John's BOOROCKSブログ-I Love The Beatles, Fender Guitars & Movies!

ハンドメイド・エフェクター・ブランドBOOROCKS(ブロックス)のスタッフによる、音楽(BEATLES & Fender)と映画の気ままなブログ。


テーマ:
こんにちは。まだリハビリ中のJohnです。ビートルズ関連の事実に基づいフィクションをお送りしていますが、今回も新たなお話を用意いたしました。お楽しみください。



Band On The Run

「実は今度、アフリカのコンゴに行ってレコーディングしようと思ってる。皆もいくだろう?」とポールが切り出した時、意に反してメンバーのほとんどが反対の意を表明したのだ。
 最先鋒のヘンリー(・マッカロー)が言う「何でアフリカくんだりに行って、レコーディングしなければいけないんだ?俺は御免だ。絶対にいかない。行けというならウィングスを辞める。」彼はそ言うと立ち上がり、部屋を出て行った。
「あんなに言わなくたっていいだろう。なあ、デニー(・レーン)、君は行くだろう?」とポールが言った。
 デニーが答えて言った。「ああ、行くとも。」
 しかしこの時、ドラムスのデニー(・シーウェル)が口を開いた。「私もちょっとアフリカはつらいな。ニューヨークに女房・子供がいるからね。」
 ポールは「仕方ない。俺とリンダ、デニーの3人で行くか。」
 するとデニーが「何でアフリカなんだ、ポール?」と聞いてきた。
「実はビートルズの頃にアフリカへ行く計画があったんだ。アフリカで大勢で『Hey Jude』のリフレイン部分を大合唱しようと思ったんだけど、ジョージの強硬な反対でこの話は流れたんだ。」
「ふーん、そのリベンジという訳か。」

 という訳で、3人は、コンゴにあるジンジャー・ベイカー(元クリーム)のスタジオを目指した。スタジオでは多重録音でポールがドラムスまで担当した。つまり殆どポールのソロ・アルバムに近い作風なのだ。ポールが八面六臂の活躍を見せたある日の夕刻、3人はホテルを目指して車を飛ばしていた。すると前方に道路を遮るように止まっている車を見つけた。事故でもあったのかと車を横に止め、辺りを見渡した。すると、数人の男たちが出てきて突然銃を出して「手を挙げろ、強盗だ。金を出せ。」と脅した。
 驚いたポールは、リンダをかばうようにしたが、リンダはその手を払いのけ「これはビートルズのポールよ。ビートルズのポールなのよ!」と叫んだ。ひるんだ男たちは幾ばくかの金だけを取って逃げていった。
 こうしてリンダの一言がポールの命を救ったのだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。