25日午前7時2分ごろ、長野県王滝村と木曽町で震度5強を観測する地震があった。震源は同県南部で、震源の深さは7キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.6と推定される。(引用終了)

21日の「一二三の理と鶴から亀へ」において、「フォッサマグナ地溝帯が気になります」と述べましたが、本当に起きてしまいました。該当地域にお住いの読者の方々、今後の余震にご注意ください。

 

さて、お昼頃にイオンで今日まで開催されている「日本全国陶器市」に行ってきました。特に買い求める品物はないのですが、陶器を眺めるのが好きですし、何か今後のヒントになるものがあるように思ったので・・・キョロキョロ

 

 

不動明王像、大黒様&恵比寿様像です。購入したわけではありませんが、不動明王の両目が気になって写メしました。右目が上を見ており、左目が下を見ていて、チグハグなんですよ~。

 

 

岐阜県土岐市の業者さんがおりまして、今朝の地震、「飛騨トンネル」「水無神社」などについてお話しました。

 

「これも何かの縁みたいですね~おひとついかがですか?」と営業され、「手籠入りお雛様」を買ってしまいました。帰宅して箱のラベルを見て驚きました。「2219」・・・ニギハヤヒ行く?!びっくり

 

4月末の読売新聞(九州)に掲載のお悔やみ欄

 

陶器を数点購入したのですが、包んでいる新聞紙は読売新聞(九州版)です。業者さんは有田焼の佐賀県からもいらしているので、不思議ではないのですが、お悔やみ欄を見てビックリしました。

 

お亡くなりになった方々の氏名は塗りつぶしてますのでご承知おきください。真ん中に五島市がありますが、出掛ける前にTweetした下記の記事です。リュウグウノヒメ・・・龍宮の姫?!びっくり

 

 

記事タイトルについてお話させていただきます。夏至の21日、約1年ぶりにある女性からメールがきました。サムハラ奥の院に一緒に行った方です。

 

「花鳥風月:七夕の国」 (2016/5/5)より

七夕

 

ある著名な方の講演会に行かれ、夏至から7月7日までは特別な期間で、夏至から25日までは準備期間とも言ってて、人間が変わるということです」との内容でした。その夜詳しくお話を伺いましたが、主人曰く、「1年ぶりの連絡かぁ、これは何かあるな!」

 

 

ご存知のように7月7日は七夕です。季節外れのお雛様は彦星と織姫に置き換えることもでき、陶器市では「織部焼の狸」も勧められました。てへぺろ

 

彦星はわし座のアルタイル、織女星は琴座のベガです。白鳥座のデネブとともに「夏の大三角形」を形成しています。なお、和名の星は少ないのですが、もうひとつ有名なのが(おうし座のプレアデス星団)です。

 

 

「夏の大三角形」に関する他の画像を見つけました。北極星が描かれていますが、夏の大三角形とは線対称になっています。合わせ鏡のようですね~。

 

羽根02

 

羽根01

 

昨日(24日)のことです。仲間のひとりがお掃除中に白い羽を見つけたというのです。何気なく、「白鳥、日本武尊かな?」と返答しておりますが、夏の大三角形につながるとは思いもしませんでした。

 

「日本武尊と弟橘媛、そして走水神社」 (1/22)より

弟橘媛

 

菅原道真公、後醍醐天皇を始めとした流罪になった天皇・・・日本武尊は大和への帰途の途中、能褒野(三重県)で力尽きます。そして白鳥となって大和の方へ飛んで行ったという「白鳥伝説」があります。

これからは日本だけではなく、「無念の想いでこの世を去った人物の魂」が蘇るということが起こり得るのではないでしょうか。「ヴィーナスの誕生」に描かれている帆立貝をみて、そんな想いが頭をよぎりました。(引用終了)

幕末維新の志士たち(フルベッキ写真)

 

最後にご紹介しますのはこの写真です。今回の陶器市で額に入って売られていました。毎年行ってますが初めてみました。ニヤリ

 

