陸上自衛隊武山駐屯地(神奈川県横須賀市)で隊員が教育課程に参加中、結核に集団感染した疑いが強まり、同駐屯地は9日までに、管轄の横須賀市保健所に届け出た。
 これまでに10人が発症したほか、84人が血液検査で陽性反応が出たが全員症状は軽く、発症者のうち6人は退院したという。
 陸自では昨年9月に板妻駐屯地(静岡県)と高田駐屯地(新潟県)で発症者が出たのをはじめ、今年2月までに計6人が発症。全員が昨年4月~6月に武山駐屯地で行われた教育課程に参加しており、3月3日から同課程参加者を中心に約850人の健康調査をしたところ、新たに4人の発症が判明したという。 

【関連ニュース】
結核検査2200人誤診の疑い=大阪府、正しい検査器具使わず

阿久根市長ブログに裁判官月給一覧…判決に反発(読売新聞)
【from Editor】同音異義語たちと仲良く(産経新聞)
<東寺>「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都(毎日新聞)
中国で死刑判決 首相が「残念」 懸念表明なし(産経新聞)
法人化後の国立大の施設管理業務、総合大学の改善率が低い傾向(医療介護CBニュース)
AD