みかりんのささやき                 ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。
CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

私のブログにご訪問いただきありがとうございます。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表の松藤です。
このブログは娘が接種した子宮頸がん予防ワクチンの副作用から起こった事を中心に日々の事を書いています。
アメンバー申請は、何度かコメントなどをやり取りした方や実際にお会いした事のある方などに限らせていただきます。
たくさんのメッセージやコメントをいただきますので、すべてのものにお返事は出来かねます。

また、娘と同じように子宮頸がん予防ワクチンの副作用を疑う症状のある方、ワクチン接種後数ヶ月してから突然身体が痛み始めたり、リウマチになった方。全身性エリテマトーデスになった方など。
そして、以前痛みがあったけれどもう治った方など、ぜひメッセージ下さい。情報共有させて欲しいのです。
副作用被害に遭われたと思われる方からのものには必ずお返事いたします。
今後のことも含めて少しでも健康になるための方向性を一緒に模索しましょう。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会へのお問い合わせは電話・FAX:042-594‐1337 へお願いいたします。

テーマ:

今日は、午後から娘の高校の卒業式です。

 

娘は無事、卒業することができそうです。

多くの方に見守っていただき、感謝申し上げます。

今後、所属する場所は今のところどこにもないのですが、先々大学進学を目指しています。

 

学校の先生も、娘の症状にとても配慮してくださり、今回の卒業式も、席は端の席の方が何かあったときに対応しやすいのではないかと提案してくださいました。

娘は車椅子を使わずに卒業式に出る予定ですが、怖いのが意識喪失で倒れる事。

端に座っていると、もしかして誰もいない方に倒れるとケガをしてしまいます。

「むしろ、両端に人がいてくれた方がケガをしないと思うので」と、先生に話しました。

卒業式の間、何も起こらなければ良いのですが・・・。

 

 

 

ところで、私の娘がどのような治療をしているのか、教えてくださいというご質問が何件かありました。

 

現在の娘は、日によってとても変動が大きいのですが、車椅子に限っては、ほぼいらなくなってきました。

調子が良ければ、自転車にも乗れます。

とは言え、今も足裏の痛みや背中の痛みがひどいと一日中寝込み、足裏の腫れがひどいと当然歩けずに大変なのですが・・・。

今回治療して退院後、体調が悪くて一日中寝ていることもあるのですが、一度目の治療後よりは、随分と体は楽になってきたように見えます。

そして、何より朝方までここ何年も眠れなかった娘。

その睡眠障害がとても良くなってきています。

 

病院の検査では、高次脳機能障害は若干改善傾向。

POTSの症状は全く変化なしでした。相変わらず悪いままです。

 

とは言え、娘の場合、二度の治療をしなかったら、とても大変な状況だったと思います。

12月に治療していただく前は、意識喪失が日に200回とか300回のレベルで、一日何度も倒れていました。

身体の中の暴走が止められなくなっていたのです。

 

二度の入院治療で、意識喪失は、現状、日に2~4回くらいに激減しました。

時には1日一度も意識喪失がない時もあります。

そして、随分と頭痛も減ってきました。

あの、カチ割れるような頭痛が、普通の頭痛くらいになってきたかもと。

完全に頭痛はまだなくなっていないのですが、それでも生活の質は随分と良くなります。

 

何より、娘は副反応後、この治療をして、

「こんなに体が楽になった事はない。

何でもっと早く、この治療をしてもらえなかったんだろうね」

と、不思議で仕方がないような口調でした。

 

娘の治療は

血漿交換療法の中の免疫吸着療法というものです。

 

体の血を濾過して、また自分の体の中に戻すという治療法で、究極のデトックス療法だと私は思っています。

娘は、副反応後、薬を飲むとすぐに何かしらの副作用の方が強く出てしまい、薬を飲むことが段々と、できなくなってしまいました。

どんどん悪化している中、このような治療しか残っていないところもありました。

 

しかし、この治療法は、体の中で悪いものが作られれば再び悪化します。

体の中で、悪いものが作られなければとてもよくなります。

 

