ジギング 伊予灘のジギング 心技体

ジギング心技体 西岡遊漁フィールドテスター キクリンのブログ


テーマ:

今秋 発売予定のラメ系YNJIGカスタムシリーズのテストも兼ねて

久しぶりに大久保幸三プロとブルーニングハーツの藤井さんとのジギングです。

暑い暑い月曜日 11名での乗合です。

 

 

状況は前日とは大きく変わり渋い状況です。

ベイトの鰯の塊が異常に大きく魚探は真っ赤に!

しかし大きすぎてフィッシュイーターが入り辛く、切れ目切れ目に少し見えるイメージ

なのでやはり魚が少ないのか?

我々はミヨシで潮上、後ろの潮下のアングラーは鰆や90オーバーの鰤が当たっている。

とは言え胴のアングラーにも90オーバーの鰤が釣れてるので自分の修行が足りない。

着底と同時に鈍い当り!キター   ってなんか違うんですけど

はい、イイダコサイズのタコ来ました!w(大久保幸三プロのブログより画像拝借)

流石 タコには滅法強いYNJIG

 

 

大久保幸三プロにもヒット!体幹を最大限生かしたフッキング!w

この方との釣りは本当に楽しい!笑いっぱなし

 

 

おいらにもヒット大久保幸三プロは流石の鰆 私はエソ  ってw

この他にも私はシマフグ 食いたかったけど猛毒なので捨てました

新色のブルピンイナズマ テストで落とした途端一発で鰆に切られました!

 

 

渋い状況が続きながらも皆さん鰆をヒットしていくが私には来ない  

釣り方が判らない なら諦めてハマチ狙うかな... この時点で青物坊主は私だけw

笑って 笑って 釣りにならないのは大久保幸三プロのトークが面白すぎる

坊主は回避したいのでハマチ狙いにシフト 横でヒットを続けるJrさんの巻き速度をコピー

で投げてスピードチェンジ 早巻きからコピーしたヒットスピードへ 

底から12m付近で食って来た!60ちょいのハマチを4連続ヒット!周りの皆さんもヒット連発

しかし船長ここは釣れるが鰤はいないと判断 ポイント移動

到着すると僚船の竿が曲がっている 前の流しから釣れ出したとの事で

情報なしでドンピシャのタイミングは流石 西岡船長 凄い読み

流すと一流し四人五人とヒット タモ入れに走り回る船長

その様子はYOUTUBE 西岡遊漁動画CHでどうぞ!下記にリンクしておきます。

大久保幸三プロにもヒット よく肥えた80オーバーの鰤

 

 

私にも鰤の当りが..........バレタ!

マイブームのポケGOの画面が頭をよぎったw

 

 

その後も皆さんバンバン鰤サイズがヒットしてるが私は......またハマチ2本追加

なんでハマチなんだろう.........  藤井さんはこの絶好調で鰤サイズ連発

その褐色の笑顔が憎らしいw

 

 

結果

ブリ・メジロ77~93cm16匹
ハマチ60~65cm15匹
サワラ70~90cm11匹

と爆釣の中 私はハマチ6ってなんだかな~~~テスト用のジグは切られるし........

ま~ こんな時もありますわ~  ってこんな時ばっかしの様な.... でも楽しかったから良し!

 

 

反省会で笑いながら飯食べて帰りました。楽しかった!

 

 

大久保幸三プロに指摘された自作フックの間違い

結び目は前に なるほど支点が後ろだとバレ易くなる

やはり冗談言いながらでもシビアに良く見てます

次回作成時には結び目は前に!ありがとうございます。

 

 

