みかりんのささやき                 ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。
CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

私のブログにご訪問いただきありがとうございます。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表の松藤です。
このブログは娘が接種した子宮頸がん予防ワクチンの副作用から起こった事を中心に日々の事を書いています。
アメンバー申請は、何度かコメントなどをやり取りした方や実際にお会いした事のある方などに限らせていただきます。
たくさんのメッセージやコメントをいただきますので、すべてのものにお返事は出来かねます。

また、娘と同じように子宮頸がん予防ワクチンの副作用を疑う症状のある方、ワクチン接種後数ヶ月してから突然身体が痛み始めたり、リウマチになった方。全身性エリテマトーデスになった方など。
そして、以前痛みがあったけれどもう治った方など、ぜひメッセージ下さい。情報共有させて欲しいのです。
副作用被害に遭われたと思われる方からのものには必ずお返事いたします。
今後のことも含めて少しでも健康になるための方向性を一緒に模索しましょう。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会へのお問い合わせは電話・FAX:042-594‐1337 へお願いいたします。

テーマ:

昨日は久しぶりに娘の不随意運動が強く出ました。

左足の親指だけが、大振り不随意運動。

娘も

「腱が痛くなるくらい動く。早く止めて!もう、痛い!」

と音を上げたほどです。

 

いつも日々、足の不随意運動は出ているのですが、確かに昨晩の不随意運動は強くて激しかったというか・・・。動いている足を触ると分かるのですが、とても強い力で勝手に動いています。力で止めることはできません。

子宮頸がんワクチンを接種して、直後から副反応になり、初めてすごい不随意運動が出たのはもう5年以上前の事です。

当時、何が起こったのかわからず、親も本人も、とにかく驚きました。娘に更なるひどい病状が追加して起こった。それは絶望に近い落胆と不安でした。

驚愕し、慌てて救急車を呼んだのを覚えています。

 

それが、今ではあまりにも日常的な娘の光景になっていて(と言ってもこんなに強く不随意運動が出たのはとても久しぶりでした)、しばらくしたら治まるからちょっと我慢しよう。

という感じになってしまっているのは、本来ならば異常な光景です。

(昨晩の娘の強い不随意運動は、30~40分ほどでおさまりました。よかったです。)

 

自分の娘に起こった不可解な、そして最悪な症状がいくつもいくつも襲ってきて、通常の生活ができず、学校も普通科の高校には通うことができずに通信制を選びました。

 

このすべてが、子宮頸がんワクチンサーバリックスから始まっているのです。

これは私の娘に実際に起こったことで、デマでも何でもなく、今も起こっている娘の日常です。

そこには化学も科学もへったくれもなく、サーバリックスが娘の身体を壊してしまったという事実なのです。

 

この修復に、時間薬やあれこれと治療法を模索し、もう6年目。

 

この時間経過で、少しずつ治っている方もいます。患者会の中にも多くいます。会の中には治ったと思っていたものの、しばらくして再び悪化が始まっている人もいます。

 

問題なのは治っていない子たちなのです。娘もその中の一人になるのですが。

研究をして、治療のきっかけを掴んでほしいと、国には以前も伝えています。

疫学調査も大切かもしれませんが、今も治らぬ人の治療に全力を挙げて欲しいのです。

大きな予算をつけている牛田先生のところは、どのような研究や実験、調査をしているのかもほとんど明らかになっていません。

それだけの予算であれば、もう何百人もの患者を診ていることでしょう。

それだけでなく、その予算で2つの子宮頸がんワクチンの成分調査などを行うことも可能です。痛みを引き起こす機序を調べているのでしょうか?

