NEWTAM01のブログ

予想とはいえない、妄想・暴走系の検討記事を豪快にちりばめつつ、楽しく競馬の予想とレース回顧をする・・・つもりです。双子ブログでは、もう少しまともな予想や回顧の記事を書いています。


テーマ:
いつもお世話になっております。

今回は、秋華賞の検討です。


※ 軸馬

   日曜日に行われる
  秋華賞。

   3歳牝馬限定の
  GⅠレースです。

   舞台が内回りの
  京都芝2000Mであるためか、
  荒れることが多いレースのような
  印象を私は持っています。

   ここ5年はともかく、
  2008年のブラックエンブレム、
  2000年のティコティコタック、
  1999年のブゼンキャンドル、
  は、人気薄の勝ち馬でした。

   また、
  2013年のリラコサージュ、
  2008年のプロヴィナージュ、
  といった人気薄の馬が
  3着に食いこむなど、
  
  三連単や三連複を当てるのは
  なかなか難しそうなレールでも
  あります。
  
   とはいえ、

  2012年のジェンティルドンナ、
  2010年のアパパネ、
  2007年のダイワスカーレット、
  2006年のカワカミプリンセス、
  2003年のスティルインラヴ、
  2002年のファインモーション、

  と強い馬が人気に応えて
  きっちりと勝つ年も多く、

  1番人気の
  ブエナビスタが勝てなかった
  2009年も
  2番人気のレッドディザイアが
  買っています。

   こうしてみると、
  人気馬が次々と飛んで
  波乱になっているわけでは
  ないのだと思い直した次第です。
  
   さて、
  今年の場合、
  人気を集めているのは
  ローズSを勝った
  オークス勝ち馬の
  ヌーヴォレコルトです。

   脚質的にも、
  中団待機から
  早めに抜け出すことも
  できるという
  そつのないものであり、
  安定感があります。

   今回の秋華賞で
  2ワク4番に入りましたが、

  ブエナビスタのように
  後方待機の脚質であるがゆえに
  内ワクであることが
  不利に働くならばともかく、

  この馬の場合、
  ローズSでは
  秋華賞を想定したのか、
  道中4番手で追走し
  早めに抜け出すという
  乗り方で快勝しましたから、

  内ワクが不利に働くことは
  ないと考えます。

   唯一気になるのが、
  休み明けのローズSで
  馬体重がオークス時と比べて
  マイナス8キロであったことです。

   秋華賞でも大幅に減ると
  心配になりますが、
  調教では、馬なりとはいえ、
  3頭併せで
  負荷をかけていたようですから、
  陣営では、この馬の体調に
  大きな不安は持っていないものと
  考えることにします。

   ならば、
  上記のとおり、
  秋華賞は荒れる年ばかりではない
  と思いますので、
  
オークス、ローズSを連勝した
  実績を評価して、
  ヌーヴォレコルトを軸馬
  とすることにします。


※ 相手

   相手の1番手は、
  桜花賞2着馬の
  レッドリヴェール
  とします。

   前走のローズSでは
  6着と奮いませんでしたが、

  ステイゴールド産駒ですから
  流れが緩くなりがちな
  トライアルレースよりは

  流れが厳しくなりがちな
  GⅠレース本番の方が
  力を出せるタイプだと
  私は考えます。

   また、
  今回の4ワク8番という
  ワク順は、

  極端に内側でもなく、
  外側でもないという点で、
  ちょうど良い位置に思えます。

   ステイゴールド産駒ですから
  馬群に突っ込んでも
  ひるむことはないでしょうから、
  
  鞍上の福永騎手には
  早めに馬群を割って、
  ゴール前で
  ヌーヴォレコルトに
  馬体を併せに行くような
  積極的な競馬を
  期待したいと思います。
   

   相手の2番手は、
  ローズS2着馬の
  タガノエトワール
  とします。

   夏の小倉を使って、
  ローズSで2着に好走、
  というタイプの馬は、

  秋華賞の優先出走権を
  狙って、
  ローズSで仕上げてしまい
  本番では・・・
  ということがある上に、

  タガノエトワールは
  ローズSでは
  後方待機から
  長くいい脚を使って
  追い込んできた馬ですから
  
  内回りの
  京都芝2000Mが
  向かない可能性がある
  私には思えます。

   しかしながら、
  年によっては、
  内回りコースなので、
  差し・追い込み脚質の馬に
  不利に思える
  秋華賞で
  2着又は3着に
  後方待機から差してきた馬が
  食い込むことがあります。

