いつもお世話になっております。

今回は、共同通信杯の検討です。


※ 軸馬

    日曜日に行われる
   共同通信杯。
    府中芝1800Mが
   舞台の3歳馬限定の
   GⅢレースです。

    共同通信杯の連対馬は、
   その年のクラシックレース、
   近年は、特に皐月賞での
   活躍が目立ちます。

    ならば、
   逆算して、
   皐月賞の舞台に
   合っていそうな馬
   を狙うのもアリ
   と思います。

   
    ただ、
   今年の3歳馬の
   重賞レースでは、

   2歳時に
   重賞レースで好成績を
   残せていなかった馬の
   活躍が目立つように思います。

    シンザン記念の
   キョウヘイや
   タイセイスターリー、

   昨日のクイーンCの
   アドマイヤミヤビや
   アエロリット

   は、いずれも
   2歳時の重賞レースに
   未出走か、
   出走しても活躍を
   していない馬です。

    今年の共同通信杯では、
   今回の同じ舞台の
   東京スポーツ杯2歳Sの
   好走馬である
   スワーヴリチャードと
   ムーヴザワールドが
   出走します。

    いつもの私であれば、
   軸馬はこの2頭のいずれか
   とするところですが、


   上記のことを踏まえて、
   このレースでは、あえて

   2歳重賞レースでは
   活躍していなかった馬
   の中から
   選ぶこととします。

    とはいえ、
   本命党の私ですから、
   軸馬は上位人気の馬から
   となりますので、

   軸馬候補の馬は
   3番人気であろう
   エアウィンザー
   4番人気であろう
   タイセイスターリー
   のいずれかとなります。

    2頭の比較では、
   土曜日のクイーンCを
   アドマイヤミヤビで勝って
   気をよくしているであろう
   ルメール騎手が鞍上の

   タイセイスターリーを
   選択する手もアリ
   と思うのですが、

    タイセイスターリーは
   不良馬場だった
   シンザン記念で好走した
   反動が出るおそれが
   懸念されます。

    ということで、
   クラシックレース出走には
   そろそろ、この辺りで
   賞金加算が必要なので、
   相応の仕上げをしてきたであろう

   良血馬のエアウィンザーを軸馬
   とし、
   この馬の好走を
      期待することにします。


    

※ 相手

    相手の1番手としては、
   シンザン記念で2着と好走し、
   今回は
   ルメール騎手が鞍上の
   タイセイスターリー
   とします。


    そして、
   相手の2番手と3番手は、

   今回と同じ
   府中芝1800Mが舞台の
   東京スポーツ杯2歳Sの
   好走馬である
   ムーヴザワールド
   スワーヴリチャード
   します。

   
    なお、馬券は、
   エアウィンザーと
   タイセイスターリーの
   組合せを
   厚めに買うとともに、

   エアウィンザーが1着の
   三連単の馬券も買う
   こととします。



※ 結論

   軸馬は、エアウィンザー。
   相手は、タイセイスターリー、
  ムーヴザワールド、
  スワーヴリチャード。

   馬券は、
  枠連で、
      3-5・ 900円、
      4-5・ 700円、
      1-5・ 600円、
   小計3点・2200円、
  三連単で、
  5→3→1・ 400円、
  5→3→4・ 400円、
  5→4→1・ 300円、
  5→4→3・ 300円、
  5→1→3・ 200円、
   5→1→4・ 200円、 
    小計6点・1800円、
    合計9点・4000円とします。
 

お読みいただき、ありがとうございます。

それぞれを1クリックしていただきますと、

とてもうれしく思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
 

 

 ←  現在、90位くらい。

               応援クリック、

               よろしくお願いいたします。

AD

いつもお世話になっております。

今回は、東海Sの検討です。

 

 

※ 軸馬

 

   日曜日に行われる東海S。

   中京ダート1800Мが舞台の

 古馬のGⅡレースです。

 

   昨年のこのレースに関して、

 当ブログでは、

 栗東トレセンでの水曜日の

 調教時の降雪を勘案し、

 

  関東馬のロワジャルダンを

 軸馬とし、

 相手は関東馬のモンドクラッセと

 関西馬ですが

 調教を木曜日にずらした

 アスカノロマンの

 2頭とすることで、

 

 (ワイドと代用ですが枠連を)

 的中することができました。

 

 (↓ 当ブログの昨年の東海Sの記事です。)

 http://ameblo.jp/3662newtam01/archive1-201601.html

 

 

  今年のこのレースでは、

 先週の日曜日の降雪で

 中京及び京都の開催が

 平日にずれたことで

 生じたであろう

 種々の影響を勘案して、

 

