アカデメイアカレッジのスクールスタッフのブログ

占いスクールのアカデメイアカレッジ(東京・恵比寿)のスクールブログ。タロット・カード、西洋占星術、四柱推命、紫微斗数、九星気学、手相など幅広い講座を扱う占いスクールです。
各占術についての考察や日常やゲームと占いとの関係性などきままに更新します


テーマ:

 みなさんこんにちは、アカデメイアカレッジスタッフの柘榴です。暑いのか寒いのかよくわからない季節ですが、朝晩などはかなりすごしやすくなってきましたねキラキラ

 

 さて、柘榴は普段、受付で働いているのですが、受講生の方々とお話ししていると、色々な質問を受けます。その中で結構みなさんお悩みなのが、「占いの勉強法について」。

 

 フム、確かに、ほかの勉強と占いはちょっと違うかもしれませんね…

 柘榴もかつては受講生として勉強しつつ、スタッフとして働いていた時期もありました。

 ←こちらのカテゴリにある「受講日記」というのがその名残です。

 

 という訳で、柘榴はどんな感じに勉強していたのか、というのをちょっと書いてみたいと思います。みなさまの参考になれば幸いです。

 まずは、占いとはイメージすることが大事である、と柘榴は思いますアップ

 

 この信念のもと、柘榴は普段考えているあれこれを「占い的なイメージに変換するとどうなる?」ということをひたすらにこのブログで綴っています。

 それが←カテゴリの「タロット考察」であり「ゲームを占い的に考察する」であり「その他占術の考察」なのです音譜

 

 …ネタが、なんというか、ゲームとか小説とかそんなものなのは、まぁ個人的な趣味と言いますか、はっきり言って柘榴がオタクという人種だからなので、まあその辺は適当にスルーしてください。

 とにかく、自分の好きなものや、普段自分が馴染んでいるものをもう無理やりにでも占いに関連付けてみてイメージを膨らませることが結構勉強になると思います

 

 もう一つ、大事なことは、考えたことを言葉にすることです。これは占い仲間との雑談でもヒントはかなりあると思っていいでしょう。

 というのも、クライアントに結果を伝える際に「相手が受け入れやすいように表現に気を遣う」ことは対人コミュニケーションスキルの一環であり、仲間とのトークで自然と鍛えられるはず…だからビックリマーク

 

 特に、専門的な内容を平易な言葉でも説明できるように頭の中で変換することを心がければ実占にも生きてきます。

 占いの内容を言葉で表現することは案外難しいです。イメージが大事ですが、同じぐらい国語的な語彙力も大事なのが事実ですね。

 

 それから実占については、練習あるのみ、です!!

 一朝一夕で上達する方法なんかありません。継続は力なり。あと度胸。この点では性格的にへこたれない人の方が有利ですね。

 

 タロットでしたら3枚引きから始めましょう。はじめはノートを見ながらリーディングしたっていいんです。

 毎日テーマを決めて一枚引きをするのもいいでしょう。タロットそのものになれることが大事です。

 

 西洋占星術だったら、最初からホロスコープ(特に三重円)なんか見ても読めるわけがありません。パーソナル天体のサインと簡単なアスペクトでざっくり見る練習を積んで少しずつ慣れていくのが結局はいちばん上達の近道だと思います。

 

 あと、占星術に限らず、命術全般に言えることですが、復習に手を抜いてはいけません

 命術は積み重ねていくものです。

 当然、覚えるべきことも多いので、ノートをきちんとまとめなおしたり、わからない所は戻ってよく覚えなおしたり、細々したところ手を抜くとあっという間にわからなくなりますダウン

 

 具体的なところはこんな感じですが、柘榴的に一番強調しておきたいところは精神的な部分です。

 占いを侮るなかれ。簡単にできる、適当に仕事にできる、などと思っている方はその考えは即行捨てるべきです。

 

 占いとは学問なり

 勉強すればするほど奥が深いということがわかります。他の資格の勉強と同じ、真摯な姿勢で取り組み、知識に対して謙虚でなければならない、と柘榴的に思います。

 

