NEWTAM01のブログ

予想とはいえない、妄想・暴走系の検討記事を豪快にちりばめつつ、楽しく競馬の予想とレース回顧をする・・・つもりです。双子ブログでは、もう少しまともな予想や回顧の記事を書いています。

NEW !
テーマ:
いつもお世話になっております。

今回は、皐月賞の検討の
1回目です。


※ 軸馬

   検討の1回目で、
  軸馬候補は、
  無敗で皐月賞に臨む馬
  としました。

   先週の桜花賞で、
  3頭もいた無敗の馬が
  いずれも馬券対象外に
  なったことは、

  本命党の私にとっては
  大ショックでしたが、

  検討の1回目で記したとおり、
  皐月賞に無敗で臨む
  サトノクラオンと
  キタサンブラック
  には、

  距離実績もコース実績も
  あります。

   桜花賞でも、
  芝1600Mと
  阪神芝コースの
  勝ちクラがある
  クイーンズリングが

  無敗の馬3頭の中で
  一番上に来ましたからね。

   クイーンズリングには
  前哨戦での20キロ減が
  マイナス材料だった
  ことを考えれば、

  サトノクラウンと
  キタサンブラックには

  私には
  大きなマイナス材料が
  見当たりません。

   では、
  2頭のいずれにするか・・・。

   桜花賞において、
  2歳時から重賞レースで
  活躍してきた
  レッツゴードンキが
  勝ったことを考えれば、

  東京スポーツ杯2歳Sを
  勝つなど、
  2歳時から活躍してきた
  サトノクラウンを選ぶのが
  筋であると思いますので、

  軸馬はサトノクラウン
  とします。

  
 
※ 相手 

   相手としては、
  まず、
  スプリングSの
  出走馬の中から、

  2着のリアルスティール
  とします。

   私は、
  この馬に関しては、
  ダービー馬候補の1頭
  と考えている上、

  中山芝コースよりも
  府中芝コースの方が
  合っていると
  考えているため、

  皐月賞で買うのは
  あまり気が進まないのですが、

  馬連5-8のオッズが
  600円くらい
  であるのに対して、

  ワイド5-8の前売りオッズは
  250円~300円
  くらいあります。

   こういう状況ならば、
  期待値の観点からして、
  買いたいところです。

   また、
  ダービー馬候補ならば
  少なくとも
  4着までに入って
  優先出走権を獲得してもらいたい
  と考えます。

   昨年の
  ワンアンドオンリーが
  皐月賞4着から、
  
  2012年の
  ディープブリランテが
  皐月賞3着から、

  2011年の
  オルフェーヴルが
  皐月賞1着から、

  2010年の
  エイシンフラッシュが
  皐月賞3着から、

  ダービーに向かい
  1着になっています。

   もちろん、
  NHKマイルCや
  京都新聞杯を勝って、
  ダービー馬になった馬も
  います。

   また、
  皐月賞で大敗したのに
  ダービーを勝った
  アドマイヤベガや
  ロジユニヴァースも
  います。

   しかしながら、
  これらの馬は
  何らかの例外的な馬であると
  私は考えますから、

  リアルスティールには
  皐月賞で少なくとも4着以内、 
  できれば、
  3着までに入ってもらうことを
  期待して、

  サトノクラウンと
  リアルスティールとの
  ワイド馬券を
  買うことにします。

    
   相手の2番手は、
  人気薄ですが、
  この馬とします。

  (↓ 馬名は、こちらに記しました。)


 ←  現在、95位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。


   理由は、
  中山芝コースと
  芝2000Mのレースの
  勝ちクラを
  兼ねそろえていること、
  そして、
  前走からの巻き返しの
  要素があると思えることです。

   あとは、
  気になる馬たちを
  おさえることにします。     



※ 結論

   軸馬は、サトノクラウン。
   相手は、リアルスティール、●●●、
  ドゥラメンテ、ブライトエンブレム、
  ミュゼエイリアン。

   馬券は、
  ワイドで、
   5-8・2000円、
  枠連で、
   5-●・ 700円、
   2-5・ 600円、
   1-5・ 500円、
   5-5・ 200円、
  合計5点・4000円とします。


