弁護士市川尚のコンビニエンスな日々

架空の法律事務所のバーチャルな日常をご紹介します。
(このブログはフィクションですが、初めての方のための「わかりやすい」弁護士事務所「コンビニエンス法律事務所」は実在いたします。)
バック・ナンバーは http://gold.ap.teacup.com/clf512062/ をご覧ください。


テーマ:

 《第3段階》は、《例文で覚える》という方法である。

 な~んだ、なにをいまさら。学校の先生の言うことと同じじゃないか…と思うかもしれないが、実は、その例文が覚えられない例文だから問題なのだ。ここは例文それ自体の発想を変える必要がある。ひとつの単語が覚えられない人が、例文など覚えられるはずがないのだから。

 たとえば、さっきのprovide=供給する

 これを覚えられない人が、そもそも

 All languages can provide us with valuable information about  society.

(すべての言語は私たちに社会に関する有益な情報を供給してくれる。)

などという長々とした英語を覚えられるはずがない。

・・・であれば、これを日本語混じりにして「言語は我々に情報をprovideしてくれる。」と覚えてはどうか。

 さらには、そんなしたり顔の例文とかではなくて、たとえば、好きな芸能人とか、あるいは、なにか破廉恥な、性的な表現でもいい。暗記例文は人に見せる必要がない自分だけの世界なのだから、自分が親しみやすい、覚えやすい例文で、provideを暗記するのだ。

 たとえば、「涼介はアタシにヤル気をprovideしてくれる」ではどうだろうか。

 

 しかし、ここまでやっても単語を覚えられない人は、次の《第4段階》に進むしかない。

 ・・・というより、本当なら、この《第3段階》までは去年のうちに終えておかなければならないステージなので、今からいくらかでも英単語を覚えようという人は、最初から次の《第4段階》にチャレンジするしかない。

 

 あえていえば、この《第4段階》は《最終段階》である。

 それは、《カタカナで覚える》という究極の方法だ。

 「provide」ではなく、「プロバイド」として覚えるのである。

 「attract」でなく「アトラクト」として、「comprehensive」でなく「コンプリヘンシブ」として覚えるのだ。

 つまり、カタカナの単語帳を作れ…ということなのである!

 ・・・もちろん、こんなことは本当はよくない。

 英語は英語として覚えなければならない。

 しかし、ことこの段階に至ってはきれいごとなど言っていられない。

 日本人なら、ぜったいこの方が覚えやすい、覚えられる、のである。

 つまり、あなたが覚えていない重要受験単語は、すべてカタカナにせよ、そして、それを五十音順に配列した単語帳を作れ。…これが英単語暗記法の最終段階です。

 

 弁護士業界の将来は必ずしも明るいとはいえないかもしれません。それでも社会正義と人権擁護の砦たらんと、弁護士を目指す若き受験生のために、このブログがいくらかでもお役に立ったなら幸いです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 私が多少の自信をもっていえることは、英語ができなくても、弁護士はできるということである。もちろん、英語ができた方が、弁護士としての仕事の幅が、格段に広がるのはもちろんで、できた方がいいに決まってはいる。しかし、実際には英語ができなくても、弁護士がつとまらないということはない。

 ただ、英語がまるでだめだと、弁護士になる以前の問題として大学に合格することができない。

 受験英語の基本は英単語の語彙力だと思うが、英単語の暗記がどうしてもできない…弁護士を目指して大学の受験勉強の追い込みにかかっているそんな受験生で、万一このブログをご覧の方がいれば、その方だけに、こっそり教えたいと思う。

 英語や英語教育の専門家からみれば完全な邪道なので、オープンにするとパッシングされる恐れがあるが、そういう方はおそらくこのブログはご覧になっていないだろうから。

 

 この禁断の英単語暗記法は、四つの段階で成り立っている。

 

 まず《第1段階》だが、それは実はきわめてまともな方法で、《繰り返し覚える》というものである。文字通り、何度も書き、音読し、覚える。

 しかし、そんなことができていれば何の苦労もない。できなかったから、いまだ単語が覚えられない。

 そんな受験生は、《第2段階》に進まねばならない。

 

 その《第2段階》とは、《覚えられない単語であることを覚える》という方法である。

 たとえば、provide=供給する という単語が何度見ても覚えられない。

 ああ、またprovide、例の単語だ、この単語見覚えあるどころか、何度も覚えようとしたけど、どうしても意味が頭に浮かばない…。

 いくら単語暗記を続けても必ずそういう単語があってイライラする…どうしても覚えられない。

 …そんな経験に悩まされている受験生も多いと思うが、それならそれでそれを逆手にとって、この単語は自分は覚えられないのだ、ということを覚えるのである!

 そして、ああ、またあの覚えられないprovideが出てきたか、ヨシヨシ、この単語は俺の覚えられない単語だ、それでいいのだ…と、イラつかず、むしろ喜んで辞書をひくことだ。

 こういう逆転の発想をしているうちに、かえってなぜかその覚えられない単語もいつか自然に覚えられてしまうものなのである。

 …が、やっぱりそれでもダメ、という人もいるだろう。

 そういう方は次の第3段階に進むしかない。

 その第3段階は、次回のブログでご紹介する。(つづく)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

嵐の5人から年賀状が届いた。

今年で何度目だろう。私からは一回も返事を出したことないのに。

若いのに義理堅いやつらだ。

しかも、年賀状に切手が貼られていない。

ということは、5人の中のだれか、そうでなくても事務所のスタッフの方が、留守中、わざわざ郵便受けに入れに来てくれたに違いない。

こういうしもじものファンを大切にする姿勢が、彼らの根強い人気を支えているのにだろう。

嵐には年明けそうそう仲たがいとかすることなく、いつまでも解散せずに頑張ってもらいたいものだ。

 

2017年

どのようなお正月をお迎えですか

年頭にあたり、みなさまのご多幸、世界の平和を心からお祈りします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。