とろとろひとりごと

東京から高知、そして愛知へと流れてきましたヽ(ΦωΦ)ノ
住めば都。どこでも楽しくやってます♪
いろいろテキトーなことを綴っているブログです(笑)


テーマ:
初めてのトラックバックに挑戦~!!

テーマは「死語」かぁ…ニンマリ

私が良く使う死語、それは、

「トイレにいっといれ」…



……

………

えっ!!

これって、死語じゃなくて、ただの…

オヤジギャク!!

どひゃぁぁぁぁ~~~←これも微妙に死語だと思ふ…
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
私の心は千に乱れ
欠片は虚空を唯、彷徨う
ひらり、ひらりと舞い落ちては
闇にのまれて、消えてなくなる
こんなはずではなかった…
こんなことなら旅になど…

広がる波紋は水面を揺らし
湖面に映る影は眩惑
ゆらり、ゆらりと現れては
私の心を弄ぶ
こんなはずではなかった…
こんなことなら旅になど…

導かれるまま唯、漂い
手にしたものは一握の砂
さらり、さらりと零れ落ち
無慈悲な風はそれすらも奪う
こんなはずではなかった…
それでも旅は続くのか…


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
アハハハッ…なんでしょうねぇ、この詩は。
なかなか寝付けなくて、朝までPCに向かってできたシロモノございます。
しかし、言葉というのは不思議であり、素晴らしいものだと、
何となく思ってしまいました。
だって、その言葉の本意なんて、書いた人にしかわからないものだし、
読む人によっては如何様にも取れるものだしネ。
特に詩はそうですね。
まっ、私は詩人ではありませんが(^^;)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ようこそ、私の城へ。

ここまでやってきた目的は?

わかっている。

君がなくしたものを、取り返しにきたのだろう?

それがここにあると、そう思っていたのだろう?

残念だが、ここにはない。

一時の夢なら、見せてあげられるだろう。

しかし、それは泡沫の夢。

私は君の期待には応えられない。

嘘だと?

嘘ではない。

わかっているはずだ。

君がわずかでも信じていたことは、 幻だったのさ。

そもそも、本当は何を求めていたのか、

君はわかっていないのではないのか?

なくしたと思っているだけではないのか?

時には立ち止まることも必要だ。

時には振り返ることも必要だ。

時には耐えることも必要だ。

なくしたものは、君の中にあるのではないのか?


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ん…、ちょっと、好きになりかかってる人がいるんだけど…。
あっ、旦那いるのにすんません(^^;)
この際、そういうことは置いといて…ニャハッ
あんまり人のことを好きになったりしない方だから、
ホントの自分の気持ちはよくわからんし…フゥ
でも、好きになりかかってるんだろうなぁ…気になるし。
しかし、まっ、無理だ…ろうなぁ…。
なんか、
ちと、ナーバス??
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は焼肉が大好きだ。
それほど頻繁には行かないが、焼肉といえば、最近は「牛角」と決めている。
安くて美味しい上に、サービスが天下一品。
そしてなにより、店員の若者たち…明らかに私よりは若い…は、

みな輝いているように見えるからだ。

元気があって、威勢がよくて、ハキハキしていて、愛想がいい。
…けして私は牛角の回し者ではないことを明言しておこう。

彼らからは、楽しく働いているぞ!!
というオーラがプンプンにでているのだ。

悩みがあるのかないのか、夢があるのかないのか、そんなことはわからないが、
彼らだって同じ人間だ。そりゃぁいろいろあらぁな。
しかし、彼らはそんなことおくびにも出さず、
「いらっしゃいませぇぇぇ~」と声をあげる。

「メルメルメェ~」

と聞こえる店員約1名。酔った私はおおうけだ。
ちなみに、「金色のガッシュ!!」に出てくる、

ウマゴン

の鳴き声であることは言うまでもない。

注文を取りに来る時も、キビキビと動く。仕事なのだがら当然ではある。
だが私には到底できないことだ。
私は飲食店で働いているが、仕事的には裏方がメイン。
でもたまには接客をする時もある。常時いらっしゃいませも言う。
なるべく笑顔を心がけてはいるが(なるべくじゃぁまずいだろ!!)
いかんせん、落ち込んでいる時や不安でイライラしている時などは、
笑顔も明るい声も出せない。
仕事なのだから…と割り切ることの出来ない自分を幼いと思いつつ、
何のために働いているのか…なんて頭の隅で考えてしまうのだ。

