22日の「動画ニュース(28)」で、カリフォルニア州の洪水の模様をご紹介しましたが、大規模な避難命令が出されました。

注目したのは、IT企業の本拠地といわれるシリコンバレーを流れるコヨーテ川の堤防が決壊したことです。現代のアメリカ経済の繁栄の一翼を担うシリコンバレーで洪水とは・・・今後の米国における自然災害を予感させる事象となりそうです。


豪雨による洪水で大規模な避難命令 米カリフォルニア州(2/23)

米カリフォルニア州北部のサンノゼで22日、数日間にわたる豪雨の影響で河川の堤防が決壊し、市内の一部で洪水が発生したため、多くの市民に避難命令が出された。主要な高速道路も封鎖されるなど、被害が拡大している。

サンノゼ

地元当局によると、過去1世紀で最悪の規模という今回の洪水は、シリコンバレーを流れるコヨーテ川の堤防が決壊したことにより発生。コヨーテ川は貯水池の氾濫で水位が上がっていたという。

人口およそ100万人を抱えるサンノゼ市内の広い範囲に避難命令が出された。洪水の被害を受ける恐れのある地域には、約1万4000人が暮らしている。21日には救助隊員が救命ボートを使って住民200人以上を救出した。(引用終了)

シリコン03

シリコンバレー(Wikipedia)より

アメリカ合衆国カリフォルニア州北部のサンフランシスコ・ベイエリアの南部に位置しているサンタクララバレーおよびその周辺地域の名称。特定の一箇所を公的に指す地名ではなく、ある程度広い地域一帯の通称として使用される。

「シリコンバレー旅行記」より拝借
シリコン02

具体的には北はサンマテオ周辺からサンノゼまでの複数の市を指す。「シリコンバレー」という名前の都市は存在しない。シリコンバレーの中心は、サンノゼ、マウンテンビュー、サニーベール、サンタクララ、クパティーノなどさまざまな都市である。 (中略)

「シリコンバレーが話題になっているので調べてみた」より拝借
シリコン「01

近年では、アップル、Google、Facebook、Yahoo、アドビシステムズ、シスコシステムズといったソフトウェア・インターネット関連の世界的な企業が同地区には多数生まれたためにIT企業の一大拠点となったことで、シリコンバレーはこの地域におけるハイテク企業全体を表すようになっている。(引用終了)



AD

皇太子さま57歳 おことば「重く受け止めます」(2/23)

皇太子さまは23日、57歳の誕生日を迎えられた。誕生日に先立ち記者会見し、昨年8月8日に天皇陛下が退位の意向がにじむおことばを公表されたことについて「お考えを真摯(しんし)に重く受け止めますとともに、常に心にとどめつつ務めに取り組んでまいりたい」と述べた。陛下のおことば公表後に、皇位継承順位1位の皇太子さまが公の場で感想を語るのは初めて。(引用終了)

(関連)「国民と共に」にじむ決意 皇太子さま57歳

皇太子さま

今日は「皇太子さま57歳の誕生日」でもあり、「富士山の日」でもありました。22日は聖徳太子の本命日、ニギハヤヒの命日でもありました。何もなくて良かったです~。

昨日夕方に下記のメールをいただきました。なお、主人はアスクル火災が鎮火した昨日から普通に動けるようになりました。(^-^;

≪Sさんからのメール≫
ブログ拝読しました。ご主人さまの容態が心配でしたが大事なくよかったです。アグネスさんからお守りが届いた18日夜、居酒屋に出かけたのです。お店の名前は「たまや」。ブログを拝読するまで「たま」の文字ばかり浮かび・・・謎が解けました。龍体日本列島の足の付け根はどこでしょうか。

龍泉寺(岡山市)のお守り
龍泉寺06

大泉さん・・・大泉洋さんは有名人ですのですぐに浮かびましたが、私は山形県出身の歌手兼さくらんぼ農家の大泉逸郎さんが気になりました。誕生日は4月17日。小泉元総理と同じ午年。

昨日森進一さん(山梨生まれ鹿児島育ち)長男(森内貴寛さん)が気になり検索しましたら誕生日4月17日明日2月23日は皇太子さまの誕生日です。

56歳から57歳に。567の仕組みが始動準備なのでしょうか
。地割れ、カルデラ、赤い空。夢世界で見る頻度が多いキーワードをお知らせいたします。(転載終了)