 比較的日程に余裕があったであろう

 美浦トレセンで調教ができた

 関東馬を重視し、

 今年も関東馬の中から

 軸馬を選ぶことにします

 

 

  さて、

 今年の東海Sに出走する

 関東馬はといえば、4頭のみ。

 

  これら4頭は、いずれも

 重賞レースでの勝ち鞍があり、

 また、

 ショウナンアポロンは

 マイペースで行けた時には・・・

 と思えることが、

 

 

 リッカルドは、

 エルムSのメンバーが

 なかなかのメンバーだっただけに

 近走の成績には目をつぶってと

 いう手がありそうなことが、

 

 

 そして、

 ロワジャルダンは

 16頭立ての今回は

 前に行った馬が競り合った時に

 出番がありそうなことが、

 

 

 と、いずれの馬にも

 買いたいなと

 思える理由があります。 

 

 

   しかしながら、

 グレンチェントには、

 4歳馬であるという

 私にはとても魅力的な理由

 あります。

 

  まあ、

 昨年暮れのチャンピオンズCで

 3歳馬の中でも

 上位クラスの馬であろう

 ラニやゴールドドリームが

 掲示板に乗れなかったことからして、

 

 ダートの重賞レースでは

 明け4歳馬が通用しないのではないか

 との懸念はありますが、

 

 グレンチェントの場合、

 昨年11月のみやこSで

 斤量55キロで古馬相手に

 2着に好走した実績があります。

 

  みやこSには、

 今回の東海Sにも出走する

 アスカノロマン、ロワジャルダン、

 カゼノコ、マイネルクロップ、

 モルトペーネもいたため、

 

 アスカノロマンが

 2番人気になるであろう

 今回のレースならば、

 

 みやこSで2着という

 グレンチェントの実績が

 評価されて、

 この馬が1番人気になることも

 合理的であると思います。

 

  また、府中や新潟のレースで

 好走した実績があるので

 左回りの中京コースへの不安は

 あまり感じませんし、

 

 昨年の東海Sは12頭立て

 だったのに対して、

 今年は16頭立てとなれば、

 

 いかにフェブラリーSの前哨戦で

 あるこのレースでも

 昨年よりは流れが厳しくなりそうなのが

 差しタイプのグレンチェントには

 プラス材料と思うわけです。

 

  ということで、

 軸馬はグレンチェントとします。

  

 

 

※ 相手

 

  相手としては、

 まずは、

 前述の関東馬の中から

 ロワジャルダンとします。

 

 

  この馬は、

 昨年の東海Sの3着馬

 ですが、

 

 昨年の東海S、

 そして、今年のチャンピオンC

 での走りからして、

 

 京都ダートコースと比較すると

 中京ダートコースは

 合っていないのではないかとの

 懸念はあります。

 

  しかしながら、

 私には、

 この馬は浜中騎手との

 相性が良さそうに

 思えますので、

 

 16頭立ての今回、

 道中の流れが厳しくなって

 差しタイプのこの馬に

 展開が向くことを期待して

 相手の1番手とします。

 

 

  相手の2番手は、

 5ワク9番のピオネロ

 とします。  

 

  この馬は、

 3走前に

 中京ダート1800Мの

 白川郷Sを勝っていますし、

 

 ここまで出走した

 ダートのレースでは

 比較的早い流れの中、

 先行して好成績を残していることが

 

 16頭立ての今回のレースで

 流れが厳しくなっても

 対応できそうに思えることが

 強調材料の1つです。

 

 

  相手の3番手は、

 関西馬ですが、

 このコースと相性が良いと

  思える、この馬とします。

 

 

  (↓ 馬名は、こちらに記しました。)

 

 

 ←  現在、80位くらい。 

               応援クリック、

               よろしくお願いいたします。

 

 

※ 結論

 

  軸馬は、グレンチェント。

  相手は、ロワジャルダン、

 ピオネロ、●●●。

 

  馬券は、

 枠連で、

    4-8・ 700円、

    4-5・ 700円、

   ●-4・ 600円、

 合計3点・2000円

 とします。  

 

 


お読みいただき、ありがとうございます。

それぞれを1クリックしていただきますと、

とてもうれしく思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
 

 

 ←  現在、80位くらい。

               応援クリック、

               よろしくお願いいたします。

 

 

AD

いつもお世話になっております。

 

今回は、京成杯の検討です。



 

※ 軸馬

 

   日曜日に行われる京成杯。
   中山芝2000Mが舞台の
  3歳馬限定のGⅢレースです。

 

