競馬のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
平安S・G3(22日、京都・ダート1800メートル)に出走するアドマイヤロイヤルが、栗東の坂路で追い切られ、上々の走りを披露した。姉に05年桜花賞、NHKマイルCの変則2冠を制したラインクラフトがいる良血。ダート転向後7戦で3着を外していない堅実な末脚で、強豪相手にどう立ち向かうのか、注目が集まる。

 アドマイヤロイヤルは坂路で、トーコーレガーロ(3歳未勝利)を5馬身追いかける形のスタート。スムーズな追走から、瞬時にトップスピードに乗ると最後の急傾斜を力強い脚取りで駆け上がり、パートナーを3馬身突き放してフィニッシュした。タイムは計測不能だが、およそ53秒台中盤。集中力のある走りが印象に残った。

 追い切りに乗った北沢(レースは安藤勝)は「動きは悪くない。テンは速くないけど、しまいの1ハロンは12秒ぐらいだろうね。先週も鋭く伸びたし、きょうも仕掛けてからの反応が良かった。休み明けのような感じはない」と状態の良さを強調した。

 橋田調教師も納得の表情だ。「動きはしっかりしていた。久々だけど体もできている。まだ5歳でダート馬にしては若いので、上積みはあるでしょう。マイルを使っているけど、1800メートルでも対応できると思います」。

 ダート重賞初挑戦となった前走の武蔵野Sは、メンバー最速の脚で3着。重賞のメンバーでも通用するところを見せた。2か月ぶりと間隔は空いたが、仕上がりに狂いはない。

 「G1に使うためには賞金を加算しないと出られないからね。ここは本当に相手が強いが、いいレースをしてほしい」と橋田師。フェブラリーS出走への執念をにじませた。立ちはだかるのは、G1・5勝馬のエスポワールシチー。高い壁を乗り越え、大舞台へのパスポートを手に入れたい一戦だ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。