前回のブログでキャスティング時のジグミノーは高速リトリーブはスプラッシュで惑わす

の話ですが、今回 大久保幸三プロのキャスティングを見て全く見方が変わりました。

釣行時にハンマーヘッドシャークが水面をウロウロしてたのを見て

大久保幸三プロがジグミノーをキャスト 今までも何回も掛けてるそうです。

で魚の進行方向1.5m手前に落とし、チョンチョンと弱ってるベイトを演出

するとハンマーヘッドがアタックしてくること2回 惜しくも掛かりませんでしたが

目から鱗の使い方でした。

以前も、そうしてジグミノーを船べりで8の字に操り、ハマチを掛けてたので

高速でスプラッシュで惑わすメソッドもあるがテクニックで食わすメソッドもある。

という事がわかる貴重な実証の機会でした。

理屈では判る事ですが、テクニックを見れる機会は多くはないので感動ものです。

今 何となくわかる事はシラスナブラが混じる時はスケスケで紫外線を通し

高速リトリーブでスプラッシュをシラスに偽装する。

若しくはナブラの中心に落としスプラッシュを上げ食わす。

鰯の時は、ジグミノーが飛び出るか飛び出ないか、のスピードでリトリーブして

逃げる鰯をイメージ

若しくは大久保幸三プロの様にスローで逃げる鰯をイミティトするテクニックで食わす

位が今の所 有力説かな?まだまだ考えれる事は沢山ありますね。

 

--------------------------------------------------------------------
このブログでは  ヤズ ~60センチ ハマチ~80センチ 鰤80オーバーと書きます

■■■■船宿■■■■■

西岡遊魚  中潮
■■■■■使用ルアー■■■■■

YNJIG130g オレンジシルバー

■■■■■タックル■■■■■

ROD: MC Works REAL FUSION 612LR
REEL: シマノ ステラSW6000PG

LINE: ダイワハイパーメガセンサーPE3号
SHOCK LEADER: シーガーフロロカーボン12号

HOOK: DECOY PIKEAS-03

 

■■■■■釣果■■■■■
ハマチ60cmオーバー 6本

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今年の夏は異常に暑い

水温も高いのか?魚が元気 あちこちにナブラが湧く

この日のベイトは鰯 だが潮が弱いので鰯がまとまらず、

あちこちで小さなナブラが湧き 近づくと直ぐに沈む

難しい状況 攻略の糸口も見えない

前回 スケスケが良かったのでスケスケ揃いでの序盤

 

 

しかし食わない 良い所に入るのだが食わない....いや食わせられない

ちょっと試したいこともあったのだが、それ所ではない状況

少しでも遠くへ投げてナブラの進行方向手前にドンピシャで入れる

その為にスケスケサージャー28gスーパーサージャー32gに変更

色はシルバー1色の太刀魚カラー

こんな渋い時は、基本に忠実に、只実直にやり続けるしかない

少し遠いが何とか届く範囲に出たナブラの進行方向2m向こう側に落とすイメージ

着水と同時にリトリーブ開始 早めのただ巻きでスプラッシュを立てる

後ろで2度ほどチェイスの後 やっと食った

前回バラシが多かった反省点を生かしドラグは最初は緩め やり取りの時しめて調整

何とか一匹ゲット 80オーバーの鰤 このサイズがあちこちで跳ねている

同船のマイスターKさんも早々と二匹ゲット 同サイズ

時刻は夕刻 もう終了かな?船の周囲 あちこちで単発ナブラ

ルアーを回収中の高速リトリーブ時の船べり2mでヒット 同サイズ

之はどういう事だろう 海中にルアーがある状態より

表層を高速で巻き、スプラッシュに偽装しルアーを見せない方が食うのか

だとすれば自分の出した答えに近い

と考えたのだがこの仮説は間違いかも?それは次回釣行での考察に続く

 

 

 

--------------------------------------------------------------------
このブログでは  ヤズ ~60センチ ハマチ~80センチ 鰤80オーバーと書きます

■■■■船宿■■■■■

西岡遊魚  若潮
■■■■■使用ルアー■■■■■

スミス スーパーサージャー32g

■■■■■タックル■■■■■

ROD: DIFFUSER DC78-2 Longcast

REEL: シマノ ツインパワーSW5000HG

LINE: キャストアワェイPE2.5号
SHOCK LEADER: ナイロン50ポンド

■■■■■釣果■■■■■
ブリ 80cm位 2匹

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大潮の水曜日西岡遊漁さんのチャーター便にキャンセルが出たそうで

そこをCLUBLINKSのリッキーさんがチャーター

お誘い頂き、仕事のアポを無理やりずらし行ってきた。

 

前日もよくTOPで出たそうで、期待感満載 船の前方は荷物も全て後方へ排除

完全キャスティング仕様!リッキーさんもMさんもキャスティングの名手

そしてこの日は初顔合わせのタマちゃんとおなじみHさんの5名

む~~ おいらの二重顎やべ~~

 

 

ポイント1 今日はここが主戦場 いきなりのナブラ 

あちこちに大きなナブラ 小さなナブラ 沢山出てる

ナブラの中心の向こう側にキャスト 真中を引いてくるカンっと当たる が食わない

何回も何回も当たるしチェイスもあり しかし食わない

見かねた船長 だれか食わして と自分がキャストw 一発で来た なんで?