「大政奉還150年」と、トラ・トラ・トラ!(1/16)より
羊羹01
羊羹02

ご本人様は「とらやの羊羹の賞味期限」についてはお忘れだったそうです。わたし自身は写メした本人ですし記事にもしたので、すぐにピーンときました。次はこちらをご覧ください。

2月22日撮影の「22ナンバー」と「伊豆78-39ナンバー」
22
伊豆

22日午前、やっと運転できるまでに回復した主人の運転で、ガソリンスタンドや銀行に行ってきました。上図はガソリンスタンドで待っていた間にやってきた「日産フーガ 22ナンバー」です。

下図は、あまり行ったことがない市内中心部にあります郵便局に行った際、わたしが車を降りて局内に入った途端に、「伊豆78-39ナンバー」のプリウスが停車したのです。運転席で待っていた主人もさすがに驚いたそうです。

NASA04

前記事では、「40光年」とありましたが、正確には≪39光年≫でした。地球から39光年(1光年は約9兆4600億Km)先の宇宙で「地球によく似た7つの惑星」が発見されました。

「+」は男性性、「X」は女性性➡「+」プラス「X」=八芒星

「78-39」➡7つの惑星と地球(八芒星)よ、サンキュ-!
(笑)

「日本酒 五郎八」
568

こちらの日本酒は、今日から明日まで仙台に行っている仲間のひとりが、塩竃神社に献酒するお酒を20日に地元のスーパーで探したそうです。

すると、伊達政宗の長女である「五郎八姫(いろはひめ)」にピッタリな≪五郎八≫という銘柄のお酒を見つけたのです。こちらにも同様のサインがありますね~。

「五郎八」➡5・6・8➡五芒星・六芒星・八芒星

「いろは姫」➡イロハ(いろは歌の123)です。


出口王仁三郎や日月神示では、五六七「みろく」と読ませています。皇太子さまは56歳から57歳になられました。当たり前ですが、来年のお誕生日には58歳です。

2018年、あるいは2019年に天皇に即位されるのは、ほぼ間違いないと思います。ちなみに、大泉逸郎さんの大ヒット曲は「孫」です。昭和天皇から見れば、皇太子さまは孫にあたります。

(過去記事) 五、六、七、岡山だ?!(12/21)
ダッカ事件、七から八へ、そしてホピの予言(7/3)

山体崩壊の夢と「YATIT」(2016/12/4)より
屋号

12月4日の主人の夢です。知人の「藤山さん」が出てきて、PCで藤山さんを検索しているのですが、「フジは入力できるけど、ヤマが入力できない」という夢でした。図形は実際の藤山さんの会社の屋号でした。

Sさんのメールにあります「森進一さんの長男:森内貴寛さん」のwikiを読みましたら、慶應義塾幼稚舎から慶應義塾湘南藤沢中等部、そして同校高等部を退学されています。

藤沢➡フジは入力できるけど、ヤマが入力できない

「地震予知 早川 正士氏に聞く 1/3」より
電離層

19日夕方に千葉沖を震源とする震度4の地震がありましたが、一日違いではありますが、電気通信大名誉教授の早川正士氏が的中させています。

その夜に上記動画を拝見したのですが、電磁気データで地震予知をしています。上図をみて思ったのですが、首都圏で奇妙な事件・事故が多いのは電磁気によるものではないかと思いました。上空と地下で電磁気異常が見られれば、サンドイッチになっている地表にいる人間たちにも影響があって当然ではないでしょうか?

20日に関東地方で3300軒にも及ぶ停電がありました。強風の影響と解説されていますが、強風はあらゆる地域で起きています。この日だけでなく、関東地方(特に神奈川県・千葉県)では原因不明の停電が頻発しています。

19日、21日には富士山周辺で震度1、2の地震も起きていますので、富士山はそう簡単には噴火はしないはずですが、気づきのための小噴火、噴煙、山体異常はあるかもしれません。

「ヤマダ電機前」の郵便局で伊豆ナンバー・・・山だ!?

