1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2011年05月28日(土)

・意外と丈夫で驚いた。

テーマ:ブログ

この底辺のつけめん屋の拙ブログの読者であれば、

AKB48の総選挙への投票は、やまぐちりこさんで決まりですよね。


こんばんは。あびすけ高橋です。



買ってからまだ1週間ぐらいしか経っていない気がする携帯電話を、水の中に落としました…


電源を何度も入れてみるも、画面は真っ暗のまま。


仕方ないのでドコモショップに持っていくと、何やら保証サービスに加入していることが分かりました。


5000円ぐらい払うと、新品の筺体に交換してもらえるサービスらしいです。


にしても、買って1週間ぐらいしか経ってないし、データを新しく入れ直すのも面倒だし、、、といろいろ話していると、ドコモショップのおねえさんから、とりあえずドライヤーで乾かしてみることを勧められました。


携帯電話では復活する人がけっこういるらしいのですが、スマートフォンはまだ出てからそんなに日が経っていないこともあり、水没させるバカもまだ殆どいないみたいで、水没したスマートフォンが復活したという話はあまり聞いたことがないとのことでした。


加えて、携帯電話より内部機能が複雑なので、あまり期待は出来ないとも言われました…


とりあえず家に帰って、ドライヤーで乾かしては電源を入れ、乾かしては電源を入れ、という作業を2時間ぐらい繰り返してみたのですが、


とりあえず画面が点くようになりました(^-^;)


さらに数時間いろいろいじってみると、


機能の9割ぐらいは回復しちゃったかんじ。


電話もメールもネットもほぼ問題なくできるようになりました。


それでもまだ、機能が死んでいる反応しないボタンがちらほら。


仕方がないんでドコモショップに再度赴き、いろいろ話を聞くと、やはり一度水没したものは完全に直ることは期待できず、むしろ悪化して機能が完全停止する可能性も高いとのこと。


そんなわけで、買ったばかりの筺体をいきなり新しいものに交換してもらうことは気が引けるものの、新しい筺体に交換してもらう手続きを行いました。


月曜日には新しい筺体がうちに届くとか。


ドコモの保証サービスってすごいねー。


ま、あと1日ちょっと今の筺体で乗り切るかなーと思って、いろいろと筺体をいじっていたのですが、、、


機能が死んでいたボタンが少しずつ復活してきた…


てか、このブログを書きながらチョイチョイ筺体をいじっていたのですが、ほぼすべての機能が回復したっぽい(^-^;)


とはいえ、新しい筺体を届けてもらう手続きをしちゃったし、今の筺体での最後の1日ちょいを、手荒く扱ってお役御免にしてあげたいと思うに至りました。


そんなわけで、新しい筺体が来るもんで、試しに今の筺体を軽く地面に何度か投げつけてみたんだけど、全然壊れない(^-^;)


そして、水に2~3秒水没しても、ドライヤーで乾かせばほぼ復活する。


ソニーエリクソンのエクスぺリアアークって、こんな機種です。


スマートフォンをご検討中の方の、何かしらの参考になればと思っております。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年05月22日(日)

・スマートフォン難しすぎ。

テーマ:ブログ

こんにちは。あびすけ高橋です。



ふとした思いつきで、携帯電話をスマートフォンに買い替えました。


買い替えた理由としては、出先でいろいろ調べ物をするのに便利かなーと思ったためです。


携帯電話のネットでの検索能力の低さに苛つくことが多くなり、スマートフォンならすべて解消できるのではないかと期待したワケです。


たしかにスマートフォンの検索のしやすさは感動ですな。


検索したい事柄を音声で入力すると、ほぼ一発で検索できるというのは素晴らしすぎます。


あと、何か知らないけどデフォルトで付いていたカーナビ機能が凄すぎますな。


行きたい場所を音声で入れると、すぐさま目的地まで案内を開始してくれます。


てか、自分の車についている古いカーナビより全然高機能だ…


試しに「あびすけ」って音声入力してみたんだけど、ちゃんと正しくナビを開始してくれるのね。


うちの店舗の中でタウンページに情報を載せてるのって東山田店だけなので、東山田店がちゃんとナビに対応するのは理解できるのですが、他の店舗もすべてちゃんとナビされます。


タウンページに載っていない情報でも、グーグルさんがネット上のありとあらゆる情報の中から瞬時に目的地情報を抽出してナビを起動させるんですかね?


