地球の日記☆マーク♪のblog☆

地球上の出来事を中心に。 先ず、深呼吸をしよう♪ 

リアル世界では、どんなに辛くても朝が来れば、希望も湧いてくる♪

健康で、いい仕事が出来て、いい恋の七、八つもできればおんのじかな♪


この多様性の時代、生き抜くには辛抱・我慢だけでなく、「体力」「学力」「徳力」を生涯鍛える気力がなくてはこの時代の波には乗れないだろうな❤

   


    


テーマ:

暑さ寒さもお彼岸までと申しますが、今年は太平洋高気圧がまだまだお元気なようで、この分だと秋の紅葉が一段と寒暖に堪えて冴え映えるという見通しも立ちます。

 

さて、今日はお彼岸にちなんでウォーキング自主練かたがたお墓参りをして参りました。いや、あれは墓所とは云わないな。知恵伊豆こと松平伊豆の守信綱の廟所参りの顛末を先ずはご覧あれ。

 

そう、ここは新座市の平林寺。

森林浴と空蝉の静寂が心地よい。

今は心落ち着く境内だが紅葉時は混むだろうな……。

墓前の花が瑞々しい

新座市教育委員会の松平公墓誌

松平信綱公ご夫妻の墓前

知恵伊豆公のお墓

松平伊豆守と彫られている

そしてその隣には夫人の墓が添うように。

諸行無常の鐘の音が・・・・・・。

 

と、境内の画像をご覧いただきましたが、知恵伊豆こと松平伊豆守(伊豆の守というのは爵号で地名とは異なる)は大河内松平家の江戸初期第5代川越藩主でもあり、また幼少より才覚に優れ第3代将軍徳川家光、同4代将軍家綱に仕えその先見の明は「知恵伊豆に聞け」といわれるほど重宝がられもした一方、治領の川越藩主としても領民の治世や他藩交渉でもその才を発揮した。

また三千坪の墓域に安置されている墓石はすべて大河内松平家一族歴代のものでその数六百基余り。

 いやいやそれだけではなく、ここの境内には夏目漱石の『草枕』(~智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい~)に登場するヒロイン「那美」のモデルとされる前田卓(つな)のお墓もある。

政治あり文芸ロマンスあり、そして頭上の栗にはご注意を。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。