西郷隆盛の本当の顔が、従来から知らされている武蔵丸似の顔と違うというのはご存知でしょう。完全にカモフラージュなんですよね。フルベッキ写真が堂々と売られているのには驚きました。

 

真相を知っている店主ともお話しましたが、「鹿児島、四国、中国地方では売れるけど、東北では売れないんだよね~」

 

わたしの横で眺めていたご婦人は、店主とわたしの会話に驚いておりました。「えぇ?あの顔は嘘なの?」・・・俄かには信じられないみたいでした。まぁ、仕方ないですよね~。グラサン

 

地震の話題に戻りますが、長野県で起きたからこれからも中部地方とは限らず、日本全国どこで起きてもオカシクはありません。ただ、大雨も含め、「夏にご用心~」という思いは変わりません。

 

(過去記事) 夏にご用心? (5/7)

夏至を前にして何かと騒がしい(2) (6/18)

 

AD

動画ニュース(33)

米ユタ州で大規模山火事、住民700人避難 (6/24)

 

ユタ州南部で大規模な山火事が発生し、これまでにおよそ112平方キロメートルが焼けました。住宅13棟が全焼し、住民およそ700人が避難しました。周辺の幹線道路も封鎖されていますが、今のところ、けが人はいないということです。高温と強風のため、火はさらに広がっていて、地元の消防などが懸命に消火活動を行っています。(引用終了)

 

 

22日の「米西部で記録的な猛暑、気温50度超えも」でお伝えした通り、米国は気温50度にもなる地域がありました。当然、山火事が発生しやすくなっています。

 

先日には、ポルトガルで大規模森林火災があったばかりです。また、毒アリ「ヒアリ」が発見された神戸港で、今度は別の毒アリ「アカカミアリ」が発見されました。火あり、赤神あり・・・?

 

(参考) 毒ヒアリ発見の神戸港 今度は別の毒アリ100匹

 

また、熱低低気圧「シンディ」の影響により、米南部では竜巻、洪水被害が広がっています。他に、たった今配信されたばかりの中国・四川省で発生した土砂崩れ、トルコで起きた謎の感電死をご紹介します。

 

シンディにより、竜巻・洪水に襲われた米南部

 

中国 四川省で大規模山崩れ 100人余りが行方不明 (6/24)

 

内陸部・四川省茂県の山間部にある村で、日本時間の24日午前7時ごろ、突然山崩れが起き、大量の土砂が山間部を流れる川をおよそ2キロにわたって埋め尽くすように流れ込みました

この山崩れで川沿いの住宅が土砂に埋まるなどして、およそ40世帯、100人余りの行方がわからなくなっていて、警察や消防などが救助活動を急いでいます。(引用終了)

プールで子供3人含む5人が感電死、トルコ西部 (6/24)

 

トルコ西部のアキャジで23日、子供3人と大人2人の計5人が娯楽施設のプールで感電死する事故があった。地元メディアなどが報じた。

 

ドアン通信によると、プールと遊園地を備えた同施設の支配人とその息子が水に飛び込んで子供たちを救出しようとしたが水中で身動きが取れなくなり、5人とも感電死したという。事故の原因は分かっていません。(引用終了)

 

AD

海老蔵さん会見「『愛してる』と言って旅立ちました」 (6/23)

麻央01

 

海老蔵さんは22日、稽古をしていたときに麻央さんの母親から「具合が悪い」という連絡を受け、急いで帰宅したということです。そのときの麻央さんについて「おとといまではしゃべれたんですけれども、きのうはずっとしゃべれずにいて、これは本当に不思議なんですけど息を引き取る瞬間、『愛してる』と言って、本当にそれで、そのまま旅立ちました」と涙を流しながら最期の様子を話しました。(引用終了)

小林麻央さんがお亡くなりになりました。お辛い中、市川海老蔵さんが会見を行いました。アメブロのアクセスが殺到し、繋がりづらくなっていましたが、すでに回復しています。

 

海老蔵さんが仰っておりますように、息を引き取る瞬間というのは意識がない状態ですから、テレビドラマのように言葉を発することは皆無に等しいです。

 

