『東洋ショー』 ストリップ初心者の独り言(^3^)

東洋ショーの本格ストリップの素晴らしさに魅せらた男の応援ブログ


テーマ:

永久(とわ)の愛を祈る二人の恋が、時空を超えて・・・・



 大正浪漫、二体の狐が祭られた とある神社の境内

スケッチブックに筆を走らす、学帽に赤いマスラーを巻いた書生姿の青年 あすか

そこに通りかかる小袖に袴姿の女学生 茶織

偶然出会った二人は惹かれ合い、恋に落ちていく

そんな二人は、その神社で幸せな未来、「永久の愛」を祈るのだった

しかし、二人を引き裂くようにあすか青年は胸の病「労咳(ろうがい)」に

二人の恋はあすか青年の「死」で幕を閉じてしまう


二人の別れを見つめる二体の狐


 時は流れ現代、場所はあの神社

スケッチブックに絵を描く、学ランに赤いマフラーを巻いた 茶雄

そこに通りかかる、チェックのスカート胸にはリボンの制服姿 女子高生 あすか

性別は変われど、時を経て生まれ変わり再会をはたす

しかし前世のことなど知る由もない二人

そんな二人は運命に導かれるように再び惹かれ合い、恋に落ちる

そして、“あの日”神に祈った二人の愛は永久(とわ)のものになるのだった。



                        「ハルジオン」CHAO & ASKA
                                      あすかみみ・鈴木茶織


注)このストーリーはあくまで私自身の解釈であり、お二人に作品についてお尋ねしたわけではありません。妄想と思ってご容赦下さい。



「CHAO & ASKA」というふざけたチーム名に「ハルジオン」という演題。
てっきりコメディータッチの作品だと思っていました。
どうせなら作品名「アンナカ」でも良かったのでは?という心の声もしますが(笑)
その予想を見事に裏切られた形となった今回の遠征。素晴らしいチームショーを見せて頂きました。



わたしが「非常に良く出来てる作品だなぁ」と感じいった点をいくつか述べさせていただきたいと思いますので、宜しければもう少しお付き合い下さい。


・セリフがないストリップであってもストーリーがしっかり把握出来る。35分ほどの時間があっという間に感じられるほど、客席を飽きさせない上手い構成になっている。

・小道具の使い方、その効果。

 二人の絆を現す「赤いマフラー」
 意に反して隔絶された二人の気持ちを表現するのに用いた「障子」
 時代を超えて二人を見つめる「二体の狐」

・時代が変わって男女が入れ替わる展開、そのキャスティング。

 黒髪セミロングで、キリっとした顔立ちの茶織さんが大正時代の女性役。
 茶髪ショートで、愛くるしい顔立ちのみみさんが現代の女性役。
 それぞれの時代の女性としっかりハマっていると感じました。

 又、時代を超えて男女が入れ替わるというストーリーが、ソロのベッドパートをちゃんと女性(役)が行うことで、ストリップによくある「性別をイメージして観ないとストーリーが破たんしてしまう」ということがないようにしている。男性(役)はあくまで男性であるという設定をくずさない。

・ストーリー上、若い二人の直接的なからみ(ベッドシーン)がないことで、青春ラブストーリーとして観るものをさわやかな気持ちにさせ、「ほっこり」とした感動を生む仕上がりになっている。

・大団円とも言えるラスト 二匹の可愛い狐によるベッドパート。コンビネーションポーズもまじえ、しっかりとストリップのチームショーとして成立させたことも、この作品の構成が素晴らしいと思う所以である。

・オープンショーで見せる二人の悪ノリ。握りしめたこぶしを突き上げる“あの曲”に合わせて、炸裂する茶織さんのエアギター。最後はしっかり盛り上がってショーを閉じる。


ひとつだけ難点を上げるとすればダンスパート。お二人の持つダンスレベルやそのクオリティーからすると若干物足りなさを感じるの私だけでしょうか?
まだ楽日まで日もありますし、再演などがあるのであれば更なる進化を遂げる作品になると信じております。

