グローカル!グローカル!

荻野 やすよしオフィシャルブログ


テーマ:
【ギターの話じゃありません】

これまでベルギー(スパ)、イタリア(モンツァ)とやってきて、シミュレーターでGP3戦目はついに日本(鈴鹿)!2005年のフェラーリ(F1)をドライブしています。

歯が立たない。ビリです。
先月コソ練して掴めた感覚もリセットされ、初心にかえる。
ベストラップを少し更新するにとどまり、前は知らずに上手くいってたところにつまずき、当時は気が付かなかった課題にぶち当たる。
このへん、音楽の練習も同じだね。

ただ、体力が足りない。
足ガクガク、握力なくなってしまい、未だに手が痛む。どうしてこんなに身体に余計な力が入ってしまうのか、無駄な力を抜けと生徒に言ってることを自分に言い聞かせてしまうw
合計35分走ったがドライブの集中力も体力も切れてしまう。プロのレーサーは2時間も緊張の糸を解せない、ほんの少し滑っただけで全てが終わったりするもんね、命もあるし、どの世界もプロフェッショナルは超人なんだ、舐めたらあかん、丁寧に自分は自分の仕事をしよう。

いつもアドバイスくれる石川くんはスマートにスーパー速いし、なかしん(中高同級生)は堅実に走る。人柄が出るなー。
{A1784AE0-1D9D-4ED9-89BD-E11349631CFC:01}

分析用にカメラとマイクをセットする石川氏
{EE52BFC4-8895-4DFA-B794-E7C3BD108412:01}


{B22E2852-1F84-466A-81FC-443D6F500045:01}

{3A36DBF3-A81D-4D6B-A297-4CFF33A2FB1C:01}


石川氏のオープンカーでギター抱えて深夜のドライブ、スカイツリーと満月がどーん◎

カップルのデートにみえただろうが、ギター抱えたロン毛のおっさん、ごめんやで。
AD
いいね!(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
リスペクトしているシンガー窪田裕子さんと3度目のDuoでした。

自分のへたれ度合いを頭の片隅では理解しつつ、

何が出来ないかもはっきりしてきつつ、

何を一番先に改善すべきかはややはっきりしてきつつ

もうひとつの頭では音楽の集中力をひとときもかかさないようにしてやる。

そんな感じで今日も2時間ノンストップのワンステージ。

窪田裕子さんの集中力は凄まじい、

自分だって、多くのミュージシャンのなかで相対的には集中力あるほうだけど。

ただ、曲を知るのは、集中力にも助けになるだろうと思った。

たぶん、本当は集中しようなんて思ってちゃいけないのだ。

音・人・旅の演奏のとき、インプロヴィゼーションの演奏のとき

聴こえてくる音しか弾いてないんだから。

歌とのduo、得意に弾けるその日まで~!



楽器を2本持っていった。

歌とのデュオでフルアコを弾くのがすごく怖い

だけど2度目のduoのときにフルアコだけでplay中に

ひとつきっかけを見つけられたんですよね、

こいつを自分が好きなタッチでduo演奏できるきっかけを。

それを確信に変えたかったからフルアコだけでもよかったのに、

エレガットを持っていったのは弱さなのか、というとそうでもなく

エレガットは最近駒を削ったり、

スーパーローテンション弦を初めて使いながら

要するにベストバランスを模索中で

どうしても本番で使って判断したかったからで

まぁ弾いてみてエレガットはアイデアは湧いてくるのはいいけど

なんせ弦高が高いー!相当力要りますね。

このあたり、河野くんのビッグバンドなんかでplayしているときみたいに

メロディかコードのカンピングだけでいいときとは別の楽器みたいで

やはり低音を多く含むには手指がハードでした。

「16曲あったら2時間いけるやろ?」
{7315898A-C6D8-4E3C-8B3C-659960B2A5D1:01}


そしてたっぷり18曲、2時間。
{35E21C91-9093-44E5-8EE3-46EFC85DCF0E:01}

多くを教えてもらってるわけです。

復習出来れば効果あるんだろうな。

明日はsolo guitar(笑)





