7月の 暦

テーマ:

securedownloadCA6FQRY2.gif062630s.jpgsecuredownloadCA6FQRY2.gif ようこそ!!cid_F1F6EB10B56D47098E74CF8A3A414BE5@FM41AF8660BF63.gif いらっしゃいませ~♪ securedownloadCA6FQRY2.gif つくし securedownloadCA6FQRY2.gif          

     5k2JFxLWp39aNYl1498635140_1498635625.png

 

7月の

  短冊に歌や字を書いて、書道の上達を祈った 七夕 の行事に因んだ 

「文披月(ふみひらづき)」が転じたものといわれています。

また、穂が見えるようになる頃であることから 「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあります。  

  「ふづき」とも読みます。 

 

海開き   7月1日   海開き

 

たなばた      

7月7日 「棚機(たなばた)」という神事が由来という説 日本では昔、乙女が着物を織って棚に供え、 神様を迎えて豊作を祈ったり人々の穢れを祓う 「棚機(たなばた)」という禊(みそぎ)の神事が行われていました。

神事に選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、 清い水辺にある機屋(はたや)に籠って神様のために心を込めて着物を織り、 その際使われるのが「棚機」という織り機です。 

仏教が伝わると「棚機」はお盆を迎える準備として, 7月7日の夜に行われるようになり、    織姫と 

「七夕」を「しちせき」ではなく「たなばた」と当て字で読んでいるのは 「棚機」からきていると考えられています。     短冊 

七夕の歌に「五色の短冊~私が書いた♪」という歌詞があるように、 短冊の色は五色でそれぞれに意味があります。 

これは、中国の五行説(ごぎょうせつ・万物は木・火・土・金・水の 5種類の元素からなるものという考え方)からきており、 

色や意味が当てはめられています。

緑(青)=木=徳を積む、人間力を高める

赤=火=父母や先祖への感謝の気持ち

黄=土=信頼、友人知人を大切にする

白=金=義務や決まりを守る 

黒(紫)=水=学業の向上 短冊のほかにも、

色とりどりの七夕飾りを吊るしますね。

 

梅雨明け    (7月上旬~中旬頃) 

   最初に梅雨明けするのは、沖縄県です。 

沖縄県は6月23日ごろに梅雨明けするのが平年値で、 

その後、少しずつ北上していき、 7月下旬ごろまでに日本全国梅雨明けします。 

(※北海道地方、小笠原諸島は梅雨の時期が定義されて

     おらず、統計がありません) 

海の日       7月17日(第3月曜日 

  海の日は「海の恩恵に感謝するとともに、

海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨とし、 

平成7年(1995年)に制定され、 平成8年(1996年)から施行された「 国民の祝日 」 のひとつです。

最初は7月20日が「海の日」とされていましたが、 

ハッピーマンデー制度によって平成15年(2003年)に, 7月の第3月曜日に変更されました。 ハッピーマンデー制度とは、企業や学校に週休二日制が浸透したことから、 月曜日を国民の祝日にすることで、 土曜・日曜・月曜を3連休とし、余暇を過ごしてもらおうという 趣旨で制定されたものです。 国民の祝日の一部を、固定日から特定週の月曜日に移動させました。 

 

夏休み開始   (7月20日前後) 

 

土用丑の日 7月25日 (7月下旬) 

                    (年によって異なる)

うなぎ 鰻重  

 「土用の丑の日」は春夏秋冬それぞれ1回~2回あるのですが、 「ウナギを食べる日」として私たちが認識しているのは夏だけですね。 日の並びによっては「ウナギを食べる日」が、 一度だけの年もあれば、二度ある年もあるようですが、 今年はどうでしょうか?

 

●、お中元   

  旧暦7月15日のことを「中元」と呼んでいました。

これは、中国から伝わった道教の「三元」という節目のひとつで、 1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」といいます。 この「中元」が、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ・お盆のこと)の日と重なったことから、 日本ではお盆の時期にお中元を贈るようになったといわれています。 旧暦と新暦では、約1か月のズレがあります。

 
AD

6月の 行事

テーマ:

securedownloadCA6FQRY2.gif062630s.jpgsecuredownloadCA6FQRY2.gif ようこそ!!cid_F1F6EB10B56D47098E74CF8A3A414BE5@FM41AF8660BF63.gif いらっしゃいませ~♪ securedownloadCA6FQRY2.gif つくし securedownloadCA6FQRY2.gif          Ub4F8gYwilvWzII1495761611_1495762410.png  !cid_2BB326909BAB4EA499616A9B270B8245@yourc4213611ef.gif          水無月     水無月