「東洋ショー」で再び チーム「CHAO & ASKA」を拝見出来ることを切に願います。



久しぶりに書いたブログでしたが、最後までお読みいただきましてありがとうございます。


また、そのうち・・・・・・(笑)
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
形容し難いこともある。


篠崎ひめのことである。



篠崎ひめという唯一無二と言っても過言ではない踊り子が10月10日の川崎ロック座の公演を最後に引退した。

彼女のことを『天才』『一流のエンターテイナー』『ストリップをするためにデザインされた』など、いろんな言葉を用いて彼女の素晴らしさを表現されているが、わたしにはどのように形容していいのか解らない。

ただストリップ歴2年に満たない初心者のわたしでも彼女のたぐいまれなるステージング、その素晴らしさは理解出来る。そして彼女が大好きです。昨年の1月に初めて出会ってから一番強く心に残っている作品は今年の東洋正月公演で初めて観た『春』。その時の彼女の姿に涙するほど感動し“愛”を感じた。ファン歴の長い方であれば分かりきったことかもしれないが、それまでのわたしは彼女の演目や表現力に感動は受けても、彼女のステージに込められた心に染み込むような“愛”を理解していなかったのだ。

彼女のステージにはそのダンスポテンシャルだけでなく、作品の構成から使用曲、衣装の細部にいたるまでこだわりぬいたものがあり、またそこにはメッセージ性、優しさ、愛らしさ、エロティシズムがある。そして“愛”があるのだ。

多くのファンに愛され、逆にストリップのステージやファンを愛した篠崎ひめ。引退が決まってからは、一度でも多くそのステージを見ようとたくさんのファンが劇場に足を運んだ。そこには彼女のファンでなくとも、彼女のステージの素晴らしさや愛らしさを最後にもう一度見たいと思わせるものがあった。



今から思えばあの時の言葉の意味が・・・・という会話がある。

2中の芦原劇場初日にひめちゃんに会いに行った。その時に「(2009年にデビュー10周年を記念して出した)写真集はもうないの?」って聞いたのだが、「もうないよっ」との返事だった。
その後ネットで探すも無い状態でした。4頭東洋で『また写真集出したりしないの?』と、半ば冗談で聞いてみると、『また出すよ、待っててね』と意外な返事が返って来た。その時は出すタイミングとしては不自然だし、大分先に出版する可能性があることを暗に言ってだけなのかもしれないと思いながらも少しだけ期待していた。そして発表された10月の引退。その時にやっとその言葉の意味“引退記念出版”が予定されていることを理解したのだ。


そこに舞い込む大舞台『浅草ロック座』出演の情報。

昨年の12月以来2度と遠征はするまいと決めていた(芦原は遠足扱い)が、浅草ロック座にひめちゃんが乗るとわかった時点でその決意はあっさり消えてしまった。

浅草ロック座の舞台で篠崎ひめは篠崎ひめらしく踊れるのか?そんな不安を一蹴する舞いであった。毎回違うベッドでの舞いに感動し、しびれるような感覚を味わった。何より浅草の舞台であってもファンが期待している篠崎ひめであったことが嬉しく、やはりその存在感や舞いは唯一無二であった。

そして、13周年にあたる9結東洋ショーでは前半に4個出し、後半も4個出し。それにステージ撮影会の2作品を含めると1香盤10個出しをやってのけた。

客席ではそのステージを瞬きするのも勿体ないと言わんばかりに目に焼き付けようとするファンで溢れた。

そして迎える10月10日の川崎ロック座引退公演最終日。9日の夜行バスに乗り込み、劇場に到着したのが8時30分頃。既に入場待ちの列は60名程に及び、開場の11時には100名弱程度になっていたと思う。入場しても当然席は無いので盆かぶり席真後ろの手すり部で1日ステージを見守ることにした。

