「日常に愛を見つける」

テーマ:

娘が成人して、「しごと」に関わりだしたり、息子が大学受験に取り組むようになった2016年。「自立」という言葉を意識することが多くなりました。


 
そして、子ども達が「自立」した後の「わたしたち」夫婦は、どのような「愛」を育んでいくんだろう?と漠然と考えていました。


 
そんな時に友達に教えてもらった岸見一郎先生の講演を聴きました。岸見先生の著書『幸せになる勇気』を読み終えたところだったので「縁」を感じたのです。


 
前作のベストセラー『嫌われる勇気』も、僕が読んだ本も、100年ほど前の心理学者、アルフレッド・アドラーの教えを題材として扱っています。


 
そして、アドラーさんの心理学とういうか、哲学のキーワードは、「自立」であり、「愛」であると、僕は感じ取っていたからです。


 
講演終了後、すぐに地元に戻り、「あなたが生まれるまで」という創作劇を鑑賞しました。これを演じる劇団ロリポップに友達がいるからです。


 
お腹に生命が宿った瞬間、刻々と変化していく「からだ」。新しい「いのち」への喜びと不安、そして、決意がお母さん方からの目線で素直に演じられていきます。


 
僕は、男なので、それを自分のこととして体感はできませんが、約20年前の妻の姿を、そして、私の子ども達が幼かった時のことを思い返していました。


 
アドラーさんは僕にこう語ります。愛とは、「ふたりで成し遂げる課題」である。僕は大きく頷きます。


 
まったく見知らぬ二人が、出会い、パートナーとしてお互いを選択し、子をもうけ、育て、また、二人の生活に戻っていく。


 
子育ての過程は、まさに自分の人生の追体験です。「からだ」としても不可分だった母子が分離し、「自立」まで伴走する。僕達夫婦は、その日々を既に過ごしてきました。


 
ゆえに「愛」をもう知っているのです。だから、僕のすることは、毎日の生活の中にある「愛」に気づくだけです。それはシンプルで簡単なことのようで、実は、難しいことだとあなたも気づいているのではないでしょうか?

 

AD

僕は、時々、意識的に「すべきこと」と「したいこと」の仕分けをします。これがバランス良くできている時は、「あたま」と「こころ」が健全だからです。

 

 

「あたま」の発する言葉は「すべき・すべきでない」です。

「こころ」の発する言葉は「したい・したくない」です。

 

 

「すべきこと」も「したいこと」もシンプルであれば、「からだ」は躊躇なく動きます。

 

 

ところが、厄介なのは、しばしば「あたま」が「こころ」の声を偽装する場合があるので、意識的な仕分けが必要となるのです。

 

 

昨日の午前中、僕は、風呂掃除をしようと思ってましたが、どうしても取り掛かれませんでした。その時の僕から出てきた言葉は、以下です。

 

 

「風呂掃除したいと思ってるのにできないなー」

 

 

こんな言葉をあなたはよく使っていませんか?

 

 

でも、これを正確に表現するとこうなります。

 

 

「風呂掃除をすべきだと考えているのに、したくないから、今はできないなー」

 

 

毎日の生活の中に「あたま」が「こころ」の声を偽装する事象が増えてくると、「すべきこと」と「したいこと」がゴチャゴチャになってきて、最終的には「何がしたいのかわからない」状態になることもあります。

 

 

なかなか進まない仕事なり計画があったら、一度立ち止まって、仕分けをしてみて下さいね。

 

 

AD

僕は、バカで、自分にウソをつくのが下手だから、不器用な道を突き進んでしまう。迷惑に巻き込まれるのはいつも妻。愚痴を言いながらも僕に「夢」を見てくれる。なんとか応えたいと思う。あがくんだな。いつも。
 
僕は、気づいてしまった。「行くも地獄。帰るも地獄。同じ行くなら突き破れ!」これが僕の人生なんだな。「突き破って!突き破って!突き破り切る!」それしかないんだな。僕には。
 
そんな自分勝手な僕なんだけど。妻には見放されたくないんだな。これが僕の本音。いつも彼女には「お帰り、キューちゃん!」と言ってほしい。あなたの可愛らしい声が聞きたい。
 