  「水無月」の”無”は”の”にあたる連体助詞ですので、

 「水無月」は”水の月”ということになります。

 田植えが済み、田に水を張る必要があることから

 ”水の月”→「水無月」と呼ばれるようになったようです 、

そういえば6月には「祝日」というものが存在しません。 

GW~海の日まで祝日がないのはなんとも寂しいものではありますが、 なんと過去にも6月に祝日が存在した事実は確認されていないのです。 

そもそも日本の祝日というものは、

 暦の上でのハレの日や天皇家に由来した節目の行事に、 国民的なお祝い事がある時に制定されるものですが、 

6月にはふさわしい日がないということで 祝日が制定されるまでに至らない という事も有って。

 ただし「国民的祝日」はなくても、千葉県や栃木県は、 6/15が「県民の日」となっているので、 

千葉や栃木の公立校に通う子供たちには貴重な「6月の祝日」 と、なっているようです。

 

衣替え       (6月1日)

 日本では、

6月1日と10月1日に衣替えが行われることが多いです。

 梅雨 / 梅雨入り ほとんどの地域では6月に梅雨入りします。      梅雨     時の記念日      6月10日 時の記念日    

  時の記念日 6月の有名な記念日と言えば

父の日よりも 時の記念日を挙げる人が多いかもしれません。

 日本政府では一時期この日を祝日へ制定しようと思っていた時期があったようですが、 祝日になるほどのインパクトはなく結局流れたとの事です。 

ちなみに時の記念日の大正9年に

 「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と、 制定されたものですが、それから100年近くたった現在では 「日本人は時間に正確すぎる」と欧米諸国から 言われるようになるとは当時の東京天文台も思っていなかった事でしょう。 

 

父の日     6月18日(6月第3日曜日) 父の日  

    父に感謝を表す日です。

 毎年 6月の第3日曜日に祝うので、 

当然のことながら日付は移動します 、

父の日の由来 母の日の由来は、

戦前の「地久節(ちきゅうせつ)=皇后の誕生日」という祝日です。 1931年(昭和6年)に地久節の3月6日が母の日と定められました。 そして、戦後のアメリカ文化の流入によって 5月の第2日曜日を母の日とするようになり、 現在に至っています。 

父の日もまた、戦後に母の日とともに日本伝わり、 

普及していったと考えられます。

 しかし父の日には、 地久節を母の日と定めたような日本独自の歴史がないのです。 

 つまり、外来文化の一つということになります。

 
AD

5月の 行事

テーマ:

securedownloadCA6FQRY2.gif062630s.jpgsecuredownloadCA6FQRY2.gif ようこそ!!cid_F1F6EB10B56D47098E74CF8A3A414BE5@FM41AF8660BF63.gif いらっしゃいませ~♪ つつじ2 つつじ2 

!cid_2BB326909BAB4EA499616A9B270B8245@yourc4213611ef.gif 

☆★☆五月(皐月・さつき)☆★☆

>>皐月<< 

早苗を植える時期「早苗月(さなえづき)」を略したもの。

 耕作を意味する古語の「サ」が元になっているという説もあります。 

  ※「皐月」の”皐”には「神に捧げる稲」という意味があります。 季節:初夏(しょか) 

  ※立夏から芒種の前日まで。   

新緑が美しい季節となる5月は、

 大型連休(4/29、4/30~5/1~5/5)から始まる月で、 

日本各地で大きなイベントやお祭りが盛大に開催される。 

鯉のぼりや武者人形を飾る伝統の行事、

    端午の節句もあります。 

また、進学や就職、転勤で春から生活環境が変わった方にとっては 

やっと新しい生活に慣れ始める時期でもありますので 

公私に渡ってより充実した時間を過ごす方も多い事でしょう。

 因みに、旧天皇誕生日が平成になってから、

みどりの日となったのは 昭和天皇が大変植物に造詣が深く自然を愛された方だったからとの事で、

 現在、5月4日に記念日が映った後も国公立の公園が無料開放され 自然に親しめる様々なイベントが行われていますよね。

 また、ゴールデンウィークも後半に差し掛かるみどりの日は 3日の憲法記念日、5日の子供の日に挟まれ 曜日の周りに関係なく例年、3連休の真ん中に当たる事から、 多くの行楽地では新緑の中レジャーを楽しむ人が多いひですね。

 

八十八夜    5月2日(2017)     立春から数えて八十八日目にあたる日で、  

だいたい5月の始めころ(2日前後)になります。

 この日を過ぎると霜などの心配が無くなり、 

稲や野菜などの種まきの目安とされていました。

 この日を境に、茶摘みが最盛期に入り、八十八が縁起の良い数であることからも、 この日に摘んだお茶は極上で、

このお茶を飲むと長生きするといわれています。   

 

憲法記念日     5月 3日 日本国憲法    

  憲法記念日、5月3日は1948年に 

「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する日」

 と、法律で定められました、 そして、新しい憲法が施行された。 「祝日」  にふさわしいという思いが全国にあったようです。

 

