シルバーバーチの教えとともに

苦悩も悲しみ、人それぞれにあります。
それらには意味があり原因があります。
知ることで救われます。知識は大切です。知識は武器です。

シルバーバーチが教えてくれます。
「地上を旅する者であれ、地上の住人になるなかれ」


テーマ:
この世的な富を蓄積していると、それなりの代価を支払わされます。
つまり、地上的なものに心を奪われて、その分だけ霊としての義務を怠れば、
地上的な富は増えても、こちらの世界へ来てみると、
自分がいかにみすぼらしいかを思い知らされます。

『シルバーバーチの霊訓』(4)P15/8

地上生活を終えた後にも、次の世界(生活の場)がある。
地上の価値観は、たった数十年の地上生活だけに通用すること。

地上にいる間に気付いた人は、幸せです。
目に映る物質的なものだけが幸せの尺度でないことがわかり、
誰かを羨ましく思ったり妬んだりすることはなくなります。
物がないことや、悩みや苦労のある人生を不幸とは思わなくなります。

物質的なものから得られる幸せは、一時のものです。
だから常に求め続けることになります。
幸せになるためにと多くの人が求めているものは、肉体的本能の欲求です。


肉体こそ自分である、今生きている地上世界こそ実在の世界であると思い込み、
実は地上世界はカゲであり、肉体はより大きな霊的自我の道具にすぎないことを
否定することは実に簡単なことです。

『シルバーバーチの霊訓』(6)P15/1

目に映るものだけが真実と思い信じることは簡単です。
見えないものを否定することも簡単です。


そもそも人間は死んでから霊となるのではなくて、
もともと霊であるものが地上へ肉体をまとって誕生し、
その束の間の生活のためではなく、
霊界という本来の住処へ戻ってからの生活のために備えた発達と開発をするのですから、
死後も生き続けて当たり前なのです。

『シルバーバーチの霊訓』(10)P21/4

この言葉の意味を受け入れられる人は幸せです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「霊的真理」 の記事

テーマ:

 「人間によって認識されている如何なるものさしにもかからないものです。
 長さもなく、幅もなく、高さもなく、重さも色も容積も味も臭いもありません。
 ですから、常識的な地上の計量法でいけば霊力というものは存在しないことになります。
 つまり実在とは人間のお粗末な五つの感覚で捉えられるものと決めてかかっている
 唯物的自然科学者にとっては、霊力は存在しないことになります。
 しかし愛は目に見えず耳にも聞こえず、色もなく味もなく寸法もないのに、
 立派に実感があります。
 それは深い愛の感動を体験した者が証言してくれます。
 確かに愛の力は強烈です。
 しかし霊の力はそれよりも無限大に強烈です。

            『シルバーバーチの霊訓(3)』P170

人は、五感で認識できないものを信じることがなかなかできない。
理解することが難しい。

いまだ証を見ずして死後の生命を信じることのできる人は幸せです。
 が、証を手にしてそれをもとに宇宙の摂理が愛と叡知によって支配されていることを
 得心するが故に、証が提供されていないことまでも信じることのできる人は
 その三倍も幸せです。
」        
            『シルバーバーチの霊訓(4)』P16

私も多くの人と同じように、はっきりとした証を手にしたことはない。
しかし、私は霊的宝を手に入れた。
霊的宝を手にしたいなら…
もっともっと多くの霊的宝を手に入れるには…


霊能者に恵まれないまま真理の光を求めている人々には、自分自身の理性を頼りとして大霊の無限の霊力と叡智を学ぶように告げてあげてください。その真摯な求道心はいつかは最高の証しを生み出し、必ずや高遠の世界からの援助にあずかることでしょう。
            『霊媒の書』(スピリチュアリズム普及会)P206
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年に2.3回顔を合わすだけの友人でした。
十数年前からの知り合いでしたが、友人というよりも
友人の友人という程度の親しさでした。
会うときはいつも数人いる中の一人で、二人だけで会ったことも、
プライベートなことを話したこともほとんどありませんでした。

その彼女が、3年前の10月に自殺をしました。
彼女の死は翌日共通の友人からの連絡で知りました。
今までに2度自殺未遂があったこともその時初めて知りました。


私が彼女について思い出すことは、
彼女が自分の子どもたちを呼ぶ声です。
いつも澄んだ声で二人の子どもたちの名前を呼んでいました。

(あなたがいるだけで子どもたちは幸せだったのに…
 何もできなくても、子どもたちの名前を呼んであげるだけで十分だったのに…)

でも彼女は、
うつ病で母親らしいことができないことを恥じ
自分の存在自体を価値のないものと思い込んでしまっていました。


精神が健全なうちに、
正確な判断ができなくなる前に、
霊的真理を理解できていたら、自分のことを価値がないと思うことはなかったはずです。
そして、死後も生き続けるため死は何の問題解決にもならないことに気付き、
死によって苦しみや葛藤から逃れられるという幻想を抱くことはなかったでしょう。
ちゃんとした知識があれば、本人も周囲の人間も傷つくことはなかったのに…


