご確認くださいませ)


 

 この講座は占いには直接は関係ない西洋神秘思想に関する講座です。

 タロットや西洋占星術を勉強している・してみたいと思っている方には柘榴的に注目していただきたい講座なんですよ~アップ

 なぜならそれら西洋系の占いの根底にある西洋神秘思想史を学ぶことで、より深い理解が得られるからです。


 

 田口先生の講座は実は柘榴も結構受けていたりしますキラキラ

 この内容の講座ではありませんが、過去に受講した講座のいくつかをブログで紹介しています。

 どんな講座か興味ある!という方は受講日記の記事をご参考ください。

 カテゴリ:受講日記

 

 もちろんこれ以外にもマスターコースも開講予定です!

 入学・受講をご検討の方は無料セミナーに参加してみるのがおすすめですよ音譜

 占術ごとにいくつか日程がありますので、パンフやHPでご確認の上ご予約下さい!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 みなさんこんにちは、アカデメイアカレッジスタッフの柘榴です。

 夏休みも終わって通常営業に戻っております。最近は天候が不安定で色々と大変ですね。台風シーズンなんで仕方ないですが台風


 お休み中に友人に会ったり鑑定をしたり、「占い」について考える機会があったので、今回はその話をしましょう音譜


 音楽や美術など、いわゆる「芸術」と呼ばれる分野を鑑賞するには、感受性の豊かさというのが重要になるでしょう。 見たまま聞いたままを受け入れ感じ取り味わうということですね。

 一般的に芸術を楽しむにはそれで十分ですが、例えば専門家やもっと極めたい人などは、さらに「解釈」が必要になってくると思います。


 実はそれは「占い」に対しても同じことが言えるのでは!?と柘榴は考えるのです。


 どんな芸術分野でもある一定の形式、つまり決まりごとがあるはずです。それに加え表現技法もさまざまなバリエーションがあります。これらを踏まえたうえで出てくるのが作品に対する「解釈」です。


 占いの場合は例えば…「牡羊座→二区分はプラス・三区分は活動・四区分は火」というようなことが決まり事ですね。技法は西洋占星術は実に種類が多く…例として挙げるならホラリーとかミッドポイントとかですかね?


 さて、ある作品に対し、どのような解釈を持つかというのは、その個人なりの表現となります。なので世間一般の代表的な解釈のほかに、無数の個人の「解釈」が存在することになります。


 それらあまたの「解釈」は個人のセンスに基づいているため、優劣も正誤もないもの。あるのはただその解釈を好むか否か、という感情の問題です。

 芸術というのは作品の世界観に浸るとともに、このようにたくさん存在する自分以外の解釈を味わい深めていくというところに価値や楽しさがあるのではないでしょうかはてなマーク


 ここで自分の好みではないからといって他人の解釈を否定したり優劣をつけたりするような輩は、心が狭いというか…価値観の発展性が見込めないかわいそうな人だなぁと思いますダウン


 占い、特に西洋系の占いは、占い師の数だけ「占い」が存在するといわれています。実際に同じカードやホロスコープを見ていて、内容的には同じようなことを言っているのに、表現やとらえ方は占い師ごとに違うものです。


 これらは占い師がそれぞれに持つ「解釈」の違いが表れた結果です。それをどう表現するかは占い師の「センス」しだい。それと経験によって占い師一人一人のカラーが出てくる、ということだと思います。


 自分がお客の立場で、「この人当たる、けど前に見てもらった人はしっくりこなかった」ということが起きるのは自分と占い師の「解釈のずれ」、つまり解釈の好き嫌いが原因ではないでしょうか?

 

 そしてこれら占い師が持つ「解釈」も、上記のずれ(好き嫌い)こそあれ、それ自体に優劣や正誤がないのもまた同じ。もちろん形式をきちんと踏まえた上でのお話ですが。


 それぞれの解釈の違いを楽しみ、知識を深めてゆく…占いはどこか芸術に似て奥深きもの…。これが柘榴なりの「占い」に対する「解釈」です、という考察でした~キラキラ

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 みなさんこんにちは、アカデメイアカレッジスタッフの柘榴(ザクロ)です。

 うっかり忙しくて前回の更新から日にちが空いてしまいましたあせる

 気づけばもう来週からカレッジの夏休みです!!

 

 という訳で、今日は業務連絡になります。

 アカデメイアカレッジは8/11(木)~8/17(水)の一週間、夏休み休校です!