   追い込んで上位入線した馬の
  例としては、

  2013年の
  2着馬のスマートレイアー、
  2010年の
  2着馬のアニメイトバイオ、
  2009年の
  2着馬の
  ブロードストリート
  でしょうか。

   これら3頭ほどではないにせよ、
  差して上位入線した馬としては、  

  2012年の
  3着馬のアロマティコが
  挙げられます。

   まあ、アパパネや
  ジェンティルドンナも
  4コーナーでは
  それなりの位置に
  いましたが、

  3コーナーの通過順位から
  考えると、
  差し切ったという
  勝ち方かもしれません。

   18頭立ての
  GⅠレースである上に、

  最後の直線が短いことと考えて、
  鞍上が早めに仕掛けることが
  あるために、
  差し・追い込むに徹した馬に
  有利になることが
  あるのでしょう。

   今年の場合、
  ヌーヴォレコルトの
  位置取りや
  仕掛けのタイミング次第では、

  ヌーヴォレコルトを
  追いかけている馬の
  仕掛けが早くなリすぎて、

  追い込んだ馬が
  2着に食い込むことが
  考えられますので、

  脚質だけで
  タガノエトワールを
  軽視するわけには
  いかないと考えます。


   相手の3番手は、
  ローズS4着馬の
  ブランネージュとします。

   この馬は、
  物凄く切れるわけでは
  なさそうですが、
  先行して粘ることが
  できそうな点を評価します。

   秋華賞では、
  前述のとおり、
  差し・追い込みの馬が
  上位入線することが
  目に付くのですが、

  2011年のように
  内枠の先行馬
  上位入線することが
  あります


   ある程度の末脚があれば、
  前に行けた方が有利な
  コース形態ですから、
   
  1ワクに入ったこの馬が、
  先行策をとって、
  前々の積極的な競馬での
  粘り込みを
  期待したいと思います。 

   あとは、
  前残りの競馬になった時の
  ことを考えて、
  先行しそうな
  この馬を少しだけ
  買うことにします。   
  
  (↓ 馬名は、こちらに記しました)   


 ←  現在、120位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。



※ 結論

   軸馬は、ヌーヴォレコルト。
   相手は、レッドリヴェール、タガノエトワール、
  ブランネージュ、●●●。

   馬券は、
  枠連で、
  2-4・800円、
  2-6・600円、
  1-2・400円、
  馬連で、
  4-●・200円、
  合計4点・2000円とします。
  


 ←  現在、120位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。



AD
いいね!した人

テーマ:
いつもお世話になっております。

今回は、直前ですが、
府中牝馬Sの検討です。


※ 軸馬

   土曜日に行われる
  府中牝馬S。

   府中芝1800Mが
  舞台の牝馬限定の
  GⅡレースです。

   牝馬限定戦と
  いうこともあってか、
  前残りの結果になることが
  よくあるレースだと
  私は考えています。

   例えば、
  2010年は
  逃げた
  テイエムオーロラが1着、
  2着は、
  先行した
  セラフィックロンプ
  でした。

   また、
  2013年は
  先行した
  ホエールキャプチャが
  1着で、
  2着の
  ドナウブルーも
  先行策をとった馬でした。

   2012年の
  2着馬の
  スマートシルエットも
  先行した馬です。  
   

   とはいえ・・・、
  最後の直線が長い
  府中芝コースのレースらしく、
  差し・追い込みの馬が
  上位入線の年もあるわけでして、

  例えば、
  2011年の場合、
  イタリアンレッド、
  アニメイトバイオ、
  フミノイマージンと、  
  差し・追い込みの
  策をとった3頭が
  上位を独占しています。  