AD
いいね!(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
京都の役者さん達と、東京から女優島崎真弓さんと、それから共演するのはおよそ10年ぶりのアコーディオンかんちゃんこと菅野稔子さんと。
↓↓↓
(とここにそのうち写真が追加されるでしょう)
{1BC6F2C5-3F98-4D81-9E27-606F612CEE83:01}

{E6A6152A-8150-4509-AE92-269EE6662020:01}



京都UrBANGUILDで劇団トランク企画の春のインプロシリーズ第三弾でした。


アコーディオンとガットギターは、テッパン・黄金、の組み合わせですから、今日はそんなもの置いといてエレクトリックギター+エフェクトエレクトロな音で、即興演劇中の即興演奏をplayしました。

これ、ボクも初めての組み合わせです。

音に興味持ってくださる方がチラホラ、終わってから声を掛けてくださった方など、どうでしたでしょうか?楽しめましたか?
なかなか聴けないサウンドなのでいつものアコースティックではなくこちらのサウンドを選択しました。

また今日はボクは初共演の役者の方々も何人か居られて、そういうときこそ自分は「いつも以上の瞬発力」かと思っている節があります。そうでなくても瞬発力は最も大事にしている要素なのですが、こういうときはもっとです。先手を打つという意味ではありません、判断のスピード、決断のスピード、といったところでしょうか。


ところで最近、関西のインプロシーンは演劇界も音楽界も、上り調子な気がします。お客さんが増えてる肌感覚。今日5/14も演劇だけで少なくとも3つのインプロイベントが各地で重なっていて、それでいて満員御礼だったトランク企画もすごけりゃファンもすごい。みんなの興味がバンバン飛んできて熱いなぁと思いました。幸せな気がする帰り道です。

どうもありがとうございました◎
AD
いいね!(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ジェロームとのもう何度目か分からないLIVE。パリのカフェで一度JAZZスタンダードなLIVEをした以外はもちろん全てフリー・インプロヴィゼーションで、その年月の間彼よりもボクの方が変化してきた感じがします。同じ人と時間をかけて何度もフリー・インプロヴィゼーションをするのは、相手を鏡に自分の今を見てるんだと肌感覚で感じてきた。昨夜は肉体的な変化も感じました。衰えなのか限界の境界線なのか分かりませんが、身体能力の限界に挑むような場面になっていったのは確かでした。
ドラマー定岡弘将とジェロームとの初共演は、最初にduoを持ってきましたが、順はどうあれ定岡くんは誠実な音楽家だと、筆を選ぶのに迷う姿や無理に叩かない姿勢を見て、そう思いました。ジェロは本当に器用で丁寧、雑味が一切ない。素晴らしいよ。
{824E3AA4-5937-4ED9-B050-2A4A496DD52A:01}

{E1F9FC12-5611-4EA9-A8BA-F9F5EE3A72D8:01}



<番外編> 
オマール海老の出汁のたこ焼き屋さん「玉屋」(いきつけのたこ焼き屋さん)で、ズボンの柄を花と間違えてとまった蝶々が、登ってきて、登ってきて、残念!
甘い蜜は出ませんでした~!
{6A8B78E2-BD4E-41B0-8CEC-DC0BB399C42D:01}