疑わしいことは疑ってみる姿勢が大切だと思います。

製薬会社は、原因を特定するために協力することは可能なはずです。

接種させるために使った予算は莫大で、その後の恩恵が国から沢山もたらされたはずです。

 

裁判で国を訴えている人が多数出てきて、国も製薬会社も争うから「もう治療の手を貸せない」などという事が無いように、門を開けて治療を模索できるようお願いしたいのです。

 

我が家は、裁判に入っていません。

以前にもブログで裁判に入っていないと書いています。

 

何度も言いますが、接種するまではごく普通に生活ができ、習い事もしていました。

接種を境に副反応からすべての習い事ができなくなったというより、通う事さえ困難な状態になったのです。

学校へも、登校困難な状況になったのです。

習っていたピアノの楽譜が、今も分からずにいます。

ゼロになってしまったのです。

ピアノを習っていた時間全てを抜き取られてしまった。

 

すっぽりと抜け落ちた娘の年月を、どうしたら穴埋めできるか考えてもらいたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

今日は、娘の病院でした。

娘の先日の発作内容や、日々の動画などを確認してもらい、娘の現状を知っていただいたうえで、来月再び治療していただけることになりました。

本当にうれしい!

 

娘に治療を希望するか確認したところ

「はい、お願いします」

と、即答でした。

 

そんな訳で、再び来月入院します。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
連投です。
 
先日の村中璃子氏らが被告の裁判について。
原告である池田修一医師の弁護士である清水勉弁護士のブログに裁判の詳細がありました。
 
2月14日の裁判でどのようなやり取りが法廷内であったのか、良くわかります。
傍聴席からの笑いは、まさに以下のやり取りに対する笑いであったのは言うまでもありません。
 
 
以下転記
 
ウェッジ社、大江紀洋氏、村中璃子氏の名誉毀損訴訟は、驚きの連続。今日、第3回口頭弁論期日も驚きだらけだった。

前回の第2回口頭弁論期日(12月6日)。
そこでは、1月6日までに被告村中が原告の
訴状に対する認否反論の書面を提出する
これに対して、原告は2月6日までに認否反論の書面を提出することになった。

ところが、被告村中は年末12月26日に求釈明書を原告に送り付けてきた。自分の質問に答えろ、という原告に対する要求だ。こんなことは12月6日の手続では確認されていなかった。
裁判所でのやりとりなどお構いなしの態度。

予定にない求釈明書を年末に送ってくるような被告が1月6日の期限に準備書面を送って来ないだろうと思っていたら、本当に送って来なかった。

仕方がないので、1月10日に原告側から、求釈明書には回答しないこととあわせて、「前回期日において、被告村中は、平成29年1月6日までに主張を提出すると述べたが、現在も主張書面は提出されていない。」と書いた準備書面を
裁判所と被告にファックスした。
そうしたら、その日のうちに被告村中から準備書面(1)が届いた。
が、文書の日付は「1月6日」になっていた。準備書面に書く日付は、ふつう、書面を実際に提出した日か次回の口頭弁論期日にしている。それを被告村中は、実際に自分が書面を提出していない「1月6日」という過去の日付で送ってきた。
裁判所に提出する日付についての常識も無視。ただ、ファックスの送信記録には「2017 01/10」とある。

被告村中は、1月13日にも求釈明書に関する意見書を送りつけてきた。
原告は、2月6日に認否反論の書面を提出して、被告村中の求釈明は的外れであり、回答する必要性もないと対応した。

すると、被告村中は、2月13日に求釈明に関する意見書(2)を送って来た。

そして14日の第3回口頭弁論期日。
最初は、型どおり、被告村中が準備書面(1)を提出、原告は準備書面(2)を提出した。
ここからが、ふだんの法廷にはない異様なやりとりがあった。


裁判長が被告村中に対して、被告村中が求釈明書を出していることの意味を尋ねた。名誉毀損裁判は、原告が記事のどの部分で名誉毀損されたと主張したら、後は、被告側で、1)「公共性がある記事だ」、2)「公益目的で記事を書いた」、3)「真実だ(又は真実と信じるにつき相当の理由がある)」を証明するだけの裁判
この
裁判でも、原告は記事のどの部分で名誉毀損されたと主張したのだから、訴えられた側は、1)2)3)を主張立証するだけのこと。被告側から原告に質問することは通常ない。それを被告村中は延々と繰り返す。ちなみに、被告ウェッジ、被告大江からは求釈明は出ていない。

被告村中代理人
弁護士は、マウス実験のデザイン、データ等を明らかにしていただきたいという趣旨のことを言う。
しかし、記事の特定部分が
名誉毀損に当たるかどうかは、マウス実験のデザイン、データ等とは関係ない。原告はマウス実験の批判から逃げるつもりなどない。信州大学の調査でも答えている。この裁判では、根拠もなく「捏造」と記事に書いて公表したことを問題にしているだけだから、答えないだけのことだ。
被告側は、今更、原告側にあれこれ質問する必要などなく、「捏造」と記事に書き立てた根拠を説明すればよいだけのこと。だから、原告側は相手にしないのだ。

