グローカル!グローカル!

荻野 やすよしオフィシャルブログ


テーマ:



一昨日、ソロLIVEが終わりました。

規模は小さなLIVEでも、

自分にとってアンプラグドでやるソロギターはとても大きなLIVEです。

毎度これに向けて新しい何かを自分に課し、

これが終わるとやれやれと思いながら階段を一段登る、ということを繰り返しております。

16曲、たくさんplayしました。
大阪・中崎町の古民家、創徳庵でのLIVE



 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
もう随分前になりますが、
ご自身のリーダーグループのLIVEに訪ねたときに、「あれ良かったよ」「あんなんやってるやつめずらしい」と、アルゼンチンの音楽(特に、コンテンポラリーフォルクローレなどと言われるもの)に傾倒してるボクの1stアルバムの、ミロンガを変形させたりチャカレラでアレンジした曲を褒めてくださって、その後、ご自身のオリジナル曲の譜面をくださった。
数年後、参加されてたジャズのLIVEを聴きに行ったとき、
「あのアルゼンチン的なやつ、今もやってる?」と訊いてくださった。
あの時、とても嬉しかったですね。そういう音楽で、いつかご一緒に出来たら夢のようだと思いながら、頂いた譜面を大切にファイルしてましたから、ボクのような人でも気に掛けてくださっていて。
竹田達彦さま、ありがとうございました。
R.I.P.
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「即興」という言葉は、

実に誤解の種になりやすい。

 

それは、即興の意味する範疇が広いからという理由ではなく、

即興の意味が各人の造詣に応じて指し示す範疇が違うからである。

 

即興演奏家や即興音楽シーンに精通する人の間では、

即興をインプロヴィゼーションと英訳するだろう。

インプロヴァイズドミュージックとはどういうものを指すかを知ると良い。

 

対して、即興音楽シーンは未開拓であり、

ジャズやブルースやロックなどの音楽シーンに精通している人の間では、

即興をアドリブと英訳するだろう。

フォームの上で即興演奏したり、その演奏内容に指定があったりすると、

それをインプロと呼ぶには即興演奏に精通する者は違和感を感じ、

アドリブと呼ぶべきだろうとボクなんかは思うし、周りに訊いてみてもそうだ。

 

 

ひとつふたつエピソードを書き記す。

ひとつはボク自身大きな誤解をしていたのだと、さっき気がついたことだ。

 

いま稽古で入ってる演劇で「即興演奏」と言われていたものは、
インプロをしてくださいと言われているものとばかり思っていた。
道理で、窮屈に感じたわけだ。
フォームが固定されていき、演奏内容のベクトルに指定が増えていく、
例えばここはアルペジオだとか。
つまり求められてるのは、アドリブなんだ。

大いに、そのフォームや与えられたキーワードに即したアドリブをすれば良かったのだが、
湧いてくるイマジネーションと目の前の指定の距離感に、違和感を感じたり、シンパシーを感じたり、結局はインプロ脳でそこに居たのだった。

 

髪を洗いながら、稽古の音楽を振り返り、自分の抱えてた謎が解けた瞬間、スイッチがパーンと切り替わり、一気に視界が開けた気がした。

ここではインプロ脳からアドリブ脳に切り替えろ自分!

 

 

思い出せば、このようなことは、非常に多くある。
とある即興演劇のワークショップで、「音楽を即興で」という場面をはたから見ていた。
見学ね。
そこに即興性がなくビックリしたことがある。
あらかじめ彼の頭の中にあるコード進行を延々ストロークして歌わせていたのだけど、
これは完全にアドリブです。
そこで演者が考える歌詞についてはまだインプロと言えるだろう。
もしこれを完全なインプロでやりたいなら、
演奏者も役者も、無限のイマジネーションと自由のなかから紡いでいって音楽を完成させようなどと思わず経過を音楽と考えて取り組んでほしい。
その上なら、フォームやコード進行的なものが現れても、それはインプロです。

 

アドリブは、
インプロ度を高くすることも、低くすることも出来ますよね。

それもアドリブの特徴かと思います。

インプロよりは外見的、結果重視、な気がします。

 

インプロスイッチ、アドリブスイッチ

これをどちらか入れる

どちらも入れる

どちらも入れない(笑)これはないか!