 ←  現在、95位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。
AD
いいね!した人

テーマ:
いつもお世話になっております。

今回は、皐月賞の検討の
1回目です。


※ 桜花賞と皐月賞

   日曜日に行われる皐月賞。

   中山芝2000Mが舞台の
  3歳馬限定のGⅠレースです。

   先週の桜花賞同様、
  皐月賞にも
  ここまで無敗の馬が
  複数頭、出走してきました。

   桜花賞後に知ったのですが、
  無敗のまま、
  桜花賞を勝った馬の数よりも

  無敗のまま、皐月賞を勝った馬の方が
  多いとのこと。

   う~ん、そうか、

  私は、
  競馬を始めたころに、
  無敗の桜花賞馬として、

  アグネスフローラ
  シスタートウショウ
  競馬場のテレビで見た印象が
  強烈だったので、
  うっかりしていました。

   そういえば、
  実際に、
  無敗の皐月賞馬として

  ミホノブルボン
  トウカイテイオー
  アグネスタキオン
  そして、
  ディープインパクト
  4頭を
  
  競馬場やテレビで見ていますから、
  無敗の皐月賞馬の方が
  多かったですね。


   また、
  タラレバですが(笑)、

  ルージュバックには、
  芝1600M
  勝ちクラも、
  阪神芝コースでの
  勝ちクラも
  ありませんでしたね。

   ルージュバックには、
  後の重賞勝ち馬でもある
  牡馬相手の勝ちクラが
  あることを
  高く評価したのですが、

  私の目の付け所が
  間違っていたようです。

   ということで、
  今週の皐月賞では
  どうすべきか・・・。
     
   
※ サトノクラウンとキタサンブラック 

   選手の失敗を
  踏まえて、

  皐月賞に無敗で臨む
  サトノクラウンと
  キタサンブラックの

  距離実績と
  コース実績を
  チェックしますと、

  両馬とも
  芝2000Mの勝ちクラ
  あります。

   また、
  両馬とも、
  中山芝コースでの勝ちクラ
  があります。
  
   このことは、
  超本命党である
  私にとって、
  とても心強いことです(笑)。

  
※ 今週も・・・

   ということで、
  今週も、懲りずに
  無敗の馬を狙うことにします。

   2頭の内、
  人気になっているのは
  弥生賞を勝った
  サトノクラウンで、

  キタサンブラックは
  4番人気と
  思ったほど
  人気がありません。

   このなると、
  超本命党を名乗る以上、
  人気のサトノクラウンから・・・、
  としたいところですが、

  キタサンブラックの   
  先行脚質は魅力的です。

   日曜日の昼まで
  じっくりと考えてみることに
  します。



 ←  現在、95位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。
AD
いいね!した人

テーマ:
いつもお世話になっております。

ここのところ、ブログの更新を
休み、失礼いたしました。

3月中旬から4月上旬の
本業繁盛で、ブログ更新が
できずにいましたが、
ようやく一段落しましたので、

今回は、
桜花賞の検討です。


※ 軸馬

   今年の桜花賞には、
  3戦3勝の無敗馬が
  3頭出走しました。

   私は、
  「複数の無敗馬の出走」
  ということで、
  1991年の桜花賞で
  無敗馬が2頭出走し、

  そして、無敗馬の1頭である
  シスタートウショウが
  桜花賞を勝ったことを
  思い出しました。

   あの年は
  オークスでは
  桜花賞出走時点で
  やはり無敗馬であった
  イソノルーブルが
  勝ちましたから、

  やはり、
  無敗馬というのは
  他の馬とはどこか違う、
  と思うわけです。

   そこで、
  今年の勝ち馬は、
  これら3頭の無敗馬の中から
  出るものと
  予想、いや、妄想し、
  検討を進めることとします。

   これら3頭を比較しますと、
  底力の点で、
  牡馬相手の百日草特別、
  きさらぎ賞を快勝してきた
  ルージュバック
  他の2頭よりも上であるように
  思えます。

