メガハウスから出ている子供向けのハンドメイド玩具「3Dドリームアーツペン」を買ってみました。

 

この「3Dドリームアーツペン」は、樹脂を光で固めて立体物を作れる3Dプリンティングペンです。3Dプリンタ用のフィラメントを使用し、熱によって溶かして押し出してグルーガンのように立体物を作れる3Dプリンティングペンが既にいくつかリリースされていますが、それだと非常に高温になるため子供には危険です。それに対しこの3Dドリームアーツペンは光によって樹脂を硬化させるので発熱せず安全なのが特徴。特殊な樹脂がセットされた専用のペンと可視光線LEDを採用した「マジカルライト」、様々な絵柄の見本が記載された「デザインシート」で構成されており、デザインシートの絵に沿って専用ペンから樹脂を出してラインを引き、マジカルライトを約1分間照射することで樹脂が固まり立体となります。ライトはUVではないとのことですが、どういった原理で樹脂が硬化するんでしょうね?

 

私が購入したのは赤いペンが1本入った「PET SET」で、これ一本でデザインシートにある「鳥」「犬」「猫」が全部作れるそうです。

 

試しに円を描いてみたところ。パッケージの写真のように色付きグルーくらい色が濃いと思っていたのですが、実際のところ樹脂は透明度が高くクリアーレッドといった感じでした。私としてはこれでも全然OKですが。樹脂の粘度は「UVレジン以上グルー未満」程度で、樹脂として粘度は高いものの硬化させずに放っておくと徐々に広がってのっぺりしてしまいます。またグルーガンと同様に均一な綺麗な線を描けるようになるには結構慣れが必要です。

 

ライトを当てると瞬時に硬化が始まりますが、完全硬化までにはやはり説明書きのとおり1分必要でした。ライトの当て方が足りないと硬化してはいるもののベタついた質感になってしまいます。なので広範囲に描いてからライトを当てるのではなく、狭い範囲を描いたら小まめにライトを当てた方が造型しやすいと思われます。まあ面倒っちゃ面倒ですが。

 

完全硬化したところ。硬化した後はカチコチになってハードタイプのUVレジン程度の硬さになるんじゃないかと勝手に思い込んでいましたが、意外にも多少の曲げ伸ばしに耐えられる柔軟性がありました。こちらも粘度と同様「UVレジン以上グルー未満」といった感じ。

 

…で、ひらめいた。これでドール用の仮面が作れないかと。私が買ったセットは線を描いて動物を作るデザインシートしか入っていませんが、そもそも樹脂なんだから広い「面」を作ることもできるはずです。しかも瞬時に硬化が始まるんだから、薄い面の造型も可能なはず…

 

ということでスーパードルフィーのヘッドにラップをかけて上から3Dドリームアーツペンを”塗って”いくという作り方を試してみました。だいたい2cm四方を塗ったらライトを照射するという方法で少しずつ面積を広げていきます。

 

そしたら10分かかるかかからないかという短時間で仮面の土台が完成!もちろんちゃんと硬化しています。

 

意図しなかった効果ですが、ラップのランダムなシワがいい感じに模様みたいになりました。なんだか手作りガラスのような質感です。この透明感をそのまま活かして仕上げたいところですが、残念ながらドールに直接装着する仮面は、顔が傷つかないよう裏側に布を貼らなければなりません。白い布にすればシワのテクスチャも透けて生きるとは思いますが。

 

それにしてもこの3Dドリームアーツペン、子供の玩具にしておくには勿体無い商品です。ハンドメイド素材としても充分使用できます。もしかしたらもう使用しているクリエイターもいるかもしれませんね。何よりライトを当てた瞬間に硬化が始まり1分で完全硬化する”早さ”が便利です。なんか赤以外の色も欲しくなってきました。

 

 

 

 

 

AD

前回の第9話を用事で見逃してしまいましたが、2話続きのエピソードだったのでなんとなく前回の内容も察することができました。前回と今回のゲストレアなめこは惑星侵略に訪れた「宇宙なめこ」しかし…

 

NURのメンバー達はそんな宇宙なめこを「宇宙人ごっこをしている面白いなめこ」と頭から思い込んでおり歓迎一色。

 

呆れ返る宇宙なめこでしたが…

 

「逆に油断につけこんでなめこの森を調べてやろう」と思い直します。

 

そんなたくらみもつゆ知らず脳天気に「かくれんぼして遊ぼう!」と提案するNURメンバー。

 

くじ引きで鬼を決めようとしたら…

 

なんと宇宙なめこが鬼に!みんなが隠れている間に調査を進めようとしますが…

 

「探しに来るのが遅いから見に来ちゃった」

 

こうなったらなめこ達の心を読んで真意を確かめてやる!と惑星征服の計画をあきらめない宇宙なめこ。しかし…

 

「宇宙なめこってどこから来たのかな?」

「せっかく遊びに来たんだから楽しんでもらいたいわ」

「思い出いっぱい作ってほしいね」

 

その中でただ一匹、宇宙なめこの正体に気付いた犬がいました。

 

征服しようったってそうはいかない!キラーン!

