2010年08月27日(金)

・すかいらーくグループのお店に最近、よく行きます。

テーマ:ブログ

こんばんは。あびすけ高橋です。


当ブログで縷々申し上げられないのですが、7月頭あたりからお店のことでいろいろとバタバタしていたら、一気に体重が4キロほど落ちました。


ところが、8月に入ってストレスから肉ばかり食べていたところ、3週間ほどで5キロほど増えました。もはや原料する気力もない感じ。もはや醜い容貌について少しでも抗おうとするのは諦めました。人生も諦めました。


そんな中、昨日も焼肉なんぞを食べに行ってしまいました。。。てか、ホント最近は焼肉かステーキしか食ってないな…まぁいいや。

で、「旨っカルビ」というお店に行ったのですが、ご存じでしょうか?

すかいらーくが経営している焼肉屋さんでして、最近、昇竜の勢いの「オーダーバイキング形式の焼肉食べ放題」のお店です。


「オーダーバイキング形式の焼肉食べ放題」といってもピンとこない方も多いのでしょうか?どういうスタイルなのかというと、そもそも旧態依然たる焼肉食べ放題というのは、肉が店内の一か所に集めておかれていて、それをお客さんがめいめいに取りに行くシステムらしいのですが、それを席に着いたまま、店員さんに直接なりタッチパネルなりで注文できて、肉を席まで届けてもらえるという形式。そこに圧倒的な(?)価格満足度を付加して隆盛を極めているのが、昨今の飲食業界で話題の「オーダーバイキング形式の焼肉食べ放題」…ということで多分合ってます。


関西では「ワンダイニング」さんがかなりの店舗を擁してこの「オーダーバイキング形式の焼肉食べ放題」を展開しているそうですが、関東ではまだ増え始めた段階と言えるのかな?中部、関東への進出については「物語コーポレーション」さんの「焼肉きんぐ」のほうが勢いがあるかも。そこに、すかいらーくさんも参入してきたというわけです。


それにしても最近のすかいらーくさんは新業態への参入に意欲的のようですね。ステーキ・サラダバーの「けん」を非常に参考にした「ステーキガスト」をすかいらーくさんは今年に入って出店していますし。これがまた「けん」とは比較にならないレベルで満足度の高いお店だったもんで、「旨っカルビ」さんには非常に期待をして伺ったわけです。



「ステーキガスト」の経験から、すかいらーくが本気を出したらかなりすごいと思っているのですが、「旨っカルビ」さんについては、そこまでの感動はなかったかな…というか、むしろ「焼肉きんぐ」のすごさ、「物語コーポレーション」のすごさを再認識させられました。てか、旨っカルビさんとの比較を受けて、今日早速物語コーポレーションさんの株を買い足したもんね。


旨っカルビさんのシステムは、ワンダイニングさんを模したというより、焼肉きんぐに倣った部分が多いように感じました。すかいらーくが模すぐらいだから、物語コーポレーションの株を買い足したのは間違いじゃないな、きっと。


にしても、あらためてこの「オーダーバイキング形式の焼肉食べ放題」の勢いを感じさせられました。次から次へとお客さんが押し寄せ、平日だっていうのにウエイティングが掛かりっぱなしの状態。日商100万円ぐらい売れている感じです。ちなみに日商100万円ってのは別に山勘で言っているわけではなく、この手の焼肉屋さんがこの規模でいくらぐらい売っているか、正確なデータを持っています。そのデータをもとに推測したお話ね。


それにしても、日商100万円ぐらい売りたいもんだなー。うちの新店なんか、日商50万あたりが視野に入ってくる日には、その忙しさのあまりスタッフが全員死にかけるよ。大手の飲食店は日商50万なんて壁は軽く超えてあたりまえ、日商150万円あたりを視野に入れているんだってさ。うちの店がそこまで行けるビジョンとか、全くないよ。。。というか、つけめんを単店舗で1日150万円とか売れるの?


…とまぁ、相変わらず推敲ナシに思いつくままに書くもんで、纏まりのない流れになってスミマセン。とりあえず、「オーダーバイキング形式の焼肉食べ放題」を体験したことのない方は、ぜひ一度どうぞ。とりわけオススメなのは、株主のよしみを置いといても「焼肉きんぐ」さんではありますが、このスタイルの焼肉屋さんは全般に満足度高いです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年08月24日(火)

・世の中、理不尽な事ばかりなんだ。

テーマ:ブログ

こんばんは。あびすけ高橋です。


お客様からとても興味深いご意見を頂戴しました。


「大盛りと並盛りが同料金って、並盛りを注文する人が不当に損していませんか?」


うむ。。。正論すぎて返す言葉に困るね。てか、言われてみれば確かにそう。


自分はゼンショーの株をちょっとばかり持っているもので、株主のよしみでたまにグループ会社のGMフーズ系のラーメン屋に行くんだけど、GMフーズ系って麺大盛り無料+ライス無料だったりするのね。ありゃ大盛りもライスも頼まない自分は完全に損しているんだな。株主としてゼンショーにひとこと言ってもいいのかい?


あと、デフォルトとカスタマイズの差異が大きい例として、どこぞのとんこつ醤油ラーメンのお店とか思い浮かびました。野菜マシマシとかカラメとかにんにくとか増して注文している隣の人と、特にリクエストなしで頼む自分の値段が同じって、言われてみれば不当なんじゃない?