   このレースでは、
  一昨年がベルーフ、
  昨年がプロフェットと

 

  2年連続で
  ハービンジャー産駒
  活躍しています。

 

   また、
  今年の京成杯にも、
  3頭のハービンジャー産駒が
  出走予定です。

 

   となれば、
  いかに
  ディープインパクト産駒が
  大好きな私であっても、

 

  ハービンジャー産駒を
  重視せざるを得ません

 

   ということで、
  軸馬はハービンジャー産駒
  から選ぶことにします。

 

   該当馬は、
  4ワク7番の
  サンディール

 

  5ワク9番の
  アダマンティン

 

  8ワク14番の
  ベストリゾート
  です。

 

   サンディールと
  アダマンティン
  の2頭には、
  中山芝コースの
  勝ちクラがあることが、

 

  また、
  ベストリゾートには、
  2歳重賞レースの
  ホープフルSの4着という
  実績を有しており、

 

  3歳GⅢレースの
  ここでも
  実力不足ということは
  ないと思えることが

 

  プラス材料のように
  思えます。      

 

  
   これら3頭は
  甲乙つけがたいと
  思うのですが、

 

  既に
  オープンクラスの
  レースで
  掲示板に載っており、
  
  今回のレースで
  力不足だったということは
  ないと思える点で
  本命党の私しには
  安心感がある
  ベストリゾートを軸馬
  とします。

 

   

 

※ 相手

 

   相手としては、
  まずは、
  軸馬にするかどうかで
  迷った
  他のハービンジャー産駒である
  アダマンティンとします。

 

   相手の2頭目は、
  牝馬ですが、
  これまた、
  ハービンジャー産駒の
  サンディールとします。

 

   相手の3頭目は、
  ステイゴールド産駒の
  マイネルスフェーンとします。

 

前走のホープフルSでは、

  最後の直線で最内を突いて
  2着に頑張ったことを
 

  コース取りが良かったので
  3着以下の馬とは
  大きな差がないと
  考えるべきか、

 

  あるいは、
  今回、2ワク2番に
  入ったのだから、
  またまたインを突けそうなので、
  今回も好走できそうだと
  考えるべきか、

 

  がポイントになりそうですが、
  私は、後者の考え方で
  あります。

 

   また、
  先週のの中山開催で
  ステイゴールド産駒が
  活躍していたことも
  プラス材料と
  考えます。

 

   相手の4頭目は、
  大好きな
  ディープインパクト産駒を
  買わなかったところ・・・、
  が嫌なので(笑)
  
  ポポカテペトル
  とします。  

 

   最後は、
  ホープフルS2着の
  マイネルスフェーン
  との比較で、

 

  マイネルスフェーン
  よりも人気がないならば
  お得感があるという理由で
  この馬をおさえることに
  します。

 

  (↓ 馬名は、こちらに記しました。)

 

 

 ←  現在、80位くらい。 

               応援クリック、

               よろしくお願いいたします。

 

 

※ 結論

 

   軸馬は、ベストリゾート。
   相手は、アダマンティン、サンティール、
  マイネルスフェーン、ポポカテペトル、●●●。

 

   馬券は、
  枠連で、
   5-8・ 700円、
   4-8・ 300円、
   2-8・ 400円、
   3-8・ 200円、
  小計4点・1700円、
  馬連で、
   9-14・100円、
   7-14・100円、
   ●-14・100円、 
   小計3点・300円、
  合計7点・2000円とします。

 

 


お読みいただき、ありがとうございます。

それぞれを1クリックしていただきますと、

とてもうれしく思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
 

 

 ←  現在、80位くらい。

               応援クリック、

               よろしくお願いいたします。

 

AD

いつもお世話になっております。

 

今回は、シンザン記念の検討です。



 

※ 軸馬

 

   日曜日に行われる
  シンザン記念。

 

   京都芝1600Mが舞台の
  3歳馬限定のGⅢレースです。

 

   今年のシンザン記念の

  ディープインパクト産駒の

  出走は、1頭のみ。

 

   4枠7番のアルアインです。

 

   昨年のシンザン記念では、

  ディープインパクト産駒の

  ピースマインドとラルクが

  人気になりましたが、

  13着と14着。

 

    ただ、

  ピースマインドとラルクは、

  いずれも前走のレースを

  逃げて圧勝したことで

  シンザン記念で人気になった馬

  であり、

 

  シンザン記念では

  逃げなかたっところ、

  力を発揮できなかった

  という共通点がありました。

 