みどりの日     5月4日       みどりの日 

  みどりの日は元々、

旧天皇誕生日の4月29日だった記念日ですが

 みどりの日が昭和の日と改名された事に伴って2007年から

5月4日 となった『国民の祝日』 が現在の『みどりの日』 す。 

 こどもの日      5月5日 3匹のこいのぼり 兜      

  端午とは月の初めの午(うま)の日のことですが、

 古代中国で5月を物忌みの月とし、

5が重なる5月5日に、 さまざまな邪気を祓う行事を行いました。これがやがて日本に伝わり、 よもぎや菖蒲(しょうぶ)で厄除けするようになり、 武家社会になって、男の子の出世を祝う日になったのです。 現在では、男の子だけでなく、女の子も含めた

「こどもの日」として、 未来社会を担う子供達の健やかな成長  を   願う、  

 『 国民の祝日 』    です。

 5月5日の子供の日は、ゴールデンウィークの最終日となる事もある 5月の記念日のひとつで、鯉のぼりを上げ、兜や武者人形を飾り チマキや柏餅を食べてお祝いする昔からの行事です。 尚、法律で定められた国民の祝日である子供の日の趣旨は 『子供の人格を重んじ、子供の幸福を図るとともに、母に感謝する』 事、1948年に制定された馴染みの深い記念日でもあります。  

 

母の日      5月 14日        母の日 

  アメリカから生まれた習慣で、

クリスチャンの女性が自分の母の命日に、  

信者の人たちに白いカーネーションを配ったのが始まりです。 

5月の第二日曜に定まったのは戦後の事で、

 お母さんが健在な人は赤いカーネーションを、

 亡くなった人は白いカーネーションを胸に飾って感謝の心を新たにします。

AD

3月の 行事

テーマ:

      securedownloadCA6FQRY2.gif062630s.jpgsecuredownloadCA6FQRY2.gif ようこそ!!cid_F1F6EB10B56D47098E74CF8A3A414BE5@FM41AF8660BF63.gif いらっしゃいませ~♪       春の   

       4月の行事

  4月(しがつ)は、 

グレゴリオ暦で年の第4の月に当たり、30日ある。

 日本では、旧暦4月を卯月(うづき)と呼び、

 現在では新暦4月の別名としても用いる。 

卯月の由来は、卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」を、

 略したものというのが定説となっている。 

しかし、卯月の由来は別にあって、 

卯月に咲く花だから卯の花と呼ぶのだとする説もある。

 「卯の花月」以外の説には、 

十二支の4番目が卯であることから「卯月」とする説や、

 稲の苗を植える月であるから、  

 「種月(うづき)」「植月(うゑつき)」  「田植苗月(たうなへづき)」「苗植月(なへうゑづき)」 で, あるとする説などがある。

 他に「夏初月(なつはづき)」の別名もある。 

日本では、新年度または新学期の時期として有名であり、 

学校・官公庁・会社などでは当月に入社式・入学式が行われ、      

 前月の3月と同様に慌しくなる。世帯数や人口は少ないが、

 「卯月」という姓(名字)も存在する。 

4月は毎年7月と同じ曜日で始まり、閏年には1月とも同じとなる。     

 英語での月名、Aprilはラテン語の Aprilis、 

ウェヌス(相当するギリシャの女神アフロディーテのエトルリア名Apruより),    

に  捧げられた月。

 

エイプリルフール     4月1日  

                4月1日       

 エイプリルフールの由来はフランス? 4月の年中行事/April Fools' Day

 1年に一度、4月1日にウソをついてもいいとされる不思議な年中行事、 

エイプリルフール(April Fools' Day)。

 日本では「四月馬鹿」とも訳される。

 一説によれば、ウソをついていいのは4月1日の午前中までで、 

午後にはウソであることを明かさないといけないというルールや、

 エイプリルフールについた嘘は1年間実現しないというジンクスなどもあるという。 花祭り                                 4月8日 

  桜 花見   

    ブッダ(お釈迦様)の誕生日。

  「潅仏会(かんぶつえ)」「仏生会(ぶっしょうえ)」「降誕会(ごうたんえ)」

       とも、いいます。 

インド古来の行事で、日本では推古天皇(すいこてんのう)の時 (7世紀初め)に、

  すでに行われていました。 

 「花祭り」の名は明治時代に浄土宗で用いた言葉とされていますが、 

現在は宗派を問わず用いられています。

 お寺にお参りして、

草花を飾った花御堂に安置された誕生仏に甘茶を注ぎ、礼拝します。

 甘茶はブッダ誕生の時、九体の竜が香湯を注いだという

  伝説に基づいています。

 

