有限会社ディライト(de"LIGHT) / ドゥカティ鈴鹿

Facebookページも宣伝 ducatisuzuka delight delight dainese
2010年02月16日 17時36分04秒

TT1レーサーレプリカプロジェクト ~TT1レーサー~

テーマ:NEWプロジェクト!


ドゥカティ鈴鹿ストアマネージャーという人物の隙間

TT1レーサーとはこのマシンのこと。

(画像はducati.comより)



PANTAHのレーサーではこのあとの「TT2」のほうが雑誌や写真でよくみます。



この時代のPANTAHレーサーって独特なんですよね。



最初見たとき「野暮ったいマシンだなぁ」なんて思っていました。(本当に)



BIMOTA DB1もそう思ったマシンの一つです。




ですが、見れば見るほど、知れば知るほどドンドンこの魅力に気づくんです。



PANTAH系は1980年代のマシンですが、その魅力は測り知れません。



時として女性に例えて表現されるほどです。





魅力1. 物凄くスリムな車体。

このPANTAH系はセクシーなほどスリムです。

車体に跨った瞬間にわかるのですが、タンクとシートの境目あたり(腰と表現されます)が物凄く締まってっていて細いのです。これで750ccのエンジンを積んでていいのかと思うほどスリムな車体なのです。





魅力2. 脱がすとより魅力的

なんかイヤラシイ表現ですが(笑)、カウルを全部剥ぎ取ったときのフレームの美しさといったら感動するほどです。カウルが付いているときとそうでないときの雰囲気が全く違います。全身に鎧を纏った女流騎士のようです。これはBIMOTA DB1にも言えます。




魅力3. 凝縮されてコンパクト

今のドゥカティでもいえることですが、特にPANTAH系はそうです。小さな車体に必要なものがギュッと詰まっています。余分な隙間などありません。色々なものが所狭しと配置してあります。当然設計段階で緻密な計算がないとこのような車体は作れません。まさに小宇宙のようです。






このようなドゥカティ80年代の良さを生かし、現代のエンジンを搭載したレーサーレプリカを只今作製しております。



乞うご期待!!





ドゥカティ鈴鹿ストアマネージャーという人物の隙間



プロジェクトの続きはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ドゥカティ鈴鹿 ディライトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。