裁判長から原告代理人弁護士に意見を聞いてきたので、「必要ないと思います」と答えた。裁判長から原告代理人弁護士に対してそれ以上の質問はなかった。

裁判長は話を変えて、被告ら側に、訴状で問題にしている「捏造」について、どのような事実を「捏造」と書いているのか具体的に主張してほしい、と話しかけた。
そのとき、
裁判長は、広辞苑の説明を引き合いに出して、「捏造」とは「事実でないことを事実のようにこしらえることをいう」とあるが、社会一般では「捏造」はこのように理解していると考えられる、原告が問題にしている記事の部分でも幾度も「捏造」と書いている、それぞれ内容が違うのか同じなのかもわからない、記事に書かれていることから読み取れる内容として個別に明らかにしてほしい。それが裁判長から被告側へ求めたことだった。

読者がその記事の内容を信じることによって原告の名誉が毀損されるのだから、「捏造」の内容の説明は記事の内容でしなければならない。当たり前の指摘だ。

これに対して、被告村中代理人
弁護士は、マウス実験が科学的に稚拙だという評価を言っているだけだという趣旨の弁解をした。
それだったら、そう書けばいい。そう書かないで「捏造」と書いたのだから、どのような捏造があったかを説明しなければならないのだ。捏造は評価ではない。言葉で仕事をしている
弁護士がそんなことを言っていいのか。

裁判長は、広辞苑に書いてある定義を繰り返し説明し、被告らに、事実でないことは何か、事実のようにこしらえたことは何か、を具体的に説明してもらいたいと言った。
特にむずかしいことを言っている訳ではない。

ところが、被告村中代理人
弁護士が、いま裁判長が言ったことを書面で出してほしいと言い出した。
法廷で裁判長に向かって、書面を出せ、という弁護士を初めてみた。裁判長が言ったことを確認したければ、書記官が作成するそのときの口頭弁論期日調書をみれば書いてある。これも弁護士にとっては常識。
だから、
裁判長の言ったことをはっきり記録にしたいときは、「調書にちゃんと書いてください」と言う。裁判長が書面を出す必要はない。
裁判長は、一瞬絶句した感じで無言。それから「もう一度言います」と言って同じ内容の説明を繰り返した。

被告村中の援護射撃のためか。被告
ウェッジ代理人弁護士裁判長に、そのように特定を求めることの意味があるのかと質問した。裁判長は、通常の意味として「捏造」とは事実の摘示を言う、この裁判の立証命題を明らかにしたいということだ、と説明した。
被告側はそろって、「捏造」は論評(意見)だと主張している。それに対して、
裁判所はそういう考え方を採用しないということをはっきりと言ったのだ。意見はいろいろあっていいが、事実は1つしかない。捏造について言えば、どういう捏造があったかなかったかだけだ。
それでも、被告村中代理人
弁護士は、裁判長の説明に逆らうのか、科学的意味のない実験であるから捏造と書いたのだが、と言う。意味があるかどうかは評価。それを普通、「捏造」とは言わない。
裁判長は、これ以上議論しても仕方がないと考えたのか、それならそう書いてもらってもいいです、と締め括った。

こうして、被告らは、3月14日までに、記事中の「捏造」が具体的に何を指すのかを説明する文書を提出することになった。被告
ウェッジ社と被告大江が同じ内容のことを書いてくることは、代理人弁護士が同じだから同じになるだろう。しかし、被告村中が同じ内容になるかはわからない。
これに対して、原告は3月末日までに反論書面を提出することになった。

次回期日は、4月11日(火)午前10時、527号法廷。
傍聴者が多く、原告、被告、
裁判所間で重要なことをいろいろ議論しているので、次回も公開法廷で手続をすることになった。 
 
以上
 
次回、これらのやり取りの続きを、実際に法廷で「傍聴」してみることを皆さんにお勧めします。
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
前回のブログ記事、ご心配をおかけしました。
翌日、娘の言動におかしなところは無くて、とても安堵しました。
起こすまではとても心配でした。
 