   以上を念頭に置いて、
  軸馬候補を考えますと、

  先行脚質の馬としては、
  キャトルフィーユ

  差し・追い込み脚質の
  馬としては、
  スマートレイアー、
  ディアデラマドレ


  そして、
  府中芝1800Mとの
  相性から
  ホエールキャプチャ

  が念頭に浮かびました。
  

   これら4頭から
  どの馬を軸馬とするか。

 展開次第であり、
  また、展開云々は
  結果論であり、
  
  やってみなければ
  分からないというのは
  重々承知の上ですが(笑)、

  ヤマをはるのであれば、
  内ワクのキャトルフィーユが
  前に行ったときに、

  大外ワクのオツウが
  どう出るかだと思います。

   何しろ、
  前走のクイーンSでは、
  これまた大外ワクにも
  かかわらず、
  逃げを主張しました。

   ただ、
  今回の鞍上は、
  ベテランの柴田善臣騎手
  ですから、
  無理に逃げずに
  番手で折り合いを
  つけてくれると
  ヤマをはることにします。

   この場合、
  前にいった
  キャトルフィーユが
  マイペースで
  行けるでしょうから、

  速くはないものの、
  超スローに落とさずに、

  ある程度、
  後続の馬に
  道中で脚を使わせるようなペースに
  持ち込めそうに思います


   この馬は
  速い上りは使えないのが
  ネックに思えますが、
 
  自分のペースで
  逃げることができれば、
  かなり粘り強いと
  私は評価しています。

   ということで、
  鞍上がペースを
  落としすぎずに
  逃げてくれることを期待して、

  軸馬はキャトルフィーユ
  とします。
  

   
※ 相手

   相手としては、
  まずは、ホエールキャプチャ。

   この馬の
  府中芝1600M、
  1800Mのレースとの
  好相性を評価します。

   また、
  キャトルフィーユが
  逃げる展開に
  ヤマを張りましたので、
  
  場合によっては
  先行できる
  この馬の自在な脚質も
  好材料と思います。
  
   相手の2番手は、
  人気薄ですが、
  先行できそうな馬の中から
  この馬をピックアップします。

  (↓ 馬名は、こちらに記しました)
   