  十三参り                         4月13日  

  主に関西(特に京都)に伝わる習慣で、陰暦の3月13日、

 現在の4月13日に数えで13才になった男女が 

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)にお参りします。

 虚空蔵菩薩は智恵と福徳の仏として知られ、 

 13番目の菩薩であることから、 

13のつく日に13才になった子どもがお参りし、

 知恵と福徳を授かる風習が生まれました。

 「智恵もらい」「智恵参り」ともいいます。

 13才は生まれた年の干支が初めて巡って来る年にあたります。

 この頃は、男女共に精神的にも肉体的にも子どもから大人へと、 

変化する大切な節目とされていました。

また、 女の子は初めての厄年にあたることから、 

厄落としの意味も込められています。       

  後ろを振り返らない 

 お参りの帰り道に後ろを振り返ると、

 せっかく授かった智恵がなくなってしまうので 

 決して後ろを振り向いてはいけないという言い伝えがあります 。

 

昭和の日                         4月29日  

       昭和の日     

  激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、

 国の将来に思いをいたす日。 2007年(平成19年)から 

     「国民の祝日」、に加えられます。 

昭和の時代は「天皇誕生日」でした。

3月の 行事

テーマ:

securedownloadCA6FQRY2.gif062630s.jpgsecuredownloadCA6FQRY2.gif ようこそ!!cid_F1F6EB10B56D47098E74CF8A3A414BE5@FM41AF8660BF63.gif いらっしゃいませ~♪ つくし Srq9Qt4bpZZTDqF1487835394_1487835855.pngつくし 

  Spring is in   

       春が来たぁ~~~    

    弥生(やよい)      

 草木がいよいよ生い茂る月という意味。  

 「弥」には、いよいよという意味、  

 「生」には生い茂るという意味があります。

 日本では、旧暦3月を弥生(やよい)と呼び、

 現在でも新暦3月の別名としても用いる。

 他に、花月(かげつ)、嘉月(かげつ)、花見月 (はなみづき)、

夢見月(ゆめみつき)、桜月(さくらづき)、暮春(ぼしゅん)等の別名もある。 

日本では年度替り(主に会計年度や学年)の時期として有名である。

 月を通して卒業式や送別会が行われ、

     出会いと別れの時期でもある。 

また、春休みに該当する当月末には、人事異動が行われたり、

 多くの学校・会社・官公庁などが引越しや移行作業、

新生活の始まりなどで忙しくなる。 

 

ひな祭り       (3月3日)

    ぼんぼり hinaninngyo.gif ぼんぼり 

   ひな祭り(雛祭)は、女の子の健やかな成長を願う行事です。

 女の子のいる家庭では、雛人形を飾り、

白酒・ひし餅・あられ・桃の花などを 供えて祭ります。

◆上巳・桃の節句 上巳(じょうし)は、旧暦3月3日の節句で、

 桃の花が咲く季節であることから「桃の節句」とも呼ばれました。 

上巳とは3月の最初の「巳(み)」の日のことです。

 日本には王朝時代にこれらの行事が取り入れられ、

 やがて紙で小さな人形・形代(かたしろ)を作り、 

そこに穢れを移し、川や海に流してお祓いをするようになりました。 

現在でも「流し雛」の風習に名残りが見られます。 

上巳の厄祓いの形代が、

女の子が紙の人形や調度で遊ぶ「ひいな遊び」と合体し、

     ひな祭りとして発展していきました。  

 

お水取り(東大寺二月堂)   (3月12日)         

   お水取り   

   奈良の東大寺二月堂では、 

 3月1日から修二会(しゅにえ)の本行が始まり、

 14日間にわたって華麗な水と火の行法(ぎょうほう)が行われます。

 もともと旧暦の2月1日から始まる本行でしたので「修二会」と呼ばれ、 

  二月堂の名の由来にもなりました。

 古くから「修二会が終わると春がやってくる」といわれるように、

      関西に春を呼ぶ行事です。 

 お水取りの儀式の後に達陀(だったん)の行法が行われ、

 大松明を持った練行衆が本道の回廊を駆け回ります。 

参拝者は、この火の粉を浴びると無病息災でいられるといわれ、 

   燃えさしを拾ってお守りにする人もいます。 

 

 春日祭       (3月13日) 

  春日祭(かすがまつり)は奈良の春日大社の例祭で、

 葵祭、石清水祭とともに三大勅祭(ちょくさい)

 天皇の命令によって営まれる祭)に数えられます。

 850年(嘉祥3年)に始まり、 古くは旧暦2月と11月の「申(さる)」の日が祭日でしたので 「申祭」ともいわれます。

 

