みかりんのささやき                 ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。
CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

私のブログにご訪問いただきありがとうございます。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表の松藤です。
このブログは娘が接種した子宮頸がん予防ワクチンの副作用から起こった事を中心に日々の事を書いています。
アメンバー申請は、何度かコメントなどをやり取りした方や実際にお会いした事のある方などに限らせていただきます。
たくさんのメッセージやコメントをいただきますので、すべてのものにお返事は出来かねます。

また、娘と同じように子宮頸がん予防ワクチンの副作用を疑う症状のある方、ワクチン接種後数ヶ月してから突然身体が痛み始めたり、リウマチになった方。全身性エリテマトーデスになった方など。
そして、以前痛みがあったけれどもう治った方など、ぜひメッセージ下さい。情報共有させて欲しいのです。
副作用被害に遭われたと思われる方からのものには必ずお返事いたします。
今後のことも含めて少しでも健康になるための方向性を一緒に模索しましょう。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会へのお問い合わせは電話・FAX:042-594‐1337 へお願いいたします。

テーマ:

今月あの村中璃子氏がジョンマドック賞という賞を受賞したそうです。

その受賞時のスピーチが日本語で某サイトに掲載されていました。村中氏ご本人がその文章を書いているのですが・・・

 

そこに驚く言葉が!

会員さんが下さった画像

 

注目は、村中氏が書いているこの言葉

「国立医療研究センター理事長の五十嵐隆先生に感謝します。」

 

 

五十嵐隆氏は、なんと厚労省のワクチン副反応検討部会の委員なのです。

副反応検討部会は、ワクチンの副反応に関する国の決定を左右する場所です。

副反応に関する判断を公正、公平な目で検討する場の委員が、村中氏を支えて応援していたという・・・・。

この人選、というか、国の副反応のジャッジをする委員が、その職についていながら、村中氏にテコ入れする・・・あり得ません。

 

村中璃子氏は厚労省の子宮頸がんワクチン副反応研究班代表の池田修一医師の発表を「ねつ造」と決めつけ、実際にはねつ造はなかったと結論付けられ村中氏は名誉棄損の被告として池田教授から訴えられています。

厚労省(国)が副反応を検討するために指名している委員が、「副反応を否定し、副反応患者の親をモンスターマザーなどと揶揄する村中氏を応援」している。

村中氏から公の場でお礼を言われるほど親密な仲とは、一体どういう事なのでしょう。この五十嵐隆氏の行動は。

村中氏が公でスピーチしなければ分からなかった事ですが、これは明らかに被害者や研究班代表の池田修一教授を冒涜する行為に他なりません。

陰で被害者や池田教授に分からぬよう、こっそり村中氏とアクセスもとりながら、私たちを貶めようと加担していらしたのですね。

最悪です!!

超最悪!!

再び信用できない事態がプラスされました。

何のための副反応検討部会なのでしょうか?

自分の立場を顧みることなく、被害者を貶める者に加担した責任をきちんととってもらいたい!

 

このワクチンの被害はいまや導入されたすべての国、全世界で起こっており、その被害者は何万人にものぼっています。

薬害と言わずして、何というのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

ご無沙汰しました。

PCのマウスが無くなってしまい、出てくるまでほぼPCもずっと開けておりませんでした。

ズボラですみません。

 

いくつかニュースがあった中で、大事なニュースを一つお知らせします。

 

子宮頸がんワクチン副作用問題 兵庫県多可町が被害者補償へ

神戸新聞から転記

 

子宮頸がんワクチンの接種による深刻な副作用が報告されている問題で、兵庫県多可町は22日、同町内の女性(20)に医療支援として4210万円を支給する意向を明らかにした。女性は任意の予防接種を受けていたが、医薬品医療機器総合機構(PMDA)の救済制度の対象外とされていた。

 同町は健康被害の相談を受け、地元の医師や県医師会の専門医、県健康福祉事務所職員で構成する同町予防接種健康被害調査委員会で審議。女性の診療記録や検査結果から10月、「予防接種後の副反応を否定できない」と結論づけた。これを受け、加入する「全国町村会総合賠償補償保険制度」の適用を申請し、同町にこのほど支払額の決定通知が届いたという。

 保険金は町が窓口になって全額、女性に支給する見通し。同町は12月議会に提出する一般会計補正予算案に盛り込む。

 戸田善規町長は「(定期予防接種と異なり)国の救済制度の対象外で、PMDAからも非認定となったが、町の認定を基準に保険金支払い対象として適用してもらい、地方自治体ができる支援の形が示された。全国で苦しむ被害者の救済事例となれば」と話した。

 女性の母親は「やっと出た、と思った。高校1年で発症してから時間はかかったけど、治療費がかかるのでありがたい」と喜ぶ。女性は今春高校を卒業してアルバイトを始めたが、間もなく体調を崩し、最近まで入退院を繰り返していた。支払いの決定を聞いてから少し明るくなったという。母親は「裁判でも国と製薬会社の責任を認めてほしい」と話した。

 一方、定期予防接種を受けて健康被害を訴えている北播磨地域の女性(20)については、予防接種法に基づく国の救済制度適用が決定している。

 ワクチンの副作用を巡っては昨年7月と12月、兵庫県内の4人を含む全国の女性119人が国と製薬企業2社に損害賠償を求め、東京、名古屋、大阪、福岡の4地裁に提訴し、審理が続いている。(長嶺麻子、森 信弘)

