John's BOOROCKSブログ-I Love The Beatles, Fender Guitars & Movies!

ハンドメイド・エフェクター・ブランドBOOROCKS(ブロックス)のスタッフによる、音楽(BEATLES & Fender)と映画の気ままなブログ。


テーマ:
こんにちは。まだリハビリ中のJohnです。これまでビートルズ関連の事実に基づいたフィクションをお送りしてきましたが、今日もその続きです。お楽しみください。



アイ・アム・ザ・ウォルラス

 ジョンは読んでいた本を閉じて、それをテーブルの上に置いた。その本には『Through the Looking-Glass, and What Alice Found There(鏡の国のアリス)』とある。この本は、『不思議の国のアリス』の続編として、19世紀にイギリスの数学者、チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンが書いたもので、ルイス・キャロルという変名を使っていた。ジョンはこのアリス・シリーズが大好きであった。「アリス」は児童文学作品ながら、何故ジョンはこの作品」を好んだのか?何よりもこの作品の世界観が好きだったのだ。きのこや薬を飲むことで大きくなったり小さくなったり、まるで彼自身が体験していたLSDによるトリップ感と同じなのだ。

 彼はこの世界観を曲にしたいと考えた。まず最初に思い浮かんだ歌詞は「僕は彼で、きみも彼で、君は僕、だからみんな一緒…」というシュールなものだった。実際に薬を飲んだ者同士でそう感じることがある。もうひとつ思い浮かんだのが、「卵男のハンプティ・ダンプティ」だった。ゆで卵に目鼻が付いたような強烈なキャラクターが彼のイメージの中に強烈に残ったのである。このキャラクターは、もともと『マザーグース』に登場した人物だ。そしてアリスのス-リーの「The Walrus and the Carpenter」という詩から「walrus」という言葉を使おうとジョンは思っていた。

 翌日Tジョンはスタジオに入り、昨日読んだ本の話、そしてその話をモチーフにした曲を作ろうとしていることをポールに告げた。ポールはストーリー仕立の歌詞が得意だったが、ここではジョンの流儀に従って、脈絡のない言葉を並べて言った。その中でジョンの気に入った言葉を見つけようというのである。次々に並べられていく言葉の羅列。中にはアリスに登場した「トランプの兵士」「チシャ猫」、「マッドハッタ―」、「三月ウサギ」などが出たが、もろそのままだ、ということで削除されていった。残ったのは「Tシャツ株式売社」「コーンフレイク」「黄色いどろどろしたもの」「英国式庭園」「ハレクリシュナ」「エドガー・アラン・ポー」などだった。ジョンはこれを持って帰り、文章に織り込んだ。キメの部分には、「I Am The Walrus」と「I Am the Egg-man」を使おうと決めていた。

そうやってあのシュールな歌詞ができあがった。胸にあったのは、LSDなどのドラッグを服用した時のトリップ感を表現したかったのだ。だから敢えて脈絡のない文章を連ねたのである。結局、この曲は「ハロー・グッドバイ」のB面に集録された。Ā面になったポールの曲との差異は明らかで、二人の方向性の違いが如実になってきた時期でもあった。

 後にこの曲は、ジョンの傑作として注目を集め、後にこの曲調を持った楽曲ジャンルを生み出すことになる。奇抜なコード進行を持ち、うねるようなリズムを伴ったジャンル、グランジである。その証拠にグランジの影響下にあったイギリスのバンド、オアシスがライブでこの曲をカバーしているのだ。それが見事にグランジ・ナンバーに仕上がっている。音源に残っているので、一度聴いてみてほしい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。