バカめ。

私は基本的に悲観論者であり、先のことを考えると滅入ってしまう。

そうすると、ふと、牛角の店員の事を思い出し、

ああ、彼らは偉いなぁ…

と、自分のだらしなさを恥じ入り、頑張ろうという気持ちがちょっとだけ湧く。
と同時に、彼らに嫉妬している自分に気づくのだ。
一生懸命何かをしている人を見ると、ちょっと胸が痛む。
それも自分さぁ、と半ば諦めてしまうのだ。

しかし、今年の目標はゆるく生きることなので、
この傾向はかなり改善されていまぁす^^
なぜかしらン。仕事中でもイライラすることが減りました~。
ちゃんと明るく仕事してまぁす^^←もう仕事中に怒りません!!
だんだん、新しい自分になりつつあるような予感…アリ??
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここ数日、昔書いていた小説の資料やらプロットやら詩やらを
もぞもぞと開いて見ている。
すっぱりと足を洗った?…というか、才能の無さに気づいた、
というか、ん、まぁ、そういうことだが…捨てるに捨てられず、
押入れの一角に押し込めてあるのだ。

…ドレイクの詩は見つからないニャァ。
まぁ、仕方なし。

しかし、我ながら、よくもまぁ…恥ずかしげも無く…
という文や走り書きもあれば、
へぇぇ~こんなこと考えてたんだぁ…と、思うこともあり、
何にせよ、今の私にゃぁさっぱりな言葉とか、思考が、
ゴッソリだ。そして、何はともあれ、いろいろ勉強して、
励んでいたんだなぁと、過去の私に驚かされる。

もう少し熱意があれば、ものになったやも知れぬ??

いやいや、どうだか。

プロットや設定書などをちらほら見ていると、
意外にこれが面白い…のよ…私的にはネ…ニヒッ
あとは書き出すだけの状態のプロットはたくさんあったし、
何故そのまま書き進めなかったのかが不思議なくらいである。
正直、もう一度…と思わなくもない。
だが、何年も車の運転をしていなかったら、
ギアの入れ方忘れるでしょ?
車幅感覚わからないでしょ?
あれと一緒なのよネ。

このブログが文を書くというリハビリになればよし。
ならなくてもよし。
昔と違うのは、書いたものを発表する場がたくさんあること。
コンテストに入賞しなくても、作家デビューできなくても、
悲しくもつたなく面白くない文だとしても、
誰かしらが読んでくれる場があるということ。
これは喜ばしいことだと思う。

…あっ、面白くなきゃ誰も読まん…ネ…タハハ

まぁまぁ…人の目に触れる可能性はあるわけだからさぁ。
いいじゃない、それで。
今の私には野心や野望やそういった類のものはあまりない。
欲するのは、達成感や充足感。
些細でもいいから、それが欲しいのよん。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世に生を受けた時から、誰もが大海原を旅する航海者となった。
星を見て船を駆る者もいれば、勘を頼りに進む者もいる。
全速力で進む船もあれば、寄り道しながらも目標を目指す船もある。
もちろん、彷徨う航海者だっている。
私もその1人。
私は今、凪の海を彷徨っている。
平安で、安穏なわけではない。
そこここで小波は立つものの、
船を動かすだけの波のない、柔らかでいて変化のない静止した海。
大波に揺さぶられた時があったからこそ、
この凪の海の心地よさは恐ろしくもある。
次に大波が来た時に、果たして乗り越えることができるのだろうか?
次に風が吹いた時に、果たして帆布は破れぬだろうか?
そんなことを思えば、一時たりとも無駄にはできないはずだ。
だが、一陣の風を期待し、海面が動き出すのをただ待つばかりの私。
ええ、わかってますとも。待っていても風が来ないことは。
凪の海で埋没したくなければ、
自分の手で船を漕がなきゃならないことも。
でも…コンパスを失い、星も見えず、何を目指したらよいのか。
ええ、わかってますとも。それでも漕がなきゃならないんでしょう?
近づくことのない水平線を目指して。
船が朽ち果ててしまう前に。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ん~、私の今の?心境を文学チックに書いてみました…スミマシェェン
別に落ち込んでるわけでもないですが、
テンションは上がりません…アハッ
このところ毎日こんな感じです…フゥ
風来坊の旦那は相変わらず帰ってこないし…ムキィ
ドラクエもクリアしちゃったし…あっ、まだクリア後の世界がありますがね。
なんか、とりとめもなく空虚…。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
世界史を習ったことがある方ならご存知だろう。
ヨーロッパではそういう時代があったという。
私はこの「大航海時代」が大好きなのだ。
…というか、海賊が…。

海賊!!