{24E21532-FB8F-4D1C-ABF9-EA8BA63EDEE2:01}

{17913C66-26E2-4AE9-A861-D0B65753650A:01}

いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
◇仲曽根有里trio◇

シンガーソングライターゆりそねこと仲曽根有里ちゃんの歌をplayしました。ここで、ゆりそねを褒め称えたいと思います!w
ヴォーカリストというのは一般には機材を持ち歩かないのですが、最近のゆりそねちゃんはリバーブやイコライザーを手に入れ使っています。つまりマイクを通った声を自分でコントロール出来る術を身につけようと進んでるということです。そんなゆりそねちゃんが打ち合わせの席で開口一番、「PAセット買ったんですよ~、あたしどこでもいけますよ~」
素晴らしい!!!!!!!!
そんな彼女の作る歌と表現は、一般に多くのヴォーカリストよりも多分に残響にフォーカスがいってるんですね。今後も邁進していただければ、いやー本当楽しみだ!
{75F68BA3-25C6-41E2-AF95-317075814CF5:01}

{59E8B9BB-65BC-4569-9E6B-90C28E3B22CF:01}



◇荻野やすよし◇
福寿舎という初開催の会場をその建物の写真とこれまでの現場感覚による直感で選んだのですが、これがもう大当たりでですね!えらく気に入ったわけです。
これまではsoloをするときJT生命館を選んでたんですね、とっても遠いけど小ホールがあって、音がいい、そして静かである、そして爆音も出せる、という最高の音環境だったわけですが何故だかボクが参加しなかった去年あたりから二人以上の編成でしてくださいという会場になり、ソロの面白さとかシンプルさを聴けるいい会場が全滅した、かに見えた今年、福寿舎登場でここが素晴らしくて本当に良かったです◎
酒蔵とは知らなかった。
どうも私、蔵や古民家に縁があるらしく、各地でplayして、建物が好きな人ですから、見学して、音出してみて、その場所のすっぴんの響きというのを楽しむのが好きなんですね。ソロギター、ひとりで完結させるのはいつもいいチャレンジになります、MC含めて、病めるときも健やかなるときも、ソロはやりがいありますよね。ソロする人、少ないから。余計聴きたくなっちゃいます。初めての方とたくさんお話出来て嬉しく思いました。またお会い出来ますように!
{CA6DF900-ABF0-4BCC-B5B6-206C4179A8A7:01}

{A628CFBE-DAB9-446F-9A79-524D1851B131:01}


いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
◇窪田裕子×荻野やすよし◇
{F0C04B05-7E76-4DF1-990B-8FC6F00FC1DF:01}


ジャズヴォーカルとDuoでギター弾くということに

かなり大きな特別な意識を持っています。

苦手だからという発端が先ずあって

次にそれが嫌なのではなくとても面白いものだと。

ボクがどんなにワールドミュージック×インプロヴィゼーションの作曲と即興を追求しようと

歌とのDuoというフォーマットはもっともっとチャレンジしたいと思っています。

何人かの素晴らしいと思うヴォーカリストが居て、

その人達はボクの質問や疑問に答えてくださる、

自分が自分の音楽を追求するんだ!というだけの姿勢では到底得られないものを

そんな歌い手達が教えてくれる。

今回は曲を窪田裕子さんの譜面のなかからボクが選びました。

予習も分析も新たに。

今回新しいピックを試しました。

前夜にチェックしてみて、

4つ刻むのときに自分が好きなタッチを出せつつ、

JAZZ Guitarのトーンというよりかは、スティール弦のアコギの音に近くなるようにと。

いま、録音を聴いていて、タッチ自体は思い通りになってます。いい感じ。

あとは内容だ。

いつか最高の伴奏者といわれるその日まで。




◇二・人・旅 荻っ栗◇
{B3CB27E5-6185-4234-A877-3437DCA94BBC:01}


音・人・旅の楽曲を、サックスとガットギターのDuoでPlayしてみました。

ほぼ初めての試み。

前夜にシミュレーションしながら

・案外これは拡張できるのかもしれない
・世界観をそのままやれるかもしれない

とそれぞれの曲について新しい発見をしてました。

1,ワインの川を流れる樽と、ワインの海に出る貨物船
2,Dreams Come True
3,Shenandoh (Traditional)
4,MUSE
5,かごめかごめ (Traditional)

そして色彩の真実をplayしようとしたら時間切れでしたー!

