法友(とも)へ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

ネットをうろうろとしていると、色々と目に留まる事がある。



オウムで言うところの神秘体験とは、全て脳内現象である。


これは絶対的に正しい。



そして、ここで普通は止まる。


いわゆる、思考停止状態に陥るのだ。


それ以上の事は考えることは出来ない。



しかし、修行者はそこからさらに考え続ける。


神秘体験は、経験した事がない人には理解しがたいかもしれないが、ある意味現実以上にリアルなのだ。


あれだけのリアルな体験が脳内現象であるのなら、今、この現実だと思っている世界は、脳内現象ではないのだろうか?



その答えはイエスである。


現実が脳内現象であるという事は、絶対的に正しい。


神秘体験は脳内現象、現実もまた脳内現象。


これが仏教でいうところの、色即是空である。


つまり、神秘体験が意味を持つのは、色即是空を悟るためにあるということになる。



全ては、感覚で知覚し、脳で認識出来なければ、何も存在しない。


理科系ではない人はにわかには信じがたいかもしれないが、この世が存在している事は、誰にも証明出来ない。


証明出来るのは、その人が知覚し・認識しているという事だけである。



自分以外に他の人も認識していると考えるかもしれないが、それは「他人が認識しているということ」を自分が認識しているに過ぎない。


どこまで行っても、証明できるのは自分が認識しているという事だけなのだ。


これを麻原は、感覚が無ければこの世界は存在しない、と説いた。




僕にとってはどうと言う事はないのだが、一般の人にとってはオウムの教義はとてもじゃないが理解できるものではないのだろうと思う。


麻原はいったいどうして、こんなにも複雑な教義体系を作り上げたのだろうか?




修行の目的は、心の作用を止滅させる事にある。


心を止めるとは、すなわち脳を超えるということである。


これは当たり前の話だ。


脳は肉体の一部である、いつまでも肉体にとらわれたままで、解脱もへったくれもないではないか。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:

オウムでは様々なイニシエーションが行われていたが、絵によるイニシエーションは無かった。


その理由は定かではないが、必要ないか金にならないか、そのどちらかと判断されたという事かもしれない。


何よりも、そんな絵を描ける人材がオウムにはいなかった。


そういう事なのだろう。



こういった絵を描くには、二つの能力が必要となる。


一つはもちろん、普通に絵を描く能力である。


この能力を持つ人間は、オウムにはいなかったかもしれないが、世の中には相当な数が存在する。



もう一つは修行ステージ。


これは残念ながら、世の中にはいない。


もしいたのなら、その人にお任せして僕自身は絵を描こうとはしなかっただろう。



僕の場合、修行ステージは申し分ない。(笑)


ただ、絵を描く能力がないのである。


これは困った。



どの様な分野であったとしても、ある程度の出来の作品を仕上げるためには、それなりの努力を必要とする。


まあ、これは、頑張って努力をしてみるより仕方あるまい。


問題は画風をどうするかである。


油絵が一番いいと思うのだが、そんなものは高校の授業以来何十年も書いていない。


最近ではパソコンでも絵を描けるので、そっちもありかなと思う。



さ~て、どうするか?


なのだが、とりあえずオーム字でも書こうかと思う。


これも調べてみると、3種類に分類出来るようだ。



日本独自のオーム字がひとつ。


インド由来のものが2種類。


オウムが採用していたのは、その2種類のうちの少数派の方。



このインドの少数派を、オウムが採用した理由は分かる気がする。


日本独自のものだと、念力密教のイメージが強いし、インドの多数派の方だと日本語とのなじみが薄い。


おそらくだが、書道の達人である岐部は、書かれた字を見て日本語としてみた場合の筆順が頭に浮かんだのだろうと思う。


まあ、書いたところを見たわけじゃないので断言は出来ないが、岐部はおそらく一番上にある点から書き始めていると思う。


上の部分を書いてから、下の部分を右から左へ書いているように見える。


日本語の漢字なら、そういう書き順になる。


ところが、実際のサンスクリット語の筆順では、左の下から書き始め、一番上の点は一番最後になる。



まあ、こういった事を考慮しながら、どんなオーム字にするのか、考えてみたいと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつもの事だが、女子トイレの使用禁止の張り紙を見て、


「なんで使えないの~。」


と、言っている女子がいる。



まあ、実際には使えないわけではない。


使うのは自由だが、いつもよりたくさんおつりが返ってくるだけだ。(笑)



総本部道場の玄関では、いつもは床に乱雑に散らばっている靴が一足もなかった。


ここも浸水したために、全部棚に上げたらしい。



合羽を着て、長靴を履き、ゴム手袋を装着する。


外はまだ、激しく雨が降っていた。


雨水が地面を流れていく。


これでも少しは収まってきたのだろうか。



玄関を出て左に曲がり、道場の前の道路を通り、車両通用口まで来たところで驚いた。


泥水が濁流となり、まるで川のように道路へ流れ込んでいた。


側溝からも溢れ出してしまっている。



酷い有様だな。


そう思いながら、濁流の中を歩いていく。


車両班のプレハブの前を通り、サティアンの倉庫へ近づいていくと、そこでブルドーザーが動き回っていた。



縦横無尽。


そう言っていいと思う。


前後左右、今までに見たことがないようなスピードで、ブルドーザーは走り回っていた。



ブルドーザーと言えば、ゆっくり動いているイメージが強い。


ところが、目の前のブルドーザーは、フォークリフト並みのスピードで動き回っていた。


前進とバックの切り替えは、乗用車など比較にならないぐらいに早い。



凄い動きだな。


そう思って車の中を見ると、そこにいたのは早川だった。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

あれ?


デジャブーか?


と思いつつ、「ティローパ師なら、さっき出ていったよ。」


と答えると、「違うんです。」という。




女子トイレがあふれそうになっているらしい。(笑)


3つあるうちの2つがそうなっているということだ。


ほんの20分ほどの間に、一気にそうなったということだった。



なるほどね。


サティアンの倉庫、生活班の食糧倉庫ときて、次はトイレか。


どうやら、道場の周りは洪水になっているようだ。



しかし、このブログにも何度も書いているのだが、私のワークは細菌や微生物の培養なのだよ。


汲み取りが本業なのではな~い。(笑)



まあ、仕方がないので、とりあえず男子トイレを見に行く。


たしかに酷い有様だった。


3つの和式便所が全部、今にも溢れ出しそうになっている。



便器の一番上の部分まで10センチといったところだろうか。


こんな上にまで糞尿がせりあがって来ているのを見るのは、正直笑える。


ちょっと手を伸ばせば、簡単にうんこに手が届く。(笑)



富士山総本部道場のトイレは、和式便所では割とある方式なのだが、便器とその周りのしゃがみ込む部分が床よりも30センチほど高くなっている。


これはCBIのファインプレーだろう。


これがあと10センチ低ければ、トイレの床は今頃糞尿まみれになっていたはずだ。



外の状況は分からないが、緊急を要する。


どうやら、のんびり食事をしている暇はなさそうだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。