ホワイトデー    3月14日

   バレンタインデーの1カ月後を「ホワイトデー」と呼んで、

 お返しとして男性から女性へキャンディやマシュマロをプレゼントしますが、

 これは日本独自の習慣です。 

日本でバレンタインデーが定着したのは1970年代。

  やがて若い世代に「お返し」の風潮が生まれる。、 

            バレンタイン 

 老舗のお菓子屋さんが「バレンタインデーのお返しの日をつくって

 商品をPRしよう」 と、企画。 

2月14日の1カ月後になる3月14日を「お返しの日」とし、 

当初は「マシュマロデー」としていましたが、

 お菓子業界がクッキー、キャンディ、ホワイト・チョコレートなど、 

様々なお返しの品を掲げ宣伝販売するようになり、 

全国飴菓子工業協同組合が「ホワイトデー」として催事化し 人気行事となりました。 

 

春分の日   (3月20日)           ぼたもち 

  「春分の日」「秋分の日」には、昼と夜の長さがほぼ等しくなります。

  彼岸(ひがん)の中日(ちゅうにち)でもあり、 

「寒さ暑さも彼岸まで」といわれるように、 

寒気や暑気が一段落してしのぎやすくなる頃です。 

祝日法では、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日とされ、 

        国旗「 国民の祝日 」 です。

「 彼岸 」 「春分の日」と「秋分の日」を中心とした、 

 それぞれ前後3日間の計7日間が「彼岸」です。         

     つくし坊        

     【 春彼岸 】 

  3月17日:彼岸入り 3月20日:

  彼岸の中日(=春分の日。祝日)

   3月23日:彼岸明け

 

 

2月の行事

テーマ:
securedownloadCA6FQRY2.gif062630s.jpg securedownloadCA6FQRY2.gifようこそ!!cid_F1F6EB10B56D47098E74CF8A3A414BE5@FM41AF8660BF63.gif いらっしゃいませ~♪       2月 如月(キサラギ) 
2月(にがつ)はグレゴリオ暦で年の第2の月に当たり、
 通常は28日、閏年では29日となる。
 他の月の日数が30または31日なのに対して、
 2月だけ28または29日なのは アウグストゥスが紀元前8年、
 8月の日数を30日から31日に変更し、
 そこで不足した日数を2月から差し引いたためである。 
それ以前のローマ暦では、年初は3月であったため、
 単に年末の2月から日数を差し引いた。
 欧米での呼び名である February は、
 ローマ神話の フェブルウス (Februus) をまつる
  祭りから取ったと言われている。
 
                 (2月3日)
              
   「節分」は「せち分かれ」とも言い、本来季節の変わり目、 
すなわち立春・立夏・立秋・立冬の前日を指す言葉です。
 特に現在は立春の前日(2月3日)を「節分」と言い、 
豆をまいて悪疫退散や招福の行事が行われます。 
豆まき「まめ」は「魔目」「魔滅」。 
鬼に豆をぶつけて追い出そうという意味です。
 現在でも、節分には家庭や寺社で「鬼は外、福は内」 と、
 唱えながら豆まきをして厄除けし、幸せを願います。     
★ 恵方巻き     ( 本年の恵方は「北北西」 )
               
 恵方巻、恵方巻き(えほうまき)は、
 節分に食べると縁起が良いとされる太巻き、
 またはそれを食べる関西(大阪を)中心とした風習。 
別称として「丸かぶり寿司」「恵方寿司」「招福巻」「幸運巻」「開運巻き寿司」
 などと表現されることもあります。
 最近は関東でもこの恵方巻きを食べる方が多くなっているようです。 
 
   (はつうま)         (2月3日)      
  2月の最初の午の日が「初午」です。
 稲荷神社の総本社・伏見稲荷大社の祭神の稲荷大神が、 
奈良時代の711年(和銅4年)2月の初午の日に
 稲荷山に鎮座したという言い伝えにちなみ、
 全国各地の稲荷神社で祭礼が行われます。 
初午の祭礼は、家内安全・商売繁盛を願う人でにぎわい、
 参拝者はお守りの杉の小枝を持ち帰り、豊作や幸福を祈願します。
 稲荷神のお使いであるキツネにちなみ、
 油菓子や油あげをお供えしたり、食べたりする風習もあります。
 
                 (2月4日)   
  立春は、冬至と春分の間の2月4日頃に当たります。
 また、この日から雨水(2月19日頃)までの期間を 立春と呼ぶこともあります。
 立春は冬と春の分かれる節目の日である「節分」の翌日で
 「寒さがあけて春に入る日」いわば春の初日です。       
      ★ 春一番    
 立春後はじめて吹く南寄りの強風が「春一番」です。 
気象庁の定義では、立春から春分の日の間に、
 日本海低気圧によって、 南寄りの最大風速8m以上の強い風が吹き、
 気温が上昇する現象を指します。
 以降、2回目、3回目の同様の強風を 「春二番」「春三番」といいます。 
 