ん~、なんてロマン溢れる響き…

冒険、宝の地図、無人島、ガレオン船、カトラス、マスケット銃…

ワクワクするフレーズばかりだ!!

とはいえ、海賊について書かれた本をいろいろと集め、
読んでいるうちに気づいたのは、
本当の海賊とは、それほど…というか、
全然ロマンなんてないんだなぁ…ということ。

そりゃぁそうだ。
海賊とは、いわゆる、海の泥棒さんだし…
丸腰の交易船や輸送船を襲うのもお手の物。
船で海岸沿いの町や村に現れては、攻撃されたくなかったら
金を寄越せとか、身代金を要求したり、従わなければ大砲でドーン。
略奪、強姦、人殺し、やり放題の無法者たちだ。

…そんなリアルな実情を知れば知るほど、夢は壊れる。
それでも、海賊という存在に魅せられてしまうのだ。
そして、海賊の黄金時代ともいえるのが、
1500年代から始まった大航海時代。
その先駆けを作り、大英帝国の基盤を築き、
スペインの無敵艦隊に勝利した1人の人物。
私は彼を尊敬している。その名は、

フランシス・ドレイク!!

…フランシスコ・ザビエルじゃないのよ。

ドレイクなのよ!!

ドレイクの生涯は、まさに冒険の連続であり、
一介の船乗りから私掠船長、海軍司令官にまでのぼりつめた、
イングランドの国民的英雄!!バンザァイ!!

…どのように魅力的で尊敬できる人物か、ご興味のある方は
ご自分でお調べくださいm(_ _)m 
尊敬していると言いつつ、私はそれほど詳しく語れません。

なぜって??

まぁ、海賊や大航海時代についていろいろ調べていたのは
もうウン年前の話でして…ん、記憶がところてんのように
ウニュニュ~っとネ…タハハ

いやいや、実は、ブログに書くネタがなくなったらどうしよう
と思いまして、
そうだ!!昔書いた詩やら短文やらでも…
なぁんて、思いましてね。ハイ。
その中に、私お気に入りのドレイクについて書いた詩がありまして、
…それがどうにも見つからない!!
頭の中はドレイク一色。
ああ、ドレイク、ドレイク、マンドレイク~…ヘ?

ということで、詩が登場した時は、
アッ、コイツ、ネタニ、コマッタノネ、とお思い下さい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
漢字で書くと、天の邪鬼。
私の事です…ニャハハハッ
なぜかしら、皆がよいというものには興味が湧かないことが多い。
「世界の中心で愛を叫ぶ」「今逢いにゆきます」…などの純愛が
ブームだが、もともと恋愛ドラマには全く興味がない。だって、

人様の色恋沙汰じゃん!!

それも作り話!!

韓流ブームもしかり…あまり大声で言うと怖い目に合いそうだから
あえて、何も触れず…。

本当はもっとドロドロだってばさぁ…

あ、フジの「牡丹と薔薇」…あれはドロドロ過ぎだけど。
ギャグのようでおもろかったぁ~
ありえねぇ~の連発。
あれぐらいはじけてくれたらちょっとは見る気もするけどネ。

私はファンタジーが好きだが、
あの超大作映画、「ロード・オブ・ザ・リング」…観てません。
ファンタジーの元祖と言われるトルーキンの原作「指輪物語」
これも読んでないのネ。「ハリー・ポッター」は1作目は読んだ
ものの、映画公開とともにやってきたブームには背を向け、
もう読む気がしなくなってしまった…もちろん、映画も。
誰もがイケメンと思うキム〇クも嫌いだ。
ものまね芸人のホリの方がいい。
女性なら一度ならず見たというあの「タイタニック」なぞは、
悲劇の豪華客船タイタニック号の沈没(保険金目的という噂も…)、

陳腐な恋愛ストーリーに変えるな!!

