福猫舎のブログ

2011年3月11日。東日本大震災、東京電力福島第一原発の爆発事故による避難で、人のいない町に取り残された犬や猫などの被災どうぶつのハウス型シェルター「福猫舎」の日々の徒然を綴ります。

◆福猫舎へのご支援のお願い◆

数少なくなってきた福島のペットレスキューボランティア。
2011年3月11日の東日本大震災、そして福島原発の爆発事故から二年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。

どうしても繋ぎたい、そして救いたいいのちがあります。

一匹でも多くのいのちを繋ぎ、一匹でも多くのいのちを救う為に、飯舘村の給餌活動をしている日比さん のご助力のもと、福島県の郡山市に被災猫シェルター『福猫舎』を立ち上げました。

『福猫舎』は、個人ボランティアとして活動してきた
まるこ の運営する【まるこシェルター】と、
犬班A。 の運営する【あぶくまシェルター】の、
二つのシェルターを合わせた総称です。

ちいさなシェルターですが、二つのシェルター共に、自身が住み込み、自分の手と目の行き届くよう、しっかりと運営して行こうと思います。
2013年5月17日の「福猫舎」スタート時点で、
【まるこシェルター】には、40匹。
【あぶくまシェルター】には、36匹。

合わせて76匹の保護っこがいます。

そして、これからも保護っこの数は増える予定でいますので、
どうか皆さまのお力を少しだけ分けてください。

少しの力であっても、それがたくさん集まれば大きな大きな力に変わります。

どうか応援頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。



【お問合せ先】

福猫舎 メールアドレス
info☆fukunekoya.com (☆→@に変えてください。)


【ご支援についてのお願い事項】

郵便局
記号 18250 番号 24311851
一般社団法人311福島被災動物救援隊

◇他の金融機関からは

ゆうちょ銀行 828支店 普通預金 2431185
一般社団法人福島被災動物救援隊

東邦銀行 郡山北支店
普通預金 610649
一般社団法人福島被災動物救援隊



【物資を送付頂く場合の送付先】

〒963-0664
福島県郡山市あぶくま台2-154 福猫舎
TEL 080☆8214☆9685


■Amazonの欲しい物リストによるご支援■

【福猫舎のほしい物リスト】


福猫舎で、現在必要なものを適宜更新しながら掲載させて頂きます。


【福猫舎 レスキューのほしいものリスト】
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2BGG58M51USCE

レスキューや給餌に、毎回大量に持参するフードやおやつなどを掲載させて頂きます。
警戒区域のレスキューには、毎回200kgほど。
飯舘村などの避難地域の給餌には、毎回100kgほどが必要となりますので、いつでも大募集しております。

また、このフードは、私たちと志を同じくする個人ボランティアさんにもお渡ししながら、いのちを繋いでいくために使わせて頂きます。


Amazonギフト券でのご支援の場合はご支援金でのご寄付同様、収支報告に掲載させて頂きます。

また、Amazonから物資をお送り頂く場合は、配送オプションのページで「ギフト設定」という欄にチェックを入れて頂けますよう、お願い致します。ギフト扱いが無い場合で、初めて物資をお送り頂く場合は、メールにてお名前とご住所を教えて頂けると嬉しいです。

メール→ info☆fukunekoya.com
(☆→@に変えてください。)
 


■各種金券でのご支援■
ホームセンターでフードや保護っこに必要な物資を購入する際、各クレジットカード会社発行の金券はまず問題なく使用できます。
お家の引き出しの中などに、ひっそりと眠っている金券がございましたら、是非お送り頂けたら助かります。
(地域限定のものやお店限定の金券は、使えない場合がございますので、ご遠慮くださいませ。)


■QUOカードのご支援■
QUOカードは、JAの運営するガソリンスタンドで使用できます。
また、レスキュー用に購入する釣り餌である物品(唐揚げや缶詰など)の購入時にコンビニでも使用できますので、お財布や引き出しにこっそりと眠っていましたら、是非ご支援をお願いできると助かります。


二年以上もの間、必死に生きているちいさないのちたちを、少しでも多く守れるよう、出来得る限り精一杯の力を振り絞って頑張っていきたいと思います。

どうぞ応援宜しくお願い致します。


2013年3月11日 福猫舎 一同
【使途について】

■ご支援物資やご支援金は、警戒区域並びに避難地域のどうぶつ達への給餌給水、医療費、レスキューに必要なフードや物資の購入費、搬送や移動に必要な経費などに使わせて頂くことをお約束致します。