今、治療の甲斐あって調子は以前よりずっと上向いているのですが、先々の事はまだわかりません。後戻りがありそうな予感もありますし。

 

それでも、娘の身体が改善し、その記録も病院に残すことができます。

娘は、確実に医療に助け上げられている一人です。

 

このまま、副反応も卒業していきたい。

娘も家族も、それを望んでいます。

 

追記

娘の自転車に乗るという話は、昨日すぐ近くのコンビニにiTunesカードを私と一緒に買いに行ったので書いています。意識喪失があるので、私が横で声掛けをしながら。

1人でのお出かけは、意識喪失が出ると危険です。

歩きでは、近くのコンビニまでの道のりが痛みで無理をすることになり、自転車の方がまだ足は楽なのだそうです。

誤解があるといけないので、追記しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ワクチンは対象年齢となる者全てに案内されます。期限や推奨される接種年齢もありますが、対象者すべてに案内が行くようになっています。

 

そして、万が一副反応(ワクチンは副作用ではなく副反応と言います)という名の健康被害に遭えば、「治療費等(の救済)が受けられる場合があります」。

と、案内に書いてあったりするのですが、そもそも予防接種には任意接種と定期接種があり、どちらの副反応被害も副反応であると認められなければ治療費を含めた救済は受けられないのです。

もちろん、それは当然の事なのですが・・・。

 

万が一、副反応に遭った場合は、多くの労力と時間と書類が必要で、医師がまず副反応報告の書類を書いてくれるか・・・というところからの出発になります。

医師が書類を書いて下さらないという事も、子宮頸がんワクチンの被害においては多々あり、副反応申請ができないという話も聞きます。

予防接種後に少しでも体調の変化があったり、いつもの平熱よりも高い熱が出た場合は、躊躇なく接種した医師のところに行って、体調変化があったことを医師の目で確認していただくことがとても大切です。

医師も、患者さんに体調変化があったならば、それは知っておきたい情報なのです。

 

 

副反応は起こる。

 

それを踏まえて

●副反応を極力出さない。被害を起こさない最善の対策(安全な薬液の開発、接種技術、禁忌事項の正しい案内や副反応情報の開示説明)がとられているのか。

●副反応が起こったら、迅速に救済の案内を示して、誘導できる手筈が整えられているか。

●副反応を否定せず、寄り添う体制が医療側に整えられているか。

●救済には迅速かつ正しい判断がなされ、被害救済がはじかれるようなシステムになっていないか

●後遺症が残っていても、症状が軽ければ救済されないようなシステムになっていないか

 

これらの検証をしたうえで、万全でなければならないはずです。

 

ワクチンは既に長い歴史のある(予防接種法施行令は、昭和23年7月31日)国として法を整備したものですので、国民に極力被害を与えないようにするのは、勧める側に課せられている事柄です。

 

国の事業として行なうのですから、副反応被害に遭っても軽いから補償しないという話ではないはずです。

 

今後の課題として、問題が解決することを切に願います。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

娘が15日に退院してきた。

 

頭痛や疼痛は治療で減っている様子。

睡眠も・・・、割と早く起きてくるようになった。

 

しかし、実は計算ができなくなっていることに、今日気がいた。

以前、計算が全く出来なくなり、自分のことも分からなくなったのだけれど、徐々に戻ったはずだった。

でも、今日の段階で、計算については、その頃に近いくらい出来なくなっていた。

退院して、ショックだったのはそこだ。

 

今回は、掛け算ができない。

掛け算はほぼ小学生の時に強制的に覚えた暗記。

その暗記が抜けているという事になる。

 

2×3も出来ない。

 

入院中も、よく聞いている曲を聞いたら、初めて聞いた曲のように感じて、歌詞も何もかもが新鮮だったと話していた。

抜け落ちている。

 

ショックだなぁ。

 

そして、今回の入院前くらいから、不安発作や悲しさがとても増えていて、ふさいでいることの方が多い。

かと思うと、たまーに、やたらとハイテンションになる。

 