 ←  現在、120位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。

   この馬の場合、
  前半がスローであった
  芝1800Mのレースでは
  条件戦とはいえ
  好成績を残していることを
  評価します。

   とはいえ、
  牝馬限定戦とはいえ
  重賞レースで好走実績のある
  ホエールキャプチャ、
  キャトルフィーユ、
  スマートレイアー
  と比較して、

  斤量が1キロしか
  違いませんから、
  無理スジかなと
  思うのですが、
  
  人気薄ですので
  相手の2番手とします。


   相手の3番手、
  4番手は、

  展開面で
  不利かなと思うのですが、  
  重賞実績を勘案して

  スマートレイアー、
  ディアデラマドレ
  とし、

  両馬との組合せの馬券を
  少しおさえることにします。


※ 結論

   軸馬は、キャトルフィーユ。
   相手は、ホエールキャプチャ、
  ●●●、スマートレイアー、
  ディアデラマドレ。

   馬券は、枠連で、
  2-8・1000円、
  2-●・ 400円、
  2-3・ 400円、
  2-4・ 200円、
  合計4点・2000円とします。


 ←  現在、120位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人

テーマ:
いつもお世話になっております。

今回は、毎日王冠の検討です。


※ 開幕週の馬場

   日曜日に行われる
  毎日王冠。

   府中芝1800Mが
  舞台のGⅡレースです。

   土曜日の
  府中芝コースは、

  メインレースの
  いちょうSで
  1分33秒3の
  レコードタイムが出る
  速い時計が出る
  馬場状態でした。

   9レースの
  1000万下の
  芝1800Mのレースの
  勝ち時計が
  1分45秒7ですから

  同じ距離の毎日王冠は
  1分44秒台の
  好時計が出る可能性もある
と私は考えます。

   ということで、
  これまでに
  速い時計の決着のレースで
  好成績がある馬を
  狙うことにします




※ グランデッツァ

   今回の出走馬の中で
  芝1800Mのレースの
  持ち時計といえば、
  
  グランデッツァの
  1分43秒9が
  ダントツです。

   この時計は
  今年5月
  都大路Sで
  斤量56キロを
  背負って記録
  したものですから、

  古すぎる記録で
  今のこの馬の力を
  示すものではないとか、

  今回とは斤量が
  違うということも
  ありません。


   また、
  このレースで
  グランデッツァは
  1着だったこと
  私は評価します。

   以前、このブログに
  書いたこともありましたが、
  
  持ち時計の価値というのは
  その時の着順次第であって、

  例えば、
  芝1800Mの持ち時計が
  1分44秒8であっても
 
  その時の着順が
  8着であって、
  しかも、
  1着馬の着差が
  0.5差あったとすると、

  ひょっとしたら、
  1分44秒台の
  早い時計のレースは
  苦手なのではないかと

  疑問を持たざるを得ないと
  考えるわけです。

   その点、
  グランデッツァは、
  都大路Sで
  斤量56キロを背負って
  1分43秒9の好時計で
  2着馬に0.9秒差をつけて
  快勝したのですから、

  この持ち時計は
  速い時計が出そうな
  今回の毎日王冠にあっては
  重視
できると
  思う次第です。

   あと、
  1分43秒9の時計を
  出したのが
  京都競馬場だったので、

  ゴール前に坂がある
  府中競馬場の
  レースでどうかという点は、
  何となく引っかかりますが、

  グランデッツァには、
  ゴール前に坂がある
  中山競馬場の
  スプリングSを
  勝った実績があります。 
  
   それに、
  この血統の馬は
  揉まれるのを嫌うタイプの
  はずですから、

  広々とした府中コースは
  むしろ得意のはずと
  考えます。

   また、、
  グランデッツァの
  函館記念の敗因を
  今回考えたのですが、

  どうやら、
  この馬は
  前走とのレース間隔を
  3か月以上あけた方が
  成績がいいタイプのようです。

   函館記念は、
  あの道悪の
  安田記念の後、
  1か月しか間隔が
  なかったですからね。

   で、
  今回のレース間隔は
  というと、2か月半。
   う~ん、
  何とも微妙です。

   2歳時ですが、
  同じレース間隔だった
  ラジオNIKKEI杯2歳Sが
  1番人気で3着だった
  ことがありましたしね。

   まあ、
  時計のかかる阪神競馬場だった
  ラジオNIKKEI杯2歳Sと違って、

  今回は
  速い時計の出そうな馬場状態の
  府中競馬場であるので、

  半月分は相殺できると
  妄想して(笑)、

  函館記念同様、
  この馬に大いに
  期待することとします。  



※ 結論

   軸馬は、グランデッツァ。
   この馬の勝利を期待して、
  馬券は、
  単勝9番・3000円とします。



 ←  現在、120位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。


AD
いいね!した人

テーマ:
いつもお世話になっております。

今回は、スプリンターズSの
検討です。


※ 新潟芝1200M

   日曜日に行われる
  スプリンターズS。

   今年は、
  新潟芝1200Mが
  舞台です。

   かつて、
  この舞台で
  スプリンターズSが
  行われた時は、

  逃げたショウナンカンプが
  3着、

  早めに2番手に上がった
  アドマイヤコジーンが2着、

  そして、
  3番手追走から
  最後の直線で最内を突いた
  ビリーヴが1着と

  前に行った馬での
  決着でした。

   ということで、
  今回のスプリンターズSは、
  逃げ・先行の馬が有利
  また、
  最後の直線でインを突けそうな馬
  も重視して
  検討することにします。  
   


