ITとゲームとメタル

下書き置き場


テーマ:

中国・廈門市に拠点を置くモバイルアプリディベロッパーのMeitu(美图)が配信しているカメラアプリの機能がいろんな意味で凄過ぎると今Twitterで話題です。

 

このアプリは端末のカメラで撮影した写真やアルバムに保存してある画像にフィルターをかけたり文字やスタンプを追加したりコラージュしたりと、一通りの画像加工が行える多機能なカメラアプリで普通に便利そうなのですが、話題になっているのが「Hand-drawn」という自撮り写真の自動補正機能。顔認識して自動的に小顔にしたり目を大きくしたりチークやシャドウ、つけまを追加したりする所謂「プリクラ」っぽい機能なのですが、その名称どおり中国独特の作風の手描きの雰囲気が追加されるのです。

 

これが「Hand-drawn」機能のスタート画面。日本のプリクラとはまた違う雰囲気ですよね。

 

美人な女性に適用すればいい感じに手描きイラストのように見えるのですが、今SNS上では敢えて男性や架空のキャラクターに適用してどう変わるのか実証実験するのが流行っています。例えばこのKotakuの記事ではゲームキャラクターに適用した結果が示されていますが…

 

(画像はKotaku記事より)

 

それなりにリアルであればCGでもちゃんと認識するのが何気に凄い。あと正面だけでなく右向き、左向きなど顔の角度に効果が追従するのも凄い。

 

大爆笑なのが、オリジナル版GizmodoがIT長者と政治家の顔写真で試してみた記事

 


(画像はGizmodo記事より)

ザッカーバーグ女子力高過ぎだろ。

 

プーチンがカルーセル麻紀になった。

 

…とまあこんな感じでかなり面白いことになります。そこで私も実際にこのアプリをダウンロードして試してみました。

 

実験台はこちら↓

佐竹敬久秋田県知事です。

 

それではやってみましょう!

 

"Angelic"

 

"Blossins" ※これが今一番人気らしいです。

 

"Fairy Tale"

 

"New Year"

 

"Petals"

 

"Mermaid"

 

"Baroness"

 

いずれも草不可避。

佐竹知事の顔はどうも長い…というか四角い?とアプリに判断されてしまったらしく、全てのフィルターで小顔化されてしまいました。あと「一昔前のプロパガンダアート」っぽい作風になってませんか?一昔前じゃなくても北朝鮮あたりではまだ描かれてそうな感じの嘘くさい指導者ヅラというか。

 

加工した画像は元画像とは別に保存でき各種SNSにも投稿できます。

 

アプリのダウンロードは無料なのでよかったら遊んでみて下さい。普通の人間の顔なら絵や立体物もいけるみたいです。ただしなめこやドラえもんなど明らかに人間ではない顔は認識できませんでした。

 

iOS版はこちら

 

Android版はこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日スマホ向けアクションゲーム「ババア無双」のプレイレポート記事を書きました。普通ならこのブログに下書きをしてから、それをもとに清書して掲載しますが、この「ババア無双」に関しては「一刻も早く書かなければ!!!!」という使命感のようなものに駆られ一気にプレイして勢いで書いてしまいました。なお、とにかく早く全てのエンディングが見たいがために1日で全てのエンディングとジジイの姿をコンプリートするくらいやり込みましたからね。それだけの魅力が本作にはあります。

 

【やってみた】遂にジジイも登場! 「100万歳のババア」シリーズ最新作のアクションゲーム「ババア無双」が相変わらずブっ飛んでいる件

 

ゲームの概要については上の記事をご覧下さい。ここでは記事で使用しなかったスクリーンショットも含めハッピーエンディングを1つだけご紹介します。本当は全て種明かししたいのですが、それだとネタバレになってしまいますからね。

 

 

 

 

 

 

 

本作の魅力はなんと言ってもアクションのスタイリッシュさです。ただ画面をタップするだけのカジュアルゲームなのに本当に「無双」っぽくババアがくだらないデザインのモンスター達をバッサバッサとなぎ倒していくので爽快感がハンパなく、ゲームのシンプルさに反して全く飽きることがありません。竹槍とセーラー服&モンペのババアだけでなぜこうもスタイリッシュ感が出るのか?このセンスには本当に脱帽です。

 

で、エンディングですが、エンディングの分岐のポイントは「ジジイにあげるお小遣いの額」です。全くあげない、少な過ぎるとアンハッピーエンドとなり、たくさんあげるとハッピーエンドになります。またあげる額によって見られるジジイの姿も変わるので、とりあえず何でもいいから1回クリアして金額レベルのおおよその目安を付けて下さい。なお、これは全ての選択肢で最高額をあげた時のエンディングですが、なんとジジイが全盛期の姿にまで若返り…

 

さらにババアまで全盛期の姿に若返り…

 

遂にジジイとババアの過去も明らかになりました。ラストのラストで急展開です。

 

…とまあとにかく完成度の高いゲームなので奇ゲー好きじゃなくても満足できると思います。iOS/Androidともにダウンロードは無料なので是非是非プレイしてみて下さい。もう広告収益モデルのみなのが勿体無いくらいです。