って思ったけど、自分がこの系列のお店に行く時は必ずニンニク入れてるな。この系列のラーメンってニンニクなしでは成立しないな。いずれにしても、野菜は増さないや。損しているのかー、不当な扱いを受けているのかー。


あとは、麺の量を選べるシステムで先鞭をつけたつけ麺屋さんとかね。並盛り220g、大盛り330g、特盛り440gが同一料金でしたっけ。てか、自分の胃袋では440gとか絶対無理。440g食べる人を尊敬するね。


んなことを言ったら、ラーメン屋さんの卓上調味料なんかも、全然使わない人とすんげー使う人で料金が同じっておかしい話になってくるかもね。「オレ、胡椒つかわねーから、ラーメンの料金10円下げろや」とかお店に要求していいのかな?少なくとも一理あるとは思います。


そういえば昨日行ったラーメン屋さんは卓上に辛もやしとからし高菜が置いてあって、自由に食べていいシステムでした。ありゃ、壺1つ分は完食したうえで、さらに「モヤシなくなったからください!」って店員さんにリクエストするぐらいじゃないといかんのねぇ。。。てか、以前に明大前店で目の前の女子二人組がリクエストしていたなぁ。たくましい限り。こういうのを肉食系女子って言うのかな?すみませんが、肉食ついでにこちらの肉棒も食べてください。


そんなかんじで、ラーメン屋さんについて思いつくことを雑に挙げてみたわけなんだけど、世の中こういうことは枚挙にいとまがないわけです。つーか、ラーメン屋さんにおける事例なんて瑣末。


もっと話を広げたら、例えば税金を多く払っている人と少ない人とで公共サービスの受益に大差がないのって、高額納税者に言わせれば「ふざけんなよ」となってもおかしくない。「オレのほうが税金を多く払っているのだから、車を割り込みさせろや」と言われても、税金で作られた道路を利用する自分のような低額納税者は、反論できないのかも。ベンツやフェラーリが近くに来たら、大人しく割り込みさせてあげるのが筋なんだな、きっと。


まぁ約まるところ、世の中なんてキッチリと割り切れないことだらけです。むしろ割り切れることのほうが少ない。


だけど、そういう割り切れない理不尽、不条理、不平等を受容し、その上で前進していくのが大人ってものなんだと思います。仕方ないものと諦める。そんな諦観こそが大人への第一歩。「夢なんて努力だけで叶うもんじゃない。そんな絵空事は捨て去って、自分は社会の歯車として労働者人生を全うするんだ!」こういう諦観というか達観が、大人として、人間としてのステージを一つ上、二つ上に引き上げてくれたりするわけです。自分は、大きな何かを成し遂げられるなんて幻想を、とっくの昔に捨て去りました。一生、肉体労働者です。


そう考えると、野菜マシマシでラーメンを食べている人を隣で一瞥しつつ、辛モヤシをお代わりしている女子を隣で一瞥しつつ、デフォルトで食事をするのも悪くないかもしれません。そういう体験を通して、みなさんも大人の階段を一歩、また一歩と昇っていく自分自身を実感してみてはいかがでしょうか。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年08月17日(火)

・プレッシャーをかけられたもので。

テーマ:ブログ

小学生時分、「勇」という漢字を身につける際に、「マオトコ」と唱えて覚えていました。こんばんは。あびすけ高橋です。



久しくブログを放置しておりまして、大変ご無沙汰しております。

詳しくはお伝えできないのですが、ここのところお店のことでバタバタしておりまして、ブログはおろか、パソコンに触れることもままならない日々を過ごしておりました。


当ブログについて、ここ1週間ぐらいでも4,5人の方に直接お声掛けをいただきました。「高橋さんのブログを読んで~」「ブログも読んでます」「ブログをいつも拝見して~」「最近ブログの更新ないですねー」etc.




「ブログ止めたんですよね」


って言いづれー。(てか、ブログ止めたっぽい雰囲気は十分に出していたつもりなんだけど。)


自分のダメなところなのですが、「ご期待に応えられるように頑張ります…」みたいに安易な返答をしてしまいました…なので、細々とブログを続けてみようかなと逡巡しているところです。


というか、そもそもブログを書くことに疑問を抱き始めている今日この頃です。


このブログなんて、書いている内容自体はお店の宣伝なんて滅多にありません。てか、基本的に宣伝には使っていないつもり。といっても、外部からちょっとしたアドバイスがあったもので、体裁だけはお店の存在を告知する形になっていますが。


ブログを書くこと自体で金銭を頂くこともなく、ブログを書くことでお店の売上が伸びることもなく、てか、むしろお店の足を引っ張ってると思うんだ、このブログ。


それでもブログを書こうと思うのは、ご期待の声、激励の言葉などをちょいちょい頂くもので、そういうご厚情に背中を押していただいているからです。こんな底辺のつけめん屋のブログでも、期待を抱いていただいている人がいるのなら、何か書いてみようかなと。


そんな奉仕精神でブログを書いているつもりなのですが、中にはご理解を頂けない人もいらっしゃるようです。このブログでの物言いに対して、世迷言のたぐいを投げつけてくる人もいらっしゃいます。


所属を明かさず無責任に投げつけられる世迷言に気を病むほどナイーブな人間ではないのでスルーしますが(てか、所属を明かさないで投げられる言葉は基本スルーで良いと習いました)、こういう世迷言を投げられるたびに、自分がブログを書くときの思いが全く伝わっていないのだと思い知らされ、虚無感に襲われます。


「めんどくせーからブログ止めるか」


この言葉を何度独りごちたことか。


ですが、直に温かい言葉を度々頂戴しまして、またちょいちょいブログを書こうかなと思いつつあるところです。


今後とも、倍旧のご支援をよろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。