1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2008年05月31日(土)

・あと1点入れば勝っていたのにね。

テーマ:ブログ

最近人気だという、ビヨンセのマネをする女性芸人さんをテレビで見たのですが、


ビヨンセを見たことがないので面白さが理解できませんでした (+_+)


こんばんは。


あびすけ高橋です。



バレーボールのオリンピック予選が開催中みたいですね。


テレビでやっているとちょいちょい見てしまうものでして、今日も男子の日本vsイタリアの最後のほうをちょっと見てしまいました。


男子バレーの日本代表選手を見ていて思ったのですが、


眉毛がおかしい人多くないっすか?


特に一人の眉毛は理解を超えていました。



一生懸命プレーしている人にあれこれ言うのは野暮だと分かっていますが、やはり言いたくなってしまいます。


今日はイタリアに負けました。


眉毛いじっている暇があるんなら、


練習したほうがいいんじゃないっすかね?



これが世界のトップレベルの選手だったら、色気づこうが何しようがいいと思うんですよ。


イチローとか松坂とか、引退したけどサッカーの中田とか、こういうレベルの人は眉毛を細くしようが髪の毛を染めようが、何も言うつもりはありません。(イチロー選手はあまり色気づいているイメージないですけど)


スポーツにおいて、自らの地位というかポジションが確立された人であれば、あとは自分の商品価値を高めるために見た目にも気を使うのは全然アリなわけです。


でも、オリンピックに出られるかどうかというレベルの選手ですからね。


色気づいている暇があったら練習したら?



スポーツの大会というのは結局のところ、


一人の勝者とその他全員の敗者


という構造によって成り立っているわけです。


誰が一番か、それを決めるためにスポーツの大会というのは存在するというのが原則です。

(もちろん、一番を決める過程で様々なドラマがあるのも醍醐味の一つではあります。)


敗者は勝者の引き立て役でしかないのです。


だからスポーツは勝たなければ意味がない。


参加することに意味がある、


全力でプレーすることが観客を心を動かす、


なんてというのはきれいごとでしかないと思います。



なんでここまで言いたくなったかというと、とにかく今日見た選手たちの眉毛の細さや形状が、おっさんである僕の理解を超えていたからです。


バレーボールを見つつ、チャンネルをちょこちょこ変えてドラマ「ごくせん」も見ていました。


主役はご存じ、仲間由紀恵さんです。


全員を確認したわけではありませんが、バレーボール日本代表選手、


最年長の人以外は全員、


仲間由紀恵さんより眉毛細かったです ( ̄□ ̄;)



そんなこと言っている暇があったら、お前のほうが本業で何かを成し遂げてみろと言いたくなる人がいるかもしれません。


一応解説しておきますと、本業で大したことないのに、


色気づいている場合ですか?


というお話をさせてもらいました。



もちろん私高橋、本業はショボイもんです。


だけど眉毛をいじったり、髪の毛染めたりしていません。


ご存じのように、


ブサイク日本代表まっしぐらです (>_<、)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年05月30日(金)

