湘南のぽっちゃり女性税理士 松村文子と湘南BUN税理士事務所のブログ

『お客様と一緒に成長しよう』『ピンチをチャンスに』
これが湘南BUN税理士事務所のモットーです!
法人・個人事業の会計や税務から、贈与・相続などの資産相談はもちろんのこと、女性の起業家や子育てママのサポートまで幅広く支援しております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


第8回交流会

日時:平成28年10月7日(金)
場所 : JR関内駅南口 徒歩1分
横浜市中区万代町1ー2ー3 座間不動産ビル2階
料金 : 食事付きで 3,000円(学生割引あり)
申し込み: お電話、メール、ブログのお問い合わせ



▼有限会社BUNコンサルティングの大学生もも社長のバナーデザイン


←HP ←ブログ
▼マスコットキャラクター「ぶんぶん」のブログと公式HPです

▼ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログ 税理士へ



テーマ:
まっすーです!
シルバーウィークが終わりましたが、
来週はNTT会、再来週はぶんぶん交流会と
イベントが続きます( ´ ▽ ` )ノ

今回は補正のラスト!
「不整形地補正率」です


補正率について紹介した第2回の記事は
以下のリンクから見ることができます↓↓
http://s.ameblo.jp/a-matsumura/entry-12190545965.html

不整形地とは下の図のように
綺麗な正方形ではない土地のことです。

今回は下の図を使って
不整形地補正率による評価を
していきましょうニヤリ


{C9562AC6-7411-4906-B04C-9938A6AB60D7}
※国税庁HPから転載

このような土地を不整形地と言います。
今までのように確認できるところを
確認していくのですが、、、

不整形地を囲むような正方形
(整形地だとしたらと想定した地形)を
想定整形地と言い、
その奥行きや間口、面積も
見ていきましょう!

また、この不整形地の奥行きは
今までと同じように単純に測れないので
計算上の奥行き距離を求めていきます。

『 面積 ÷ 間口距離 = 計算上の奥行距離 』

というわけで現在この図から
確認できるのは以下の情報ですあしあと

基礎情報
正面路線価…100,000円
地区区分…普通住宅地区
間口距離…20m 
計算上の奥行距離…20m
面積…400㎡

想定整形地の間口距離…28m
想定整形地の奥行距離…25m
想定整形地の面積…700㎡

補正
奥行価格補正率…1.00 (20m)


次に以下の計算式と表を参考に
不整形地補正率を算出していきます。

想定整形地の面積 - 不整形地の面積 ÷ 想定整形地の面積 = かげ地割合(%)
700㎡ - 400㎡ ÷ 700㎡ = 0.428…(42.8%)

この値を補正率表で照らし合わせて
不整形地補正率表の補正率を出します。

{5B9EEFBE-B537-4816-85D6-99AADC3DEBAC}

{66F08640-7B51-44C6-A394-184272CD32CB}

今回は普通住宅地区なので
地区区分がAの40%以上に該当します!

補正率表での補正率…0.85

さらにここから
①『 補正率表での補正率 × 間口狭小補正率 』
②『 奥行長大補正率 × 間口狭小補正率 』

それぞれを計算し、数値の低い方が
最終的な不整形地補正率となります。

今回は間口狭小も奥行長大
いずれも補正率は1.00ですので

①『 0.85 × 1.00 = 0.85 』
②『 1.00 × 1.00 = 1.00 』

最終的な不整形地補正率…0.85


手順
路線価 × 奥行補正率 = A
A × 不整形地補正率 = B
B × 総面積 = 土地の評価額


計算
100,000 × 1.00 = 100,000
100,000 × 0.85 = 85,000
85,000 × 400 = 34,000,000円


計算は簡単なんですけど
そこまでの過程が大変な補正ですねアセアセ

難しいと思いますので、
次回もまた不整形地補正を書きます(^^)




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)