 

形勢不利と悟った宇宙なめこは急遽UFOを呼び出し退却していきました。

 

ということはなめこの森の平和はペロによって守られたということに…?

 

いきなり国籍云々を飛び越えて宇宙からお客さん(?)が来た前後編エピソードでした。それにしてもゲームでは表情の乏しい宇宙なめこが、アニメでは様々な表情を見せるのが印象的でした。宇宙なめこってこれまでコミック版でもメインキャラとして出てきてませんからね。なめこの歴史的にも非常にレアな回でした。

 

 

 

 

ブラウンファーム

テーマ:

LINEキャラクターの農場育成ゲーム「ブラウンファーム」を最近始めました。

 

「LINE ブラウンファーム」は、LINEの熊キャラクター「ブラウン」と一緒に農場を発展させていく農場ゲームです。ファーマーデビューしたての寡黙でまじめなブラウンが、”農場経営の神様”と呼ばれる親戚の「ブラウンおじさん」の指導のもと農場ライフにいそしむという内容で、このゲームのために新たにデザインされた様々な職業・服装のブラウンが登場するのが本作の特徴です。というか”ブラウン”って個人名じゃなかったのか…

 

左にいるのがブラウンおじさん。本作のガイド役にあたるキャラクターです。

 

一番最初に畑を配置して小麦を収穫します。小麦はありとあらゆる加工品の基本となる作物なので常に多めに栽培しましょう。

 

農業と共に畜産も行います。一番最初に世話できるのは鶏。家畜小屋にはそれぞれ4匹まで収容できます。

 

なんか見たことないブラウンがやってきた!こちらは「ちびブラウン」で、ガチャでGETして自分の土地の中を歩きまわらせることができます。

 

加えて土地の中に加工品を作る工場や店舗を設置するとその店番のブラウンも登場します。豪華なのは、それぞれのブラウンにちゃんとボイスが設定されること。こうやって画面に登場する度に声を発するのでちょっとしたアドベンチャーゲームみたいです。

 

こうしてベーカリーでパンを焼いて加工品生産も開始。このパンがまた新たな料理の素材になったりします。

 

レベルアップしていくごとに置けるアイテムや作れる物が増えていきます。またレベルアップする度に有料のゲーム内通貨「ダイヤ」がもらえるので、それをコツコツ貯めれば無課金でもガチャが回せます。

 

なお、ブラウン以外のLINEキャラクターももちろん「お客さん」として登場します。

 

 

 

 

お客さんはランダムに農場にやってきて様々な物を欲しがります。彼らにもボイスが付いており、次々と応じるとかなり賑やかな感じになります。それにしてもジェームスうぜえw

 

加えて複数の物を受注する「オーダー」も受けられるようになります。ってかこの配色とデザイン、まんまク◯ネコヤマトじゃねーか!これらをサクサクこなしていくといい感じに経験値とゲーム内通貨「コイン」が貯まり順調にレベルアップしていきます。

 

…さて、ここで勘の良い方はもうお気付きでしょう。この「ブラウンファーム」、デザインこそLINEキャラクターで徹底していますが、ゲームの内容そのものはフィンランドのSupercellの農場育成ゲーム「Hay Day(ヘイ・デイ)」と全く同じです。もうクローンと言ってもよいでしょう。

 

とは言え、もちろん本作ならではの要素もあり、日本人ユーザーにとってはHay Dayよりも親しみやすい内容となっています。例えば前述のようにボイスをふんだんに盛り込んでいるのもその一つ。あとガチャでGETできるちびブラウンも、ただの賑やかしコレクションキャラではなく、ちゃんとした役割があります。それは「経験値とアイテムの自動収集」。

 

彼らは常に土地の中を歩き回り、一定時間ごとにアイテムや経験値を拾ってきます。Hay Dayでは家畜とは別にペットを飼い、彼らにエサやりをすると1日1回経験値を回収できる機能がありましたが、ちびブラウンはそれをさらにアップグレードしたような要素です。

 

これらちびブラウンにはレア度とレベルが設定されており、レア度とレベルが高ければ高いほど多くの経験値と良いアイテムを拾ってきます。ちなみにちびブラウンは50種類以上存在するとか。

 

他にも木や岩を取り除いて土地を開墾したり、釣りをしたり、鉱物を採取したり、駅を修理して大規模な取引をしたりといった機能もあります。まだそれができるくらいレベルアップしていませんが。

 

ユーザー同士で物を売買するマーケット機能もあり。これもHay Dayと同様です。

 

ルーレットを回してアイテムを入手する機能もありますが、1日1回とは決まっておらず、毎日配信されるミッションをこなしてポイントを貯めると複数回回せるようになっています。これもHay Dayより便利です。

 

…とまあこんな感じで、内容的には既存の農場育成ゲームとさほど変わりませんが、オリジナルデザインのブラウンのバリエーションとボイスがやたらと凝っているタイトルです。ターゲットはLINEキャラクターが好きなLINEのコアユーザーではないかと思います。昨年12月にリリースされ5月に300万ダウンロードを突破しているのでLINE GAMEの中ではそこそこ人気タイトルなのでしょう。このデザインが好きな方は是非。

 

iOS版はこちら

 

Android版はこちら