というわけで、3通り考えています。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日は劇団レトルト内閣の舞台「革命少年」の稽古に参加。

 
いきなり余談です、うちからリハーサル会場までタクシー使いました。この会場、直線距離は近いのに、電車だとすごく遠い。捕まえたタクシーが個人タクシーの高級車で、乗り心地良すぎました◎
高くついたけど、時間と体力面をフォローする贅沢を覚えてしまった最近は、結局のところ歳を取ったんだなぁということです。
 
{7449A1DF-5A58-4A46-B848-12F2A8B28298:01}

帰り道の路上で脚本家にたくさん質問して、解釈をシェアすることに努め、次回稽古に備えます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

◇2016年9月◇

 

9/4 (sun)

山田牧場

メロンオールスターズ

詳細後日

 

9/9~11

近鉄アート館

劇団レトルト内閣 「革命少年」

ご予約がコチラから出来るようになりました!

9/9  19:30公演

9/10 15:00公演 / 19:00公演

9/11 13:00公演 / 17:00公演

(全5回)

 

9/15 (thu)

梅田ALWAYS

「インプロヴァイズド・ミュージックJAM」

19:30~22:00

参加費 1500yen

 

9/17 (sat)

三宮Holly's

河本江閲子vo

荻野やすよしgt

20:00~/21:00~/22:00~

1000yen (入れ替えなし)

 

 

9/20(tue)

天満バンブークラブ

塩本彰gt

荻野やすよしgt

19:30~

1900yen (+1drink&snack=1000yen)

 

9/23(fri)

神戸BIG APPLE

「クミラボvol.8」

ナガオクミvo

荻野やすよしgt

19:30~

前売2300yen / 当日2500yen

 

9/28 (wed)
梅田ALWAYS

「音・人・旅オーケストラ レコ発LIVE in Osaka」

荻野やすよしguitar/compose

栗田洋輔sax

辺見康孝violin

竹中裕深cello

藤村竜也bass

森内清敬darbuka

松田“GORI”広士drums

19:30~

2500yen / 学生2000yen

 

9/30 (fri)

高槻JK Cafe

筒井裕之gt

荻野やすよしgt

19:00~21:00

free / tip制

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
祝日の梅田ALWAYSインプロセッションでした。
初めて、終わってから参加メンバーと飲みに行きました。

昨夜、ウディアレン監督の映画「Midnight in Paris」を借りてきて観た。
動機は単純で、90分くらいの軽めの、それでいてヨーロッパの町並みの映像が観たかった。
それで偶然見つけたのがコレだったのですが
何も期待してなかったときに限って、期待以上のものを得るもんです。

この映画、主人公が、時代を行ったり来たり出来てしまう設定なんです。
一台の車がやってきてそれに乗ると必ず向こうの世界(別の時代)に行けてしまう。
それ観てて、即興演劇でもこのフォーマット(世界のどこかにあるかもしれないが)やってみたいな
(もちろんボクは役者ではないので、誰かにやってもらって、私は音楽担当なのですが)
と思い、次の瞬間、

…ということは音楽の即興のゲームピースとしても応用できる可能性を探り出す。
(まぁ日課のような、習慣のようなものです、絶えずそれを考えているので)
そこで今日の梅田ALWAYSインプロセッション!
本編では今日はあまりゲームピースはせず、純即興メインと、参加してくれた役者をディレクターにした企画をやったのですが、
今日のイベントは早く終わる(21:30頃まで)ことから参加の皆さんと飲みに出掛け
色々話をして(そしてボクはこういう機会を持ちたかった、ミュージシャン同士、いつも終われば終電ですから、飲みに行く機会などそう滅多にあるわけじゃない)
帰り道、新しいゲームピースが頭の中で整理されました。

(仮称)ミッドナイトインパリ
こういうものです。

ひとりソリストを決め、その人には即興ソロをやってもらいます。
ミュージシャンは2チームに分かれ、(仮にAバンドとBバンドとする)
ソリストはAのバンドの音楽とBのバンドの音楽を行き来する。

具体的にはこう。

①ソリストのソロ演奏

②そこに監督の合図でAバンドの演奏が加わり、ソリストはAバンドの音楽とともにある。

③監督の合図でAバンドの演奏からBバンドの演奏に(瞬時に)入れ替わり、ソリストはBバンドの音楽とともにある。

④これを繰り返し、ABどちらのバンドの演奏で終えてもよい。

次回、演目のひとつとして、やってみましょう。ミッドナイトインパリ。
9月15日です。19:30~梅田ALWAYS


※それにしても、飲みに行ったメキシコ料理屋台、ピタは小麦よりコーンに限るね!
コーンしか食べてないけど。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
明日8/11(祝)は梅田ALWAYS岡田マスター協力のもと
参加費無料インプロセッション
(要,事前エントリー:今日中に店か荻野宛にメッセージ)
17:30OPEN / 18:00START 当日の方は1500yen
夏休み拡大版。先ず21:00まではガッツリやります、
その後はご自由に。いや最初から自由なんですがーw