 

iOS版はこちら

 

Android版はこちら

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

先日久しぶりにテレビで映画版「風の谷のナウシカ」を見て今更気づいたのですが、ナウシカの世界設定ってまるで現代日本の地方の状況を予言していたかのようじゃないですか?例えば村が腐海にのまれる描写は草木に覆われた空き家だらけの限界集落を思わせるし、「腐海で何か悪いことをすると蟲に襲われる」という描写は山で筍を取り過ぎたらツキノワグマが人間を喰ったという秋田県某所の事例みたいなもんだし、年寄りが「腐海の毒」のせいで病気になり手が効かなくなったり寝たきりになったりするのは、関節痛やリューマチ、加齢による障害を思わせるし、人口減の問題はまさにそのまんま。ナウシカが子供の頃に小さい王蟲を隠し持っていたというトラウマ描写も、子供がうっかり山で狐か狸なんかを拾ってきて「山の生き物は寄生虫持ってんだから拾ってくんなバカ!」って言われてるようなもんです。そう考えると、やはり秋田県は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に例えるまでもなくやっぱりもうディストピアだよなって話になるのですが。

 

水耕栽培農家の視点から見る「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

 

しかし「風の谷」を「里山の農村」だとするとそれまで見えなかった本作の構造が見えてきます。それは「田吾作と都会っ子の衝突」。劇中、ナウシカはアスベルに「君は殺し過ぎた」と、クシャナに「あなたは腐海のことを何も分かっていない」と言います。彼らは腐海や蟲を巨神兵というテクノロジーによってコントロールしようとしているのに実は腐海については全く無知なのです。なぜならアスベルは地下を掘って旧世界の遺物を掘り出しそれを材料に何かを作る工房都市ペジテの王子だし、クシャナは巨大軍事国家トルメキアの王女、それなりの規模の街でテクノロジーには親しんでいたかもしれませんが好き好んで自分から腐海に入ったことは一度もなかったでしょう。一方ナウシカは子供の頃から蟲に親しみ空を飛びまわり腐海を遊びまわる天然野生児、それぞれの腐海に対する知識や認識にギャップがあるのは当たり前です。この知識・意識の差に着目すると彼らの言動は全て合点がいきます。クシャナが強引にペジテと風の谷を急襲したのも「職人と百姓にいちいち細かく説明してもどうせ連中は難しい話なんて理解できねえだろ」と考えてのことだろうし、ペジテの人々が自分達の街や風の谷を犠牲にしてもクシャナに復讐しようとした裏には「今更農村の一個ぐらい無くなっても別によくね?俺らモノづくりはできっから後からまた再建できるし」という思いがあったのかもしれません。腐海と蟲を巨神兵で焼き払えると大真面目に考えていることも、裏を返せば人間とテクノロジーの力を信じている証拠です。とは言え風の谷にとっては大迷惑極まりない話ではあります。せっかく今まで腐海といい感じの距離で共存共生していたのに、何も知らない都会の連中が「腐海なんてどうにかなるから!俺らテクノロジーとか超詳しいし!」といきなり押しかけてきて散々引っ掻き回してボロクソに踏み荒らすのだから。エンディングでペジテの人々も風の谷の住人と一緒に植樹したり井戸を掘ったりと風の谷に移住したかのような描写がありましたが、私だったらとりあえず彼らを全員小作人にして畑で徹底的にこき使いますね。

 

本作における腐海は「命を与えもするが奪いもする自然」=「荒ぶる神」のメタファーです。自然には自然の掟があり、その領域に人間が踏み込んだ際には生命を奪うこともあるし、人間の領域に厄災をもたらすことさえありますが、その一方で逆に恵みをもたらす存在でもあります。劇中、風の谷の人々が王蟲の抜け殻を日用品として活用していることが示され、また腐海が汚染されてしまった土と水を浄化していることが明かされますが、これこそが腐海の「恵み」の部分です。こうした自然=荒ぶる神に打ち勝ちコントロールするのではなく、なだめて一緒に生きていきましょう…というのが日本における自然観であり多神教の考え方で、映画版「風の谷のナウシカ」は原作漫画の序盤を抜き出し見事にその「日本的自然観」に落とし込んでいます。ちなみにこの「日本的自然観」を如実に表した最近の映画が、本作で巨神兵を描いた庵野秀明監督の「シン・ゴジラ」だったりします。ある意味映画版「風の谷のナウシカ」と「シン・ゴジラ」の主題は同じと言えるでしょう。

 

「シン・ゴジラ」の総理はなぜ秋田県出身だったのか?

 

なお、原作漫画では、自然のメタファーたる腐海や蟲、さらにナウシカたち人間までもが「全部旧世界の科学者が環境改善のために作ったものでした!」という大どんでん返しがあり、そのうえでナウシカが人類滅亡にも繋がりかねない破壊と殺戮をやらかすのですが、そのストーリーも今読むと「ジョージ・ミラー絶対ナウシカの原作本も読んだだろ」と思ってしまうくらい「マッドマックス 怒りのデス・ロード」との共通項がありますが、それについてはまたいつか。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。