       (2月8日)  
  2月8日と12月8日は針供養(はりくよう)の日。
 使えなくなった針に感謝を込めて供養します。
 地方によって、どちらか一方の日に行うところも、
 両日とも行うところもあります。
 折れたり、曲がったりして使えなくなった針を集め、
 豆腐やコンニャクなどの柔かいものに刺したり、紙に包むなどします。 
それを神棚に供えたり、神社に納めて供養し、針仕事の上達を祈ります。
 使える針もこの日は手にせず、 女性は裁縫を休みました。
 2月8日は「御事始め(おことはじめ)」、 
12月8日は「御事納め(おことおさめ)」の節目でもあり、
 針仕事を休む日とされていました。
 
    (2月11日)  
  日本では、実際の建国日が明確ではないため、
 建国神話を基に、建国を祝う日として     
    「国民の祭日]  と、定められました。  
 
                 (2月14日)  
           
  海外などでは、バレンタインデーには、
 男女間だけでなく家族や友人に カードやプレゼントを贈りあうのですが、
 日本では女性から男性へチョコレートを 添えて愛の告白をする日として定着しています。 
そもそもチョコレートを贈るようになったのは、 
「メリーチョコレート社」が伊勢丹で販売したことが きっかけで
   これほどのビッグイベントとして定着しました。

1月の 行事

テーマ:

securedownloadCA6FQRY2.gif062630s.jpgsecuredownloadCA6FQRY2.gif ようこそ!!cid_F1F6EB10B56D47098E74CF8A3A414BE5@FM41AF8660BF63.gif いらっしゃいませ~♪   0znULbG9SrjpCJ21483418078_1483418321.png !cid_2BB326909BAB4EA499616A9B270B8245@yourc4213611ef.gif

 

元旦       1月1日

門松 鏡餅 門松

 「元旦」と「元日」の意味が異なります。

昨今では「元旦」=「元日」として使われることもありますが、  

元日は1月1日のことをいうのですが、

元旦は、1日の朝をいいます。

「お正月」といえば1月1日を浮かべますが、

「お正月」は1月1日~3日、或いは1月1日~7日を指します。

● 初詣    

一般的には「正月三が日までに参拝したもの」をいいますが。

実は特に規定はありません。

1月中に参拝するものを初詣としたり、

年明け最初の参拝を初詣とする考え方もあります。 

● 初日の出   

       初日の出

書初め    

1月5日には日本武道館で 「書き初め大会」も行われてもいます。

しばらく筆や墨に触れていない方も、たまには、

心を静めて、「書き初め」をしてみるのも良いかもしれません。

ちなみに「書」ではなく「絵」を書いてもいいそうです。

箱根駅伝   1月2日~3日

 毎年中継される「箱根駅伝」。

正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」といいます。

たかが駅伝、されど駅伝!

寒い中激走する姿は、観る者をアツくさせます!

根強いファンも多いこの「箱根駅伝」は、

まさにお正月の風物詩ですね^0^

!cid_443589B1BD5F40B7AB18E030A9F48F76@yourc4213611ef.gif (人日の節句)      1月7日   

「七草」を刻んで混ぜ込んだ「七草粥」を食べる日です。

七草とは、「人日の節句じんじつのせっく」 の日である1月7日に、

この日に七草がゆを食べると、

1年間無病息災で過ごせるといわれています   

「人日の節句」とは、節句せっくの一つです。

「節句」とは、七草のように伝統的な年中行事を行う節目を表す暦をいいます。

節句には、人日の他に3月3日の「上巳じょうしの節句(ひな祭り)」や、

七夕の日である7月7日の「七夕しちせきの節句」など全部で5つがあります。   

ちなみに 「 七草 」  

 ① 芹(セリ)  

 ② 薺(ナズナ)  

 ③ 御形(ゴギョウ)  

 ④ 繁縷(ハコベラ)  

 ⑤ 仏の座(ホトケノザ)  

 ⑥ 菘(スズナ)  

 ⑦ 蘿蔔(スズシロ)

鏡開き      1月11日

 硬くなった餅を「切る」とか「割る」と言わずに「開く」というのは、

鏡餅に歳神様が宿っていると考えるためです。

「切る」とか「割る」では、まるで神様と縁が切れてしまうようですよね。

だからこその「鏡 “開” き」です。

成人の日     1月9日    

 平成11年までは1月15日だった「成人の日」ですが、  

現在は1月の第2月曜日となっており。  

国民の 「 祝日 」 と、なっております。  

 ドンドン焼     1月15日   

    どんどん焼き    

 お正月飾りの門松やしめ縄、書き初めなどを集めて、

燃やす行事が「どんど焼き」です。

その残り火でお団子やお餅を焼く地域もありますよね。

「どんど焼き」の火に当たったり、

「どんど焼き」で焼いたお団子やお餅を食べると、

1年間健康に過ごすことができると言われています。   

 

