朝ご飯を食べて西帰浦市にある正房瀑布(정방폭포)に向かいました。
 
NAVER地図(韓国語) ※クリックすると大きく見えます
 
食堂⇒済州市外バスターミナルまではタクシーで約10分。
済州市外バスターミナルからはバスに乗って済州を縦に横断しました。
(781番バスに乗車⇒東門ロータリー停留所で下車、所要時間約1時間20分)
 
済州には「済州3大瀑布(滝)」と呼ばれている有名な瀑布があり、正房瀑布はそのうちのひとつです。
 
正房瀑布はアジアで唯一、海に直接流れ落ちる滝です。入口から瀑布までは約5分ほど下ります。
 
下りきると大きな石がゴロゴロとある海岸沿いに出て、そこから滝が落ちるのを見ることができます。
 
 
 
正房瀑布
 
高さは23m、幅8m、深さ5mで2008年8月に名勝第43号に指定されました。
 
滝つぼの目の前まで行って写真を撮ることができます。結構危ないんじゃないだろうか・・・w
 
この時は前日まで雨が降っていた影響もあって水かさも多くて近くで見ると迫力ありました。
 
個人的には済州3大瀑布のうちで一番好きな場所ですウインク
 
 
正房瀑布(정방폭포)
 
住所:済州特別自治道 西帰浦市 七十里路21番キル37(東洪洞)
入場時間:8:30~18:00
入場料:大人2,000ウォン
 
NAVER地図(韓国語) ※クリックすると大きく見えます
 
 
正房瀑布から西帰浦市内にあるカフェに行くつもりで、正房瀑布の駐車場の入口にある観光案内所でタクシーを呼んでもらおうと立ち寄りました。
 
デスクの方にカフェの名前を伝えると「ここは工事中で店はやっていないはず」と言われ、電話で確認をしてもらったところ、まさにその通り・・・。
 
ピンスを食べる気満々だったのですが、仕方なく目的地を変更・・・ショボーン案内所の方のオススメで正房瀑布の近くにある天地淵瀑布(천지연폭포)に行くことにしました。
ここも済州3大瀑布のうちのひとつです。
 
NAVER地図(韓国語) ※クリックすると大きく見えます
 
正房瀑布⇒天地淵瀑布まではタクシーで約5分。あっという間です。
 
入口には「世界ジオパーク認定書」「生物保護区(BR)指定書」「新世界七不思議自然版、済州島」の案内板が建てられていました。
 
 
ここから天地淵瀑布までは歩いて約10分。
 
 
天地淵瀑布は「神の池」という意味を持っているそうで、高さ22m、幅12m、滝つぼの水深は20m、天然記念物第27号に指定されています。
 
 
また、ここには天然記念物第163号に指定されている膽八樹(ホルトノキ)という植物が生息していることでも知られています。(・・・知らなかった。)
 
滝までの道も歩きやすいように舗装されているのでお散歩がてらにぜひ行ってみてください。
 
 
天地淵瀑布(천지연폭포)
 
住所:済州特別自治道 西帰浦市 南星中路(天地洞)
入場時間:8:00~22:00まで(21:30までに入場)
入場料:大人2,000ウォン
 
 
不本意ながらも済州3大瀑布のうちの2つを回ったので「こうなったら最後のひとつも行ってみよう!」天帝淵瀑布(천제연폭포)に向かいました。ちょうど予約していたホテルのある中文観光団地内にあることもあり「済州に来て滝巡りだね~」と話していました。
 
天地淵瀑布⇒天帝淵瀑布まではタクシーで約30分。
 
NAVER地図(韓国語) ※クリックすると大きく見えます
 
天帝淵瀑布(は入口が2つあり、上の地図だと入口からかなり歩くことになりますが、天地淵瀑布の裏側にも実は入口あり、運転手の方が気を利かせてそちらまで行ってくれました。
 
天帝淵瀑布は第1の滝~第3の滝まであり、一番メインは第1の滝です。正面入口から入ると第1の滝から順番に観覧できますが、私たちは別の入口から入ったのですぐに第3の滝を見ることができました。
 
 
第1の滝は柱状節理に囲まれた岩から水が出ています。柱状節理は漢拏山から噴出する溶岩が流れてきて固まって形成されたもので、四角形や六角形などの形になっています。
 
 
ここも滝つぼの色が本当に色が綺麗で、どうやったらこんな色になるんだろう?とずっと眺めてしまうほどでした。
 
 
 
第1の滝から入口の方に向かって行くと第2の滝へ。遊歩道がありますが少し高低差があり、残暑の暑さにはちょっと大変でした(苦笑)。
 
第2の滝はこちらです。
 
 
第2の滝を過ぎて入口に向かってさらに進むと仙臨橋(선임교)という橋が架かっているのが見えます。
 
 
この橋は長さ128m、幅4m、高さ50mで天帝淵瀑布の説話に登場する七星女の彫刻が施されています。
 
 
橋から下を見下ろすとその高さを実感します・・・!
 
 
橋を割り切って入口付近まで戻って来ると展望台があるとの看板を見かけ、行ってみることに。中国人の団体観光客であふれかえっていましたが何とかその景色を見ることができました。
 
 
第2の滝が見えました。
 
第3の滝は入口とは反対方向だったので今回は見送り、天帝淵瀑布を後にしてホテルに向かいました。
 
この3つの滝には以前、行ったことがあったのですがまさか1日で済州3大瀑布をすべてみて回ることになるとはまったく思っていませんでした(笑)。
 
 
天帝淵瀑布(천제연폭포)
 
住所:済州特別自治道 西帰浦市 天帝淵路132(中文洞)
入場時間:8:00~18:00まで(21:30までに入場)
入場料:大人2,000ウォン
 
 
AD