AD

NASA「地球とよく似た7つの惑星発見」(2/23 日テレ)

NASA(=アメリカ航空宇宙局)は22日、地球から40光年離れた太陽系の外に、地球とよく似た7つの惑星を発見したと発表した。7つ全てに生命の基礎となる水が存在する可能性があるという。

NASA01

NASAによると、地球から約40光年離れた恒星「トラピスト1」の周りを、地球とほぼ同じ大きさの7つの惑星が周回していることを宇宙望遠鏡で観測したという。7つの惑星は岩石でできているとみられ、すべてに水が存在する可能性があるほか、このうち3つは温度などが生命を育むのに適した環境下にあるという。

NASA02

NASA・ザーブッケン博士「第2の地球を見つけるのは、『もし』ではなく『いつ』の話になってきている」。NASAなどは、さらに精度の高い宇宙望遠鏡を使って観測を行うことにしている。(転載終了)

NASA03

NASAが日本時間の23日未明に重大な発表をするというのは知っておりましたが、特に期待はしておりませんでした。「地球によく似た7つの惑星」についての伏線はすでにありましたからね~。

(過去記事)
NASAが【地球のいとこ惑星】を発見(2015/7/24)
地球に似た惑星発見!水が存在か?(2016/8/25)

ただ、再び思い出したのは≪もうひとつの地球≫です。旧ブログで取り上げましたが、既に記事そのものは消去されております。しかし転載されていたブログ記事がございました。

有難いことです。2014年に書いたみたいなので、それから3年が経過しています。「閃き」「インスピレーション」「予知夢」「ビジョン」というのは、すぐに現実化するものではなく、ある程度時間がかかります。益々面白くなってきましたね~♪

もうひとつの地球

私たちの地球がバックアップだった?(2014年5次元への旅さん)

近い将来、第三次世界大戦が起き、大変な世の中になるかもしれません。 悪の組織は戦争だけでは飽き足らず、化学兵器や電磁波兵器を使って人々を虐殺するかもしれません。同時にとてつもない天変地異が世界中を襲い、住む場所や仕事を失い、 街は崩壊し、社会基盤が徹底的に破壊されるかもしれません。命を落とす人も少なくないでしょう。けれども意識上昇を済ませた人から、5次元世界に上昇できるよう、ちゃんと場所が用意してあります。

それは地球の公転軌道と全く同じコースを回る「もうひとつの地球」です。 地球から見て太陽のちょうど裏側にあり、地球から見ることがないこの双子星の伝説は太古の昔から語られていました。一部では【ヤハウェ】というコード名で呼ばれたりします。天文学的にはあり得ない空想ですが、現在、太陽の周りを地球と同じ軌道で回っているもうひとつの地球は、地球そっくりの天体ではなく【地球そのもの】です。

頭が混乱していますか?ここからちょっとショッキングなことを書きます。宇宙にとっても貴重な惑星である地球という星を守るために、宇宙人(宇宙連合)はそのコピーを作り、地球にもしものことがあった時の【バックアップ】としてその星をとっておいたわけですが、そのバックアップこそ、私たちが今いるこの地球です。

つまり、私たちがいる地球が実はコピーであり、いつの間にか本物とコピーが入れ替わってしまったわけです。読んで頭がフリーズする方がいるかもしれませんが、残念ながらこれは事実です。

本物の地球は既に5次元へと次元上昇しました。だから私たちの側から本物の地球は見えませんが、たまに本物の地球とコピーが「重なる瞬間」があります。その時、意識上昇を済ませた人は、荒廃していく3次元世界のコピー地球から、5次元世界の本物地球へと移動します。

人類は1985年から次元上昇が始まっており、数万人が5次元地球へと移住して新しい暮らしを始めています。3次元地球で戦火や災害に巻き込まれて命を失っても、どうぞご安心ください。意識上昇を済ませている方は、5次元地球と重なった瞬間、自動的に移動できます。

その5次元地球では、3次元地球で主流の物質文明が終わりました。誰もが安心して幸せに暮らせるコミュニティを作り、楽しい毎日を送っています。例えば悲劇的な戦争や自然災害に巻き込まれて死んだと思ったら、次の瞬間、5次元地球に到着しているわけですから、実に不思議です。そのためにも、私たちが皆、本来持っている優しい気持ちで生きましょう。

「いよいよ超霊的パワーが世界を解放します:田村 珠芳 著」(徳間書店)より

ANOTHER EARTH(邦題:アナザー・プラネット)

「もうひとつの地球(1)」では、「アナザー・プラネット」という映画が気になって、「何かこの映画には隠れたメッセージがあるのではないか?」と締めくくっています。NASAやイルミたちは既に知っていると思われます。日本の八咫烏も知っているんじゃないでしょか?

自ら命を絶つのはカルマを積んでしまうのでいけないことですが、過度の死への恐怖を抱くということは、裏返せば「死んだら終わり」「この世への執着が強い」ことにもつながると思います

各人の死生観によって捉え方が様々でしょうが、余計な執着心を抱くよりも、「徳」を積むことらしいです。信じる信じないは貴方(貴女)次第ですね~。(*'▽') (転載終了)
AD