アコースティックギターとサックスなんてなかなか聴けない編成ですが

やってて昔LIVE聴いた同じ編成のDuoを思い出しましたね。

川嶋哲郎さんと鬼怒無月さん。

こんな難しいことしておられたんですねと思いながら

今後もしかしたら出てくるかもしれない荻っ栗もよろしくお願いします!


{6626C2E8-431F-4D15-9BB5-D790D0CC97FF:01}

今日は本当にありがとうございましたー!




いいね!(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年4月27日梅田ALWAYS


1,色彩の真実
2,ワインの川を流れる樽と、ワインの海に出る貨物船
3,夏の燈
4,MUSE
5,Corriente
<休憩>
6,雨のアフリカ 緑の絨毯
7,果て。
8,地球人が宇宙人に見つかった日
9,Happiness Island

10,かごめかごめ

こんなラインナップでセットリスト組みました。


音・人・旅のアンサンブルの肝って音作りなんです。


弱音楽器であるクラシックギターを中心に、

大きな音の出る管楽器や打楽器が連なるとどうなるか!

長年の工夫と現場での直感、音響をセルフでやるわけですから

それなりの時間もかけますし、

サウンドチェックを進めては精査し、進めては精査し、リハーサルするわけです。

この編成が多くのバンドと決定的に違うところで、

それぞれのミュージシャンは自分の楽器だけではない“耳”をもっている優れた音楽人が揃っているので

皆でサウンドを作ります。

出世して専属音響さんがメンバーにいるといいのですが、

とにかく「仕込み命!」


仕込むこと数時間・・・

この味なら!

というのが見えてくるくらいであとは本番のお楽しみ。

楽譜を演奏するわけではないが、

本当にややっこしい楽譜が並んでます。

JAZZとも違う、クラシックとも違う、

JAZZでもある、クラシックでもある、

完全即興でもあり、様式美でもある

とにかく、時々刻々と形を変えるアンサンブルであることは間違いない

そういう意味で、本当に優れたメンバーに恵まれた、大人の音楽になってきたなぁと

雨のアフリカ 緑の絨毯 という曲中に起こった些細なハプニングに

「誰一人動じず、そのまま時を過ごし、機が熟すのを待つ」

そんな場面が印象的で、精神的にも成熟してきた音楽を見つけた気がしました。

ニンマリ。


本日のメンバー構成は

sax 栗田洋輔
violin 辺見康孝
bass 藤村竜也
darbukka 森内清敬
drums 松田“GORI”広士
guitar 荻野やすよし

男6人でした!

そして、チェロのひろみちゃんこと竹中裕深がリハーサルに遊びに来てくれた!

こんなに揃うことは滅多にないんじゃないか?こういうの残しとかなきゃいけないんだ。

というわけで本番前に記念ショット!
{8C442A5E-F429-4DC6-99E1-FF22B57B605E:01}


いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本史の話です、日本史。

一般には知られていない歴史というのは、

たいていとても興味深い内容であり、

現代に通ずるメッセージを見つけることが出来るものであります。


何年か前から参加させてもらってる相馬移民奇譚という朗読劇。

(もちろん音楽で参加)

7世代,8世代前、加賀藩から相馬藩へ移民がいたというお話です。江戸時代。

華やかに語られることの多い加賀、

しかしきっとどんなものにもダークサイドが存在するように

加賀百万石にもあるダークサイド(!)