■ご支援を頂いた場合で、領収証が必要な場合は、お手数ですがメールにてご連絡頂けますようお願い致します。

メールアドレス → info☆fukunekoya.com
(☆→@に変えてください。)

テーマ:
ブログに辿り着く時間を見つけられないまま、気がつくとこんなに経っていた…。


心がへこたれてると、いつもよりも更に時間の使い方が下手になる。


スマホのカメラロールを見てしまうと、そこに残る写真をついつい遡って見てしまい、相変わらず泣いてしまうおバカな自分のちっささに呆れてしまったり。


毎日失せもの探しとないものねだりをし続けて。


実際物忘れが酷くて、取りに行ったモノが何かを忘れたり、置いた筈のモノが見つからないってのもあるけれど、心の欠片をお空に一緒に連れて行って貰った分、心が少しずつ綻んでるから、家のどこかにある想いを探す日々。

{4098BDAF-19FE-46BB-BBA6-8CD992D0C62B}

ちいさな身体で頑張った子たちのためにも、頑張ってる子たちのためにも、毎日想いを積み重ねよう。




今日であの日から22年が経つ。


あの日も、そして東日本の時も、テレビ画面に映る光景を見ながらただ泣いていた。


泣いてもなにも出来ないのだと思い知らされた22年前の今日。


あの頃泣くばかりで、何もせず動かずにいたことがあたしを変えた。


動かなければ何も変わらない。


静かに、祈りを。


22年前に何もしなかった自分に吐き気がしてたのに、ずっとその現実に蓋をして生きてきた。


それじゃいけないと知っていたのに、いつか想いはちいさくなっていった。


でもその蓋が開いて動くことを選択したから今あたしはここに居る。

{705F56CA-90F2-4E0F-AD46-15A2E26E2D85}

走り続けてるから守れたいのちがここに居る。


そうだよね。



シロちゃんにもたくさんの応援とお見送りの言葉をいただき、本当にありがとうございました。


運命には逆らえないと知ってはいても、なにか出来ることは無いかと足掻き続ける日々でした。


立て続く訃報に心を閉ざしたくなったり、目も耳も塞いで蹲りたくなりもするけれど、そうせずにあたしが立っていられるのは、毎日嬉しいことを探してみんにゃさんと一緒に無理にはしゃいだり、嬉しいご報告をいただいたりすることで、必死に自分を鼓舞してる。


そんな今日はひとつ嬉しいご報告。

先週月曜日にトライアルに入った巧くん。

{6ED8A085-EBB5-48F9-8F2B-C58E254251D3}

ちょっ早で正式譲渡が決定です!!