脳血流がおかしいのだとは理解できるのだけれど、今日も朝から意識喪失が起こり、その後突然号泣し始めた。

 

昨夜は娘にとって、飛び切り嬉しい事があったのだけれど(私も信じられないくらいワクワクしてしまった)、今日は朝からイマイチ。

 

今日は、時間経過とともにテンションが上がるといいのだけれど。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

子宮頸がんワクチンが問題となって、今までのワクチン行政の落とし穴が見えてきました。

 

ワクチンは接種対象者全員に案内され、問診票に「はい」「いいえ」など簡単な設問が用意されています。熱を測り、体調などを聞かれて接種することとなります。

 

しかし、どんな成分が入っているのか、説明を受けることはありません。

該当する感染症を予防するためという説明はしきりと言われますが、ワクチンの内容を事細かく説明してくれる医師はいませんし、添付文書を見せて説明することもありません。

添付文書に書かれている内容も説明してもらえず、もう納得済みとして接種させる事は、今後問題になるのではないでしょうか?

接種させる側の説明責任はとても大きいです。

知らない人に、「きっと知っているだろうという解釈の元に接種させる」ことを、良しとしてはいけないでしょう?

殆どの人が、ワクチンの成分など誰も知りません。万人が知らないと思っていいと思います。知らないとわかっていながら、説明を今までしてきていません。

今後、こういった説明責任を怠ったまま、多くのワクチンを勧める行為は、接種させる側が危ない橋を渡ることになるでしょうね。

 

 

そして・・・

 

2017年の子宮頸がんワクチンに添付文書に書かれていない微量な金属粒子が混入されているという報告が海外で出ています。

市場に出回るワクチンの成分分析をした結果のようです。

 

http://medcraveonline.com/IJVV/IJVV-04-00072.pdf

 

サーバリックスには⇒鉄・鉛・クロム・銅・スズ・亜鉛・アルミ・ステンレス鋼

ガーダシルには⇒塩素、ケイ素、ジルコニウム、鉛、蒼鉛

 

これらの金属微粒子が混入していたようですよ。

 

日本では三回接種するワクチンです。クロムとか鉛も、微量ならば三度くらい直接身体に入れても問題ないのでしょうか?

 

こういうものをチェックするのも、特に日本で作られていないものに関しては、国が責任をもって定期的に分析しても良いと思いますが、実際にその様な分析をしているという話を聞いたことがありません。

分析結果なども見たことがありませんし。

 

食品には、手に取った消費者が、どんなものが入っているのか、どんなものから作られているのか、ある程度分かるように記載があります。

身体に入れるものですからね。

同じく、身体に打ち込んでしまうワクチンの成分は、誰も説明しない。

食品は説明責任をそれなりに果たしていますが、ワクチンは成分の説明責任が全くない、放置状態です。世の中にはネットを用いない人も数多くいるのです。

過去、ネットがない時代はもっと最悪でしたね。

 

企業も国も、国民に周知させることを怠っている。

これは、子宮頸がんワクチンから見えてきた、日本のワクチン行政の大きな問題点の一つです。

いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

息子のお腹の風邪がどうやら私にもうつってしまったようで、娘のお見舞いには行くことができなくなりました。

そこは、やはり節度ある行動をとらなくてはならないですからね。

当然です。

 

お腹がゴロゴロしています。

 

今日の娘は午後から調子が上がっていき、微熱はあるけれど体調はまあまあ良いとの事でした。

なので、ラインで何度かやり取りしました。

そろそろ来週には退院するらしいので、退院希望日を決めなくてはなりません。

火曜日には検査も終了するようなので、体調の悪化などがなければ、水曜日あたりには退院かな。

 

日によって、体調の善し悪しがあり、まるでジェットコースターのようです。

娘も自分の体調に振り回されている様子。

少しでも安定してほしいところです。

ジェットコースターは、遊園地で楽しむだけに限る!

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。