少し、思うところを書きます。

最近は時代なのかなんなのか、“思考する人”が少なくなってきました。面倒くさいのかな、思考を放棄する。一般教育も音楽教育も与えられたものをこなすことをやっているとこが多い気がしてなりません。職業訓練校みたいになっている教え方や教わり方に双方が慣れたせいか、これが時代なんでしょうか、ちょっと考えれば分かることを考えないで、考えさせないで、済ます方がとても多い。

音楽ってそんなもんじゃないだろ!という感覚は年々煮えたぎっています。(音楽に限らず他でも)

インプロでは与えられることなんてありませんから(ゲームピースで縛りを与えられることは多々あります)想像すること(お互いを想像することや、全体を想像することetcあるいは想像しなくてもよいそれも含めて、イマジネーションと言っておこうかなと思います)と感じること(=センスと言っておこうかなと思います)でコミュニケートしてもっと自由さといかに不自由なのかを知っていくんです。ボクはインプロヴィゼーションに向かう姿を見聴きするのは本当に好きです。自分と向き合う姿、受け入れる姿、弱さを露呈する姿、受け入れてもらうとき、そのすべて。みんな個々それぞれが、次の一手のヒントになるような時間になるといいなと(いつも)思っています!荻野はそんな思いで明日“だけ”は無料でいいからという気持ちで店に向かいます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
(8/6)

友人が働く重度の障がい者施設で思いっきり演奏してくれとの仕事だったので、
今日は音・人・旅の楽曲を思いっきり演奏してきました!
メンバーは先約あった栗田さんを除くカルテット編成。
(bass藤村竜也,cello竹中裕深,drums松田GORI広士)
いわゆるギタートリオ+チェロという編成でそれは初めてでしたが、
届けーっ!という気持ちとサウンドチェックで快適に歌え(演奏)たことと、
リスナーがリズムにバッチリ反応してくれてるのがこちらに届いて双方向のやりとり、
ソロを取りながら嬉しさと意思疎通を噛み締めました!
pcoちゃんはじめ、主催W・I・N・Gのみなさまありがとう、
あしたもあさってもガンバリマス!

音・人・旅 新作「Glocal Happiness Departure」は本日無事発売日を迎えました。
https://www.amazon.co.jp/Glocal-Happiness-Departure-OGGI-1003/dp/B01J5HOC52/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1470670414&sr=8-1&keywords=glocal+happiness+departure
ご覧のように一時的に在庫不足ですが、ご注文いただければ少しした後、無事届きます。

それと9/28梅田でメンバー全員集合で、10/8に神戸で
それぞれレコ発LIVEします。
是非いらしていただきたいなと思います。

今日は聴きに来てくれたジャズ研の後輩が、
アルゼンチンでカルロスアギーレの自宅に訪ねたというので、
ぶったまげました!!!!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
9月9日〜11日に近鉄アート館で公演する劇団レトルト内閣の「革命少年」

今日からボクは稽古in。

ガッツリ2時間の上演、通し稽古、台本はこの夏の宿題かと。

好きなんですよね、リハーサルとか稽古。

作っていく経過は本番より好きかもしれません。


すっと思い出せる台本稽古の記憶は

もう大阪毎日放送MBSの「おはなし夢ひろば21」

石川県でやってる「相馬移民奇憚」

どれもこれもいい記憶。

この夏は「革命少年」


チケットご予約が始まっています!
(わたくしからの予約サイト)
http://ticket.corich.jp/apply/75147/017/





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
制作初めてから1年半

【新作現物到着!】

無事納品しました。

どんどん配信になっていくだろうなかで、ここまでデザインに拘るのは最後かもしれないという思いがありました。

手にとる重み、
開いたときのワクワク、
プレイヤーに入れるときのドキドキ、
これまで当たり前のように過ごしてきたこの感覚の蓄積は宝物だと思ってます。

これからの配信時代、アルバムという現物が
“誰かへの音楽のプレゼントになるほどに”、
たかがパッケージ?されどパッケージ!超絶丁寧に作ってます。

画家はイラストレーターしおみちひろさん。
互いにストーリーを考え進め、何作も描いていただきながら数ヶ月掛けて導かれたのがこちらです、気に入りすぎて!なんと額縁まで絵です。
この絵にインスパイアされてタイトルを決定したほどでした。

内部のデザインは少しずつ進めて半年掛かりました。

堂々巣立っていくのだよ〜!!!!
名作なんだから!


(店頭発売は8/6)
今夜のLIVEから早速持ち出しております。
声掛けてください、とても喜びます!








いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。