   本年も どうぞ宜しく お願いします。

  !cid_41AC2F9E1DB044DA97CDE0128018C7BF@FM41AF8660BF63.gif

元日

テーマ:

                        

                      2017年  元日     

                   

     

         

    本年もどぞ宜しく

            お願い致します

12月の 行事

テーマ:

http://stat.ameba.jp/user_images/20161127/16/huruuru/83/ec/j/o0258019513808022357.jpg   http://stat.ameba.jp/user_images/20161127/16/huruuru/83/ec/j/o0258019513808022357.jpg   http://stat.ameba.jp/user_images/20161127/16/huruuru/83/ec/j/o0258019513808022357.jpg 

http://stat.ameba.jp/user_images/20161127/16/huruuru/53/93/j/o0256013413808021842.jpghttp://stat.ameba.jp/user_images/20161127/16/huruuru/44/2e/g/o0215003713808020209.gif

 

http://stat.ameba.jp/user_images/20161127/16/huruuru/9a/6a/g/o0158003813808021204.gif     12月中旬~下旬

               (おおそうじ)

正月を迎えるため、隅々までも掃除し、

一年間の汚れを取ること。

家中をきれいにして、正月の神様を迎える。

冬至の行事    12月22日 (2016)

冬至には、柚子湯に入り、

かぼちゃを食べる風習があります。

小豆粥(あずきがゆ)を食べる地方もあります。

二十四節気の一つ。大雪から15日目頃。

太陽の黄経が270度の時。旧暦十一月の中。

一年のうちで、もっとも昼が短く、夜が長い日。

この日を境に昼が徐々に長くなる。

 

    一陽来復         (いちようらいふく)

北半球では、冬至の日の太陽の高度は最も低くなります。

一年のうちで、最も夜が長く昼が短くなりますが、

この日を境に昼間の時間が徐々に延びていきます。

このことを「一陽来復」

すなわち「陰が極まり陽にかえる」と考え、

これを冬至の別名としています。

 

      12月23日

         (てんのうたんじょうび)

  http://stat.ameba.jp/user_images/20161127/16/huruuru/51/db/p/o0259019413808022159.png

 

今上天皇の誕生日(1933年)。

「天皇の誕生日を祝う」趣旨の [  国民の祝日 ]   。

平成元年(1989年)に制定。

 

 

     12月24日

   http://stat.ameba.jp/user_images/20161127/16/huruuru/ff/1d/j/o0268018813808022669.jpg

 

クリスマスの前夜。

キリスト降誕の前夜祭として、

クリスマス当日にかけてミサが行われる。  

       12月25日

 

キリストの降誕祭。

西欧などキリスト教の国では、祝祭日にしている所が多い

キリストの降誕祭。

西欧などキリスト教の国では、祝祭日にしている所が多い。

冬至とクリスマス

クリスマスはキリストの誕生日とされています。

そして、西暦はキリストの誕生年から数えられています。

しかし実際には、キリストの誕生日も誕生年も

定かではありません。

誕生年は、中世の学者の調査から算出されていますが、

明確な根拠はありません。誕生日とされるクリスマスは、

太陽の新生を祝う「冬至の祭り」がキリストの誕生に

ふさわしいとして結び付いたもの、と考えられています。

また、西欧では古くは、12月25日の「冬至」の日を

一年の始まりと考えていました。

クリスマスカードに

Merry Christmas & Happy New Year !

(メリー・クリスマス アンド ハッピー・ニュー・イヤー)

と書かれるのは、この考えによるものです。

 

        12月31日

      (おおみそか)

一年の最後の日。

新年の準備を整え、夜は寝ないで歳神様を迎える。

 

http://stat.ameba.jp/user_images/20161127/16/huruuru/8a/fb/g/o0174003813808020373.gif

     http://stat.ameba.jp/user_images/20161127/16/huruuru/f5/af/p/o0250020113808023248.png

     

      大晦日の夜には、日本中のお寺で除夜の鐘が

撞(つ) かれます。除夜の鐘は仏教思想に基づいた

行事で、中国宋代に始まったといわれています。

日本では、奈良時代には鐘を鳴らす習慣があった、

とされています。

百八つ鳴らすのは、十二ヶ月と二十四節気、七十二候を

合計した数だといわれています。

後に、人間には108の煩悩(ぼんのう)があり、

それを祓(はら)うために百八つの鐘を鳴らすのだ、

といわれるようになりました。

8月の 行事

テーマ:
securedownloadCA6FQRY2.gif062630s.jpgsecuredownloadCA6FQRY2.gif
ようこそ!!cid_F1F6EB10B56D47098E74CF8A3A414BE5@FM41AF8660BF63.gif いらっしゃいませ~♪

