◆「裁判長には、メナド付近の守備隊長をしていた人物が就きました。彼は自分たちと違って現地の人々に慕われた堀内に報復感を抱き、銃殺刑に処したのです」

 拳骨卓史『昭和の戦争の真実、語り継ぐ70の秘話』(育鵬社)の「第4章 アジア解放のために、インドネシア解放のために戦った日本人」の堀内豊秋・海軍大佐の話が、本書の中でも、特に印象に残ったいくつかの話の一つなのです。
 拳骨氏が、私の友人だから持ち上げているのでは決してありません😊。実際、本書には、とても多くを学ばせて頂きました。

 堀内豊秋は、戦後、戦犯としてオランダ人によって告発され、公開裁判もなく、昭和23年に処刑されたのですが、その内実は、報復裁判であり、まさしくリンチだったのです。
 昭和17年、日本軍が当時オランダ領であったインドネシアのメナドを攻撃、約2時間の激戦の後、勝利を得ました。この時の指揮官が、当時中佐だった堀内豊秋でした。
 オランダのインドネシア支配は、まさしく愚民政治で、インドネシア人からは恨まれ憎まれるという状況だったわけですが、日本軍の統治下では、とても人間的な扱いを受けたことから、堀内豊秋ら日本軍は、とても尊敬されたといいます。
 また、日本が敗戦を迎えた昭和20年8月15日から2日後の17日、スカルノらによる独立宣言が出されると、2000名ともいわれる日本兵たちが、帰国を取りやめて、インドネシア独立のために戦ったのです。
 そうしたことが、さらにオランダ人は、癪に障る許せないことだったようです。
 『昭和の戦争の真実、語り継ぐ70の秘話』に、こうあります。

「裁判長には、メナド付近の守備隊長をしていた人物が就きました。彼は自分たちと違って現地の人々に慕われた堀内に報復感を抱き、銃殺刑に処したのです」(同上) 

「インドネシア攻略戦で、日本はオランダと9日間しか戦っていないにもかかわらず、4年間戦ったアメリカに次ぐ1038名の被告を出し、死刑・獄中死は296名にものぼり、各国の中で第一位となっています。インドネシアという植民地を奪われたオランダの日本に対する怨恨の凄まじさがわかります」(同上)


 この時の裁判長は、元歩兵大佐F・W・M・ティウオン(F・W・M・Tiwom)、そのほかJ・H・Warowo、W・G・VAN・de Leasar の計3名のオランダ人が裁判を主導したのです。

 堀内 豊秋(ほりうち・とよあき):1900年(明治33年)9月27日 - 1948年(昭和23年)9月25日)。大日本帝国海軍の軍人。最終階級は海軍大佐。熊本県熊本市(飽託郡川上村)出身。享年47歳。

 当時のオランダ人の態度には、白人目線からの人種差別を感じます。
 詳細は、以下にあります。ここには書ききれませんでしたが、堀内大佐のお人柄の立派さもよくわかります。ぜひ、ご一読ください。

【堀内豊秋海軍大佐といわゆる戦犯裁判について】
http://www.tamanegiya.com/ura/2015/05/08/horiutitoyoakitaisa/

▼堀内豊秋大佐

o0200028413843322628 堀内大佐

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しました。
クリックしてください。

 

AD

◆拙著『増補改訂版、真説「陽明学」入門』が重版することになった

 4月13日の夜、三五館からFAXが届き、拙著『増補改訂版、真説「陽明学」入門』が重版することになった。十余年ほど前からは、年に一度は、重版してきたと記憶している。
 静かなロングセラーと言っていい。
 と言っても、初版を一九九四年に刊行して、もう二〇年余が経過してしまった。
 新たに書き直して、本書を廃版にしたいというのが本音なのである。

 とはいえ、拙著の読者の皆様方には、この場をお借りしてお礼を申し上げる。
 
 いくつもの持病を抱えていて、もう体力がないので、書き直しの苦労を考えたら、新著を出した方がはるかに効率的なのかもしれない。
 拙稿『日本陽明学の祖・中江藤樹(仮)』は、昨年一一月に入稿済みなのだが、出版社の都合もあり、刊行時期が決まらないままとなっている。
 本書の売りは、中江藤樹とその高弟たちに代表される江戸時代の日本人たちが、陽明学に学び実用化した「日本陽明学」の教えを分かりやすく紹介できた点にある。
 事実、「日本陽明学」の教えに学び、その実践体得に努めたことで、私の良知体験は日々増えている。
 良知が兆しをキャッチする力を持っていることを、思い知らされることばかりなので、日々の生活がこれほど
「面白い」
 と感じたことは、かつてなかったことである。