・店名をどう読ませたいのか分からん。

テーマ:ブログ

人にはとてもお聞かせできないような着ボイスをアラームに設定して、毎朝起きています。


こんにちは。


あびすけ高橋です。



昭和生まれは、小さい「ぃ」を含む発音が苦手のようです。


例えば「シャツ」を平成生まれは「ティーシャツ」って発音するけど、昭和生まれは「テーシャツ」と発音します。


「リポビタン」を平成生まれは「リポビタンディー」って発音するけど、昭和生まれは「リポビタンデー」と発音します。


「アリナミンV」を平成生まれは「アリナミンヴィー」って発音するけど、昭和生まれは「アリナミンブイ」と発音します。


「HMV」を平成生まれの多くは「エイチ・エム・ヴィー」って発音するけど、昭和生まれは「エッチ・エム・ブイ」と発音します。


「DVD」を平成生まれは「ディー・ヴィー・ディー」って発音するけど、昭和生まれの多くは「デー・ブイ・デー」と発音します。


僕は昭和生まれなのですが、中学生の頃から英語を真面目に勉強してきてしまったために、英語に触れる時間が人より少しだけ多くなってしまいました。


そのため、英語を発声するときに、昭和的に発音することがとても恥ずかしいです。


人が英語を昭和的に発音しているのを聞くのも、すごく恥ずかしい気持ちになります。



もう一つ昭和的な英語の発音の仕方だなぁと思うものに、


語尾を強く読んでしまう


というのがあります。


最近テレビでよく見る芸人さんが


ショッピング~


みたいな感じで、本来弱く発音するべき語尾を逆に強調するのは、面白い例だと思います。



さて、前回「店名がアルファベットのラーメン屋さんがちらほら出てきたなぁ」みたいな話を書きました。


僕がたまに利用させていただいている、とても優良なラーメン屋さんにも、店名がアルファベットのお店があります。


そもそも英語なのかフランス語なのか何なのか、表記だけでは分からないんだけど、たぶん英語の固有名詞に由来するのでしょう。


その店名が、いろいろと面倒くさいことになったらイヤなんで伏せますけど、


「……


という形で、最後が「」です。


これ、お店側はどう発音させたいのか知らないのですが、おそらく


「○○


と発音させたいんでしょうね。



うーむ。


英語って語尾は弱化するものだからね。


「○○(最後の「」は小さく言う)


もしくは


「t」は発音しなくてもいいぐらい。


これ、英語じゃなくてフランス語由来だったら、語尾の「」は完全に発音しないのが基本。


店主さんはきっと昭和生まれだから、お店の名前を「○○と呼んでもらうつもりだったに違いないと思うんです。


だけどこれからは平成生まれの比率が増えます。

英語なんてものは話せて当たり前になります。


昭和的な英語発音をするなんて恥ずかしすぎる、そう考える世代が時代の中心を担うことになるわけです。


そうすると店側が「○○」と呼んでもらうつもりだった店名が、世間では「○○」と呼ばれる、


そういう時代が10年後ぐらいには来るかもしれない。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年05月26日(月)

・すみれで月に5回はラーメン食べます。

テーマ:ブログ

こんにちは。



川田亜子death。



という書き出しで本題に入ろうかと思ったのですが、不謹慎なのでやめておきます。


テレビでよく見ていた人だけに、さすがの僕でも心を痛めております。


そしてご家族の悲しみたるや、筆舌に尽くせないものと思われます。


謹んでお悔やみ申し上げます。



今日、川崎駅の東口方面に用事があったので、ついでにお気に入りに塩ラーメンを食べて帰ろうと思い、お店に行ってみると


違うお店になっていました _| ̄|○



石神本に載るようなお店でも、最近はうまくいかないんですかねぇ。


それとも経営戦略上の撤退、もしくは業態変更なのでしょうか。


詳しいことはよく分かりませんが、川崎でラーメンを食べる時の有力な選択肢が一つ減ったのは残念。


帰りにラーメンシンフォニー(だっけ?)で2軒ほど食べ、さらにラゾーナですみれの醤油ラーメンを食べて帰ったわけです。


ラーメンシンフォニーで食べた店が本店で食べた時のクオリティが出ていないと感じるのは、聞くところによると気のせいではないらしいのですが、まぁいいや。



で、初めに行ったお店ですが、別に名前を伏せているわけじゃなくて、結局のところ最後の最後まで、


名前覚えられませんでした。


つーか、最近は横文字、カタカナとかアルファベットの固有名詞が覚えられなくなってきました。


完全に歳です。


記憶力には絶対的な自信があったつもりですが、歳には勝てません。


ところが個人的には記憶するのが辛くなってきたカタカナとかアルファベットの名前のお店って、ちらほら増えてきている気がします。



そういうお店っていうのは概して洒落た雰囲気のお店だったりしますよね。


お店の接客も丁寧で落ち着いたトーン、大声を張り上げたり威勢を強調したりはしない場合が多いです。


だけどラーメンていうのは、基本的にはズルズルとすすって食べるものじゃないですか。


そういう食べ物を、しんみりしたというか、落ち着いた雰囲気の店内で食べる。


必然的にズルズルって音が店内に響き渡るわけです。


スラープする音ってあんまり心地いいもんじゃないからね。


どうなんだろう?って思います。


店名が横文字の場合、名前は欧米的なんだけど、店内には欧米では否とされるスラープする音が響き渡る。


アンバランスであることは間違いなさそう。


これもマーケティング的にどうなんだろう?と興味があります。



ラーメン屋っていうのは、賑わいとか、活気とか、威勢を演出するのが無難というか基本というか王道なんだろうとは思います。


弱小店の店主の持論ですから、大した意味や説得力はありませんけど。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。