   特に、百日草特別で
  べルーフ、ミュゼエイリアンと
  後の重賞勝ち馬である牡馬を
  破っている点を
  評価する次第です。

   あの末脚からして、
  最後の直線が長い
  桜花賞では

  後方待機から
  外々を回しても
  何とかなるのではないかと
  思えますし、

  鞍上の戸崎騎手は、
  レッドリヴェールで
  阪神芝1600Mの舞台を
  2戦して、1勝、2着1回
  ですから、

  この舞台との相性は
  悪くはなさそうに
  思えます。
  
   また、
  百日草特別の勝ち方からして
  桜花賞を勝てば
  オークスでも・・・、
  と期待できると思いますから

  桜花賞での勝利を
  期待して
  ルージュバックを軸馬
  とします。
  


※ 相手

   相手としては、
  キャットコイン
  ルージュバックの
  相手の筆頭とし、

  ワイド馬券の相手として
  厚めに買うことにします。
 
   その理由は、
  前走で負かした相手が
  オークスの伏兵になり得るであろう
  なかなかの馬たちであったこと、

  そして、
  府中芝1600Mの勝利実績
  があること、
  それも2戦2勝です。

   例えば・・・、
  阪神JFの勝ち馬である
  ショウナンアデラにも
  府中芝1600Mの
  勝利実績がありました。

   最後の直線が長くて、
  しかも、
  ゴール前に坂があるという点で、
  
  府中芝1600Mの舞台は、
  桜花賞の舞台である
  阪神芝1600Mと似ていることから
 
  府中芝1600Mの勝ちクラが
  あることで
  阪神芝1600Mへの適性も
  あるのではないかと
  考える次第です。

   この馬以外では、
  テンダリーボイス
  府中芝1600Mを勝っている馬
  なのですが、

  テンダリーボイスは、
  アルテミスS、そして、
  赤松賞と2戦連続で
  府中芝1600Mのレースを
  勝ち損ねている点で、

  府中芝1600Mの適性は
  ●●●に劣るような
  感があります。     

   そして、ココロノアイ
  この馬も、
  府中芝1600Mの
  勝ちクラがある上に、

  阪神芝1600Mの
  勝ちクラもあるのですから、

  阪神芝1600Mの
  適性はあると思います。

   ただし、
  この馬の場合、

  アルテミスS、そして、
  チューリップ賞の勝ち方からして
  渋った馬場が合っていて、

  阪神JFのような
  良馬場ですと、

  ディープインパクト産駒の
  切れ味、
  あるいは、
  少し仕掛けを遅らせた時の
  レッツゴードンキの差し脚
  には
  見劣りするような気がします。

   このため、
  思い切ってココロノアイを
  カットすることにします。

   
   相手の2番手としては
  単勝100倍超の
  人気薄ですが、
  この馬とします。  
  
 (↓ 馬名は、こちらに記しました)


