法友(とも)へ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

教義には矛盾はない。

 

ただ、解脱するまで理解出来ないだけだ。

 

しかし、方便には矛盾がある。

 

そして方便は教義とも矛盾する。

 

 

それだけならまだいいのだが、方便につられて修行を始めた場合、方便と教義とのギャップを乗り越えられずに挫折する。

 

そして、教義を攻撃するようになってしまう。

 

それなら初めから方便など説かずに教義だけを説けばいい。

 

これを麻原は、相手が理解出来ようが理解出来まいが、ひたすら真理の法則を説く、と言った。

 

あとは信じるか信じないかだけ、実践するか実践しないかだけである。

 

 

元々救済とは解脱だけである。

 

そして、修行をした者だけが解脱する。

 

したがって、他人を救済することなど出来ない。

 

何度も書いているように、ポアなど不可能だ。

 

これが教義であり、教義が理解出来て初めて、なぜ事件が起こったのかが理解出来る。

 

 

自分が修行して解脱する。

 

これがヒナヤーナである。

 

では、マハーヤーナの救済とは何なのか?

 

それは修行法を伝えることしかない。

 

 

他人には他人の自由がある。

 

修行をしない他人を救済することなど出来ない。

 

そもそも麻原が説いていたのは、世の中を変えることは出来ない。

 

しかし、修行によって自分を変えることは出来る。

 

という事である。

 

 

したがって、他人を変えることは出来ない。

 

変えることが出来るのは自分だけである。

 

これが教義であり、これに矛盾するもの全てが方便であるといえる。

 

そして、オウムの教義と呼ばれているもののほとんどが方便である。

 

この大量の方便の中から、宝探しのように教義を見つけ出し、そこで観念の崩壊を起こさせるのがタントラヤーナの修行である。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中学生対ひふみんの対局の棋譜を調べてみた。

 

結論から言ってしまうと平凡だな。

 

正直、がっかりした。

 

単にひふみんが弱かったから負けただけ。

 

そんな感じ。

 

 

8五飛はそんな不思議な手には見えない。

 

確かに、ひふみんから5四歩と打って攻めてくるのが見えているが、自分から歩を打って守るのは謝る格好でプロなら嫌う手だ。

 

それなら手番を生かして攻めの手がかりを残しておき、ひふみんに歩を打たせてそれを取り歩切れにさせるのが大きい。

 

 

そして実際に、この歩得・駒得で中学生がリードしたまま終盤を迎えている。

 

羽生も渡辺も、その他のプロ棋士も、8五飛に驚いたなんてどうかしている。

 

それよりも問題は83手目の6四角打。

 

これがひふみんの敗着だろう。

 

ここは6一角と飛車取りに打って、飛車が逃げたところで3四角成りと玉頭から迫れば、まだ勝負はどうなるか分からなかったのではないだろうか。

 

 

しかし、ひふみんもどうかしているな。

 

8六桂と打たれたところで、素人目にも勝負はついている。

 

そこから先、プロが寄せを間違うはずがない。

 

まあ、今後の対局に期待するしかない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。