※ 軸馬

   新潟芝1200Mが
  逃げ・先行有利で、
  または、
  インを付けそうな馬
  の中から、
  私なりに軸馬候補を
  ピックアップしますと、

  前に行くであろう
  3ワク6番のコパノリチャード
  7ワク15番のハクサンムーン
  の2頭と

  先行策をとれる上、
  鞍上が岩田騎手なので、
  最後の直線で
  インを突くであろう
  5ワク9番の
  ストレイトガール

  そして、
  内ワクの差し馬では
  2ワク3番の
  トーホウアマポーラ
  となります。


   この中では、
  脚質とワク順から、

  内ワクで、
  前に行ける
  3ワク6番の
  コパノリチャードを
  選択するのが
  合理的に言思えます。


   しかし・・・、
  コパノリチャードは
  今回は休明け。
  
   あの不良馬場の
  高松宮記念を
  勝った底力からして

  さすがGⅠ勝ち馬と
  なるかもしれませんが、

  軸馬にするのは
  どうかなと思います。
   

   ならば・・・、
  ということで、

  高松宮記念、
  ヴィクトリアマイル
  での連続3着の実績、

  そして、
  最後の直線で
  インを突けそうなことを
  勘案して、

  5ワク9番の
  ストレイトガールを軸馬
  とします。

   なお、
  このタイプの馬は、
  力があっても
  なぜか3着続きとなる
  パターンがあるので、

  馬券は
  ストレイトガールからの
  ワイドと三連複とします。


※ 相手

   相手としては、
  まずは、
  3ワク6番の
  コパノリチャード

   前述のとおり、
  休明けですが、
  GⅠ勝ち馬の
  底力に期待します。

   そうですね、
  ハクサンムーンの
  すぐ後ろを追走しての
  ゴール前でのチョイ差しを
  イメージして
  相手の1番手とします。 

  
   相手の2番手は
  この馬とします。

  (↓ 馬名は、こちらに記しました)

 ←  現在、110位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。

   この馬に関しては、
  左回りの芝1200Mの
  重賞勝利があることを
  評価します。

   1分6秒9の時計で
  勝ったこともありますから、
  
  流れが厳しくて、
  時計の速い
  GⅠレースでも頑張って、
  3着以内に入ってくれることを
  期待します。


   最後に、
  逃げたハクサンムーン
  2着に頑張り、

  ストレイトガールが
  3着になることを
  イメージ(妄想(?))して

  ハクサンムーンとの組合せも
  買うことにします。  
  


※ 結論

   軸馬は、ストレイトガール。
   相手は、コパノリチャード、
  ●●●、ハクサンムーン。

   馬券は、ワイドで
  6 - 9・1100円、
  ●- 9・ 600円、
  9 -15・ 800円、
  三連複で、
  ●-6- 9・300円、
  ●-9-15・300円、
  6 -9-15・400円、
  合計3点・3500円とします。


 ←  現在、110位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。




AD
いいね!した人

テーマ:
いつもお世話になっております。

先週、先々週と、ブログの更新ができず、
失礼いたしました。

さて、今回は、
神戸新聞杯の検討です。


※ ワンアンドオンリー

   阪神芝2400Mが
  舞台の神戸新聞杯。

   距離が同じ2400Mと
  いうこともあってか、
  近年は、
  ダービーで掲示板に載った
  上位入線馬の活躍が目立つように思います。


   2010年の
  ローズキングダム、エイシンフラッシュ、
  2011年の
  オルフェーヴル、ウインバリアシオン、
  2012年の
  ゴールドシップ、
  2013年の
  エピファネイア。