しかし、身体の痛みは発作以降、強く出ています。
特に関節と足裏の踵。
踵は赤く腫れていて、床に足をつけられないようです。
家の中では踵をつけないようにして移動しています。
 
 
12月の治療から、睡眠障害の更なる悪化はありません。
朝まで眠れない状況からは脱したようです。
とは言え、だいたいの睡眠開始は夜中の2時台。
普通に朝方の4時以降でないと眠れなかったのが、やっと前倒しになってきました。
 
治療して、寝たきりが増えてない?
と娘に聞くと、
「治療前の身体の重さで動けなかった時と比べたら、全然体は軽いよ。もう戻りたくない」
と断言。
そうなんだね・・・。
 
確かに、治療前の200、300と意識喪失が出続ける状態が、1日10回程度に減っているのは、その証拠。
これからも、頑張りたいです。
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨晩の事です。
娘が入浴中に大きい発作を起こしました。
入浴も化学物質過敏の娘のことを考え、香料の無い無添加の昔ながらのせっけんを使うなど、常に配慮していますが、入浴中に意識喪失とくるくると変わる。泣いたり高笑いしたりする。変な発作の様なものが出て、その後の娘の様子がおかしくて・・・。
このところ、皮膚の悪化もひどく、昨日見たら、背中一面に赤い発疹がびっしり出てきました。
頭皮のかゆみもひどいものです。
 
この発作で不随意運動と、足裏がまた真っ赤に腫れて、室内での移動も再びできなくなりました。
ひじも膝も、どこもかしこも痛みが強く出ています。
 
そして言動がおかしい。
30分ほどは吃音になって、まともにしゃべることができず、同じ単語を何度も繰り返して・・・。
「ほっ、ほほほ、ほほほら。ほら、ほら。ほほほ・・・」
「わ、わ、わ、わわか、わかわか、分かる? わ、わ、わか、わか、わわわ」
とか、こんな感じでした。
少し吃音が収まると、ご機嫌そうにハミングを始めて、大丈夫?と聞いても、こちらを見ずに宙を見つめてハミングし続ける。
そのうち
「黒いもじゃもじゃ。ほら見て」
「黒いもじゃもじゃいっぱい。ふふふ。あはは。たくさんいるよ」
「あれはウナギ?オタマジャクシかな? うふふ。たくさん。いっぱいいる。ここなへんにいっぱいいる。うふふふ。すごいねぇ。遊んでいるのかな?」
とか、幼児のような話し方で宙を指さして何度もこんな風に言い続けました。
明らかに顔つきもおかしいのです。
光が失われたように、顔に生気が無くなって、表情に感情がないような・・・そんな感じでした。
 
もう、私は怖くなってどうしていいのかわからなくなりましたが、こういう時って、まったく涙が出ないのです。
本当に恐怖しかなかったです。
 
娘を知っている人は、もちろん娘がこんな風でないのは良く知っています。
主治医も、もちろん知っています。
 
支離滅裂な事に付き合いながら、少しずつ娘が戻ってくるように感じてきたのが、発作から二時間後。
「自分の中に自分じゃないものがいて、何かがおかしい。何かが入り込んでいる。頭がもやもやして気持ちが悪い」
「いつもの自分じゃないのがわかる」
と言い出したので、おかしい認識が自分にあると感じているのがわかっているようでした。
救急に行こうと言いましたが、今まで救急に行っても検査をして返されるだけで、むしろ体力を消耗するだけなのも承知です。
待ち時間と検査結果を聞くために、夜中の二時三時まで病院にいたこともたびたびありました。
なので娘は、「救急にはいかない」と答えました。
 
気が付けばもう夜中の一時を過ぎていました。
 
娘のおかしな言動は少し録音してあります。
 
しばらくして、ある程度娘が戻ってきたのは顔つきを見て分かったので、もう寝ようか?と声をかけると、もう寝るというので、電気を消し、お休みと声をかけました。
 
まだ今日は、娘は起きていません。
足裏や体の痛みは引いているかしら・・・。
 
起きて様子がおかしければ、病院に行きます。
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。