作家集団Addictoe オフィシャルブログ

作家集団アディクトのおまけブログ

NEW !
テーマ:

日本での『スター・トレック BEYOND』(以下『ビヨンド』)
いるし
劇場公開もほぼ終了したので、
『イントゥ・ダークネス』(2013)の時には
だrkねっs
公開前から進めていた作品研究を、
次回作までの休眠期に、
ちまちま進めて行こうと思う。

しかし『ビヨンド』ぐらい、
評価や好ききらいの別れる映画も珍しい。

どの感想も、そこに至る思考パターンは理解できるが、
賛同できる部分はまちまちなので、
代表的な意見を取り上げて行こう。



旧作のSTを知らず、
2009年のJJ版『スター・トレック』からの
sutatiore
鑑賞組の感想は、
だいたいこんなもんだろう。

ただし、前2作はもちろん、
『ビヨンド』でも、旧作ファンへの気配りが随所にあるので、
それが理解できないのは、
本人に何の責任もないとは言え、
残念な気がする。

次が『ビヨンド』肯定派の代表意見のうち、

しかし前2作にはおよばないとするもの。

次が自分の意見に最も近く、

前2作はもちろん、全ST映画の中でも、上位に位置づけるもの。

同じ観点について、
評価が最初の女性(マリアナ=Marianna)と正反対なのがおもしろい。

〈マリアナ評〉
JJ版2作には、『ビヨンド』は及ばず。

〈HITB評〉
『ビヨンド』の方が、JJ版2作より良い。
その根拠は、
◎キャラクター像の把握

*前2作のカーク(クリス・パイン)は、
620
「単なる女たらし」という表層的な扱いで、
キャプテンの責任感が希薄だった。

*感情を露わにすることを恥じるバルカン人のスポック(ザッカリー・クイント)も、
すおぴお
前2作では、その発露が不自然で、原典(TOS)にそぐわなかった。

*ウフーラ、チェコフ、スールーは、旧作(TOS→映画)では単なる飾りで、
何の役目も果たしていなかったが、
『ビヨンド』では、それぞれに具体的な役割が与えられている。
290
X-MEN: アポカリプス』同様に、待ちの姿勢の無駄なキャラがいない。

◎復讐に燃える悪役、
447
◎切り札に持っている恐怖の最終兵器、
3365
という、JJ版前2作と共通する要素に、
「またかよ」とウンザリするかと思いきや、
意外や今回はそれが生きた。

クラシックカーやバイク、現代のロック音楽の登場のさせ方も、
2009年版『スター・トレック』よりうまいし、
ST原典からの引用も、
『イントゥ・ダークネス』のようにあからさますぎず、
感動的な場面にあえてセリフがないのも、
サイモン・ペグの脚本の秀逸さを示している。

こうした肯定派と真っ向から対立する、
否定派の論調はほぼ同じで、

創始者ジーン・ロッデンベリーの精神にまでさかのぼり、
それに反するではないかと嘆くもので、
当然、JJ版前2作にも否定的だから、
その延長の『ビヨンド』にも感心できない。

だが、
「戦争や貧困など、現代の社会問題がすべて解決した未来に、人類は何を希求するか」
というロッデンベリーの基本理念はあまりに崇高すぎ、
いまだそうした問題の只中にある、
未熟で好戦的な現代人にはウケなかった。

IMAX版にも、STを知らなそうな若い観客が多数詰めかけていた状況は、
TNG以降のショボイ路線を継承していたらありえなかったから、
私としては、「そこまで原則論に戻られたってなあ」と言う気がしてしまうのが正直なところ。

あなたの感想は?



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。