弁護士市川尚のコンビニエンスな日々

架空の法律事務所のバーチャルな日常をご紹介します。
(このブログはフィクションですが、初めての方のための「わかりやすい」弁護士事務所「コンビニエンス法律事務所」は実在いたします。)
バック・ナンバーは http://gold.ap.teacup.com/clf512062/ をご覧ください。


テーマ:

 ・・・話を元に戻す。

野球選手による野球賭博となるとまったく別の論点も出てくる。また、桃田選手らが、万一、わが錦糸町で暴力団筋と親密交際していたとなれば、それはもちろん論外である。しかし、違法な賭け事に手を染めていた選手に、そのことの故にどこまで制裁を加えるべきか。この問題については、今みたような法の矛盾を正視しつつ、また、ひとりひとりが自分の胸に手を置きつつ、慎重に謙虚な議論をしていただきたいと願っているし、ホントは私は、個人的には、「今回はゆるしてやってくれ!」と言いたいのである。

 実は私もかつてはかなりギャンブル、とくに競馬にのめりこみ、危うく人生を棒にふりかけた人間である。ギャンブルの危なさと同時に、魅力も人一倍知っているつもりだ。ただ、だから弁護しようというわけでは決してありません。

 スポーツ選手は学校を出てすぐちやほやされるし社会勉強する機会がない。だからスポーツ界には常識を持ち合わせない人間が多い・・・などと識者は説く。しかし、私みたいに、スポーツもまったくできないくせに、また、ちやほやされたこともないくせに、社会常識が欠落しているダメ人間の方がどちらかといえば、数は多い。なんでもかんでも教育の問題にすればいいって問題でもないのだ。

 でも、学校で、家庭で、私たちは、子ども達に賭け事の危険性をよく教え込んであげるべきだろう。弁護士会も積極的に取り組むべき、これもひとつの「法教育」といえよう。(おわり)

 

AD
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ・・・とすれば、結局、法律が禁じていることに手を出したからダメ、つまり、「なぜいけないのか」といえば、法律を守らなかったから、というしかない? でもそれでは何でそういう法律があるのか。なぜ、パチンコはよくてバカラはだめなのか・・・ということになり、やっぱり説明が難しい。

 この点「賭博罪の規定は・・・あたかもいわゆる公認賭博を保護する規定のごとき観を呈するまでになっており、そのままのかたちでこれを維持する実質的理由が乏しくなりつつある。」と、すでに40年以上も前に喝破したのは伝説の刑法学者藤木英雄先生だった。

 ・・・ただ、私は、やっぱり賭博はそれ自体、今も、悪なのだと思う。

 射幸心にうったえる賭博は、勤労精神を美風とする経済風土を害し、人心の荒廃を招く。だから、小遣い銭の範囲のある程度のレジャーとしてならともかく、賭博は基本的に禁止されなければならない倫理的な悪なのである。

 だから、競馬や競輪をいまさらやめろというわけにはいかないが、むしろ、たとえば収入の一定割合を超える勝ち馬投票(馬券購入)や一定額を超える宝くじの購入は、本来制限する・・・というような立法こそがなされねばならない。そして、そういうスジのとおった立法を怠っている国家には、本当なら、賭博犯を処罰する資格などないのだ。・・・これが私の持論というか、愚見です。ましてや、人気タレントを動員して若者をギャンブル場に誘い出そうという派手なCMや、ドリームジャンボ何億円!・・・とかいって派手に宣伝する広告は、国家の名のもとに、金輪際弾圧されねばならない。また、よその国のことは言えた義理ではないが、お台場や沖縄のリゾート地にカジノを造ろう・・・なんてめっそうもない暴挙である。(まだつづく)




 

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 巨人軍選手による賭博問題に始まり、今回のバドミントン選手が違法なバカラ喫茶に出入していた問題。あいかわらず、マスコミや識者による空疎なコメントばかりが目立つ。

 問題は、なぜ賭博はいけないのか・・・であり、そこのところをきちんと説得力もって話さなければ、当然スポーツ選手に夢を寄せている子ども達への説明もできない。

 しかし、実のところ、そこがいちばん難しい。

 なぜなら、桃田選手、田児選手も、ラスベガスでなら何千万円スッても(まあ、あまり尊敬はされないだろうが)、少なくとも日本でさらし者にされ、こんなに頭を下げる必要はなかったのだし、日本でも、バカラじゃなくて、競輪や競馬に熱中をしておれば、オリンピックに行けるの行けないの…と、そういう話にはまったくならなかった。

 要するに、法律は賭博を一般に禁じているが、他方で、天下公認の賭け事・ギャンブルがあるのはご承知のとおり。賭博がいけないことなら、競馬にせよ競輪にせよ、なぜ法律が認める賭け事があるのか、ということになる。(つづく)

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。