真理を知る自分の近くで、このような悲劇が起ったことが悲しく残念で仕方ありません。
真理普及の大切さを痛感しました。
未熟ながらも今の自分にできることを果たす義務を今一度心に刻む10月です。

《私たちはその媒体として、喪の悲しみの中にいる人に慰めを与え、
病に苦しむ人を癒し、弱き者に力を与え、病める人に導きを与え、
かくして、手の届くかぎりの範囲において、不幸な人々を助けることが
できるという測り知れない名誉に浴することができるのでございます。
この名誉を大霊に感謝し、更に大きな貢献の道具となることを祈るものです。
 ここに、あなたの僕インディアンの祈りを捧げます》

『シルバーバーチの新たなる啓示』P88/1

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

地上的成功をした人と人生の評価について話しました。

地上人生の評価は《何を為してきたかで決まる》と私が言うと、
その人は、自信満々に《自分は成すべきことを成した》と答えました。

私の言う《為すべきこと》とは、人のために自分を役立てること。
その人の言う《成すべきこと》とは、自分の目標であった地上での成功のこと。


私たちの世界では地上でどんな肩書き、どんな財産をもっていたかは問題にされません。要はその人生で何を為したかです。」
『シルバーバーチの霊訓(8)』P12/5~6

自分の価値観や判断が正しかったから、成功できたと確信しています。
地上的成功という結果が、自分の正当性を証明していると思っているようです。
自分の経験と足元の成功しか目に入らない今は、
私の言う《為すべきこと》を理解してもらえないようでした。


地上生活の総決算をする時がきたとき、つまり地上に別れを告げて霊の世界へと移られると、誰がするというのでもなく、自家作用によって、自分で自分を裁くことになります。その時の判決の基準は地上で何を考えたかでもなく、何を信じたかでもありません。世の中のためにどれだけ自分を役立てたかということです。
『シルバーバーチの霊訓(7)』P87/8~11

この世的な富を蓄積しているとそれなりの代価を支払わされます。つまり地上的なものに心を奪われて、その分だけ霊としての義務を怠れば、地上的な富は増えても、こちらの世界へ来てみると自分がいかにみすぼらしいかを思い知らされることになります。
『シルバーバーチの霊訓(4)』P15/8~10

どんな自慢をされても、私には《はだかの王様》にしかうつりません。
霊界へ行ってから思い知らされるよりは、できればこの地上生活の間で気付いてほしい…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
数年前に、高校の同級生に久しぶりに会い、後味の悪い別れをしたことがありました。

その人は小さいながらも設計事務所を立ち上げ数名の社員を雇い、地上的意味での成功者になっていました。


地上に、奴隷のような人生を送る人たちや貧困ゆえ子供が危険な仕事に朝から晩まで働かされている現実がいまだにあることを、その人はこう言いました。
『リサ・クリスティンの現代奴隷の目撃写真』


「文明が発達し、快適に暮らすには、そういった人が必要だ」と、
「豊かさを追求するには、犠牲になる存在が必要不可欠だ」と、
「快適な暮らしや豊かさを生まれてから一度も体験したことがなく、そんな生活を知らないのなら、当人には奴隷のような生活が普通で自分のことを不幸とは思っていないからいいのだ」と。

そして、「美しい円のテーブルを造るためには、木材の角を切り落とし削っていく。
その切り落とされたものが、先の不幸な人たちのことだ」と言いました。

切り落とされ削られた足元の木材の破片や木くずは、今も地上のどこかで虐げられている人たちで、
その美しい円のテーブルを囲むのは、地上的成功者なのでしょうか。
地上的成功者を喜ばすための存在なのでしょうか。


美しい円のテーブルを作ることが悪いのではありません。
ただの木材から真円のテーブルを作製するためには技術が必要です。
美しい家具や工芸品を求めることで、文化や文明が発展していきます。
そのための犠牲が必要と思うのではなく、その技術や文化文明の発展の恩恵を全人類で分かち合おうと思わないのでしょうか。

本来なら、真理を知った者としてその人の未熟さや利己心を哀れに思うことが一番なのでしょうが、
私には嫌悪しかありませんでした。
そこが、私の未熟な部分なのですが…


神からの霊的遺産として当然味わうべき生命の優美さ、豊かさをまったく知らない人間の数の多さに愕然とさせられます。餓死の一歩手前でようやく生きている人々、地上生活の最低限の必需品さえ恵まれずにいる人々を座視するわけにはまいりません。地球の富の分配の不公平さを見て平然とはしておれないのです。」
『シルバーバーチの霊訓(2)』P25/後ろ4~最後

地上のすべての人間が、食べる物に困らず、住む家に困らず、最低限の生活ができ、
子どもたちは自分の将来の夢を見ることのできる地上になってほしい。


私にできることは、受け止めてくれる誰かに向けて、真理を発信していくしかありません。
私が教えてもらった霊的真理を一人でも多くの人に…


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。