   これに対して、

  今年のアルアインは、

  初戦は後方待機からの

  差し切り勝ち、

 

  2戦目は

  中段追走から

  直線では最内を突いて

  抜け出しての勝利と

  控えた形で

  好結果を出した馬です。

 

   また、

  初戦は、追走に苦労していた

  ような感もあったのに、

  2戦目は

  もう少し追走がスムースに

  なったような感じがありましたから、

  

  レースに慣れてきて

  力を発揮しつつあるのかもしれないと

  私には思えます。

 

   まあ、

  先々を考えれば、

  後方でじっくりと足を矯められて、

  ゴーサインを出したら

  強烈な末脚を繰り出してくれた方が

  良いのかもしれませんが、

 

  このシンザン記念のみを考えれば

  少しでも

  前に行けるようになったことは

  好材料と思います。

 

   何しろ、

  第1回京都開催では、

  逃げ・先行馬が有利で、

  差し馬は

  内ワクでないと苦しい

  というのが

  私の考えですから。

 

   その意味では、

  1番人気のペルシアンナイトは、

 

  鞍上がデムーロ騎手で、

  しかも3ワク5番。

 

   前走を見た感じでは

  先行策もとれそうですから、

  こちらを軸馬にする手も

  アリと思うのですが、

 

  大好きなディープインパクト産駒を

  差し置いて、

  ペルシアンナイトを

  軸馬にするのも

  気が引けますので、

  

  アルアインを軸馬とします。

 

  

  

※ 相手

 

   相手の1番手は、
  トラストとします。

 

   第1回京都開催といえば、
  逃げ・先行馬と
  内ワクの差し馬を
  重視したいところですので、

 

  逃げる可能性がある上、
  朝日杯FS5着の
  実績のあるこの馬は、

 

  今回、逃げるのであれば
  軸馬としたい馬です。

 

   ただ、
  競馬新聞に載っていた
  陣営のコメントからして、

 

  先々を考えて
  先行抜け出しの競馬を
  教え込んでいるような
  雰囲気も感じましたので、

 

  1ワクのミルトプリンスや
  2ワクのメイショウソウビを
  前に行かせての
  3番手追走から
  早めに先頭に立つような
  レースになりそうに思います。

 

   この場合、
  ディープインパクト産駒である
  アルアインの決め手に
  屈する可能性が高いように
  思いますので、

 

  相手の1番手にとどめることに
  します。

 

   
   相手の2番手は、
  ここ2走、
  上り33秒台の
  末脚を発揮している
  ペルシアンナイト
  とします。

 

   前走では、
  早めに2番手に上がって
  上り33秒台の
  末脚を披露していますから、

 

  スタートで後手を踏まない限り、
  先行策をとり、
  デムーロ騎手が
  早めに前にいる馬を
  捕まえに行ってくれることを
  期待する次第です。

 

  

 

※ 結論

 

   軸馬は、アルアイン。
   相手は、トラスト、
  ペルシアンナイト。

 

   馬券は、
  枠連で、
    4-5・700円、
    3-4・600円、
    3-5・400円、
  小計3点・1700円、
  三連単で、
  7→8→5・200円、
  7→5→8・100円、
   小計2点・300円、
  合計5点・2000円
  とします。

 

 

 お読みいただき、ありがとうございます。

 1クリックしていただきますと、

とてもうれしく思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 ←  現在、80位くらい。

               応援クリック、

               よろしくお願いいたします。

 

明けまして、おめでとうございます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

※ 昨年の成績

 

    昨年の当ブログの結果ですが、
  

  的中率   44.2%
  回収率  102.0%

 

   でした。


 

    一昨年(2015年)と
   2013年は、
   最終週に
   購入金額を増やして、
   何とか帳尻を合わせたもの
   でしたが、
 

   昨年は、
   弥生賞と高松宮記念の
   3月に作った貯金を
   その後は、気が緩んで、
   無駄遣いしたために(笑)、

 

   12月は、節約生活に入り、

   何とか、
   プラス収支を守り抜くという、

   大いに反省のパターンで
   回収率100%を
   クリアしました。


   
    ただ、

   的中率44.2%は

   2012年に
   買い目と購入金額を
   明記し始めて以来、
 

   当ブログの年間最高記録
   となりました。

 

    とはいえ、
   的中率が約44%なのに、
   回収率が約102%とは
   う~ん・・・、
   です。

 

    ということで、
   今年は、回収率をもう少し向上
   させるよう頑張るつもりです。

   
     

 

※ 昨年の反省と改良方法

 

    とはいっても、
   現在のスタイルを
   維持したままで、

 