皆の視線を釘着けながら80前後の鰤 聞けばスミス サージャーのスケルトンが

前日も良かったとの事だった。持ってないよ~ 正式にはWMトビウオ

それを聞いたリッキーさん 持ってるらしく装着しキャスト バッコーンと食った 同サイズ

やっぱりスケスケが良いのかw

 

 

 

その後も投げ続けるも弾かれたり外れたりで1匹食わすまでに10回は当たっている

その間もリッキーさんはお祭り状態!一人釣りまくってる。流石スケスケw

Mさんもコツを掴んだのか何匹か掛けた。私もサージャーを投げ続けやっと2本 鰯カラー

ちょっと太ってて80オーバーの鰤

船長は時折投げて2本 全てスケスケ やっぱりスケスケかな

そんなこんなでヤズから鰤までボチボチ釣れていく 

タマちゃんとHさんはジギングでも2~3本づつヒット

こんな状態がしばらく続く やがて海が静かになり移動

 

ポイント2

さっきとは違う感じのナブラ 之は食う感じ

早速リッキーさんヒット Mさんもヒット 私はバチンとライン切れた このチャンスに!

見かねた船長が自分のロッドを貸してくれた 投げると1発で食ってきた 80位ハマチ

ルアーは スミス サーディーンラン フローティング スケスケw

やっぱりスケスケか~~ って回収中にもヒット!なんじゃこりゃ と同サイズ

 

 

やがてナブラも消え納竿 結局終わってみればリッキーさんの独り舞台で10数匹

ブリ・メジロ78~83cm24匹 ハマチ・ヤズ57~62cm7匹 計31匹 私80前後4匹

 

 

さてさてこの日は本当にスケスケが効いたのか?

2つ考えられます。まずはスケスケ最強説

之はよくわからない でも視覚的な物があるとすればスケルトンの効果 

早く巻き スプラッシュを起こしシラスナブラの捕食を演出、

その上でスケルトンで紫外線を通しルアーをスプラッシュに偽装 とか....

追ってくるのに食わない食い切らない最後のピースはそれで埋まるとは考えれる

 

もう一つは単純に食わす技術の問題

自分的にはこっちのほうが納得する

ほんの少しの差 でも大きな差 経験に基づく技術

速さであるとか弾き方であるとか何か少しの差が食わせる技術に繋がっている

それは見ただけでは判らない 船長を見てたら痛感する

リッキーさんは技術はもちろん道具も一流 フックにもリングにも拘る

その姿勢が釣果に繋がっているのは明白 技術 道具 スケベ心 どれも一流

私もナブラの前で興奮して人の前にルアーを垂らしたりで恥ずかしい 

平常心を心掛けねば........

それとトラブルばかり起こす道具は更新したいが肝心の資本が.......

スケベー心は負けないんだが、とりあえずスケスケは買っておこう

後は 精進 精進

追伸:鰤は養殖?と思うくらい脂ノリノリで美味かった

 

 

--------------------------------------------------------------------
このブログでは  ヤズ ~60センチ ハマチ~80センチ 鰤80オーバーと書きます

■■■■船宿■■■■■

西岡遊魚  大潮
■■■■■使用ルアー■■■■■

スミス サージャー 鰯

スミス サーディーンラン フローティング クリアートビ

 

■■■■■タックル■■■■■

ROD: DIFFUSER DC78-2 Longcast

REEL: シマノ ツインパワーSW5000HG

LINE: キャストアワェイPE2.5号
SHOCK LEADER: ナイロン50ポンド

■■■■■釣果■■■■■
ブリ・ハマチ78~83cm 4匹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

夏の伊予灘ヘッポコ三連戦 第3弾です!

