ITとゲームとメタル

下書き置き場


テーマ:

 

8月18日より正式サービスを開始したアクセサリーのデザイン&販売プラットフォーム「monomy」を試してみました。このサービスは、専用のスマートフォンアプリ上で金具やビーズ、チャームなど3000種類以上の素材を組み合わせてアクセサリーを自分でデザインして公開し、それを販売できるもの作りプラットフォームです。アプリでデザインしたアクセサリーは、アプリおよびmonomyのWebサイト上に作成したマイページで公開し、“自分のブランドの作品”として他のmonomyユーザーに販売できます。 各パーツの価格はそれぞれ原価にmonomy側の利益や工賃を足して設定されているためユーザーが決めることはできませんが、1万円を超えるものはそうそう無いようで、平均3000円台といったところです。実際のアクセサリー製作および決済業務、梱包、配送まで全てmonomyの運営会社がやってくれるので、ユーザーはただアプリ上でアクセサリーをデザインすればいいだけ。究極のノーリスクです。デザインしたアクセサリーはTwitter、Facebook、Instagramにそのまま投稿して宣伝することも可能で、売れた場合は販売代金の10%がユーザーの売上として支払われます。10%と聞くと少ないように感じますが、そもそもユーザーはアプリをいじることしかしていないので、ちょっとしたお小遣い稼ぎだと思えばお得でしょう。

 

こちらがアプリのスタート画面。

 

 

 

 

 

アプリを一番最初に起動した際にプロフィール情報とブランド名、自己紹介を入力します。私はFacebookアカウントでログインしていまのところほぼそのままです。もちろんこれらの情報は後から編集できるので、ちゃんとしたブランド名にしたり、プロフィール画像を自分のブランドロゴに変更するとよいでしょう。

 

今のところ作れるアイテムは、ネックレス、ピアス、イヤリング、イヤーフック、ブレスレットで色はゴールドのみ。ピアスはアレルギー対応の金具も用意されています。最初に作りたいアイテムのベースとなるパーツを選択します。

 

それから、中間パーツやメインのモチーフとなるパーツを選びます。中間パーツは上下に連結できるようになっており、この「中間」の組み合わせをどうするかで印象が変わってきます。

 

私は透かしパーツが好きなのですが、透かしパーツとフープ状のパーツは中にパーツを吊り下げられる構造のものがいくつか用意されています。

 

ピアスとイヤリングは耳の画像に重ねて試着した時のイメージ画像を作ることもできます。

 

製作画面で面白いのは、いちいちパーツに物理挙動が設定されていること。大きなパーツを連結した時にゆらゆら動いたりして、本当に手にパーツを持って作っているような間隔になります。

 

最初に作ったピアスに中間パーツとしてラインストーンを加えたところ。あまり天然石パーツをたくさん使うとすぐに9000円台になってしまいますが、安いパーツを選べば1000円〜3000円台でだいたい収まります。

 

なお、現在アクセサリーの初投稿で1000円分のお買い物ポイントがもらえるキャンペーンが行われています。

 

さらにお買い物ポイントがもらえるコンテストも実施中。こういうイベントを定期的に開催するのはユーザーの定着率UPに効果的ですね。

 

今のところ作品にはただLIKE(Facebookのいいね!的なやつ)が付くぐらいでまだ売れる気配はありませんが、ただパーツを組み合わせているだけでも結構楽しいし想像も広がるので、しばらく様子見がてら使ってみようと思います。

 

私のショップページはこちら。よかったら買って下さい。

https://monomy.co/shop/brands/16525

 

アプリのダウンロードは無料です。現時点ではiOS版しかありませんが、近日中にAndroid版もリリース予定とのこと。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日セブンイレブンに行ったら、商品入れ替えのために投げ売りされていたので試しに買ってみました。

 

イースターに合わせて販売されたチョコボールの「もちもちたまご味」ですね。最初86円なら安いかなと思って何気なく手に取ってみたのですが、パッケージをよく見ると「AR」の文字が。

 

どうやらチョコボール専用のスマホ向けARアプリがあり、それを起動した端末のカメラでパッケージを見ることで”ARゲーム”が展開するとのこと。ということで早速やってみました。

 

アプリの名称は「キョロちゃんの遊べるAR II」。ARアプリは2種類あり、「もちもちたまご」に対応しているのは2つ目の方です。

 

カメラモードを起動する前にパッケージを選択します。

 

ゲームのスタート画面。「ゲームをはじめる」をタップすると…

 

まずオープニングCGアニメが再生されて…

 

パッケージの上にゲームが出現。縦持ちと横持ちのどちらにも対応していますが、このゲームの場合は横持ちの方がプレイしやすかったです。

 

ゲームの内容は、端末そのものを動かして卵型の3層構造のゲーム盤の穴に上手くボールを転がして入れるというもの。ボールが穴に入ると下層のステージが表れます。

 

最後のステージをクリアするといろいろな小さい卵が現れて…

 

その中の一つが孵化してキョロちゃん登場!

