リリース情報

FUNK'A'DADS PSYCHEDELIC EDITION WITH OVERHEADS
http://fadpe.com/
$weee feeeel gooood!!! 品番: ORCD-1101
価格: ¥1,890(税込み)
発売日: 2011年4月18日
1.Streptocoque
2.Triolet
3.Low Rider
4.Misty Mountain Hop
5.Toute en Intimite
6.In Your Face
7.Between The Two
8.209
9.Thin Air
レーベル: OSAIKE Records
販売: Inpartmaint Inc.
全国のTower Records,HMVなどで販売中
通販は(試聴可能)、
Amazon , HMV , Tower Records
などでどうぞ。
__________________________________________
ライブ情報



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年04月25日

関西の7日間

テーマ:adachi

1週間ほど関西へ。濃い濃い1週間でした。

先ずは神戸にて、Romel Amado氏の初ソロアルバムのレコーディングがスタート。まずは2日間ほど。もうね、数年越しの計画がやっと始まりました。

危険が危ない素敵なBlues Albumになりそうです。こりゃ楽しいです。

 

 

 

 

Ampexのマイクプリ、ゼンハイザMD441やリボンマイクなんかを持ち込んで、生々しくVintageかつ現代的に。みなさんお楽しみに。

 

 

で、翌20日には大阪本町マザーポップコーンにて「青緯とドモトーズ」。

これはすこぶる楽しかったなー。
去年の終わりに青緯の初ソロアルバム「View」をリリースしたんだけど、それにかかわったメンバー全員でのライブ。いや〜盛り上がりました。もう半分が東京からだったりするからいつもは出来ないけれど、またすぐやりたいなー、って思うくらい。

 

みんなの笑顔がよいね。僕は見えないけれどきっと笑ってます。

 

左から、ニーチェ池田(Perc)、僕(Gt)、シータθ(Vo&Cho)、寺田正彦(Keyb)、青緯(Vo)、武井努(T.Sax)、堂地誠人(S&A Sax)、梅本浩亘(Ds)、そしてド真ん前に、土本浩司(Bass)。

最高のメンバーです。

 

もう踊って歌って楽しゅうございました。

 

 

で、その翌日には、東心斎橋SOMAにて、僕が長年やってる松田一志のアンプラグドライブを。僕はステージには参加せずディレクタ役。

うん、楽でよいね(笑)。

 

左から、寺田正彦(Perc)、シータθ(Vo&Cho)、松田一志(Vo)、堂地誠人(Sax&Perc)、Kenmi Chank(E Gt)。

 

これは新鮮。良い試みでした。バンドでもない、アコースティックでもない、僕が狙った以上の効果があるようです。Rhodesとエレキ主体っていうのがキモかな。

メローでソウルフルなステージでした。

そうそう、7/7には東京でこんな感じでやりそうです。

 

 

そして、飲み明かした翌々日、癒されに京都へ。

新緑の京都。

 

 

八重桜

 

 

 

アンビエントな虚無僧みっけ。

 

帰ってきてバタンQでございました。10時間寝て復活。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017年04月05日

青緯とドモトーズ「View Live」のお知らせ

テーマ:adachi

さて、楽しみにしてるライブが迫ってまいりました。
皆様、ぜひお越しを。
大阪だけど。
先日CDをリリースした、青緯(Aoi)嬢&レコーディングメンバーによるスペシャルFunkyライブ!

来ちゃってん(博多弁)。よろしこです。

 

青緯とドモトーズ「View Live」

4月20日(木)
大阪本町 Mother Popcorn
大阪市西区西本町1-10-22 B-1(AXIS 西本町ビル)
06-6535-0002

前売り:3000円 当日:3500円 学割:2000円
Open 19:00 Start 19:30

 

メンバー:
青緯:Vocal
安達隆之:Guitar
寺田正彦:Keyboards
土本浩司:Bass
梅本浩亘:Drums
堂地誠人:Sax
武井努:Sax
シータθ:Vocal&Cho

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月03日

四月になれば彼女は

テーマ:adachi

もう春ですねー。

今年はあまり冬っぽくなかったなー。

 

で、いきなりですけど、来月4月になれば大阪にてすてきなライブがあります。

4/20(木)青緯とドモトーズ@大阪本町 Mother Popcorn

 

先日、ソロCDをリリースしたばかりの青緯(Aoi)が、レコーディングメンバーと共にくりひろげるFunky Night !。みなさんぜひ!

