小さな命と向き合う③

テーマ:
おはようございます!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
励みになってます(*^^*)

初めましての方へ
→→●プロフィール●←← 

- - - - - - - - - - - -

では、今日の四コマ漫画です。
毎週水曜日更新DOGシリーズ、今回最終回です(*''*)


 
 
犬の幼稚園のトレーナーさんのアドバイスを元に、ファムとの向き合い方を変えたところ…



みるみるファムの様子が落ち着きました!!
 
4コマでは伝えきれなかったのですが、理由は様々だと思います。
・新しい環境(我が家)を理解してきた
・運動時間が増え、パワーのコントロールが出来ている
・私達と意思疎通が出来るようになった(今までは目を合わせないようにしてたので)
・プロに力を借りたことで私達の気持ちにゆとりが出来た
 
 
生後3か月、人間でいうと4歳前後の精神年齢の時期です。
こんなに小さく幼いのに、私が叱ったり褒めたり声をかけると、じっ…と目を見つめ「何を求められているのか」考えてくれます(゜O゜)
 
これが本来のファムだったんですね…
 
このファムの性格は、やっぱりブリーダー元での教育が基盤になっているように感じます。
“三つ子の魂”はやっぱり無駄じゃなかった!
 
 
 
 
犬の問題行動は本当に苦しいです。綺麗事じゃ済みません。
ポジティブだけが取り柄の私でも、あっという間に心が蝕まれ…愛したいのに、ファムの事で頭がいっぱいになり、1日中吐き気に見舞われていました。
 
同じように悩んでいる方、私だけじゃないはず!
そんな方の参考になれば…と、非難覚悟でこの3編を描きました。
 
犬の事で悩んでいる方は、プロの力を借りることをオススメします!!
人間の子育ては、生まれた瞬間からたくさんのプロがフォローしてくれますよね?義務教育も受けますよね?
日本は“ペット後進国”です。
ペット先進国といわれるヨーロッパでは、ドッグトレーナーによるしつけが義務付けられている国もあるほどで、それだけ「犬と人が共存するのは決して簡単ではない」という事ではないでしょうか。
実際にファムが通う犬の幼稚園も、定員いっぱい!私のように助けを求めてる人がそれだけ多いのです(;ω;)
 
 
ファムはまだまだ“社会化”を積ませたい時期ですし、平日ず~~っと留守番も可哀相なので、幼稚園には週一で通わせます。
なにより「ちょっと気になること」も気軽に聞ける人がいるだけで私の気持ちが救われるんです(^^)
 
 
ファムの素晴らしいところに気づけて良かった…
ブリーダーさん、幼稚園のトレーナーさんには、本当に感謝しています。
 
スタートで盛大にこけてしまいましたが、
これからファムとの生活を楽しみたいと思います!


Dogシリーズはひとまずこれで終了です。
お付き合いありがとうございました(vv)


ファムとの日々はこちらで更新しております☆
→インスタ『Inustamorino』



「この記事にありがとう」ボタンを是非ポチッと!




ランキング参加しています♪
応援クリックお願いします!
  ↓   ↓   ↓
ポチっと(°▽°)=b

人気ブログランキングへ
AD