みかりんのささやき                 ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。
CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

私のブログにご訪問いただきありがとうございます。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表の松藤です。
このブログは娘が接種した子宮頸がん予防ワクチンの副作用から起こった事を中心に日々の事を書いています。
アメンバー申請は、何度かコメントなどをやり取りした方や実際にお会いした事のある方などに限らせていただきます。
たくさんのメッセージやコメントをいただきますので、すべてのものにお返事は出来かねます。

また、娘と同じように子宮頸がん予防ワクチンの副作用を疑う症状のある方、ワクチン接種後数ヶ月してから突然身体が痛み始めたり、リウマチになった方。全身性エリテマトーデスになった方など。
そして、以前痛みがあったけれどもう治った方など、ぜひメッセージ下さい。情報共有させて欲しいのです。
副作用被害に遭われたと思われる方からのものには必ずお返事いたします。
今後のことも含めて少しでも健康になるための方向性を一緒に模索しましょう。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会へのお問い合わせは電話・FAX:042-594‐1337 へお願いいたします。
NEW !
テーマ:

子宮頸がんワクチンの副反応報告が3017人というのは、ブログで書きました。

 

しかし、前回の厚労省・ワクチン副反応検討部会から

「副反応報告」

「副反応疑い報告」

 

 

と、名称が変わっています。

 

下記は厚労省のサイト内。サーバリックスで検索すると・・・

 

一番上は副反応疑い報告状況

 

二番目から下は副反応報告状況

 

以前は疑いなんて言葉が入っていなかったのに・・・

突然どうしたのでしょうか?

裁判対策でしょうか?

 

 

ワクチンの副反応が出ると、この国はなるべく責任を取らないように・・・という対応をするのでしょうか?

この上記の変更は、国が責任を取りたくないという流れによって出てきた言葉なのでしょうか?そのような決意ともいえる結果としての対応であるなら、とても悲しい。

ワクチンは、多くの人を病気にしないためという流れの中で行われている医療行為です。

多くの人間に打つ中で、副反応は少なからず起こるという前提のもと、その被害にあってしまった者を少なからずきちんと救済し、誠意を持って対応するというのが大前提ではないですか?

 

ワクチン接種により国民が後遺症を引きずりながら、生活している。

助けて欲しいと声をあげている。

 

その声は、国にも製薬会社にも届いているはずです。

その救済をきちんとしないという対応は、正しい事なのでしょうか?

困っているので、治療法を探して治してくださいと、国にも製薬会社にも声をあげているのですよ?

それを、こんな形でなるべく免責できることはしようとする対応はいいのでしょうか?

 

そして、悲しいかな、多くの方が

「国は責任なんか取らない。製薬会社は非はないと逃げるでしょ?」

と普通に言うのですよ?

 

過去の薬害対応が、国民にそう言わせているのです。

なんと悲しい世界でしょうか。

子どもたちに、そんな悲しい世界を見せないでください。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

昨日のセンター試験断念から一日が過ぎて、娘は案外がっかりしている様子ではなく、淡々としています。

変わりなく寝たきりなのですが。

 

寝たきりなので、最近はあまり会話もなくなっています。

良くなったらカラオケに行きたいとか、ディズニーランドにはいつ行こうかとは少しつぶやいていますが。

 

そんな体力もないので、元気になったらいけるよと話しています。

 

次の治療をいつしてくれるだろうかと、娘は次の治療を心待ちしています。

今月の下旬に外来での診察があるので、次の治療の相談をしてくるつもりですが、来月は後期のテストもあります。

あと、来週には最後のスクーリング。

このスクーリングに、もしかして行けないと、高校はどちらにしてももう一年やることになります。

そのつもりで治療をするのもアリですが、よく医師と相談の上決めてきます。

 

娘はとにかく治療をしたいと、そればかりなので娘の気持ちを一番に尊重することになると思いますが。

 

月に一度来る学校からの手紙に

「センター試験、力の限り頑張って。最後のスクーリングも忘れずに」

と先生の手書きの文字。

これを読んで、娘はどう思ったかしら。

 

私はとても切なくなりました。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

今日はセンター試験だった。

全国の受験生たちが、きっと力いっぱい頑張ったのだと思う。

 

しかしながら、娘は受けることすら断念した。

会場にすら行くことができなかった。

具合が悪すぎて。

 

もう、前日からダメだろうなという感じは本人の中にもあって・・・。

 

センター試験のために、配慮の書類を急いで書いてくださった先生にも、

センター試験のために早く治療して備えようと、本来一月だった治療を十二月に早めていただいた先生にも

申し訳ない気持ちだ。

 

でも、この状況のままでは、毎日通うことになる大学は、今のところ完全無理。

 

一年、先延ばしして、治療専念という決断をした。

 

ある意味、娘は少しホッとしているような感じもあった。

とても、とても複雑だ。

頑張る事すらできないって。

 

闘病では、とても頑張っているんだ。

とても、とても。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

子宮頸がんワクチンの被害にあって・・・

望んでいる事は色々とあるんですが

 

・接種前の様な身体に戻して欲しい。元気にして欲しい。

・原因の究明と研究をして欲しい。

・治療法の確立をして欲しい。

・被害にあったすべての人にきちんとした補償と謝罪をして欲しい。

が希望です。

 

これは私個人の希望です。

 

あと・・・・本当に

 

娘に心から謝ってもらいたい。

 

 

どんなに対応してもらったとしても、そこに誠意と責任を取る自覚がないのなら、娘が不憫です。

 

どうして

海外での副反応の事実を隠して、安全だと言ったのでしょうか?

どうして

遺伝子組み換えワクチンだという事を、接種案内に書かなかったのでしょうか?

どうして

接種後の有害事象として、自己免疫疾患などが増えていることを伝えなかったのでしょうか?

どうして

ラテックス禁忌を隠して「このワクチンの成分に対してアレルギーを起こす恐れのある方」などという意図的な案内を出したのでしょう? だれも、ワクチンの成分に対して説明されていません。

 

 

先日、本棚を整理していて、娘の小さい時の写真が出てきました。

二歳とか一歳の頃の写真。

笑顔でキラキラしていました。

今の娘には、笑顔でキラキラしている時はありません。

あの時の娘は、とてもかわいくて輝いていました。

 

輝きを取り戻させて下さい。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

娘はこのところずっと寝たきりなので、センター試験に行けないかもしれないなぁと思っている。

 

ここ一週間、過眠の症状が出てきている。

寝たきりでしかも過眠。

ほぼ食事の時と風呂の時だけ体を起こしている。

 

試験なんて出来るのかな?

複視が出ているし。

 

意欲はあっても、体がいう事を聞かないって、とても辛いことだ。

 

そうやって、いう事を聞かない体に負けて、将来の意欲も失ってしまわないようにと祈る。

 

娘は、何度も言うが、子宮頸がんワクチンを打つまでは、空手、ピアノ、日本舞踊を毎週こなしていた。

日本舞踊は週に二回ね。

 

副反応で入院してから、それ以降全て通えなくなった。

ピアノなんて、いまだに譜面が読めなくなってしまったまま。

ピアノがただ部屋にあるだけになっている。

 

一時期良くなっても、悪化を繰り返す。

娘の将来に対して、なす術がない将来だけは避けたい。

 

普通の生活を送れるよう、治療法と研究をとにかく急いでほしい。

ワクチンの安全性と有効性なんて調べている時間とお金を、治療と研究に回して欲しい。

待ったなしで、どうかお願い!

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(3)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。