 まぁ、あくまでこれは柘榴の意見・勉強法ですので、みなさんはみなさん自身の勉強法をぜひ見つけ出してくださいませ~キラキラ

AD
いいね!した人

テーマ:

 みなさんこんにちは、アカデメイアカレッジスタッフの柘榴です。

 8月は雨ばかりで、じめじめしてたおかげで蚊の被害がひどかった柘榴です雨

 あまりに痒いので寝るときに蚊取り線香を毎日つけていたら、部屋が蚊取り線香臭くなってかなりへこんでいます…汗

 

 まぁそれよりも!

 みなさんお待ちかねのお知らせがあります!!

 アルマナック社より毎年恒例の『Stargazerr占星暦』が発売されました!!

 

 そう、2018年版ですキラキラ

 例年通り、カレッジの受付で販売中です。実店舗で売っている所は結構レアらしいですね。おかげさまですでに結構な冊数が売れております

 欲しい方はお早めに!

 

 さて、それからHPがもう10月期の内容になってますので、ブログほうでも講座の宣伝をしましょうか。実際のところはまだ開講日まで日にちがあるので、各々無料セミナーなどでじっくりご検討ください音譜

 

 ではまず、柘榴がいつもお勧めする田口先生の講座からビックリマーク

 「錬金術の世界」初回10/20(金)14:50~。

 実は田口先生の講座はかなり久しぶりです。大学の先生なので、そちらのお仕事が多忙だとなかなか都合が合わないようで、柘榴もしばらくお会いしてません…

 

 昨今のなんちゃって講座ーみたいなものとは違って正当・本格派なのが田口先生の講座です。西洋系の占いの源流である西洋神秘思想史のディープな世界は、占星術などを理解するのにとても役立ちます。

 真の教養人を目指しましょうアップ

 

 東洋系からは、保坂先生の「断易(五行易)入門編」をご紹介。初回10/17(火)14:50~。

 ロジカルな卜術である断易は、イメージ・インスピレーションに頼らないので理論派も納得です。

 この講座は隔週ですが、裏の週に中嶋先生の「易占入門(周易入門)」があるので、スケジュールさえあえば周易と断易を毎週受けることができますアップ

 両方が火曜日に揃うのは珍しいので、東洋系気になる方はご検討ください!

 

 どの占いにしろ勉強は一朝一夕では終わりません。みなさん自身に合う講座をじっくり考えてみてくださいね~キラキラ

 

AD
いいね!した人

テーマ:

 みなさんこんにちは、アカデメイアカレッジスタッフの柘榴(ザクロ)です。

 台風のせいですっきり晴れず、洗濯物が乾きにくい今日この頃ですね。あんまり暑くないのはいいんですが…。

 

 さて、今日は業務連絡です。

 アカデメイアカレッジは8/11(金)~8/17(木)の一週間、夏季休校となります。

 この期間は電話対応も受け付けておりません。DVD補講もできず、完全に休校期間となってますので、間違えて来校なさらないようにご注意ください!!

 

 もう一つ、この休校期間で隔週の授業の周期がずれます。特に隔週2コマの授業を取っている方は要注意です。

 また隔週の講座はパンフレットに全日程が掲載されていますので、そちらを改めて確認してみてください!!

 

 …なぜですかね?パンフレットに日程が出てることを知らない人が多くてよくお問い合わせいただきます。見ればわかるので気づいていただきたいんですが…

 とにかく、スケジュールの確認はきちんとなさってくださいねーアップ

 

 熱中症や夏バテに気を付けて楽しい夏休みをお過ごしください音譜

 どうしようかな?実はあんまりブログに書くネタがありませんあせる

 柘榴も夏休みはどこかに出かけていって、ブログのネタを探してみようかな、と思いますキラキラ

 という訳で、短いですが、今日はこの辺でビックリマークまた夏休み明けにお会いしましょう音譜

 

AD
いいね!した人

テーマ:

 みなさんこんにちはアカデメイアカレッジスタッフの柘榴です。

 もう毎日暑くてへとへとですねあせる

 こういう時は気分だけでも涼しくしたいものです。

 

 ところで、7/16(日)夜9時から放送されたNHKスペシャル「ディープオーシャン 南極に巨大生物を見た」は、まさに涼しさ満点の番組でした。

 舞台は南極の深海(ディープオーシャン)、収録は1月、という訳で見ていてひんやりする気分です。

 南極の深海はほかの海域の深海と色々と違う条件から生物が巨大化するという内容で、その生物と原因を追うドキュメンタリーです。

 

 HNKスペシャルは以前もダイオウイカの特集をしていたので、こういったドキュメンタリー番組はだいたいはずれなく面白いですね。

 柘榴は結構この手の物が好きで、以前も記事を書いてますが、それにちょっと考察をプラスしてみたいと思います音譜

 

 以前の記事はこちら

 深海の世界って、やっぽり12ハウス的だと思います。

 12ハウスってはっきり人間が理解できない領域なんですよね。人智を超えた的な。

 深海の世界はモンスターのような想像さえしなかったような生物がいて、どこまでも広がる果てのない闇があって、時間の感覚さえ消失する世界、まさに地球にある未知の世界です。

 

 とても宇宙的な感じがします星空

 西洋占星術を勉強した方なら誰でも一度は8ハウスと12ハウスの解釈に悩むと思いますが、あれに近い感覚ですね。

 このよくわからないという神秘性もそうですが、12ハウスのイメージって、どこかにあってすべてそこにある場所・全ての物を受け入れて存在する途方もない広がりって感じです。

 

 これは柘榴的には深海の世界に共通するんです。

 まぁあくまで柘榴の意見なので異論は認めますが、こうして関連付けてみると占星術の解釈も深まる?気がします。

 宇宙科学が発展している昨今、地球にまだ誰も知らない・研究されてない分野が存在するというのはとても興味深いですね。

 

 ちなみに次のディープオーシャン特集は8月だとか。楽しみですキラキラ

 

いいね!した人

テーマ:

 みなさんこんにちは、アカデメイアカレッジスタッフの柘榴(ザクロ)です。もう7月期の募集が始まっていますが、今日は講座の宣伝ではなく、取材のご報告をします!!

 

 知っている人は知っている、スターピープルにアカデメイアが、というよりも関口シュン先生が登場ですアップ

 6/7(水)発売のこれがそうです↑

 ところで「スターピープルって何?」という方も当然いらっしゃると思いますので、簡単にご説明いたします。

 実はちょっとアカデメイア的ではないんですが…スピリチュアル・ヒーリング系の雑誌です。「占い」に限らず神秘的な世界を紹介している、というイメージでOK!

 

 今回は写真からもわかるかと思いますが、宮澤賢治の特集が組まれています。関口先生がどこにどういう風に登場しているかというと、その世界観を特に天文の視点で解説していらっしゃいます星空

 

 関口先生はアカデメイアカレッジでは西洋占星術担当ですが、ここでは占星術視点というよりも「星座そのもの・星座の神話」の視点でお話しされていますね。

 学問を下敷きにした物語のちょっとスピリチュアルな賢治の世界を、授業と同じゆるふわな口調で語ってます音譜

 関口先生は漫画家という側面もおありなので、「創作する側としての意見かな?」と思えるような考察が入っているのが興味深いです。

 

 こちらが取材の様子↓

 編集部の方と撮影ですカメラ

 ちなみに占星術的な視点はカレッジでもおなじみの松村潔先生のご担当でしたキラキラ

 宮澤賢治のネイタルを解説されています。

 これは賢治ファンのみならず、松村先生ファンも注目ですね。

 

 ちなみに、柘榴は以前このスタッフブログにて賢治の作品からタロット考察の記事を書いたことがあります。この記事です。便乗して宣伝しちゃったキラキラ

 

 とにかく、興味のある方はスターピープル、要チェックですよ~流れ星

 

いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。