 ←  現在、130位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。

   実は、
  先行して粘り強い
  ムーンエクスプレス
  との比較で迷ったのですが、

  ムーンエクスプレスは
  前走の阪神芝1400Mの方が
  合っているタイプと思えるため、
  上がり目の点で
  どうかなと思ったため、

  むしろ、
  血統的には、
  前走に比べて
  直線が長い今回の方が
  合っているのではないかと思える
  ●●●を
  選択することにします。
  

   相手の3番手は、
  ここまでの実績からして
  桜花賞でも
  大崩れはなさそうに思える
  レッツゴードンキ
  とします。

   阪神JFの走りからして、
  相手が強くなっても
  それなりの競馬になる点は
  プラス材料と思いますし、

  本来は前半おさえて
  末脚を活かす方がよいタイプ
  と思いますので、

  前に壁を作れる
  内目のワクに入ったのも
  プラス材料と思います。

   鞍上が岩田騎手ですから
  直線で前が狭くなっても
  何とかしてくれることを
  期待して
  相手の3番手とします。

   あとは、
  ここ4年、桜花賞勝ち馬を
  輩出している
  ディープインパクト産駒から
  どの馬を選ぶべきか。

   まずは、
  阪神芝1600Mで
  2戦して、1勝、2着1回で
  あることを評価して
  アンドリエッテ
  とします。

   もう1頭は、
  迷ったのですが、

  芝1400Mでしか
  勝ちクラがない
  コンテッサトゥーレ
  よりは、

  芝1600Mの
  エルフィンSの勝ち馬であることを
  評価して
  クルミナル
  を選ぶことにします。    

    
   あと、
  人気馬のうち、
  クイーンズリング
  鞍上が
  ミルコ・デムーロ騎手で
  あることも勘案すれば
  アリと思うのですが、

  阪神開催の前走で、
  関西馬のこの馬が
  20キロ減だったことは
  どうも気になりますので、

  この馬も思い切って
  カットすることにします。
    


※ 結論

   軸馬は、ルージュバック。
   相手は、キャットコイン、●●●、
  レッツゴードンキ、アンドリエッテ、
  クリミナル。

   馬券は、
  ワイドで、
     8- 11・1500円、
     8- ●・ 100円、
  馬連で、
     8- ●・ 100円、     
  三連複で、
    6-7- 8・400円、
    7-8- 9・300円、
    8-9-●・100円、
  合計6点・2500円とします。


 お読みいただき、ありがとうございます。
それぞれを1クリックしていただきますと、
とてもうれしく思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


 ←  現在、130位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人

テーマ:
いつもお世話になっております。

今回は、直前ですが、
阪神大賞典の検討です。


※ 阪神芝3000M

   日曜日に行われる
  阪神大賞典。

   阪神芝3000Mが
  舞台のGⅡレースです。
   阪神芝3000M
  といえば、
  一昔前は、
  強い馬がきっちりと
  勝つレースであり、
  
  昔、
  メジロマックイーンが、
  また、
  ナリタブライアンが、
  メジロブライトが、
  そして、
  スペシャルウイークが
  人気に応えて
  勝ったことが
  思い出されます。

   今回、人気になっている
  ゴールドシップは
  阪神大賞典を二連覇、

  基本的には
  阪神芝コースを
  得意とし、

  府中芝コースや
  京都芝コースを
  苦手とするタイプで、

  好き嫌いが
  ハッキリしている
  タイプです。

   同じ重賞レースを
  3年連続で勝つというのは
  ある意味偉業でありますが、

  ゴールドシップの場合は
  アリと考えて
  この馬を軸馬とします。


※ 結論

   軸馬は、ゴールドシップ。
   相手は、ラブリーデイ、スズカデヴィアス。
   馬券は、
  枠連で、
   4-7・1000円、
   7-7・1000円、
  合計2000円とします。


お読みいただき、ありがとうございます。
それぞれを1クリックしていただきますと、
とてもうれしく思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


