法友(とも)へ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

面白そうだな。

 

将棋と違って、まだ発展の余地があるということなのだろう。(笑)

 

 

優勝賞金の3000万円は相当なものだが、準優勝でも1000万円、3位と4位が500万円というのはかなりなものだ。

 

さすがにグーグルはお金持ちなので、そんなはした金はいらないと参加を拒否してきた。

 

 

まあ、普通に考えれば勝ち逃げしたいってことなんだろうけど、いい方に解釈すればアルファ碁はZenと違ってクラスターなので、他にサーバーを使う予定があるということなのだろう。

 

Zenはパソコン1台だけなので、スケジュールはいくらでも都合が付く。(笑)

 

 

現時点では、同一スペックなら、Zenはアルファ碁よりも強くなっているのだろうと思う。

 

これは、あれほどの強さを誇ったGPSクラスターが、同一スペックなら他のソフトに全く太刀打ち出来ず、ランキングはせいぜい30位ぐらいなのを見れば明らかだろう。

 

 

さて、Zenはこれからどこまで強くなれるのだろう?

 

どうやらディープラーニングでは、序盤は強くなるが中盤はそうでもない事が分かって来ている。

 

この弱点をアルファ碁はクラスターで乗り切ったのだが、Zenはパソコン1台だけである。

 

ponanzaがパソコン1台でありながら、GPSクラスターよりもはるかに強くなったのと同じように、囲碁の世界でも同じ事を起こしてもらいたいものだ。

 

そこはプログラマーの腕次第ということになるが、もしそれが達成できたとしたなら、日本のパソコン1台だけがグーグルのスーパーコンピュータに勝利することも夢ではない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も妙な企画が持ち上がったらしい。

 

その名も、電王戦合議制マッチ。

 

例によって例のごとく、森下と一緒に長い夜を過ごしましょうという話である。(笑)

 

 

詳しいルールはまだ決まっていないが、人間対コンピュータの3対3の合議制の対決となる。

 

人間側の代表はご存知森下で、他2名はまだ決まっていない。

 

コンピュータは、ponanza、nozomi、大樹の枝。

 

技巧などという、16位で予選を敗退したような弱いソフトは参加することは出来ない。(笑)

 

 

この発想自体は、実は前にもあった。

 

コンピュータ3台で、お互いに弱点を補いあうというのが、あからの時に試されて効果があることが確認されている。

 

しかし、人間の場合は、プロ棋士は自分の考えを曲げないので、話がまとまらずかえって弱くなるのではないかという話だった。(笑)

 

まあ、そこは残りふたりの人選次第となる。

 

それと、継ぎ盤を使うことに抵抗がない人物を選ぶ必要がある。

 

 

コンピュータ側の指し手は自動的に選択される。

 

3者一致ならもちろん、その手。

 

2対1なら、2者一致の手。

 

3者不一致なら、ponanzaの手。

 

ここでの問題は、ponanza1台とコンピュータ3台では、本当にコンピュータ3台のほうが強いのか、ということである。

 

ponanzaの指し手が、他の2台が一致した指し手と違った場合、その選択でいいのかどうかということになるが、ドワンゴのことだから事前にチェックはするのだろうと思う。

 

3台の合議制がponanza1台と対戦してどのくらいの勝率なのか、そのデータは公表されると思う。

 

 

普通に考えればコンピュータのほうが強いに決まっているのだが、なにせ森下は前回ツツカナに曲がりなりにも勝っている。

 

まだまだ人間はやれるのか、それとももうすでに何をやっても歯が立たないほどの差がついてしまったのか。

 

もうすぐ、その答えが出る。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中川の目の前で、村井はDFを井上に渡し、井上は上九を出ていった。

中川も村井もワークが忙しかったため、DFはしばらく井上に預けられたままとなっていた。

 

ここが中川と井上の証言に食い違いがある部分である。

 

3月18日、DFは上九に戻り、村井から中川に渡される。

ジーヴァカ棟でサリン製造が行われることになり、遠藤はその薬品が本当にDFかどうかの検査を土谷に依頼、土谷もサリン製造に加わる事となる。

1993年に、DFとIPAからトリエチルアミンを塩基として使い、サリンの合成に失敗していたので、中川と遠藤はDCなしではサリンの合成は出来ないと考えていた。

そこで土谷が考案したのが、DEAを塩基として使用する方法だった。

 

 

世の中に知られているオウムにおけるサリンの合成方法は、実は地下鉄サリン事件の2日前に初めて試された方法だったというのは興味深い。

 

処分しきれずにDFが残ってしまった事にしても、2日前になってようやくDEAを塩基として使用する方法が確立された事にしても、ギリギリのところで事件が起きる方へ事件が起きる方へと向かって行っているように見えるのは僕だけだろうか?

 

 

土谷がDEAを使った理由は、第7サティアンのプラントでTMPを製造するためのものであり、まだ残っていたからである。

それともうひとつ。

土谷は1994年のVX製造における反応過程で、DEAを塩基として用いて酸を中和させていたのだ。

こうやって、不純物の多い2層に分離した茶色いサリンが、溶媒のヘキサンを合わせて約5L合成された。

 

まあ、これも素人にはよくわからない数字になっている。

 

DFが1L、純度35%のサリンが約5L。

 

小学校の算数を使うなら、純度が35%なら、生成物はおそらく約3Lになるはずである。

 

逆に、生成物が5Lなら、生成されたサリンの純度は20%になるはずである。

 

純度35%が5Lというのは、どう考えても計算が合わない。

 

 

中川の手記によって、オウムにおけるサリン製造の過程がかなり詳しいところまで分かってきたが、それでも後から後から疑問が沸いてくる。

 

これは、2層に分離したサリンが、茶色い層と透明な層でかなり濃度が違ったという事なのではないだろうか。

 

どちらの濃度が高かったのかは分からないが、濃度の高いサリンが撒かれた現場では被害が大きく、そうでなく濃度の低いサリンが撒かれた現場では死者が出ていない。

 

そういう結果になったということなのかもしれない。

 

ということになると、使われた凶器の殺傷力にかなりの違いがあった事になる。

 

まあ、裁判はとっくの昔に終わってるんだけどね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。