 

以上

 

記事に集約されていますが、ワクチンの任意接種というのは各自治体で万が一の副反応による健康被害を救済補償する保険に入っています。

これは、各自治体が必ず掛けている保険です。

ワクチンには必ず副反応があるというのは紛れもない事実で、副反応があるから各自治体は保険をかけているのです。

 

自治体が主体となって、自治体の医師などを含めた調査委員会が審議した結果

『女性の診療記録や検査結果から10月、「予防接種後の副反応を否定できない」と結論づけた。』

 

これがとても重要です。

このニュースが出るちょっと前に、この件で私は兵庫県多可町の町長さんであった戸田善規さんにお目にかかってお話を伺いました。

 

「苦しむ人を救済したいという気持ちは、各自治体の人も同じだと思う。被害に遭った人に、医療費や将来のための補償に回せる手段として、わざわざかけている自治体の保険を活用するのは自治体として何もマイナスな事はない。活用して欲しいし、救済出来るという希望に繋げて欲しい」

 

という趣旨のお話をしてくださいました。

涙が出るようなお話でした。

被害に遭った方を小さな自治体で抱え、試行錯誤の上、被害に寄り添って下さる町の首長としても。

人としても。

困っている被害者の大きな希望になるようなお話でした。

多可町のご尽力くださったすべての方へ。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(5)

テーマ:

厚労省と面談をしたのは10月12日でした。

面談の中で、内容を確認し、双方理解も示し、確認を取るという話でしたが、厚労省から私の方へ今をもって何も連絡がありません。

 

一ヵ月以上経過し、先々週から幾度となく厚労省・予防接種室に電話を入れ、江浪室長に連絡を入れています。

そのたび、会議、外出中という話をされ、一度たりとも折り返しの連絡が来ません。

取り次ぐ方も、「えっ、連絡ないんですか? ちゃんと伝えているんですけれど」と困惑気味の様子でした。

 

その間、当会支部代表が別件で、この江浪室長と電話で話をしている事が分かっています。

 

実は、このような状況は、以前からあり、都合が悪いと一切折り返しの電話がないまま、何も対話ができないばかりでなく、進捗状況も教えていただけない不誠実な状況を強いられています。

 

今年この様な状況は何度目でしょうか。

 

進捗状況も聞けず、要望や調査のお願いが無視されている状況という感じです。

とてもとても感じが悪い。

 

以前も、他の支部長とは別件で電話で何度も話しながら、私がうかがっていることにはガン無視を続けて下さった予防接種室長・江浪氏。

面談の時も、その件に関して問うと「すいません」とおっしゃっていましたが、どうやら口先だけのようです。

 

社会常識って、何でしょうね。

これが取引先なら、どうなるのでしょうね。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

今日は娘の通院日でした。

もう、電車で通院するのが少し厳しいため、車で行きました。

睡眠障害でほとんど寝ていない娘を朝早く起こして、車に乗せました。

車内で少し寝てくれたので良かったのですが・・・。

 

診察では、ステロイドか免疫抑制剤の話が出まして、炎症を止めないと・・・という話。

特にステロイドは以前調子が悪くなった経緯もあり、娘は断然拒否。

まぁ・・・、当然かなぁ。

具合が悪くなった感触を覚えているのでしょう。

 

一番困っている意識喪失に抑制剤やステロイドが効くのか質問してみましたが、飲んでみないと・・・という話でした。

なかなか免疫吸着は2クール以降して下さらず。

次回の診察までに、薬を経口で飲むか、検討しておいてほしいという話で終了しました。

 

診察後、娘は涙ぐんで

「吸着してほしいのに・・・」

と、ぼそり。

そして

「吸着してくれる病院に行きたい」

 

以前、免疫吸着で意識喪失が激減したため、やはり吸着を切望しているんですよね。

まだまだ、治療の道は厳しいです。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先月、ある治療を受けて一カ月近くがたった。

 

気が付いてみると、いつも「背中が痛い」と一日に何度も言っていた症状が、この一ヵ月で改善されている事に気が付いた。

 

昨日、何気なく

「そういえば、この頃背中が痛いと言わないけれど、背中は痛くないの?」

と娘に聞くと

「ずっと起き上がっていると、背中は痛くなってくるけれど、そういえば四六時中は痛くなくなっている。前は常に痛くて大変だったけど・・・」

と答えた。

「でも、背中のだるさは全く取れていない」

 

うーん。二重苦だったんだね。背中だけでも。

でも、ひとつの症状が少し取れてきたことはとても嬉しい。

 

今も布団は敷きっぱなしで、いつでも娘が横になれるようにしてある。日中、一度も布団に横にならずに過ごせることは今もないのだけれど、たまに駅前まで私とお茶をしに行ったり、CDをレンタルしに行くことはある。

心は外に行きたくて仕方がないの。

外の世界と繋がりたい思いは、とても強い。

 

日中、横にならず、布団が必要ないほど元気になって欲しいなぁ。

 

皮疹、意識喪失が増えてきていて、足の痛みも少しまた復活してきている。睡眠障害がガッツリまた悪くなっている。ハラハラしている。

 

通院のため、電車で優先席に娘を座らせていると、明らかにお年寄りの方が娘の視界に来て、席を譲れアピールをしてくることもあり、娘が身につけているヘルプマークの浸透も必要だと痛感する。

意識喪失していても、寝ているだけだと思われることもしばしば。

 

色々、生きづらいね。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。