加賀から国抜けをして相馬に行くんですねお百姓さん達が。命がけ。

日本の歴史と宗教の話。



ロングラン公演になる予感が充分にするので

ネタバレをさせないためにも具体的なストーリーには触れませんが

相馬で公演をされた役者さんたちの話では

実際に相馬では

柿の木のことを「とやま」と呼ぶらしいこと

相馬の人が先祖代々伝わる通行手形を持っていたこと

などが出てくるリスナーとのアフタートークセッションが後半にありますから、

毎回非常に充実した時間を過ごしています。

音楽家/演奏家としても非常に充実した音になっています。



相馬移民奇譚チーム
{269686FA-9053-465D-8A89-76E0F4006454:01}


石川県能美市のギャラリーいずみ
{2A04D04A-D96C-4110-88F5-20C78DEFA619:01}


石川県野々市市の常讃寺
{D7E112F6-E9A0-4C4A-A460-12CE7C225BBB:01}


2箇所へ遠征でした。


これ是非、関西でも!

考えること、初めてのことを知ること、という意味と

北陸の演劇シーンを引っ張る最高の役者による朗読劇という意味でも

強いメッセージがある意味でも

これはとてもいい公演になりますので

ご興味のある方、ご一報ください。

主催してくださる方、見つかるといいな。



見つかるといいな◎◎
{5319560A-2488-4C61-A0F4-D0408A3721CD:01}


いいね!(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
超有名曲のアレンジメント

2曲。

先週とたった今と2週続けて

丸々二日間×2集中して創作しました。


2回とも、一日目にイメージを膨らますこと、

数々のアレンジのどれにも似ないようにひたすらチェックすること

(ほとんどのyoutubeにあがってるアレンジはダサいなぁ、

あるいはただのコピーじゃんコレ、と思うのです)

チェックしてるうちに飽きてきて、あー「もーイヤ」となるまで。

(今回ひとつ素晴らしいなぁと思うのがあって楽しかった。それあとでまた聴こう)



アレンジをいくつかの方向性で演奏してみて

録音して、精査して、

いくつかはループを使って演奏し

いくつかは譜面におこし

何度も何度も弾く。

DTMが出来れば時短になるんだろうが、

とにかく生演奏と生譜面ですボクはいまだに。

(近いうちにやりたいなDTM)


さぁそして色々精査した頃には夜になり、

眠ると夢にまでうなされるのです。


そうやって目覚めた朝。

一発目にかけるアイデアは

だいたいいつもフレッシュで、一筆書きで書けてしまう。

朝が一番クリエイティブ。


1曲目はそうやって出来、

たった今出来た2曲目は、難産でした。

2ヴァージョン作りました。

曲順により選べるように。



作曲家、文筆家、すごいなぁと思うんですよね。

ないもの作り出す、とはいえ、出ないときは出ない。

それに、出そうと思ったらいくらでも出せるやろし?(頓着しなければ)

どんな時間の(気分転換?)過ごし方をしてらっしゃるのかなと。

ボクは最近、近所の神社に毎日散歩に行くので、

今回も一段落したところでお参りに行きました。



自分が曲を書くときというのは、「出来てしまった」ということが多く

それも自分のためのものなので、マイペースでいいじゃないですか。

それが作曲家や文筆家は違いますからね、納期がある。

それをコンスタントに続けておられる仕事っぷりというのは

どんな次元の生活なんだろうな。

作家を改めてリスペクトするいい機会になりました。


とはいうものの、

ギターを弾き始める前に好き勝手作曲をはじめた経緯があるのためか、

プレイしてなくても、そんなに焦らないでいられる。
生粋の演奏家気質とはどうも違うようです。

生活のなかで、練習して、創って、家事をして、という風に、
生活の中に、音楽がありますな。

あ、練習もしたいな(笑)




いいね!(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
{37D51FFA-ADBB-40A6-8B63-004C677BAF81:01}

継続は力なり。
色んな(関西弁でいうところの)フリをされながら
育ててもらってるんだろうなと思っております。帰る頃には毎回新しいideaとともにある。

今回はお互い生音ガットギター、
ふたりの間にアンビエントマイク。
このセッティング大好物です。

次回このデュオは
6/29(水)天満バンブークラブ
塩本彰gt
荻野やすよしgt
いいね!(8)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。