霞ヶ浦でバスを釣る! 霞ヶ浦のバスフィッシングガイド松村寛のブログ

KFG カスミ フィッシング ガイド として
霞ヶ浦でバス釣りをコーチングガイドする
WBS所属 バスプロ 松村 寛のブログ

NEW !
テーマ:

先日のガイドは

いつもとちょっと違うガイドでした。

というのは半日プランだということ。

ゲストさんは高校生3年生のREN君。

父親と一緒に来られたのですが、

いつものガイドとは意味が違う、

ということがピンと来ました。

 

そう、釣りたい・・というよりは、

まあ進路相談も含めたいろいろ・・・

だということです。

 

実際問題としてこの日はかなり風が強く、

ボートを出す事自体が危険な状況だったので、

急遽おかっぱりに変更しました。

 

クルマで移動しながらREN君と

いろいろ話をしましたが、

今後はバスやトーナメント関係で

生きて行きたいので、

大学進学は今のところ考えていない・・とのこと。

 

実際にそれだけの釣りのスキルはあるのか?

といった不安もあったようなので、

釣りも見ましたが、やはり良く研究しているな、

という感じで上手い。

なので霞ヶ浦でおかっぱりをやっていても

いつも普通に釣れているそうです。

 

で、普通にバスも釣りました。

・・・写真撮り損ねてすみません。

 

 

とはいえ、バスつりについての技術的なものや、

キャストのノウハウも理解してもらいたかったので、

釣ると言うよりは完全にレクチャーという感じで

観察しながらのアドバイスを送りました。

 

いくら良く勉強しているとはいえ、

まだまだ基本的なことから

伸びしろは沢山ありましたね。

プロ戦で活躍するような釣ることが上手い人も含めて

ほぼすべてのゲストさんに伸びしろはあるし、

知らない事も沢山ある、というのが

今までガイドをしていて思うことです。

(当然私も教えられることはありますが)

 

 

でもって

そうなって来ると目の前の技術うんぬん

というよりは考え方や環境の整備、

目標の設定やライププランという

話になって来るのですが、

はっきり言ってまだまだ自分が

成功しているとはいえないので

言葉を選びながら一緒の時間を過ごしました。

 

そんな事で、この日のガイドは

ある種の相談窓口的な感じで

今後の可能性について話し合いの場が持てた・・

という感じのガイドになりました。

 

本人的にはとても有意義な

時間になったようだったので、

私もほっとしていますが、

人生に関わることなので、

今後も末永く見守りたいと思いました。

 

まあ、いろいろありますが、

彼の場合とは違いますが、

本当に釣りが大好きならば・・・・

 

例えば霞ヶ浦や琵琶湖のほとりに引っ越して

そこで仕事を見つけ、

毎日朝と夕方に釣りをする環境を探すとか、

メーカー勤務となって製品開発に携わり

フィールドテストやプロのサポートを通して

バスフィッシングに関わるとか、

キャドを勉強してルアーの制作をするとか

雑誌社に丁稚してライターになるとか

釣具店に勤務して四六時中釣り関われる

ようにするとか・・・

まあ、喰えないのであまりマネしてほしく

ないですけどガイド業をやってみるとかね・・

まあ、色々あるわけですよ。

 

そんな中で私が一つだけ言えることは、

一回の選択でそのまま定年まで

その場から離れずに働くということは、

まずない!ってこと。

 

そういうのを求めて大企業にし就職したり、

公務員になったりというのはあると思いますが、

その中でも部署が変わったり

転勤があったり、場合によっては

会社自体が無くなることだってあるのです。

 

最低でも5年とか10年といった単位で

何かが起こったり気が変わったりして

リスタートする場合が起こりうるので、

将来、将来って安定を求めたり考えても

仕方ない、なるようになるから!ってこと。

特にバス業界に関わっていくならなおさらです。

 

すべての経験は後に生きるから

途中で何をしたって失敗ではないのです。

 

ちなみに今17才なのであれば、

アメリカ目指してとりあえず英語と

バイトの日々とかっていうのも全然アリだと思うので、

まあとにかく自分の可能性を狭めないために

より多くの人の話や体験談を聞いて

感じで実行して欲しいと思いました。

 

そして今後、

定期的に状況を聞かせてもらえたら嬉しいです。

もしかしたら、

いつもテレビや雑誌に出るようになって

こちらが状況報告するくらいに

なっているかもしれないけどね!

 

REN君頑張れ!

この先を楽しみにしていますよ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)