ITとゲームとメタル

下書き置き場


テーマ:

最近Youtubeやニコニコ動画でよく落語を見ているというか聞いています。新作でよく見る(聞く)のが春風亭柳昇師匠(春風亭昇太師匠の師匠)で、古典落語では桂歌丸師匠。なんで今ごろ落語をチェックするようになったかと言うと、「ドラえもんの元ネタを一回ちゃんと聞いてみようかな」という気になったからです。

 

もう知っている人は知っている事実だと思いますが、ドラえもんを含む藤子F先生の作品は古典落語が元ネタになっているものが非常に多いです。F先生は子供の頃から落語が好きで、漫画家になった後も落語の本を読んだり寄席に行ったり、落語のテープやCDを聴きながら原稿を描いていたそうです。落語ネタで一番分かりやすい例だと、ドラえもんの定番シチュエーション「ジャイアンリサイタル」でしょう。これの元ネタは古典落語の「寝床」です。

 

 

あとドラえもん屈指の狂気エピソード「人間切断機」も実は落語の「胴切り」が元ネタです。

 

滑稽話を基にそこはかとない猟奇臭を漂わせるF先生の手腕の見事さ。

 

他にも「壺算」→「世の中うそだらけ」、「お化け長屋」→「ゆうれいの干物」、「嫁の下駄」→「いやなお客の帰し方」、「長短」→「のろのろじたばた」など、ストーリーが丸ごと古典落語のパロディのものも多く、さらにタイトルや演出の一部、セリフのやりとりなども数えればキリがありません。考えてみれば、のび太が与太郎キャラだとすれば、ドラえもんやジャイアン、スネ夫、しずか、パパ、ママといったメインキャラが長屋のおかみさんや物知りなご隠居といった落語の定番キャラに当てはまり、世界観そのものが落語的と言えます。

 

そんな落語に影響を受けたドラえもんを、さらに落語として演じる活動を林家たい平師匠が行っています。その名も「ドラ落語」。

 

 

 

この「ドラ落語」は、ドラえもんを落語の”噺”として林家たい平師匠が何から何まで全て一人で演じるというもの。もともと2004年にBIGLOBEにてドラえもんの誕生日企画の一環として無料配信されましたが、2010年12月に「ライター芝居」「この絵600万円」「いたわりロボット」が録りおろされDVD化されました。ちなみにたい平師匠は「ドラ落語」を演じる際に出囃子を「ドラえもんのうた」に、定紋も「ドラえもんの黄色い鈴」に替えるという凝りっぷりで、ご本人もドラえもんが大好きとのこと。

興味深いのは、DVDがリリースされたのは2010年の暮れですが(収録は同年8月)、たい平師匠が演じているキャラクターが完全に2005年3月までの「リブート前」の声優陣だということ。ドラえもんがまるっきり大山ドラ。つまりDVDリリース時現在の「ドラえもん」に合わせるのではなく、たい平師匠がリアルタイムに見ていたであろう時代の「ドラえもん」で演じているのです。そういえばたい平師匠、「笑点」で大山のぶ代の声真似をやっていたような…。ということで、DVD自体は一応子供向けに作られていますが、落語そのものは子供の親世代が楽しめる內容になっています。ダイジェスト映像は以下↓

 

 

なお、たい平師匠は普段は古典落語を得意とする噺家さんなので、古典以外の落語を演じているたい平師匠自体がかなりレアです。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

以前、最近フィンランドでは来年の独立100周年を見越して愛国的なコンテンツがいろいろと製作されている的な記事を書きましたが、遂に大物が来ました。日本でも大人気な「ムーミン」の作者であるトーベ・ヤンソンです。

 

過去記事:
伝説的ハードゲイ・アーティスト「トム・オブ・フィンランド」の映画化が決定

 

フィンランドのニュースサイト「Helsingin Sanomat」が伝えるところによれば、ヘルシンキの映画製作会社が、トーベ・ヤンソンの伝記映画を計画中とのこと。具体的には、彼女の人生の1940年代~1950年代をモチーフに、トーベ・ヤンソンの私生活と彼女のパートナーであったトゥーリッキ・ピエティラのプライベートを描く方向で進めているそうですが、トーベ・ヤンソンの姪で現在「ムーミン」のライセンスを管理するムーミンキャラクター社の代表であるソフィア・ヤンソン氏は、ムーミンなどの作品や芸術家としてのキャリアに焦点を当てて欲しいと要望しており、意向が食い違っているようです。

 

トーベ・ヤンソンは婚約まで交わしていた彼氏と破局した後、グラフィックアーティストでフィンランド芸術アカデミー教授のトゥーリッキ・ピエティラと一緒に暮らし生涯公私共々パートナーとなり、レズビアンカップルだったという説もあります。もしかしたら映画製作会社はトーベ・ヤンソンをモチーフにLGBTQ映画を作りたいと思っているのかもしれません。

 

それにしてもマリメッコのアルミ・ラティア、民俗叙事詩「カレワラ」がテーマの「Iron Danger」、ハードゲイ・アーティストのトム・オブ・フィンランドときて遂にトーベ・ヤンソンですか。今フィンランドのエンタメ業界は愛国的コンテンツを作らないと吊るしあげられる風潮にでもなっているのでしょうか?もし製作が実現したら絶対日本でも公開されるでしょうが、宣伝をD通かH報堂が担当してやたらとムーミンを推しまくりどうでもいい芸能人がからむくっだらねえプロモ展開が横行し、いざ公開したら「ムーミンほとんど出てこなかった」という薄っぺらい感想が溢れる地獄絵図が今から頭に浮かびます。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は遂にインパクト大なあのレアなめこが登場!

 

森の奥の橋から強烈な光が放たれ広場を包みました。とても裸眼で見ることができないなめこたちとペロ。

 

さり気なくスッとサングラスを出すなめこ先輩。さすがです。

 

今回のお客様はエジプトから来た黄金なめこ。18金ではなく24金のボディです。

 

なめこ「18金と24金ってなあに?」 ロボットなめこ「金属における金の量の違い。24金は純金。18金は磁石に反応するが24金は反応しない」

 

話を聞けば、黄金なめこはエジプトの王家を継ぐ由緒正しきなめことのこと。

 

「王家」と聞いてテンションガチ上がりのラブなめこ。「キャー!本物の王子様!」と禁断の恋の妄想を炸裂させます。

 

しかしなぜそんな高貴ななめこがなめこの森を訪れたのでしょうか?その理由は「王家の財宝」。彼は財宝を盗賊に狙われており、その隠し場所を探していたのでした。

 

そこで「キーンときたー!」なめこは森の中の洞窟へ財宝を隠すことを提案しました。

 

黄金なめこも「故郷の王家の谷に似ている」と大満足。あっと言う間に洞窟の中は財宝で埋め尽くされていまいました。

 

山積みにした財宝の上で寝っ転がる黄金なめこ。

 

 

黄金同士落ち着くのだそうです。高貴な身分なだけにどこまでもマイペースな黄金なめこなのでした。

 

今回はゴールドの光り輝く効果はふんだんに使われたエピソードでした。このアニメ、画像で見ると普通の2Dアニメみたいですが本当は3Dなんですよね。なので輝きの効果やテクスチャが何気に凝っていました。黄金なめこの声を担当したのは三宅健太さんで、”ファラオ”っぽい雅やかな雰囲気の演技でした。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。