と、怒ったものだ…(お好きな方には申し訳ない)

「暴れん坊将軍」が好きな私は、将軍役とのギャップが妙に笑えて、
マツケンサンバは好きである…ウムッ

恐らく、心のどこかに、私はみんなとは違う、
という気持ちがあるのだろう。
どんな違いもありはしないのだが、そう思ってないと、
やってられない時もあるのさ。

私は協調性がない。

普通は…と言われるとキレる。

皆やってるんだ!!…とい言われるとムカツク。

それで職を失ったこともある…アハハッ

迎合するのは嫌いだ。しかし、そうせざるを得ない時もある。
生きていると、たまには、右へ習えをしなくてはならない時
があるのだ。大事な局面で、左を向いてしまった事の方が、
多かったかもしれないが…フゥ
まっ、反発していたのは若い時の話で、
最近では、「あなたも大人になったわね」と、
定年退職されたバイト先の店長に言われたことがある…約1名。
栄転する社員の方からは、「あなたの今年の目標は怒らないこと」
…はい。毎年、新年の抱負はそれ、なんですけど…フゥ~

まぁ、だからこそ、個人的興味に関するものは、大勢と同じでは
いたくない。そんな気持ちがあるのだろう。
ブームが去ってから、話題に上った映画を観たり、本を読んだり
することも多々ある。きっと損をしていることもあるだろうが、
誰もが目を向けないものを見て、読んで、別の部分で得をしている
から、差し引きはゼロということでいいのかもしれない。

しかし…

この期に及んで、損だの得だのというものさしを使う私って…
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
いいことがあればわるいこともある。
件の風来坊と連絡が取れない。
1月17日にご帰宅以来、お帰りになられない。
今日までに連絡が来たのは2回かぁ…ケッ

連絡ぐらいよこせよ…オイッッッ!!

貴様がどこで何をしてようが、わたしゃぁ干渉せんわ!!

日に一度は連絡をすること、と決めたじゃろがぁ!!

どこまで譲歩すりゃぁ気が済むんじゃワレ!!

本気で離婚したろか!!

なぁんて、時たま間欠泉のような感情が噴出す。

しかし、あまり考えるとキツイので、すぐさま奴の事は
忘れるようにする。
便りがないのはよい証拠?

否。

便りがあるときゃ金がなくなった時!!

もうすぐ給料日だが、奴の小遣いは前借の連続である。
あっ、私から、です。
去年の秋口から家計は別々になった。
旦那の給料からは家賃と借金の支払いを…
私の給料からは水・光熱や通信費や保険などを…
正直、分けたことによって、私はお小遣いが増えた…ニャハ
しかし、結局あのバカチンに貸すので…んんっ?

なんだかなぁ…離婚して実家帰るかなぁ~なんて、
時々ふと、思うときがある。
しかし、実家は狭い団地だし。古いし。
年寄りとは生活時間が違うし…。
かぁちゃんおしゃべりがうるさいし…フゥ~
…出戻りのくせにわがままかっ…ニヒ
夏には団地がリフォームされるので、綺麗にはなる。
これを契機に…ヌホホ
いやいや、債務整理したが借金返済は2年ある。
バカチンに任せていたら、返すものも返すかどうか…。
しっかりお支払いしないと、裁判所を通したので、
強制執行→給料の差し押さえを食らうらしい。

まっ、離婚しちまえば私に被害は及ばないさっ!!

勝手にやっておくれさぁ~

でもなぁ…。

私はあまり人に心を許せない人間だ。
風来坊の旦那はその中でも貴重な1人。
だから今までやってこれたのだろう。
打算も大いにある。
とは言え、
こんな状態でも旦那を愛しているのか?
と、問われれば、即答は出来ない。
いっそ、旦那には他に女がいた…ってなオチだったら、
慰謝料ふんだくって、
(あっ、お金ないか…イヤ、相手のおなごから…)
すっきりできるのだが、だって、理由が、
自由でいたいから~だってさぁ…ケッ