この点につては、ホント感動しました。



その一方、電話とかメールの機能については、やっぱガクッと落ちちゃいますね。


スマートフォンって「電話機」って感じじゃなくて、携帯パソコンに電話機能が付いているって位置づけなんでしょうね。


携帯電話を使っていたときには、電話が掛かってくると相手方に呼び出し音として不愉快な曲が流れる「メロディーコール」というサービスを付けていたのですが、これが使えなくなったのが悲しすぎる…


着メロとか着うたなんかも、欲しい曲がサービス非対応だったりするんですよね。。。


メールとかもムチャクチャ打ちづらくて苦労しています。


今までの3倍ぐらい打つのに時間掛かるよ…


スマートフォンを使いこなせるようになるのに、数カ月はかかりそうだな…



今回はスマートフォン、スマートフォンと書いてみましたが、これは個人的なリハビリの一環です。


自分の機種はエクスぺリアというものなのですが、つい、「オレのiPhoneが見つかんねー」とか「iPhone使いづれー」みたいに、つい「iPhone」と言ってしまいます。


その昔、母親がすべてのテレビゲームを「ファミコン」と言うことをバカにしていたわけですが、自分もすべてのスマートフォンを「iPhone」と表現してしまう年齢になりました…


頭の中ではなんとなく分かっているのですが、つい「iPhone」と口走ってしまう…


「スマートフォン」と言っておけば多分恥をかかないと思うのですが、世間的には「アンドロイド」と言うのが一般的なんですか?

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年05月17日(火)

・碩学の名司会者が逝った…

テーマ:ブログ

こんばんは。あびすけ高橋です。



児玉清さんが逝去されたと聞き、アタック25を欠かさず見ている者として、気を落としております。


いつかは出場してみたいと考えていて、いつ応募しようか時期を図っていたところだったのですが…


この番組は各回の出場者は20代のみ、30代のみ、40代のみ、50代のみ、60代以上のみという形で分けているので、30代の自分は知識量が有利になる30代後半になったら出場してやろう思っていたのです。


そんな矢先、児玉清さんの訃報に触れて非常に銷魂している次第です。


児玉清さんが司会でないアタック25に出て嬉しいのか、甚だ疑問だ…


あれほど包容力が合って博学な司会者が他にいるでしょうか?


今、暫定的にアナウンサーが司会をしているのですが、これがあまりよろしくない感じなんですよね。。。


「あまりよろしくない」とかなりオブラートに包みましたが、実際のところ、かなりひどい感じです。


アタック25は今では数少ない(と思われる)視聴者参加型の番組です。


自分が実際に参加している姿を出場者に重ねながら、番組を視聴している人も少なくないはずです。


実際、自分も番組に参加している気持ちで問題を考え、回答を出しつつ、「今回は勝てたなぁ」とか「今回の出場者、頭悪すぎ」とか「今回はレベル高いなー」とか「この人絶対にクイズマニアでしょー」とか、あーだこーだ言いながら見ています。


そして、35年を超える長寿番組です。


番組の流れやシステムを知り尽くしている視聴者がとても多いです。


しかしながら、今司会を担当しているアナウンサーは、おそらく番組の平均的なファンよりも、番組の魅力を知らない。


下手すると、番組の平均的なファンよりも番組ルールを理解していないかもしれないです。


シロウト目に取ることができなさそうなパネルであっても、ルールを詳細に理解していれば手を出せるパネルというのが、局面局面で出てきます。


そういう微妙なパネルを回答者がコールした際、アナウンサー司会者が


「このパネルいけるの?」


みたいな目線を画面外に送っている、あるいは、そのパネルに対するOKの声を出すのが一瞬遅れるのを、コアな番組ファンは見逃してないです。


やっぱ、番組の事をよく分かっている人に司会をしてほしいもんだなぁと思うわけです。


ファンとしては。


そうなってくると、アタック25は存続する価値があるのか?という話になります。


私見としては、絶対に存続するべき!と声高に言いたい。


・25枚のパネルをオセロスタイルで取り合うシステム

・好きなパネルを1枚消せるアタックチャンス

・取ったパネルの部分のみ見える形での、豪華賞品を賭けた映像クイズ


これらの仕組みはあまりにも優秀。


アタックチャンス前までパネル0枚だった人が、残り5問で大逆転することさえあります。


アタック25は間違いなく


世界最高の仕組みを有するクイズ番組


だと断言します。


こんな優秀なクイズ番組の根を絶やしてはいけない。


何としても、後世に残すべきクイズ番組です。


となってくると、やはり問題になるのが「司会者」です。


番組のファンとしては、番組をよく分かってる人、番組を愛している人に司会を引き継いでほしい。


適任者は、児玉清さんのモノマネで有名な「博多華丸」さん以外にいないと考えます。


モノマネの上達には、対象者への好奇心と好意が欠かせないものです。


対象者へのポジティブな関心がなければ、研究し、繰り返しの練習などできるわけがありません。


そう考えると、番組のさまざまな展開における児玉清さんの細かい所作の再現の見事さから言って、博多華丸さんには十分に番組の司会者たる資格があると思います。


朝日放送さんには、ぜひとも検討していただきたいものです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。