では、なぜに聞こえたのでしょうか?顕在意識の麻央さんではなくて、潜在意識、ご夫婦の魂と魂のつながりで聞こえたのではないでしょうか。

 

麻央さん 勸玄くんの晴れ舞台目前で…「1つの目標」叶わず

麻央02

 

「七月大歌舞伎」で最年少の宙乗りに挑戦する長男・勸玄くん(4)の姿を見るという「目標」は叶わなかった。 麻央さんは22日夜、都内の自宅で死去した。

勸玄くんは東京・歌舞伎座で7月3日から行われる「七月大歌舞伎」の夜の部の演目「駄右衛門花御所異聞(だえもんはなのごしょいぶん)」白狐(びゃっこ)役を演じ、海老蔵とともに最年少の宙乗りに挑む。(引用終了)

 

訃報のため内容にも心配りをしないといけませんが、28日が試験日のため、明日の一記事をもって28日夜まで記事更新をお休みさせていただきます。

 

2、3ヶ月前にTwitterでは述べましたが、1月の夢に麻央さんが無言で現れておりましたので、この日が訪れるのは予感しておりました。心よりご冥福をお祈りいたします。(合掌) ショボーン

 

午後のYahoo!ニュースで、勸玄くんが7月の歌舞伎に「白狐」の役で出演されるという記事を読みました。白狐が気になっておりましたら、狐シンクロが起きてしまいました。

 

麻央03

 

このやり取りを家に戻って来た主人に伝えましたら、「あぁ、20分前にキツネが俺をじっと見ていたんだ~」というのです。札幌ほどの都会でなければ、鹿、キツネに出くわすのは不思議でもなんでもないのです。北海道ならではですね~。口笛


「意味あるシンクロニシティのパワー(7)」より

九尾の狐

 

すぐに「九尾の狐」が思い浮かんできました。夕方から前川前事務次官の記者会見がございましたが、国家転覆を狙った「九尾の狐」が姿を現してもオカシクナイほどの危うい国家情勢です。

 

 

狐といえばお稲荷さん、稲垣吾郎さんから稲荷神社、今朝のTBS系情報番組では、「いなり王子」という「いなり寿司オタク」のちょっとオカマっぽい男性が出演されていまして、「全国のいなり寿司特集」を放送しておりました。ご覧になった方もおられるでしょう。

 

また、麻央さんもそうですが、「麻生氏シンクロ」が起きていましたね。昨日も「麻〇さん」というお客様から、「IH調理器が吹きこぼれでショートし使えなくなったので、火災保険ってどうなの?」という問い合わせです。吹きこぼれが気になっています。うーん

 

経年劣化や電気的事象は対象外です。「車が古くなってエンジンが不調だから保険使える?」というのと同じでして、保険事故というのは「偶然かつ突発的な外来の事故」が前提です。

 

「麻」といって思い浮かぶのが、成田市台方にあります日月神示で有名な「麻賀多神社」、鳴門市の「大麻比古神社」です。

 

市川海老蔵さんの成田屋という屋号は成田山新勝寺が由来、同寺院は真言宗智山派でご本尊は不動明王。真言宗智山派といえば、川崎大師と同じです。

 

麻03

 

どうも、麻央さんの「麻」「央」が気になります。22日夜に息をお引き取りになったということですが、22日は少し前から気になっており、今思い出したのですが、21日朝に引いた神託カードは「聖なる文様の麻」でした。

 

麻央さんは本当に心の美しい女性だったと思います。ご臨終間際に夫に「愛してる」と伝えたわけですが、ご家族だけに伝えたのではなく、神界から選ばれたメッセンジャーだったような気がします。

 

この先行き不透明なご時世に、多くの人々に「愛」「思いやり」という現代人が忘れかけている言葉をお伝えするお役目があったように思います。

 

幼いお子様を残して心残りだったとは思いますが、遠くで見守ってくださるのではないでしょうか。3年間の闘病生活、お疲れ様でした。安らかにお眠りください。

 

AD