1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-24 22:05:18

2016クライマックス・念願の山釣りソロテント泊

テーマ:釣り+料理(駆除無)

夏向き装備+初心者経験値としては、ギリギリの季節と言える秋分の日に、ようやく実現した!

殆ど年内で一気に増強した機材群と、源流釣行経験をフル動員してのクライマックスである。

繰り返し述べているように、台風三連発をはじめとする悪天候で延び延びになっていたが、執念で成し遂げたかった一大イベントである。

 

 

 

現地の気温は17℃。

思ったより蒸し暑い。

60L(満載15kg!)のバックパックとお馴染みの改造クロスバイクがメインツール。

往路後半の激坂は未曽有の重量に四苦八苦させられた。

 

 

 

 

途中、亀五郎的サバイバル食材も見え隠れ。

ヘビは皮だけで残念だったが、バッタは十分に行けた。

しかし、超アウェイでお腹ユルユルになっても行けないので、今後にまわす。

 

 

 

 

邪魔にならず(というか人なんてめったに来ない)、水利も良い林道終端が予想通りおあつらえ向きだった。

タープの初設営に手間取った。

 

 

 

 

3回目にしてバトニングも含めた本格的なブッシュクラフトを行う。

これも今回の大きな課題の一つである。

バトニングは実に楽しい作業だと発見した。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲート到着が遅れたこともあり、押せ押せでゆっくりした釣行は出来なかった。

林道と川の標高差を見誤っており、釣り下ることになってしまったのも反省点の一つ。

下流方向も好ポイントの連続であると分かった。

一人で喰うには大きすぎるが、なんとか尺前後のイワナをゲット。

 

 

 



 

 

#firebox #焚き火 #キャンプ

cervo_srさん(@cervo_sr)が投稿した写真 -

 

 

四人の守護天使が出てきそう #炭 #木炭 #charcoal #ベルセルク #berserk #firebox

cervo_srさん(@cervo_sr)が投稿した写真 -

椅子はないし、荷物の空きがなくウェーディングシューズのままだしで最悪な段取りの夕食準備だったが、それすらも楽しめた。

初直火炊飯はお約束の焦げまくり。

ただ、中心部のカッチリとした炊き具合はこれまで経験したものがない良い発見だった。

動画でも指摘しているが、炊飯と塩焼きの同時進行にはもう少し工夫が要りそうだ。

 

この川のイワナは初食いである。

塩焼きは燻製効果が利いてか非常に味わい深く、コンロでは出せない予想通りの美味。

刺身はいつも通りの旨さだが、やはり鮮度がいいのかしっかりとした旨みがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウイスキーでほろ酔いになり、23時過ぎにシュラフに入るとコールマンの枕も好調で実に快適だ。

下は裏起毛のカーゴパンツに裸足、上はヒートテックの長そでにいつもの迷彩レインコートで完璧な温度調整。

身体が休まっていくのがよーく分かるのだが、気持ちはスイッチが入ったまま全く眠くない。

0時を過ぎると大雨が降ってきた。

となると、増水や他の物音との聞き分けも気になってくる。

落語聴いたり歌ったりしながら空が白んできた頃にようやく眠気が来て30分寝た。

これ、完全に野生に戻っている感じだと思う。

 

というわけで、二日目は全く釣りも調理も出来ず朝から下山。

全装備ともぬたくたのべちゃくちゃになり、殆どブレーキしっぱなしで下りてきたので、ブレーキシューが1mm位減っていた。

下山しても一日雨だった。

天気予報外れ。

 

この日は家で夜眠りに落ちるまで眠気は殆どなかった。

寝不足に弱い自分としては驚異的な体験だった。

 

 

 

山釣りとしてはかなり安全な部類に入るものをあえて選んでみて、目論見の骨子は成就したと言えそう。

ハードコア函アタックを一人でやろうとはさすがに思わない(相手が居たとしても機材はもとよりノウハウと体力の開発がきっちり必要)が、この程度のクラスを上手く計画して、毎年のライフワークにしたい。

 

北海道の神髄をこっそりと且つこってりと味わえるのが山釣り。

いや~実に楽しかった!!

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。