◆妻が落とした写真を、私が拾った。

 そのうちの一つを披露させて頂く。
 これは、つい数日前の一一日(火)のこと。
 小雨の中を、妻が勤務先のお別れ会から帰宅した。会社の都合で、某店舗が閉鎖になり、そこに勤務していた九〇名近くの人たちが、今後、転勤になり、散り散りバラバラになるということで、お別れ会を開いたのだという。
「ビンゴゲームで、今回生まれて初めて商品をもらったよ」
 と言っては喜びながら、
「みんなとの記念写真を一枚撮ってもらった」
 そう言って、本人曰く、
「確かにしまったはずのポケットに、無い!」
 そういって、荷物の中も探したが、見つからない。
「どこで落としたんだろう」
 そう言って、がっかりした妻に、
「今日は、東京での勉強会だから、出かけてくるね」
 そう言い残して、そそくさと家を出たのである。
 駅へ向かっている途中、進行方向の路上の白い小さな紙が目についた。
「何だろう?若しかしたら・・・」
 そう思って雨に濡れたその紙を拾って裏返してみると、それこそは笑顔の妻が映った集合写真だった。
「若しかしたら・・・」
 は良知の声だったのだ。
 妻が帰宅してから一時間以上は経っている。その間、誰にも踏まれる事もなく、まるで私が拾うのを待っていたかのように、私が歩く進行方向の直線状に落ちていたのだ。また、駅へ続く道は結構広いので、もし道路の端に落ちていたら、目に留まらなかった可能性が大きい。
 駅に着いてから、妻に電話で知らせると、開口一番
「え~っ、信じられない!」
 であった。
 妻も驚いたかもしれないが、拾った私も正直言って驚いた。
 常日頃から、良知が発する「内なる声なき声」に耳を傾けるように心がけているからこそ起きた、嬉しい出来事である。
   
◆『伝習録』の口語訳をスタートさせた

 ところで、『日本陽明学の祖・中江藤樹(仮)』の刊行を待ちながら、次の新著にチャレンジさせて頂くことにした。陽明学の研究や思想の実践体得という点では、『伝習録』を無視するなどということはできない相談なので、『伝習録』の口語訳の刊行を急ぐべきと思い、数か月前から取り掛かっている。
 そして、その一部を、週一のぺースで、FB(フェイスブック)の「王陽明」に披露させて頂いているところだ。
 口語訳にチャレンジしてみて、改めて分かったつもりだったことを思い知らされている。と言っても、その大部分は、儒教のテキストに関する学術的なことなので、実践体得を目指す身としては、気にする必要もないのだろうが、若い人たちに教える側の身としては、まるで知らん顔はできない話である。

sinsetu-youmeigaku、『真説「陽明学」入門』

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ランキングに参加しました。
クリックしてください。



 

AD

◆『私がここで論じているのは、多く学び、多く聞き、多く見ることを尊ぶ朱子学のような学問とは違って、〈無の中から有を生じさせる(無中生有)〉工夫についてのことなのです』

 昨年11月に入稿した中江藤樹の評伝が、なかなか刊行に至らないので、今は、『口語訳「伝習録」下巻(仮)』の執筆を急いているところです。
 久々に、王陽明の言葉が心に響きました😊。
 今回、ズシリと来たということは、かつては分かったようでいて、実際のところは、よく分かっていなかったということを意味するのでしょう(冷汗)。
 正直、数十年前から、こうした状態の連続です。言い換えれば、陽明学とは、それほど奥が深いということなのです。

 今回、う~んとうならされた個所は、以下です。
 ただし、私が、私がうなったからと言って、これを読んだ方が皆、私と同じ思いをすることはあり得ませんよ😊。( )内は、原文。一部、分かりやすくすすために、加筆しました。

「私がここで論じているのは、多く学び、多く聞き、多く見ることを尊ぶ朱子学のような学問とは違って、
〈無の中から有を生じさせる(無中生有)〉
 工夫についてのことなのです。
 君たちは、とことん信じることが必要です。
 そのためには、しっかりと志を立てるしかありません。
 学ぶ者の心の内に兆し芽生える善行への志というのは、たとえるなら樹木の種のようなものなのです。
 助長することなく、かといって忘れさることもなく、ただひたすら大切にして養い育てていけば、自然と日夜を通して成長し、生命エネルギー(生気)は日に日に充実し、枝葉は日に日に生い茂っていきます。
 ただし、苗木の段階で、余分な枝を選んで摘み取っておかなければなりません。そうしてこそ、根や幹は、大きく育つことができるのです。
 学問を学び始めた人も同じです。だから、志を立てるときには、一心不乱(専一)であることを尊ぶのです」(『伝習録』上巻116条、参照)


 「〈無の中から有を生じさせる〉工夫」とは、王陽明の教え、つまり陽明学のことです。
「学ぶ者の心の内に兆し芽生える善行への志」というのは、「良知」のことです。その善行への芽、つまり良知を大切にして養い育てなさいというのです。

◆「善人を演じて生きるのではなく、真の善人になるぞ」 との志をしっかりと立てることができていない人が、いくら陽明学や禅仏教や、その他の自己啓発の本をたくさん読みあさったところで、真の自己修養にはなっていない

 陽明に言わせれば、 
「絶対、聖人になるぞ」
 との志、換言すれば
「善人を演じて生きるのではなく、真の善人になるぞ」
 との志をしっかりと立てることができていない人が、いくら陽明学や禅仏教や、その他の自己啓発の本をたくさん読みあさったところで、真の自己修養にはなっていないと言うのです。
 知識が増えることと、私欲を減らすこととは、別問題なのです。私欲が減らない限り、心を正し、真の善人になることはできない相談なのです。

▼『「伝習録」標註傳習録』全四冊

k2CPS87Z 伝習録

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ランキングに参加しました。
クリックしてください。




 

AD