しかし、心を許せる人間が他に現れたら…キセキカァ?
私はどうするのだろうか…ウムム~

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
これを書いてから数時間後、風来坊から連絡あり。
私「おぅ、生きてるかぁ??メールしてもリアクション
  ないとつまんないんっすけど」
(奴がどんな態度を取るのか少々面白がる私)
奴「ごめんごめん、連絡しようと思ったけど、時間なくて」
(はっ、いつものことじゃん)
私「ところで、今後の予定は?」
(念のため聞いてみる)
奴「うんとね、月・火はちょっと…」
(濁した語尾でピンときた)
私「…スキーだろ」
(すかさず聞いた)
奴「日帰りだけどね」
私「やっぱりなぁ」
(正解を当てて微妙に嬉しい私)
奴「水・木は休みだから帰るよ」
(??月・火スキーは休みだからじゃないのか??
 ん…矛盾してるが突っ込むのはやめた)
奴「ところで、職場が移動になったよ」
私「まさか、飛ばされたん??」
奴「いや、業績が認められて一応責任者として」
私「給料は?」
奴「あがんないけど」
…そんな話をちらほらしながら、「じゃ!」と言って
電話を切った。側にいたバイト先の子らは???の目で
会話を聞いている。私たち夫婦は、彼女らにはラブラブ
だと、ず~っと思われていたのである…ニヒヒ
私「いやぁ、実はさぁ、うちの旦那、風来坊なんだよね」
しかし彼女らには風来坊の意味がわからんらしい。

私「いわゆる、寅さんだよ」

妙にしっくりするフレーズにおかしくなってしまった。

離婚するなら正直いつでもできる。
旦那からすれば、それを決めるのは私なのだそうだ。
だが、しなくてもいいと旦那は言う。
選択権があるのは私…。
ならば、この状況をもう少し楽しんでもいいと、
微妙に思う時が増えてきた。
1人でいると、寂しい夜もある…エッチな意味でなくて…ウニィ
なにやら無性に怖い時もある…フイィィ
だが、ブログのネタも増えるし…??
(イヤイヤ、それはミイラ取りがミイラになるようなものでは?)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は趣味でビーズアクセサリーを作っている。
サイトを立ち上げ、一応形としてはECショップのオーナーだ。
更新をサボってばかりなので、売上は低迷…アハッ
やる気もすっかりどん底なのは先日書いたばかり…アハッ?
まぁ、それは置いといて…。
私はよく完成したアクセサリーをバイト先に持っていく。
女性の反応を生で見たいからというのもあるし、
装着してもらって出来栄えを確かめるというのが本来の目的。
…うまくいけば買ってくれるっていうのもあるケドね…ナハッ
先月あたりも自信作を数点持っていった時に、
結婚式に出るという若い子が、ある商品をいたく気に入ってくれた。
じゃぁ今度…ということになったが、
私はすっかり忘れていた!!
で、ついでだからといろいろな完成品とともにそれを持っていった。

しかし、女性はホントに、アクセサリーが好きなのね~
色とりどりのビーズで編んだネックレス、チョーカー、ブレスレット、
彼女たちは顔をほころばせ、瞳を輝かせて、
「うわぁ~綺麗~」
を連発する。
「こんなの作れるなんて凄いですぅ~」
べた褒めである。
「そ、そうかなぁ…」
私は誉められたこともそうだが、彼女らの嬉しそうな顔を見て、
久しぶりにヤッタ!と思った。
ん~、満足満足。
もちろん、気前のよい私はおまけをしてあげました。
ついでに、誕生日&卒業の女の子にはチョーカーとブレスレットを
セットでプレゼント。前からの約束だしね。
店長(約55歳)は驚いたことに?若い子向けに作った、

キュートでポップなデザイン??

のネックレスをお買い上げになった。
ん~、似合っているのが恐ろしい??

同じ日に、ホワイトゴールドのネックレスが壊れた…と言って、
落胆した同僚が、治せるかなぁ??とネックレスを持ってきた。
工具があれば治せる程度だったので、すぐに治して持っていくと、
彼女は大喜び。お礼にお酒を一本くれるという…アハッ

なんか、自分の趣味が人を喜ばせたりできるってのは、
いまさらながらに嬉しいものだと実感した1日でした。
ん~ちょっと頑張ろうかなぁ…。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。