 

 この期間は完全にカレッジはお休みぐぅぐぅ

 授業はもちろん、DVD補講も電話受付けもお休みです!

 お電話は留守録対応になります。メッセージを吹き込むことができますが、スタッフが確認して対応にあたるのはお休み明けになります。ご了承ください電話

 

 さて、この一週間のお休みを挟むことによって、隔週の講座の周期が変わるので、隔週2コマの講座を受けている方はご注意くださいビックリマーク

 日程がよくわからない、という方はそれぞれ4月期と7月期のパンフレットに全日程が記載されているので、必ずご確認を!


 

 またカレッジのHPのスケジュールからも確認可能です。

 パンフ探すの面倒…というかたはこちら からご確認ください。

 休校期間中に、間違えて来校なさらないようにお気をつけてビックリマーク


 今年の夏は雨が結構多いとはいえ、やっぱり気温が高いですねぇ汗 

 夏休み、出かける人もい多いと思いますが、みなさん熱中症にご注意ください。

 というか出かけなくても、部屋にいても熱中症になったりするみたいですから、怖いですね…


 柘榴は、そうですねぇ、ブログのネタに使えそうな(笑)タロットor占星術のネタでも探そうかと思いますキラキラ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 みなさんこんにちは、アカデメイアカレッジスタッフの柘榴です。

 今年は水不足がすでに深刻で、これからもっと暑くなるというのに心配ですねダウン

 一極集中しないでもっとこう、まんべんなく雨が降ればいいと思いますが、そう思う通りにはいきません。自然相手では人間は無力ですね…


 今回の記事のテーマはタロット考察ですが、タロットにも、「人間の力が及ばない超自然的なもの」を描いているカードがあります。

 「運命の輪」もそうですが、今日は「13・死」のカードを中心に考察していきたいと思います。


 柘榴の個人的な意見ですが、ウェイト版の「死」のカードは結構重厚そうな印象を受けます。なんかこう、荘厳な「死」の訪れ、というイメージ。

 でも意味も何も知らないと、何か悪い事でもあるんじゃないかと心配になるのは無理はありません。


 実際に鑑定をしているときにこれが出てくると、クライアントは「ええ!?大丈夫ですかあせる」「うわ…どうしようダウン」とテンションが下がることが多いです。

 もちろんカードの意味をちゃんと伝えて、その占いにおいてどういうことを示しているのか、きちんとリーディングすれば決して悪い事ではないとわかってもらえます。


 …ところで「死」のカードを筆頭に、「悪魔」や「塔」のカードなどは、タロットの怖いカードの代表格として嫌われがちであるように思えます。

 ウェイト以前のマルセイユ版や古典系のタロットなどは、「死」のカードですと明らかに骸骨やミイラなどが描かれていて、おどろおどろしい感じがするのは確かです。


 日本では火葬が多いのであまりピンとこないかもしれませんが、ヨーロッパは昔から「死の擬人化」としての骸骨が存在していました。

 修道院にある「骨の家」は死を身近に感じて静かに祈りをささげることが目的の一つでしたし、「聖遺物」への信仰という文化もあります。


 昔のヨーロッパは現在からは考えられないほど「死」が身近に存在した世界でした。

 ペストの流行はよく言われる話ですが、それを抜きにしても、栄養状態の悪さや厳しい気候のもとでの生活、満足な治療ができない病気やけが、全てが命を損なうリスクを高めていたのです。

 

 まさに生きていくことそのものが仕事であった時代。

 それを思えば現代人の何と恵まれていることか…!!


 とにかくそんな生活環境下で、生きていくには身分の差があっても、死は誰にでも平等に訪れ、王侯貴族であっても庶民であってもそれは変わらない、当時の人々はそこに恐怖とむなしさを感じたのでしょう。

 その恐怖と狂気は「メメント・モリ」という言葉や、「死の舞踏」という有名な絵画がその一端を示しています。


 確かにタロットにおける「死」のカードにはこういった恐ろしげなイメージがつきものですが、人生には自分の力ではどうしようもできない事によって足止めされたり、反対に導かれたりするもの

 カードには「再生する・生まれ変わったかのような状態」というような意味も含まれています。


 タロットのルーツでもある時代をもっともよく反映したこのカードを、あんまり怖がらないでしっかりと深い意味を感じ取ってほしいいなぁ、と柘榴は思いますキラキラ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。