みかりんのささやき                 ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。
CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

私のブログにご訪問いただきありがとうございます。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表の松藤です。
このブログは娘が接種した子宮頸がん予防ワクチンの副作用から起こった事を中心に日々の事を書いています。
アメンバー申請は、何度かコメントなどをやり取りした方や実際にお会いした事のある方などに限らせていただきます。
たくさんのメッセージやコメントをいただきますので、すべてのものにお返事は出来かねます。

また、娘と同じように子宮頸がん予防ワクチンの副作用を疑う症状のある方、ワクチン接種後数ヶ月してから突然身体が痛み始めたり、リウマチになった方。全身性エリテマトーデスになった方など。
そして、以前痛みがあったけれどもう治った方など、ぜひメッセージ下さい。情報共有させて欲しいのです。
副作用被害に遭われたと思われる方からのものには必ずお返事いたします。
今後のことも含めて少しでも健康になるための方向性を一緒に模索しましょう。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会へのお問い合わせは電話・FAX:042-594‐1337 へお願いいたします。
NEW !
テーマ:
子宮頸がんワクチン副反応患者の診察と研究を行っている信州大学。
二週間ほど前に、村中璃子氏が再び書いた記事が出た。掲載はもちろんあのウェッジ。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7080

そこには、研究が「捏造」である、という穏やかでない言葉が並んでいた。
そもそも、池田班の研究は中間報告で、仮定、仮説の段階の途中経過。
実際に報告された内容は厚労省内で発表されたもの。
内容はこれ。これ以外に、池田教授は何も発表していない。

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000116634.pdf

しかしながら、村中氏の書いた記事はネット内を駆け巡り、「捏造」という言葉がまるで独り歩き。

しかし、しばらくの日数を経て、これを書いた村中氏が、
「法的に捏造と認めさせることは難しいかもしれません。」
と報告。

ご本人のツイッターをここに載せるのも嫌なのでこちらを参照に。
https://twitter.com/khaddar88/status/748484746364104704

これだけ世間を大きく騒がせ、池田教授の信用を貶めておき、その後の報告はフェイスブックでひっそりと。

この記事からネットで騒ぎになり、その後信州大では調査委員会が調査することになった。
公平な調査が行われれば、池田教授の汚名も返上されるはず。

上記件の簡素なまとめがターゲッターにあるので貼り付けておきます。

村中璃子氏記事『2016.6.17 子宮頸がんワクチン薬害研究班に 捏造行為が発覚』について マキノさんのツイートまとめ(2016.7.1作成)



村中氏は、昨年10月から、子宮頸がんワクチンの被害者ならびに医師らを特定して攻撃する記事を書き続けている。
その取材方法が不適切であることも私のブログに書いてきた。

村中璃子氏の不適切な取材の全容

村中璃子氏の不適切な取材の全容 続き

株式会社ウェッジからの取材に関する返事

ウェッジ5月号、村中璃子氏の仕打ち(追記)


今回の件に関して、更にネット上での問題も浮上してきているので、また引き続き書くかも。


子宮頸がんワクチンの娘の被害は明らかで、接種医が接種後「えらいこっちゃ」と慌てて総合病院に連絡を入れ、娘は入院しているのだ。
入院先の医師から「薬液のせい」と診断書も出ている。


私は、娘の敵討ちのつもりで生活しているといっても過言ではない。
それほどまでに、このワクチンは娘にとって憎むべき危険なワクチンだった。
今でも悔しい。







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
このところ、怪しい電話が会員にかかってくる。

定期接種での被害に遭っている人だけに、大手新聞記者を名乗る方から直接電話がかかってくる。
相手はこういうのだ。
「定期接種で被害に遭っているのであれば、期ですから、すべてにおいて責任は国にだけありますよね?
そもそも、殆どの記者は連絡会事務局に連絡を入れて、事務局の紹介という形で取材を受けることになっている。
その旨をその記者に伝えても、一向に改善されず、次々に会員に連絡を入れてくるのだ。