暑い 兎に角 朝から暑い

船長からは前日 キャスティングの準備を忘れずに!
と言う事で真夏のキャスティングゲームかな
ポイント1 異常無し!
ポイント2  いきなり単発ナブラ発見
もう5年以上前に買って使ってなかったジャックポット120を投げ込む、
ナブラの手前に着水し引いて来るとバゴン〜〜とヒット
 しかし船べり3mで痛恨のバラシ
ドラグキツキツなの忘れてた(T ^ T) 
この時期、魚も元気なのでドラグキツキツだと、掛かり所によっては口切れや身切れする可能性がある
あきらかに自分のミス  情けない
 
 
ここからが渋かった 出るナブラ 出るナブラ
真ん中に入れても反応せず
鰯を食ってるのにな〜  手前で見切ってUターンする感じ
小さなナブラを見つけては投げ ブライドで投げ とにかく投げ でも食わない
隣のアングラーがナブラのど真ん中にナイスキャスト バコ!と水中で食う感じ
80前後のハマチ!流石!
ジギングでも後ろのアングラーが2連発 
熱中症寸前のヘッポコな私は、キャビンで一休み 
30分ほど休みジギング開始 5m早巻きストップの3回 底から15mでガッツンと大きな当たり
ガンガンラインを出される。元気良いので慎重にやり取りし78cmのハマチゲット!
その後もポイント変わり、投げ続けるが中々反応しない。
夕刻 隣のアングラーが目の前に出たナブラの真ん中にキャスト!
之も水中でヒット!同サイズ ハマチ その時私はライントラブルの真っ最中
相変わらずのヘッポコぶりでチャンスロストw
しかしツインパワーのベイルがかえるの何とかならんかな?
之がトラブルの原因なんだがね~~~~
 
最終ポイントで後ろのアングラーが目の前に出たナブラで95の鰤をゲット!
その時 私は またもやライントラブルwヘッポコ~~~~
残念 之でヘッポコは終わりにしたいのだが......まだまだ続くのか?w
 
 

--------------------------------------------------------------------
このブログでは  ヤズ ~60センチ ハマチ~80センチ 鰤80オーバーと書きます

■■■■船宿■■■■■

西岡遊魚  小潮
■■■■■使用ルアー■■■■■

ジャックポット150

YNJIG130g ゴールド・ゴールド

■■■■■タックル■■■■■

ROD: MC Works REAL FUSION 612LR
REEL: シマノ ステラSW6000PG

LINE: ダイワハイパーメガセンサーPE3号
SHOCK LEADER: シーガーフロロカーボン12号

HOOK: DECOY PIKEAS-03

 

ROD: DIFFUSER DC78-2 Longcast

REEL: シマノ ツインパワーSW5000HG

LINE: キャストアワェイPE2.5号
SHOCK LEADER: ナイロン50ポンド

■■■■■釣果■■■■■
ハマチ78cm 1本

 

 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夏の伊予灘ヘッポコ三連戦 第2弾です!

以前から、M鍋スポーツのM鍋さんにアコウを釣りたいとお願いしてたのですが

やっと行く事が出来ました。

釣り宿は恵丸 初 恵丸です。 早い 巡行33ノット 40ノット以上も出ます。

船体も黒でカッコよい!

 

 

お話をしながらポイントへ移動 しまなみ海道の橋の下

 

 

釣り方もわからないので船長とM鍋さんにアコウによく効くインチクをもらい ちと悩みました。

うん タイラバの道具を持ってきたのだが遊動式 インチクは固定式

之をどうやって付けるか............ 道具箱にあるもので  となれば之か!

キャスティング用のスナップを使ってやっと何とかなりました。

 

 

そんなこんなでバタバタとスタート やはり、根掛かり半端なくすぐにインチクロスト

100m程度からスタートし、底5m位を探っていく 探ると言ってもタイラバの要領かな

初の当りはグググっと引き込むような当り!しかし10m位上げるとバレた。

之を3回繰り返し...........根掛かり半端ないっす!

やっと1匹 小さいのを...........

 

 

その後 やり続けるもこの日は活性悪く中々取れない.....

やっと掛けた

 

 

M鍋さんは6匹 竿頭は8匹 私2匹 これが実力

しかしなんでバレタのか?を考えて出た結論が掛けた後、強引に上げすぎ

ジギングの要領で強引に巻き上げると口切れするのが結論 反省

 

さてここで愚痴を一つ 他人のラインを切ったら ごめんなさいと言いましょう!

老年を迎えてそんな事言われたくないでしょうが80m近くラインロストしましたよ

ペラペラよく動く口なのに その言葉が出ないとは 釣り人としては失格です

 

翌日は調理です

刺身と

 

煮付け

 

奥深い旨味が、長く口に残り プリプリの身の食感がたまりませんな~~

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。