みかりんのささやき                 ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。
CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

私のブログにご訪問いただきありがとうございます。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表の松藤です。
このブログは娘が接種した子宮頸がん予防ワクチンの副作用から起こった事を中心に日々の事を書いています。
アメンバー申請は、何度かコメントなどをやり取りした方や実際にお会いした事のある方などに限らせていただきます。
たくさんのメッセージやコメントをいただきますので、すべてのものにお返事は出来かねます。

また、娘と同じように子宮頸がん予防ワクチンの副作用を疑う症状のある方、ワクチン接種後数ヶ月してから突然身体が痛み始めたり、リウマチになった方。全身性エリテマトーデスになった方など。
そして、以前痛みがあったけれどもう治った方など、ぜひメッセージ下さい。情報共有させて欲しいのです。
副作用被害に遭われたと思われる方からのものには必ずお返事いたします。
今後のことも含めて少しでも健康になるための方向性を一緒に模索しましょう。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会へのお問い合わせは電話・FAX:042-594‐1337 へお願いいたします。
NEW !
テーマ:
まずこちら

HPV ワクチンの有効性及び安全性 に関する 疫学 研究の概要

子宮頸がんワクチンの疫学調査の内容とメンバーが書かれています。
このメンバーには、
・MSD社からお金を貰ってい者が含まれる。

・HPVJAPANという得体の知れない、連絡先を途中で消し去った(実際は「子宮頸がん征圧をめざす専門家会議」と全く同じ問い合わせ電話番号だったが、被害者サイドの指摘で突如連絡先削除した)団体に、子宮頸がんワクチンを再開せよという署名にサインしている方々が三名。
上田豊医師、榎本孝之医師、垣添忠生。(垣添医師は以前子宮頸がん征圧をめざす専門家会議の顧問)
→資料1 http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M102147/201307053113/_prw_PR1fl_KUf9a228.pdf
ワクチン製薬会社から、この団体には二年で7000万円を超える寄付があった

→資料2http://hpvjapan.com/

・このワクチンを導入するに当たり、その検討、研究班だった者(福島若葉医師)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000014wdd-att/2r98520000016rqg.pdf

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン作業チーム 報告書の結論がこれまたひどい

HPVワクチンの安全性については、局所の疼痛・発赤・腫脹が主な有害事象としてあげられているものの、HPVワクチン固有の重篤な全身性反応は少ないと考えられる。まず、ワクチン接種の主な有害事象は局所の疼痛・発赤・腫脹であり、HPVワクチン固有の重篤な全身性反応は少ない。」と結論づけ


などなど、結論あり気的な人選の方も見受けられる中で執り行われる。


そして、上記の調査に関するニュースが昨年配信されている。
http://www.sankei.com/life/news/151127/lif1511270029-n1.html

以下転記
子宮頸がんワクチン 疫学調査へ 非接種者対象に同様症状の有無確認

全身の痛みなどが報告され、積極的な接種勧奨が中止されている子宮頸(けい)がんワクチン(HPV)について、厚生労働省は27日、接種していない人にも同様の症状が一定数出ているかどうかの疫学調査を行うと明らかにした。

  調査は全国の病院の小児科や神経内科、心療内科、整形外科などの計1万9千科を対象に年明けから行われる。今年7月~12月末までに、全身の痛みやしび れ、歩行障害、学習能力の低下などの症状が3カ月以上続き、通学や就労に影響が出ている12~18歳の患者がいたかどうか報告を求める。

 患者がいた場合、HPVの接種歴や詳細な症状、考えられる診断名を尋ね、ワクチンを接種しなくても、接種後に起きたとされる症状と類似の症状が起きているかどうかを明らかにする。研究結果はHPVの安全性についての判断材料となる。

以上

これの何が問題かというと、
「接種者の調査をせず、
接種しない人を調査し、
子宮頸がんワクチンの副反応評価をする

というすり替え調査が行われる点。

被害の実情どころか、全く被害に寄り添う気のない調査であり、
ワクチンを打った人を厳密に調査せずに、打っていない人を調査して類似の症状が起きていれば、子宮頸がんワクチンは安全であるという評価にする調査。

国はこういった調査をするのです。
被害に寄り添うふりをしているだけではないですか?
この調査が、被害者の助けになりますか?
利益相反をしている人や、被害の実情より再開を望む人が、厚労省から任命されて、これらの調査をするのです。

もう調査は始まっています。
調査チームは3つ。そのうちの一つに、福井市が調査協力の案内を出しており、
http://www.city.fukui.lg.jp/fukusi/iryou/sinsa/p017175.html
その問い合わせ先は・・・

【問い合わせ先】

厚生労働省科学研究費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)

「子宮頸がんワクチンの有効性と安全性の評価に関する疫学研究」

研究分担者 上田 豊 (大阪大学 産婦人科学) TEL:06(6879)3351

そう、ワクチン再開を切に願う上田豊先生が取りまとめ!