その記者さんとは面識もなく、お目にかかったこともないと、会員の方は一様に言う。
にもかかわらず、その記者から携帯に直接電話がかかってきた人もいる。
どこから知ったのかが、また不可解なのだ。

知らない電話番号だったので出なかったら、ショートメールが来たという。

しかも、副反応の認定を受けたのがいつかも知っている様子で、
「いついつ認定されましたよね?」
と確認してくる。
こんな情報がわかっているのは厚労省もしくは、PMDAくらいしかない。
そこから聞き出した情報としか思えないのだ。

そして畳み掛けるように
「九月以降に子宮頸がんワクチンを再開するため、厚労省では既に調整中ですが、再開されることについてどう思いますか?」
と尋ねてきたという。

どうやら、調査も済んでいない前に、厚労省では既に再開の調整中という事らしい。
あまりにも、色々知りすぎている方のようなので、厚労省が再開を調整中というのも事実なのかもしれない。
さぁ、誰がリークしているのだろうか?
今までこのようなことを漏れ聞いたこともなかったが、ここに来て内部の人物がリークしているとしか思えないことが、このところ突然増えた。


怪しくて、薄気味悪い。

それだけではない。
副反応を診ている医師の患者さんから
「先生のところに、脅迫メールが来ているんだそうです。私たちを診て下さっているがために、心配です」
という話。

医療の闇といわず、なんというのか。


AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:
今、遺伝子組み換え食品が巷に溢れているが、食品の裏書を見て、なるべく遺伝子組み換えではない食品を選ぶ人が多いと聞く。
もちろん我が家もそうだ。


大豆製品などは「遺伝子組み換えでない」と、わざわざ書かれているものも多く存在している。
それは、メーカー側で「遺伝子組み換えというものを食べたくないと思う人も多くいる」ため、配慮してのことだと思う。
むしろ、何も書かれていないという事は、遺伝子組み換えの材料が使われると考えたほうがいい。
これが、例えば肉や養殖の魚ではどうだろうか。
餌に遺伝子組み換えの材料が使われているだろうね。
安全と、軽々しくいえない世の中になっていると私は思う。

そればかりか、日本で鶏用遺伝子組み換えの生ワクチンの承認申請。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/151204.html


そして、子宮頸がんワクチン、ガーダシル、サーバリックスは、共に遺伝子組み換え技術を使って作られたワクチンだ。
サーバリックスは、昆虫細胞をたんぱく質再現細胞とする本邦初の遺伝子組み換えワクチン
ガーダシルは、L1蛋白質のウイルス様粒子(VLP)を含む酵母細胞由来の遺伝子組換え型ワクチンだ。


私たちの身体は、大丈夫だろうか?
生活環境にすぐさま悪影響はないとしていても、それが分かるのはずっと先。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
土曜日に行われた、内容はクローズドのメディアドクター研究会
http://mediadoctor.jp/

に行って来た。

HPVワクチンの副作用報道を考える 
リスクとベネフィットをどう伝えるか(2016月6月)

という内容に興味を持ったので。

色々な立場の方のご意見が伺えて、あっという間の時間だった。


ただ、登校していた娘の体調が悪くなり、急遽帰宅するというので、気が気ではなく、娘が帰宅してから家を出た。

参加時間がギリギリかと慌てて、電車に飛び乗った。
結果、一番乗りで笑ってしまった。





ご報告まで。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
娘は少しばかり復活。
とはいえ、今週は三日間連続で夜になると不随意運動があった。
しかも、全身に及ぶものだった。

ただ、30分程度でおさまったので、本人曰く、「まぁ、大丈夫」と。
はじめに不随意運動を見た時は、もうどうしていいか分からず、親子でパニックになったものだけれど、日常的に経験してしまうと、やり過ごすしかないと悟って、慌てなくなってしまっている。

考えると、普通ではないのだけれど・・・・・。


昨日は復活して、塾にも行くことができた。
むずむずやら、不安発作やら、倦怠感とかまだあるけども。

久しぶりに電話で話す方が、娘を心配してくれる。
ありがとうございます。
お互い、お大事に。



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。