進行は1~3回目がトリプル×2。4回目がトリプル、ダブル、ピン。

そしてタイミングはわからないが、4回目のステージが始まるまでは入場制限がなされていた。4回目が始まる直前で入場整理券が50枚ほど配られていたそうである。それもそのはずひめちゃんのポラ時にはその列が舞台袖から劇場外(屋外)にまで伸び、さらに最後尾は劇場内に戻るという有り様であり。ダラポラではないのにもかかわらず1時間程度かかっていたように思う。入場制限が解除された4回目はただでさえ朝から超満員であったのにさらに身動きが取れないような状況になった。


楽日の演目は、1回目『赤い糸』、2回目『クルクルピコピコ星人』、3回目『ラブトレイン』、4回目『ノスタルジア』。

(10頭川崎では12個出しをしたと聞いている)


4回目のステージ終了後に、川村あいねさんがMCを務める引退イベントが行われた。まずはファンからの花束やプレゼントを渡すための時間が設けられステージに多くの花が並べられた。共演者それぞれからメッセージ、涙の中にもひめちゃんらしい笑いもあるやり取り。ファンを代表してリボンさんからの言葉。ひめちゃんからの挨拶。そして駆け付けた踊り子さんも含めての記念撮影が行われた。東洋所属では、遠野こころ嬢、中條美華嬢、星川音々嬢、榎本らん嬢、青山ゆい嬢、木城レナ嬢の姿があった。


ポラ撮影の後に迎える篠崎ひめ最後のオープンショー。配られたクラッカーをみんなで鳴らし、ひめちゃんの頭上を飾るリボンからは銀色の紙吹雪が降り注ぎます。ひめちゃんも大きなクラッカーを客席に向けて鳴らしていました。いつものようにステージではしゃぐ姿を見ていると本当に楽しいのですが、笑顔で見ているのに目からは涙が溢れて仕方ありませんでした。アンコールの声に応えて行われた2度のオープンショーで篠崎ひめのステージは幕を閉じました。


ストリップ歴の浅いわたしが、このタイミングで篠崎ひめに会えたことを幸せに思います。

そして彼女が誰よりも幸せになって欲しいと心から願います。だってこれだけ多くの人達に“愛”を与えてくれたのだから。

最後の挨拶でひめちゃんかが泣きながら言った『みんな大好き』。わたしもあなたが大好きでした、本当にありがとう。そしてお疲れ様でした。
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

テーマ:
ルックスが好きなある踊り子さんとかぶってしまってヤバい(;゜∇゜)

出し物は衣装もなりきりで萌え系ラブラブ

ダンスはそつなく見事な動き音符

ロック嬢にハマると危険なので少し距離をあけてしまいす(笑)



1周年を迎えた嬢は前作も含めキュンキュンとなりますラブラブ
メイクを抑えて、さらに幼いルックスになったのも好材料アップ
ファンが望んであるであろう、キュートなステージはもちろん楽しめますし、めちゃくちゃ頑張ったポーズは失敗はあってもスゴい意気込みを感じますニコニコ
ケガなどしないでねあせる

それにしても人気はホンモノになりましたねニコニコ嬉しい限りです音符


今回過去作を出してるトリ前の方に関しては、成長目まぐるしく安心して見られるダンス音符
洋楽中心の選曲ですが、わたしはお気に入りですニコニコ
特に、『素直に○れなくて』はカラオケで歌うくらい好きだったり(笑)


マネキンの出し物の元気いっぱいの舞姫さん音符可愛いドレスを物色しては楽しそうにファッションショー・・・楽しい時間はあっと言う間に過ぎで慌てて元の姿に戻ってしまいますショック!
帰りに劇場から出て歩いてると、前からコンビニ袋を持った姿の嬢が・・・・思わずラッキー得意げ



6頭『東洋ショー』の雑感を久しぶりに書いて見ました得意げ



また、気が向いたときにお会いしましょうガーン



またねん音符
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。