securedownloadCA6FQRY2.gifsecuredownloadCA6FQRY2.gif

花火!cid_C678B69F234949D983CC333F7EF429F2@yourc4213611ef.gif

葉月(はづき) 
 旧暦では落葉が始まる秋の訪れの頃。
 木の葉が落ちる「葉落月(はおちづき)」、
 初雁が来る「初来(はつき)」などが変化したといわれます。


!cid_780B556AE7AA4072A344F8A19594F085@yourc4213611ef.gif        8月7日(木)
 8月7日頃(2016は、8月7日)。
 および処暑までの期間。
 太陽黄径135度。
 大暑から数えて15日目頃。
 朝夕が涼しくなり、秋の気配が立つ日。
 立春からちょうど半年が経過し、この日から立冬の前日までが秋。

 暦の上では秋になりますが、日中はまだ残暑が厳しく、
 1年で最も気温が高くなる時期です。
 この頃は、月遅れのお盆を前に各地で夏祭りが開催されます。

 !cid_53FCC6D9F3E04A86B10B590535BAD71A@yourc4213611ef.gif      8月11日
            山の日
山の日は、2014年(平成26年)に制定され、
2016年(平成28年)に施行された日本の国民の祝日の一つである。
国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条では、
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としているが、
山に関する特別な出来事などの明確な由来があるわけではない。
「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第43号)」
が、 2016年1月1日に施行され、8月11日は同年より
        国民の祝日「山の日となった。
この祝日が制定されたことで、
祝日の制定がない月は6月のみとなった。

!cid_38EBDF08D1864DE49B2502AACB21E104@yourc4213611ef.gif           8月15日
momi.jpg
正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と言い、夏に祖先の霊を祀る行事。
元々は旧暦の7月15日を中心としたものだったのですが、
現在は月遅れにあたる8月15日が一般的になっています。
【準備】
             お参り

年に一度、ご先祖様が里帰りされるお盆。
門口で迎え火を焚き、先祖霊が迷わぬように盆提灯を灯して迎え、
お仏壇や精霊棚をきれいに整え、花や果物、食物をお供えし、
菩提寺のお寺様にお経をあげていただきます。

【由来】
お盆は、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。
仏教発祥の地、インドの祖先崇拝から端を発したとも言われており、
子孫が絶えて供養がなされない祖霊は、逆さ吊りの苦しみを受けると言われていました。
この逆さ吊りの苦しみを意味する梵語が「ウランバナ」で、「盂蘭盆」へとなったとされ、
霊前に食物を供え供養した信仰が、仏教と融合したとも言われています。
また、お釈迦様の弟子の目連(もくれん)という人が餓鬼道におちた母親を救済する為に、
お釈迦様の教えに従い、夏の終わり7月15日に行なわれる自恣(じし)の時に、
一堂に集まる僧侶たちのお盆の上に食物を供し供養したところ、
母親を救うことができたという逸話からきているという説も一般的に知られています。
【馬・牛人形】 
              obon-img-4.jpg
お盆の精霊棚にはキュウリで作った馬とナスで作った牛を飾ります。
そのいわれは、久しぶりにこちらに帰ってこられるご先祖の霊が足の速い馬に乗って、
少しでも早く帰ってきてくださるように、また牛に乗って、ゆっくりとあの世へお戻りください、
という彼岸の方への心やさいし思いやりであり、
この世に生きる私たちの願いがこめられて、生まれたと言われています。
尚、市販の馬・牛人形でもけっこうです。

【ほおずきとお盆】
お盆のお飾りに用いられるほおずきは「鬼灯」とも書きます。
                    ほううずき
ご先祖様が提灯等の灯を頼りに帰ってこられることから、
途中で迷われないようにとの心づかいをもって,
提灯に見立てて飾られるようになったといわれています。

【迎え火】
13日には、ご先祖様が迷わず帰って来られるように迎え火を焚き、
お盆提灯を道しるべとして、
また安らかに成仏していただくための祈りと感謝の気持ちを込めて飾ります。
【中日】
  8月14日から15日
【送り火
送り火
16日には、ご祖先様をお送りするため、帰り道を照らす送り火を焚きます。
これを精霊送りといい、京都の夏を彩る大文字の送り火も、
毎年行われる精霊送りの行事のひとつです。
尚、お盆提灯は、お供えとして最高のものとされ、
その数が多いほど故人が慕われていた事を示すといわれています。( 関西の一般的な例)

!cid_C454C9F2F865470CB862B58D674D982F@yourc4213611ef.gif    8月 23日 (土)
8月23日頃(2014年は8月23日)。
 および、白露までの期間。
 太陽黄径150度。
 立秋から数えて15日目頃。
 暑さが和らぐという意味。
 萩の花が咲き、穀物が実り始める

securedownloadCA6FQRY2.gifsecuredownloadCA6FQRY2.gif