僕は、あなたに甘えてる。それは知ってる。でも、自分以外の誰にもなりたくはない。僕は僕のままであなたに向かう。僕もあなたのままを愛しているから。
 
あ。僕がなんで「キューちゃん」と呼ばれれてるのかは秘密やで。^^

AD

「即興性」

テーマ:

メンタルパートナーで大切にしていることの一つに「即興性」があります。これはレジリエンス(折れない心の総合力)を養うためにも重要なチカラです。「こころ」のしなやかさに繋がるからです。
 
「即興性」と書くととっつきにくいですが、言い換えれば、「思いつき」「直感」「気まぐれ」と表現してもそう遠くはありません。
 
これらの言葉を聞いてどう感じますか?
違和感を感じる方がいらっしゃるかもしれません。
 
なぜなら、実生活では、合理性、計画性、一貫性などが重要だと説かれることが多く、僕達はそのような教育を受けてきました。
 
それをすべて否定するつもりは毛頭ありませんが、現在は、あまりにもそのような堅苦しい思考へ偏りすぎていて、息苦しいと感じています。
 
本当は、「見えるはずもない未来」を見通そうとして僕等は「あたま」を使います。そして、勝手に「不安」を作り出し、悲観的になり、行動に移せなくなった経験が僕にはあります。あなたにはありませんか?
 
そんな時の行動の原動力になってくれるのが「即興性」です。「こころ」のままにです。「こころ」の声に耳を傾ければ、次への一歩が軽くなりますよ。
 
「あたま」偏重のこの実生活では、「即興性」も日々、トレーニングする必要があります。そんなにたいそうなことではありません。いつものランチではなく、飛び込みで店に入ったり、いつもは聴かない音楽を聴いたり、僕の場合は、日々の朝ご飯作りだったりします。

 

 

「男と女の心理的な違い」

テーマ:

男と女の「心理的な違い」は何によって決まると思いますか?と問われたら、あなたはどう答えますか?「心理的な違い」とあえて括弧書きしたのはもちろん強調したいからです。
 
なぜ僕がこのような問いかけをするのか?それは、今朝(7/27)の毎日新聞のコラム『Dr.北村が語る現代思春期』を読んだからです。
 
北村先生はこう指摘します。
 
-----以下、引用
 
精神不安などを特徴とする月経前症状、月経痛、予定外の出血など、女性たちがどれほど月経に悩まされているかは、男性には到底理解できません。月経と上手に付き合えたら、女性にとってこれほど快適な人生はありません。
 
-----
 
男と女の「心理的な違い」は、「月経」の有無によって決まると言っても過言ではないと僕は考えます。
 
男の僕が言うのも違和感を感じられるかもしれませんが、もうすぐ銀婚式を迎えようとする僕達の夫婦生活の中で、この女性の生理に対する理解が不足していたなぁと実感させられるからです。
 
男性の体はイーブンです。しかし、女性は定期的に「肉体の流血」に遭遇します。その特に前には、様々なホルモンの分泌の妙や自律神経のバランスの不安定、代謝の変動が現れるようです。それが「からだ」にも「こころ」にも現れます。
 
しかし、女性は、それを見せたがりません。当たり前ですよね。10年ぐらい前まではそれがよく分かってませんでした。「なぜ彼女はこんなにも機嫌が悪いんだろう?」
 
同じような思い出が子どもの頃にもあります。昭和40年生まれの私達世代の淡い思い出かな(今は事情が違うと推察します)?小学校高学年、今まで同じようにドッジボールをしていた女子だけがいきなり呼び出されて、女子だけの授業を受けて帰ってきます。男子にはその内容は教えられません。その後、女子は大人びていきます。中学に入学すると完全に女性に見えました。
 
男も「精通」を経験しますが、一回きりです。しかも、そこには、まず苦痛を伴いません。女性ほどに「からだ」や「こころ」に対する変動の要因はありません。
 
僕の書いていることは極端だと思います。すべての男性にそこまでの理解を求めようとは思いませんし、女性もそれを望んではいないでしょう。しかし、男と女の間には、「生理の差」という厳然たる壁があるということを自覚する。それだけでも、男と女が歩み寄れる余地があると私は思うのです。