   回収率をほんの少し
   アップさせるためには、
   どうしたらよいのか

 

    これについては、
   昨年の菊花賞を
   題材に考えてみます。

 

    私の軸馬は、
   サトノダイヤモンド、
   相手は、
   カフジプリンス、
   ミッキーロケット、
   そして、
   レインボーライン
   でした。

 

    サトノダイヤモンドと
   ディーマジェスティの
   どちらを軸馬にするかは
   運といえば
   それまでですので、

   まあ、よいとして、
  
   相手に選んだ3頭は、
   素晴らしい選択だったと
   自画自賛です(笑)。

 

 

    インでじっとして
   足を矯められそうな
   ハーツクライ産駒の
   カフジプリンス

 

   神戸新聞杯で
   サトノダイヤモンドと
   接戦を演じたのが
   フロックではないとすれば、
   力量的には足りるので、
   あとは、
   距離適性だけの
   ミッキーロケット

 

   そして、
   札幌記念で
   あのモーリスや
   ヌーヴォレコルトと
   一緒に走って
   3着に頑張ったのならば、
   この馬は
   相当に強いのではないか、

 

   ならば、
   ステイゴールド産駒という
   血統面からして
   菊花賞の適性が

   あるかもしれない
   レインボーライン

 

   の3頭ですからね。

 

     そして、

   菊花賞の結果は、

   サトノダイヤモンド1着、

   カフジプリンス8着、

   ミッキーロケット5着、

   レインボーライン2着

   だったのですから、

   

   何か馬券が的中していても

   良かったはず・・・。

 

    しかしながら、
   馬券の買い方の段階で
   暴走してしまいました

 

    サトノダイヤモンドから
   ミッキーロケットと
   レインボーラインへの
   馬連もワイドも
   買っていないのです(!)。

 

    むむむ、
   小生の場合、
   思い込みが激しいようで、
   
   ディーマジェスティを
   カットするという
   本命党らしからぬ、
   思いきった策に
   出たことに酔いしれて、
   いや、
   調子に乗りすぎて(笑)、

 

   
   実質的に

   サトノダイヤモンドの相手を
   カフジプリンス1頭に
   絞り込んでしまい、

   残り2頭が2着を想定した

   馬券までカットしていた
   わけです。

 

    う~ん、

   これは大いに反省であります。

 

 

    では、今後どうするかの

   改良方法としての

   題材として、

   12月の阪神Cを

   取り上げましょう。

 

    1番人気

   ミッキーアイル

   カットして、

   イスラボニータを

   軸馬にしましたが、

 

   このときは、

   昨年の好走馬である

   ロサギガンティアと

   ダンスディレクターを

   重視しながら、

 

   2頭に固執しすぎずに、

   相手を手広く買うことで

   イスラボニータと

   シュウジとの組合せを

   当てることができました

 

    ということで、

   この辺りが、

   現在の当ブログの

   限界と思いますので、

   この辺りで

   折り合いをつける

   ことにしましょう。

 

 

    ということで、
   今年の改良点としては、

   
   人気の馬をカットした時は
   買い目は絞り込まない

   (2016年阪神Cがモデル)

 

   買い目を絞り込むのは
   軸馬と相手の馬を
   上位人気の馬だけに絞り込んだ時
   とする

   (2016年の弥生賞と

   高松宮記念がモデル)

 

   ことを自分なりのルール
   にしたいと思います。

 

    また、
   このルールを
   忘れて失敗した時は、
   潔く、

   反省のブログ記事を
   書くこととします。



 

※ 本年の目標

 

    最後に、
   本年目標ですが、

 

   ① 的中率        40%
   ② 回収率       110%
   ③ 会心の的中のレース 2レース

 

   の3つを掲げることにします。
  
    ①と②は、分かりやすいと思いますが、
   ③については、自分なりの定義が必要
   かと思います。


    2016(平成28)年の場合、

   軸馬1頭と相手2頭の組合せで勝負した

   弥生賞と高松宮記念の2レースが、
   2016年の会心の的中のレース
   といえるので、
 

   この2レースを基準として、
   ア 軸馬と相手の馬の数が3頭以内
    (三角買いもOKとする。)、
   イ 払戻し額と購入金額との差が1万円以上、 
   の2点をクリアしたレースと
   します。

 

    では、
   本年も、当ブログを
   御愛読いただきますよう
   よろしくお願いいたします

 

 

お読みいただき、ありがとうございます。

1クリックしていただきますと、

とてもうれしく思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 ←  現在、80位くらい。

               応援クリック、

               よろしくお願いいたします。