 

最後に卵達を引き連れてUFOに乗って飛んでいってしまいました。

 

最後にクリアまでにかかった時間とスコアが表示され評価を付きます。これらの記録はアプリ内からTwitterにも投稿可能。

 

ゲーム自体はとてもカジュアルでしたが、画像認識もスムーズでかなりサクサク動作しました。ただ激しく端末を動かし過ぎて画面内からパッケージがフレームアウトするとゲーム盤のCGが消えてしまいますが。

 

ARアプリ自体は無料なので気になる人は試してみて下さい。

 

iOS版はこちら

 

Android版はこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

実はかなり久々にNHKの大河ドラマを見ているんですが、今日の「犬伏の別れ」を見て確信したことがあります。それは『「真田丸」のベースはみなもと太郎先生の歴史漫画「風雲児たち」だ』ということです。

 

というのも、三谷幸喜さんはかつてみなもと太郎先生との対談において2004年のNHK大河ドラマ「新選組!」のベースは同先生の歴史漫画「冗談新選組」であることを明言しています。この「冗談新選組」は長らく廃刊していましたが、昨年その対談記事を収録し「増補新板」として復刊しました。

 

 

で、本日の「真田丸」の三谷脚本で革新的だったのは、これまで”いかにもお涙頂戴”な悲愴感を以って描かれがちだった「犬伏の別れ」がポジティブに描かれていたことです。関ヶ原の戦いにおいて、真田家は父・昌幸と弟・信繁は西軍へ、兄・信幸は東軍へと敵味方に別れて戦うことになります。今日では、それは信幸の嫁が徳川家重臣の本多忠勝の娘で、一方信繁の嫁は西軍首脳陣の大谷吉継の娘だったという「戦国の世の政略結婚」のせいでどうにもならない事情だったのだ…ということになっています。ところが三谷脚本は、そんな苦渋の決断ではなく「両方に賭けてどう転んでも全員生き残りを目指す」という絶対に負けない賭けとして「犬伏の別れ」描きました。この大胆かつ合理的な解釈は非常に斬新で、Twitter上でもトレンドワード入するほど話題になっていました。

 

しかしこうした解釈をしたのは三谷さんが初めてではありません。実はみなもと先生が「風雲児たち」第19巻にて、8代目松代藩主の真田幸貫とその家臣・佐久間象山のエピソードの”前日譚”としてほぼ同様の「犬伏の別れ」シーンを描いているのです。

 

 

 

「お前たちのどちらかが勝っても死にもの狂いになって負けた者の命乞いをするのだ」

 

目的が全く一緒。ただし三谷さんはこれと同様のセリフを昌幸ではなく信幸に言わせ、さらに説得力とキャラの魅力を高めていました。ちなみに、ほんの少ししか登場しませんが「風雲児たち」の真田昌幸も”すっとぼけたトリックスター”として描かれており、草刈正雄さん演ずる「真田丸」真田昌幸と通じるものがあります。

関ヶ原以降、昌幸と信繁は紀州・九度山へ流刑となり、昌幸は死に、信繁も大阪の陣で戦死してしまいますが、真田家は信幸によって存続し、やがて幕末に天才・佐久間象山を見出します。「風雲児たち」は、幕末の革命の根は江戸幕府の成立にあるとし、さらに江戸幕府の成立の根は関ヶ原の戦いにあるとの判断により、幕末を描くために関ヶ原からスタートするというクレイジー極まりない歴史大河漫画です。そのため連載から30年経過した現在も一向に終わりが見えず、「ベルセルク」と並んで「作者が死ぬ前になんとか完結してくれ漫画」として知られています。

 

なお、この作品で一番最初にクローズアップされる「風雲児」は、徳川家康でもなければ石田三成でもなく意外にも大谷吉継です。

 

この大谷吉継の描き方がまた斬新で、負け戦と知りながら石田三成との友情に殉ずる云々…の悲愴感が全く無く、冷徹なまでの現状認識力と分析力を持つマキャベリストで、徹頭徹尾勝つ気満々で石田三成のケツを叩くアグレッシブな人物として描かれています。一方石田三成は理想主義者として描かれており、他の歴史作品での描かれ方と逆ではないか?というキャラ設定となっています。とにかく「風雲児たち」大谷吉継がどれくらい悲愴感が無いって…

 

切腹前に「さてぼちぼちやらかすか」

 

おそらくこの2人のキャラ設定も「真田丸」における彼らに反映されていると思われます。関ヶ原エピソードが今から楽しみで仕方がありません。

 

当然ながら大谷吉継は「風雲児たち」第1巻ですぐに退場してしまいますが、それから30年も経過した頃に突然”外伝”として豊臣政権の現役時代を解説するエピソード「大谷吉継の謎」が発表されました。こちらを読んでから改めて「真田丸」の元ネタ探しをしても面白いでしょう。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。