1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年03月31日(火)

・史上最低のオチなので、良識のある人は今日の記事をお読みいただかないようお願いいたします。

テーマ:ブログ

こんばんは。


森田健作です。



春は別れの季節でもあり、新たな出会いの季節でもあります。


うちのお店でもスタッフの入れ替わりが活発になる時期でして、何人かのバイトが抜け、新たに何人かのスタッフが加わりました。


そんな新人さんを少しでも早くお店の戦力にしようと、わたくし高橋もここ数週はチョイチョイお店に出向き、新人の指導に勤しんでおります。


そんなわけで、何が忙しいってわけでもないのですが、お店の雑務に追われまくっておりまして、ブログの更新ペースが落ちまくっている気がしますが、特に期待している人もいないようなので、これぐらいのペースでこれからも書いていこうかと思っております。


それはそうと、お店のアンケートのほうにチョイチョイ頂くご意見で、困惑させられるものがあります。


これはお店に食べに来てくれた知り合いからもたまに訊かれたりするんですよね。


その質問というのは、


「お店のスタッフの女の子は、店主さんの趣味で選んでいるんですか?」


というもの。




私高橋、そこまで


ロクでもない男だと思われているのでしょうか?


大体、お店のスタッフの女の子を自分の趣味で選んでいられるほど、つけめん屋で働きたいって言ってくれる人は多くないっす(>_<、)


全然選んでいられるような状況じゃないっすよ…



そもそも私高橋、真面目一辺倒で生きてきたような人間です。


勤勉、謹厳、篤実を旨とし、蛍雪の功なって今がある男でございます。


まさしく、石部金吉金兜を絵に書いたようなタイプなのです。


そんな実直な男が、そんな不純な動機で女子スタッフを採用するなどということは、断じてありえないのであります。


今月はトータルで5人ぐらい新しくスタッフが加入しました。


例によって例の如く、たしかに結構カワイイ女の子が新たに加入しているような気がします。


ですが、決して店主の趣味で採用したなどという猜疑の目をお向けいただきませぬよう、心よりお願い申し上げます。



おそらく私高橋という人間は、お店のスタッフからは、相当厳しい店主だと思われているものと思います。


どこかのラーメン屋さんが、そのラーメンに取り組む峻厳な姿勢から、


「ラーメンの鬼」


などと呼ばれていると耳にしました。


だとすれば、私高橋の仕事に対する厳格な姿勢を目の当たりにし、叱責を受けているうちのお店のスタッフ達は、私のことをこのよう呼ぶことでしょう。


うちの店主は


「●ーメンの鬼」


であると。




おそらくラーメン屋さんのブログ史上最低のオチですが、軽くスルーしてやってください。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年03月27日(金)

・最近は新しい言葉についていけなくなってきました。

テーマ:ブログ

道端ジェシカという選択には、合点がいきません。


こんばんは。あびすけ高橋です。



寡聞にしてネットに疎いもので、つい最近まで知らなかったのですが、


「(笑)」


という符丁には、複雑な意味合いがあるらしいですね。


正確な意味合いをマスターしようと思ったのですが、具体的な使用例をあまり見出すことができず、どうも判然としません。


スイーツ(笑)という表現は以前チラリと目にしたことがあったのですが、これはてっきり


「笑みが零れるほどにおいしい甘味」


のことかと思っていました。


どうも違うみたいですね。。。


ラーメンにまつわる言葉とか話だと、このようなものには(笑)を付記するのかなぁと愚考してみました。


愚考してみたとはいえ、ラーメン業界に疎いもので、あまり思いつきませんでしたが、


●ーメン界のアニキ(笑)


●ーメンの鬼(笑)


●●落とし(笑)


座席総入●替え制(笑)


こんなのは的を射てますかね?


あと、身近なところだと、


つけめん専門(笑)


週3で千束(笑)


こんな用法はアリでしょうか?



最近の言葉に詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひご教示を賜りたいです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年03月23日(月)

・そんなに頑固店主だと思われているのだとしたらショックです。

テーマ:ブログ

こんにちは。


松村邦洋です。



お店のアンケート云々って話を書いていてふと思い出したのですが、去年一時期、こういうご意見をいただくことがチョイチョイありました。


「つけめんの麺だけを先に食べるのは禁止ですか?」


以前ブログに、麺だけを先に食べるのは変態行為と書いたことがあります。


あと、去年発売のラーメン王のガイドブックにおける座談会でも、この話に言及していたでしょうか?


これらの発信に呼応していただいたのでしょうか、過去に何回かこのようなご意見を賜りました。


で、結論としましては、


ご自由にお召しいただいて構いません。


お客様にお出しした商品はお客様のものであって、ご自由にどうぞという考えです。


それとも動もすると、うちの店主はラーメンの鬼?とか呼ばれている人みたいに、お店の流儀に反するお客さんはお店から摘み出すような頑固店主とでも思われているのでしょうか。


だとしたら、文章というのは時として、書き手の真意を歪めてしまい、読み手に錯誤を与えてしまうものなのだと実感します。


自分としては、このブログのテーマは「人類愛」ですよ。


横溢する友愛、博愛、仁愛、慈悲、慈愛、仁侠、約まるところ一視同仁をモットーとしているつもりだったのですが、残念なことに全く伝わっていないのでしょうか…


うちの店主は全然頑固じゃありませんので、店主に気兼ねすることなく、肩肘張らずお食事いただければと思っております。



ただ、先に麺だけで味わうのがカッコイイとか通だとか思っているのであれば、それには些か同意しかねます。


あと、ラーメンだったら「スープから飲むべし」みたいなことを言う人もいますよね。


大体ね、味覚が鋭い人だったら、麺から食べようがスープから食べようが、食べる順番なんて関係なしに、


麺の良さやスープの良さを精緻に把握できるでしょ。


麺から食べるべしとか、スープから飲むべしとか、そういうことを言っている事体、何も分かっていない証左。


万事においてそうだと思うけど、こうするのが通とかカッコイイという精神は、周りから見ていてそれはそれは痛々しいものです。


ましてやそれを他の人に説いて強要させるなんて、説かれたほうは殆どの場合は迷惑でしかないと思うんですよね。


そういうのは、ご自分の胸に秘めて、ご自身のみで実行されるのがよいかと存じます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。