CD収録曲はもとより、いろんなカバーやインストなんかも含めてぶちかましますよってに。

とりあえずまずは、前回の流用フライヤーで。

 

青緯とドモトーズ

4月20日(木)
大阪本町 Mother Popcorn
http://www.mother-popcorn.com/
大阪市西区西本町1-10-22 B-1(AXIS 西本町ビル)
06-6535-0002

前売り:3000円 当日:3500円 学割:2000円
Open 19:00  Start 19:30

 

メンバー:
青緯:Vocal
安達隆之:Guitar
寺田正彦:Keyboards
土本浩司:Bass
梅本浩亘:Drums
堂地誠人:Sax
武井努:Sax
シータθ:Vocal&Cho

 

photo by Hidehiro Shirakashi

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月07日

恐怖のトイレ

テーマ:adachi
ついこないだ、とあるミステリを読んだ時に思い出した僕の体験談です。
面白いかどうかはわかんないけれど。

もう、30年ほど前の話。そのころはまだ博多に住んでました。
バンドでツアーに明け暮れる毎日だったんだけど、その時に行った大阪梅田の「バーボンハウス」という名のライブハウスでの出来事で。
先日の「博多ミュージシャンの会」の連中も知ってるはず。

キャパ200くらいの当時トップクラスのハコだったんだけど、よくお世話になってて、2、3ヶ月に一度は行ってました。
ちょっと作りが変わってて、ステージの下が楽屋でね(半地下みたいな)、広いし居心地のよいところでした。トイレも男用(小用)が付いてて、下手のドアを開けると男女兼用のトイレも。

ある日、いつものように「おはようございます!」と入って楽屋でゆっくりする。
そしてステージにセッティングの為に上がっていく者や、ジュースを買いにいく者なんかそれぞれに。
で、一人が小用のトイレに入る。数分後。

「うわ〜!!」
と、飛び出して来る。びっくりした僕らが、
「何があった!?」というも、
「あ.. いや、なんでもない、なんでもない」と。
「?」という感じだったんだけど、忘れた頃に別のメンバーがそのトイレに。
数分後。

「ぎゃー!!」とまた飛び出して来る。
「いったいなに?」と聞くが、
「なんでもない、なんでもない」と首を振る。

なぜ「なんでもない」のか。
出るのか? まさかね。そ〜っとドアを開けて中をのぞいてみる。
なにもない。
問いただしてもしらを切るばかり。
そうこうしてるうちにサウンドチェックが始まるのでみなステージへ。

サウンドチェックが終わりまた楽屋へ戻って来る。
この時点でさっきのトイレの出来事は忘れている。
メンバーのひとりがそのトイレに。数分後。
「ひ〜!!」
と白目をむいて飛び出して来る。
で、「なんでもない。なんでもない。」と。

なんなんだ。この恐怖の連鎖は?
次は僕の番だ。おしっこに行きたくなってきたじゃないか。
別のトイレに行くという手もあるけれど、ここは行かないとね。好奇心が勝る。
えいやっと入ってみるが、やっぱりなにもない。ただの小用のトイレだ。
気持ちよく放尿。なんだ、なんもなかねぇ。と思いながら、ブルっとなる。
男というのはブルっとなった時はだいたいの場合少し上を向くよね。僕もブルっとなって上を向いた。
そしたら、そこには生首があった。そしてじっと僕を見ていたのだ。
これは恐い。

「ぎゃ〜〜!!!」
と、出したことの無いくらいの恐怖の叫び声をあげて外へ飛び出した。
経験者の3人は笑いをこらえながら見てる。未経験のやつらは飛び出して来た僕だけを見てるので経験者の仕草には気がつかないのだ。
そうか。そういうことだったのか。これは悔しい。
それで僕はやっぱりこう言った。
「いや、なんでもない、なんでもない」と。

小用のトイレのちょうど真上に蓋があって、それを開けてそこにマネキンの頭部を置いてあったのだ。そして角度をつけて視線が合うようにする。視線が合うと恐いのよねー。

その日は全員が体験するまでその惨劇は続くのでありました。
まあ、ひとりくらいは気づかないやつもいたかもだけど。
その後、その首はどうなったかは誰も知らない。だって秘密にしなきゃ面白くないからね。


この話はあるミステリを読んだ時に思い出したんだけど、同類のトリック(というか)なんだよね。それも何人も続くし。
この作家は以前ギタリストだったんだけど、同じハコで同じ経験者だったりしてね。
まさかね。



 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月06日

博多ミュージシャンの会

テーマ:adachi
というのが、一昨日に。
博多出身の音楽仲間の飲み会でした。
いや〜、みんな元気で嬉しい。楽しかった〜。
ほとんどが10年以上会ってないやつばかり。
この中では、未だに僕は「おっしょいの安達」です(笑)。

中には東京に来て初めて会う人も。30数年ぶり。
この日に急遽入院で来れなかったやつもいたりして。
話せなかった人もいてすみません。
でも、みんな東京で頑張ってるねー。

新宿の昭和なお店で。おっさんばかり(笑)。
またやりたいな〜。次は朝まででもいいよ。
田浦君ありがとう。
 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。