新MUのブログ

2014年11月末をもって閉鎖した【MU(ムー)のブログ】の管理人です。
その節はお世話になりました。以前は時事問題を主に取り上げ
ましたが、各種事情により少しセーブします~♪

私はテラヘルツ鉱石、水溶性ケイ素水(UMO)の販売をしています。UMO初回購入者には「テラヘルツ鉱石(携帯用)」をサービスしております。
(問い合わせ先) 北海道釧路市桜ケ岡8-3-1 有限会社 桜 商会 
    (TEL) 0154-91-4871 (FAX) 0154-91-4872
           (Mail)agnes@oasis.email.ne.jp
NEW !
テーマ:


深宇宙からの「強い信号」検知 地球外文明発見の期待高まる(AFP)

地球外生命体が存在する証拠を求めて宇宙観測を続けるロシアの電波望遠鏡が、「強い信号」を検知したことが明らかになり、科学者らの関心を集めている。


信号探知のニュースは、深宇宙探査研究に関する情報を発信するウェブサイト「ケンタウリ・ドリームス」の運営者ポール・ギルスター氏が27日、イタリア人天文学者のクラウディオ・マッコーネ氏によるプレゼンテーションの内容として伝えた。

同氏は、「これが地球外文明の仕業だと主張している者はいないが、さらに調査する意義があることは間違いない」と話している。


この信号は地球から約95光年離れた恒星「HD164595」の方向から届いたとされる。この星は少なくとも1つの惑星を持つことが知られており、惑星の数はもっと多い可能性もある。

SETI-05
SETI-04

ロシアのゼレンチュクスカヤにある電波望遠鏡「RATAN-600」によるこの観測結果は今になって公になったものの、実際に検知されたのは昨年のことだったという。

専門家らはこの信号について、その意味や、発信元の正確な位置を解明するにはまだ相当の時間がかかるとみている。

SETI-03

それでもギルスター氏は、「あまりに刺激的な信号だったため、RATAN-600の研究者らはこの目標の常時監視を呼び掛けている」と書いている。

この発見は、来月27日にメキシコ・グアダラハラで開催される第67回国際宇宙会議(IAC)で議題として採り上げられる予定だ。

SETI-06

ギルスター氏によると、信号を検出した研究チームは、ロシアの天文学者ニコライ・カルダシェフ氏が提唱した宇宙文明の進歩度を示す尺度を用い、この信号が等方性ビーコンからのものだった場合、地球文明よりもはるかに進歩した「タイプ2」の文明でなければありえない強さだと説明している。

一方、もし太陽系だけに向けて送られた狭い信号であれば、地球文明の能力により近い「タイプ1」の文明でも出せる強さだという。(転載終了)
(関連)
直径600m、895枚の反射鏡からなる巨大施設―ロシア
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨年噂になっていた記憶がありますが、とうとう正式なメディアで報道される時代になりました。ちょうど1年前に「テラヘルツ波」「量子テレポーテ―ション」の記事をエントリーし、SETI(地球外知的生命体探査)についてお知らせしました。

今回のロシアの電波望遠鏡「RATAN-600」がどんな仕組みで信号をキャッチしたのか詳しくは分かりませんが(物理に弱いので)、「新時代の幕開け」を予感させる第一歩のような気がします。

(過去記事)テラヘルツ波の隠れた使い道(9/14)より引用

電波天文学(Wikipedia)」に移動し、【観測】から抜粋します。

天然の天体電波観測の他に、地球外知的生命体探査(SETI)の一環としてオズマ計画など異星文明からの電波信号を検知しようとする試みも多く行われている。さらに近年は極短波により天体の元素組成を観測し、地球外生命の存在の可能性のある環境を持つ天体の探索も行われている。(引用終了)

(参考)「オズマ計画」 「地球外知的生命体探査」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:


講演会終了後、札幌市内の仲間(親子)と一緒にサッポロビール園に向かいました。わたしは若い頃に行っていますが、主人も仲間も行ったことがなく、今度札幌に行った時の夕食はサッポロビール園と決めていました。

ビール01

札幌市内には、サッポロビール園の他にキリンビール園、アサヒビール園、ジンギスカン専門店があり、観光客には大人気です。地元の人はあまり行かないと思われ、自宅、お花見、キャンプ等でジンギスカンを楽しみます。

サッポロビール園は今年で創業50年となっており、ケッセルホール・トロンメルホール・ポプラ館・ライラック・ ガーデングリルという雰囲気の異なる5つのレストランがあります。

ビール02

レンガ造りの煙突に描かれた赤い星のマーク。これはサッポロビールのシンボルとともに、かつて開拓使や屯田兵の制服の胸に輝き、その旗に赤く染め抜かれた北海道開拓のシンボルでした。(HPより引用)