 ←  現在、135位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人

テーマ:
いつもお世話になっております。

今回はスプリングSの検討です。


※ 皐月賞トライアル

   日曜日に行われる
  スプリングS。

   中山芝1800Mが
  舞台の皐月賞トライアルの
  GⅡレースです。

   このレースも
  チューリップ賞や
  フィリーズレビューと同様、

  本番の優先出走権を巡って
  このレースに勝負をかけてきた
  人気薄の馬の激走が
  想定される
  難解なレースと
  いうのが、
  私のイメージです。

   今年の場合、
  牡馬のトライアルレースである
  弥生賞、若葉Sでは
  1番人気の馬が敗れ、
  
  弥生賞の3着馬は
  10番人気の馬、
  若葉Sの勝ち馬は
  8番人気の馬と

  人気薄の馬の激走が
  目立っていますから、

  超本命党の私には
  荷が重い(笑)
  レースといえます。


   しかし・・・、
  スプリングSには、

  昨年暮れの
  朝日杯FSの勝ち馬の
  ダノンプラチナ

  共同通信杯の
  勝ち馬の
  リアルスティール

  中山芝2000Mの
  京成杯の勝ち馬である
  べルーフ

  なかなかのメンバーが
  揃いました。


   弥生賞にも
  何頭もの重賞勝ち馬が
  出走していましたので
  
  メンバーの豪華さは
  甲乙つけがたいのですが、

  2歳GⅠレースの
  勝ち馬である
  ダノンプラチナの
  出走もあって、

  私個人としては
  スプリングSの方が
  華やかな印象を受けます。

   それと・・・、
  弥生賞の2着馬が
  後方待機から追い込んだ
  ブライトエンブレム
  だったことからして、

  今年に限っては、
  後方待機馬が
  上位に入った
  弥生賞の結果が
  皐月賞につながり、

  逆に、
  スプリングSの結果が
  ダービーにつながるという
  逆転現象が起こる可能性も
  念頭に置いておきたいと
  思っています。
  
   このため、
  共同通信杯を
  1戦1勝馬でありながら
  見事に勝ちきった
  リアルスティールを
  ダービー馬候補の1頭と
  考えること、

  そして、
  この春のトライアルレースでの
  福永騎手の活躍ぶりを
  勘案して、

  このスプリングSでも
  リアルスティールを軸馬
  とすることにします。
    
   ただし・・・、
  私が福永騎手の馬を買うと・・・、
  という点は
  気になりますので、

  馬券の買い方は
  一ひねりすることにします。



※ 相手

   相手としては、
  前走の京成杯で
  見事な末脚を見せてくれた
  べルーフとします。

   この馬は、
  ハービンジャー産駒ですから

  多少時計のかかる馬場で、
  瞬発力勝負にならず、
  しかも、
  レースの距離は
  ある程度あった方が
  良さそうといったように、

  好走するための条件が
  いろいろと必要なタイプの馬と
  私には思えます。

   ただし、
  京成杯での末脚からして、
  
  中山芝コースで
  距離が1800Mに
  短縮された今回は、

  流れが緩くならなければ
  あの末脚が活きる
  可能性があると
  考えて、
  この馬を
  相手の1番手とします。

   ただし、 
  後方待機で折合いを
  付けたのは良かったが、
  いざ、追いだしたら
  思ったより伸びなかった、
  
  どうやら、
  12頭立てで
  流れが緩かったのが
  アンラッキーだった、
  あるいは、
  もう少し距離があった方が・・・、
  
  ということは、
  想定しておくことにします。


   そのため、

  賞金的にも
  皐月賞優先出走権を
  得るために、
  ここでは3着以内に入りたいと
  考えているであろう
  陣営の馬のうち、

  この春ハヤリの
  2戦2勝の馬であり、

  先行力もありそうな、
  内ワクの
  この馬の激走を期待して、
  相手の2番手として
  買うことにします。

  (↓ 馬名は、こちらに記しました)


 ←  現在、135位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。


    
    なお、
   ダノンプラチナは、
   距離が1800Mに延びること、
   そして、
   コーナー4回の舞台への
   適性がどうも引っかかるため、
   思い切ってカットします。

    また、
   ブラックバゴ
   ここで
   賞金加算をしたいところですし、
   鞍上が戸崎騎手であるのが
   魅力的ですが、

   べルーフとの比較では
   苦しいと私には思えるので、

   この馬もカットします。

   
 

※ 結論

   軸馬は、リアルスティール。
   相手は、べルーフ、●●●。

   馬券は、

  枠連で、
   3-5・ 700円、
   ●-5・ 300円、

  また、
  リアルスティールと●●●の
  ワイドで、
   ●-6・ 500円、
  さらに、
  べルーフと●●●の単勝で、
    3番・ 300円、
    ●番・ 200円、
  合計5点・2000円とします。
 

 お読みいただき、ありがとうございます。
それぞれを1クリックしていただきますと、
とてもうれしく思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


 ←  現在、135位くらい。

               応援クリック、
               よろしくお願いいたします。


いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