   この傾向からして、
  今年の神戸新聞杯では
  ダービーの勝ち馬である
  ワンアンドオンリー
  注目せざるを得ません。
   

   また、
  先週のセントライト記念
  皐月賞勝ち馬で、ダービー2着馬の
  イスラボニータが強い勝ち方
  をして、

  また、皐月賞2着馬の
  トゥザワールドが
  2着に頑張りました

   しかも、
  セントライト記念の3着は
  ダービー4着馬の
  タガノグランパ

   ダービーの上位馬が
  この秋初戦でも
  好走したという感じです。


   したがって、
  ダービー勝ち馬の
  ワンアンドオンリーにも
  神戸新聞杯での好走を期待して、

  軸馬はワンアンドオンリー
  とします。



※ 相手

   舞台が、
  最後の直線が長い
  阪神芝2400Mであること、
  そして、
  菊花賞のトライアルレースで
  あって、
  前半スローの上り勝負になる
  可能性が高いと思うこと
  から、

  ディープインパクト産駒
  注目することにします。

  

   まずは、
  トーセンスターダム。 

   私がダービーで
  期待した馬です。

   この馬が勝った3レースは、
  後半3ハロンの方が
  前半3ハロンよりも
  2秒以上速い
  上り勝負のレースでした。

   今回も、
  上り勝負になる可能性が
  高いものと思えますので、
  相手の1番手に期待します。

   まあ、
  ダービーの時、
  内ラチに接触したことによる
  精神的なダメージが心配ですが、   

  内ラチを頼って
  逃げる馬というわけでもないと
  思いますので、

  外を回るなどの方法を
  鞍上に期待したいと
  思います。 

   相手の2番手は、
  夏の古馬相手の条件戦で
  連勝してきた
  サトノアラジン

   2歳時から
  期待されていた素質馬が、
  軌道に乗ってきた感があります。

   小倉コースでの前走は
  先行策をとって
  押し切ったという感じで、

  サトノアラジンの本領発揮と
  いえるのか疑問でしたが、

  破った相手が
  2歳、3歳時に
  オープンクラスで活躍していた
  バッドボーイですから
  
  レベルの低いレースでは
  なかったと私には思えます。

   今回は、今後のために
  あまり前に行かずに控えて、
  最後の直線で
  どこまで末脚を使えるかを
  測ってくるのではないかと
  私には思えます。

   この場合、
  過去の成績からすると、
  トーセンスターダムが相手の
  末脚勝負では分が悪そうに
  思える
のですが、
  
  馬がしっかりしてきたことが
  この夏の連勝の理由であるとすれば、

  上り勝負でも
  頑張れるのではないかと
  期待する次第です。


   あとは、
  ディープインパクト産駒では
  ありませんが、

  阪神芝2400Mでの活躍が目立つ
  血統である、
  この馬をおさえることにします。


  (↓ 馬名は、こちらに記しました)

 ←  現在、120位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。

   この馬は、
  切れる感じはないのですが、

  鞍上が
  追える騎手であったときの
  レースぶりは
  別馬の感がありますので、

  今回の乗り替わりが
  吉と出る可能性も
  あると思います。 

   また、
  距離は違いますが、
  阪神芝コースでの
  勝ちクラがありますので、

  前走のようにコースが
  合わないということも
  ないでしょう。

   ちなみに、
  阪神コースで勝った時は、
  後半3ハロンと
  前半3ハロンの差が
  3秒以上もある
  上り勝負
  を制してのものでしたから、
  今回のレースでも
  ひょっとしたら・・・。

   今回は人気薄ですし、
  すこしおさえておく
  ことにします。   
  



※ 結論

   軸馬は、ワンアンドオンリー。
   相手は、トーセンスターダム、
  サトノアラジン、●●●。

    馬券は、
  馬連で、
  4- 10・1500円、
  枠連で、
   4- 5・1200円、
   5-●・ 300円、
  合計3点・3000円とします。


 お読みいただき、ありがとうございます。
それぞれを1クリックしていただきますと、
とてもうれしく思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

  (↓ 馬名は、こちらに記しました)

 ←  現在、120位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。

いいね!した人

[PR]気になるキーワード