何故、中立な立場の医師を指名しないのでしょう。
ちなみに、上田先生はMSD社のランチョンセミナーに出ようとしていた先生です。ワクチン製薬会社と繋がっていない訳がない医師を、どうして福井市は行政としてチェックしていないか?
問えば、公正な裏を取ったと回答が得られるのでしょうかね?
福井市には被害者もおりますし・・・。

そして、ここでも、
「ワクチンを接種しなくても、接種後に起きたとされる症状と類似の症状が起きているかどうかを明らかにする。研究結果はHPVの安全性についての判断材料となる。」

接種した人を調査せずに、{子宮頸がんワクチン安全」評価のまやかしに、福井市は加担しようとしています。
怒れ、福井市民!!!


AD
いいね!(20)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
御用達医師など、居てはいけない。
当然のことながら、魂を売ってはいけない。
お金のために、犬になってはいけない。

何故、援助し、お金を出してくれるのか。
利益相反とはどういうものか。
常に考え、違法性はなくとも、患者のために動く人達であってほしい。
国も、医師も。

都合の悪いことをもみ消す医療であってはならない。
都合の悪い事実を否定だけする国であってはいけない。



何故それが起こるのが。
何故起こったのか。

薬害は、この世から根絶しなければならない。
そのために、魂を売ってはいけない。

国民の幸せや安堵は、政府や各省庁の官僚の方々が担って、築いていくもの。
決して、お金を積まれて築くものではない。

何故私たちが苦しんでいるのか、分かりますか?





AD
いいね!(30)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日になって、日本神経治療学会の特集内容がネットで読める。
と情報が入ってきた。

ワクチン接種後の脳炎、脳症についての治療や診断についてなど。
子宮頸がんワクチン接種後の症状を多数見ている医師が書いたもの。
臨床の上から治療を試行錯誤してかかれたものだと思う。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnt/33/1/33_7/_article/-char/ja/


厚労省は、子宮頸がんワクチン接種後の症状を、心因による神経症状や身体表現性障害といい、それがまるですべてかのような結論を、副反応検討部会で発表した。

しかしながら、自己免疫性脳症患者の病歴には、当初、身体表現性障害や転換性障害など、心因性の疾患、統合失調症など、精神疾患とされる例が多くあり、神経学的に自己免疫性脳症を疑って見抜くことが大切だと、内容の一部に書かれている。

実際に、治療が遅れれば遅れるだけ、無駄な時間とお金が掛かり、炎症が繰り返され、治らないという事につながる。
自己免疫性脳炎であれば、整形外科では治しようがない。
ストレッチなどで、脳炎が治れば問題ないが・・・。

患者としては、いずれも否定せずあらゆる可能性を考慮して欲しいのだ。
「子宮頸がんワクチンの副反応で・・・」
と、医師に告げるだけで、
指定病院にもかかわらず
「分からないからやれることが無い。診れないから帰って」
そう言って、追い返すような悲しい事だけはしないで欲しい。

まずは、内容を読んでみて欲しい。
多くの患者を診ている医師が書いたという事も頭に入れて読んで欲しい内容です。














AD
いいね!(31)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はおじさんの納骨の日。
父は病院で、母はその付き添いがあり、私が行ってきた。

カトリックのお墓はとっても気持ちがいい。
お墓なのに、なぜか心地よい。

北海道のトラピスチヌのお墓はとても質素で、物悲しい感じだったけれど、それとも違う。

おじさんの骨が壺ごと、お墓の下に収まった。
以前亡くなったおばあちゃまの骨壷も見えて、なんだか懐かしかった。

納骨が終わると、みんなで、おじさんの好きだったお蕎麦を食べた。

以前仲良くしていて、一緒にハワイの従姉妹の家で過ごしたAちゃんのお父さんと帰りの電車が一緒になり、しばしAちゃんの話。
Aちゃんはアメリカ本土で暮らしてから、すっかり疎遠になってしまったから、Aちゃんの話は嬉しかった。
月日は、本当に流れている。


帰宅すると、娘はまだパジャマだった。
「いつ起きたの?」
「うーん、五分くらい前」
「えー、さっきじゃない」
「うん、起きられない」

そっか・・・。
責めては駄目だよね。

食事を食べさせても、あまり食べられない。
変わらず・・・。

ただ、少しだけ顔の皮膚がきれいになった・・・気がする。
10日前よりは確実に良くはなっているかな。
とにかく、疲労がとれるといいんだけれど。




いいね!(26)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の娘は、昼過ぎに起きてきて、食事を少し取り、ずっと居間の横にある掘りごたつがある畳スペースで横になって過ごした。
昨日くらいから、ものすごい疲労でかなり辛いらしい。
今日は塾も行けず。
昨日とその前の日、二日間行っただけ。
行けなくなった。

先週に比べると痛みは減ったけれど、その分、疲労で動けない。
痛みが減って回復したと思っていたら、そんな・・・。

「なんか、昨日から疲労がすごくて、動けない」
ため息ばかりついて、娘が言った。

慢性疲労症候群の診断もいくつかある診断のうちの一つ。
そこから脱せたかなと思っていたんだけれど、一筋縄ではいかない。

食事量もガクンと減って、食事ができない。

本当に、しょんぼりだ。


いいね!(25)  |  リブログ(2)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。