(参考) サッポロビール園HP
札幌ビール園はこんな所、知っておきたい25個のこと

ビール03
ビール05

わたしたちは、大正元年に製造された巨大なビールの仕込み釜【ケッセル】があるケッセルホールを予約しました。

ビール04

「サッポロビール園なう~♪」ということでLINE仲間に写真を送信したのですが、撮影者のわたしが気がつかないことを発見してくださいました。

「ケッセル」の後ろに映っておりますステンドグラスがエジプト風だというのです!確かに・・・イシス、オシリスのように見えますね~。どうしてサッポロビール園にエジプト風のステンドグラスがあるのでしょうか?不思議ですね。

青い池

8月25日の「気になることには意味がある(5)」の最後に、美瑛町の青い池の水が台風の影響で濁ったことをご紹介しましたが、ガーデンショップで「青い池キャラメル」を見つけました。

マヤ01

マヤ02

レポーターの服はピラミッド柄になっています。
マヤ03

余談になりますが、27日TBS系列で放送された「世界ふしぎ発見」をご覧になった方も多いと思いますが、番組内容は「マヤ 最新調査報告」でした。
(参考) 「世界ふしぎ発見HP」

≪天頂通過≫にも驚きましたが、マヤでは≪天に13の神様≫がいると信じられていました。わたしたちがよく知る生き物の中に、体のある部分を数えると13になる生き物がいまして、その生き物は≪宇宙を意味する≫と考え崇拝してきました。(動画の28分から)

バルタン01

それはカメだったのです。前記事の「アセンション島の地震とバルタン星人」でご紹介しました「アセンション島の紋章」にはっきりと2匹のカメが描かれていますね~。

世界ふしぎ発見 2016年8月27日 【マヤ 最新調査報告】


不思議な話は次回も続きます~(^^♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:


南大西洋の火山島アセンション島でM6.9(8/29)

米地質調査所(USGS)によると、29日午後1時半ごろ、南米と南アフリカに挟まれた南大西洋に浮かぶ英国領アセンション島の沖合でマグニチュード(M)6.9の地震が発生した。震源池は、西アフリカのシエラレオネから1065キロほど沖合で、震源の深さは10キロ。

アセンション島は、大西洋の中央部を南北に貫く大西洋中央海嶺上に位置し、地下から噴出するマグマが新たな海底地殻を形成しているため、地震活動が非常に活発なエリア

(関連) アセンション島(Wikipedia)
大西洋アセンション島で7.4の地震(スプートニク日本)

アセンション島
バルタン07

今晩の記事は「札幌にて(2)」にしようと思っていたのですが、突発的なシンクロニシティが起きましたので変更します。午後に南大西洋にあります「アセンション島」でM6.9の地震が発生しました。

その地震と「バルタン星人」が何の関係があるのかお分かりにならないと思います。実は、「アセンション」「バルタン星人」という二つのワードは、26日の札幌講演会で話された内容だったのです。

長さんからは「アセンションとは何のために?どんな意味があるのか?考える必要があります~」との問い掛けが、鳴海さんからは「UFOに何度も乗せられた男性が最初に出会ったのは、玄関前に現れたバルタン星人によく似た宇宙人だった」のです。

バルタン星人に出会った男性についてはこれ以上お伝えできませんが、鳴海さんの故郷は北海道乙部町で、この街は以前からUFO目撃談が多いので有名なのです。その関連で「バルタン星人」の話が出てきたのです。文末に「乙部町観光プロモーションビデオ」をご紹介します。
(参考) 
北海道にUFOの基地がある可能性は否定できない?

さて、このバルタン星人のお話をするつもりはなかったのですが、本日午後1時半から3時頃まで、秘書のさとみさんに講演会の内容についてお話しました。電話を切ったのは3時過ぎ、それから30分後ぐらいに「アセンション島地震」のニュースを知らせてくださいました。

アセンション島の紋章(帆船にオレンジ印)
バルタン01
バルタン02
バルタン03

「バルタン星人」の話はさとみさんしか知りませんが、「アセンション島の紋章」を紹介し、「バルタン星人みたい~」と発言したのは福岡県の仲間です。目が点になったのは、わたしとさとみさんです。つい30分ほど前に出た話だったからです。(汗)

バルタン04

仲間のひとりからは、「アグネスさんのお宅にバルタン星人がお迎えに来るのではないですか?」などと言われ笑ってしまいました。(#^.^#)

28日夜のLINE会話
バルタン06

そして、昨晩のことですが、石川県の仲間が近所の方から「帆立とイカのお弁当」をいただきました。帆立は北海道産、イカは石川産だったので、上記の会話になったという次第なのです。

バルタン05

「札幌にて」の連載も数回にわたってになりますが、鳥肌もののシンクロニシティになります。それは別に自慢話でもなんでもなくて、長さんが話された内容に関連してきます。

今までも何度か数奇な現象をお伝えしてきましたが、今回の長さんの説明で論理的に合点がいき頷いてしまいました~。今後、皆さんにも十分起こり得ることなんですよ~♪

北海道檜山7町観光プロモーションビデオ(乙部町)
  
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。