お迎えくださったのはチーム銀次で飯舘村に給餌にも来ている、福島出身のしーなさん。


先住猫のびーたんもしっかりと巧くんのことを受け入れてくれて、最速の三日で猫団子❤︎


ある日うたちゃんのおうちの餌場に突然現れた巧くん。

これからは麦丸くんという名前を貰って、幸せな暮らしが始まります。


どうか、どうか、末永く幸せに。


ーーーーーーーー


さてと、この数日間のことを二つに分けて今日も駆け足でご報告。



1月10日。

朝からバッタバタでやっとありつけたのは、年始に必ず実家に帰って食べる、母の作った大好きなこづゆ。

{C4ACFE10-9564-4A22-9AC8-9F01FFE26BC5}

今年はまだ帰れないから、我儘言ってたくさん送ってもらっちゃった。

いつまでも甘えてばかりの阿呆な娘の我儘を、仕方ないわねと聞いてくれる母に感謝するばかり…。

ふぅ…美味しくて泣けちゃうな。


朝のお世話とケアを終わらせ、テルくんと繭ちゃんを病院へ。

繭ちゃんは風邪引かせちゃったから、抗生剤をチックんして。

テルくんは折れた顎の骨や口腔内の肉の盛り上がりは改善してたけど、耳介のリンパに膿が溜まってた…。

{0930451F-C5E7-492A-9B44-CF5D1DDA6C35}


膿んでた箇所を切開して膿を出し消毒をして、鎮静が効いてる間にお顔や耳も綺麗に拭いたげて。


鎮静から醒めかけたところを狙って、たくさん撫でさせてもらったけど、この後めっちゃ怒られたw。

怒ってもいいよ。大好きだから。

少しずつでも良くなってくれてるのが、かーちゃんホントに嬉しいよ。



夜の通院は爽くんとシロちゃん。

爽くんは抜歯と一緒に処置して貰った頬の腫れがまた膨れてきたから膿を出して消毒をしてもらい、入院中のタイガくんとシロちゃんはレントゲンを撮って。

{E8E0E228-6D50-416B-9613-3A9EB5492B95}

タイガくんは楽そうな姿とは裏腹にまた胸水が溜まってきちゃってて。

そしてシロちゃんには抜けるほどでは無いけど腹水が溜まってた…。


前日に通院した繭ちゃんは夜になったら少しご飯も食べてくれたから、何とか風邪を悪化させずに済みそうでホッとした…。

ケージに手を入れると一生懸命甘えてくる姿がたまらなく愛しくて。

{8686DE7B-645C-479C-82E1-951D026E45E9}

守りたい。

護りたい。


その気持ちだけがくたびれまくりのあたしを今この瞬間も動かしている。


1月11日。

突然血の混じった液体を吐いた巌くんを病院に連れて行き、あれこれ検査をしてみたけれど、採血の間もゴロゴロ言って先生を笑わせてた巌くん。

{488910D6-7DB0-4EB5-BEFC-AA6DBFBDAA1B}

{4AF17020-23C6-4809-BC8D-B7D3D0A15A80}

ストレスから来る胃の痛みかな?という診断だったから、お薬貰ってあげはじめたら今日は吐かずに居てくれた。

心配させるなよびっくりしたよ…。


うちの子獅子丸も通院したら、とんでもなく下がってた貧血の値は少しずつ改善してくれていた。


お薬減らしてまた一週間。


がんばるどー!




1月12日。
日付が変わってすぐにシロちゃんを見送って。


泣き続けながらシロちゃんを抱っこしたまま朝を迎え、プリンスくんの里親さんに電話をかけた。


泣いてばかりいたって幸せは来ないから、重い身体を引きずってみんにゃさんのお世話を終わらせ、新幹線に飛び乗った。

{1562494B-0F4B-46A0-9D1F-32B1C16E523D}

昨年秋の譲渡会でお見合いを終え、脱走対策やお迎え準備を終えて、待ちに待っていてくださった。

先住猫のたびさんはノンキャリアだけど、プリンスくんに心を撃ち抜かれ、猫エイズのことも頑張って知ってくださり、それでも迎えたいと言ってくださったおうちで、今日からプリンスくんのトライアル。

先住猫のおっとりしたたびさんは多少警戒してたけど、イカ耳にはならずに様子を窺って。

美味しいケーキをご馳走になりながらプリさんの状態などを説明しつつ、サプリなんかもお渡しをして、いよいよプリさんとご対面。


キャリーから出たプリさんはおもむろにたびさんのお水を飲み始めちゃったりして、相変わらずのマイペースw。


たびさんのふかふかクッションでモフッた後は、一旦ケージにご入居だ。

{FC4037DE-D41A-468D-B0FE-88C3DE70DD2C}

プリさん専用のベッドでもフミフミした後は、トイレでシッコして寛いでw。

{22170ED2-B7DF-4451-A2DE-AB9ECC640FF1}

プリさんならば大丈夫。


たびさんが受け入れてくれるのをゆっくり待ってるいんだよ。


お別れに抱っこしてまたいつかって挨拶をしてからの帰り道。


おとーさんとおかーさんにたくさんの笑顔をあげて、おとーさんとおかーさんからたくさんの愛を貰ってね。


頑張ってきた長い月日を忘れちゃう程幸せに暮らしてね。


たびさんとの猫団子が見られるのを、かーちゃん楽しみに待っているからね。

{8D53A787-EDE9-452D-876E-4140C83305F0}

ずっとずっと大好きでいるからね。


どうかどうか幸せに。



1月13日。

昨日はずっとシロちゃんについているために手抜きしちゃったし、今日はプリさんをお届けするのにドタバタだったから、今日は豪勢にひとりひとつのシーバだぞー!と、普段はお口の痛い子たちにしかあげられないパウチを湯煎してあげたら、みんにゃさん大喜びで食べてくれた❤︎

{E71A1C56-DE6B-4229-9FE2-71F521BBF8C2}

ンマンマ、嬉しいねー♪


今季初の積雪。

雪の中来てくれたhibiさんとゴミ出しをした後、村の話をし始めたらばちょっと長くなっちゃって。


キャリアっこ部屋のカーテンを開けに行った時に見つけた茶色い毛束に血膿が着いた欠片を見つけたから、該当猫を探したら珠ちゃんだ…と大慌てで病院へ。


飯舘村で緊急保護をするきっかけになったサロンで保護した白血病の珠ちゃん。

左肩の下が大きく爆発しちゃってた…。

{41384F70-E4A6-4358-BA32-99555D0D647B}

先月の血液検査でも異常は無かったし、保護して三ヶ月近くも経つのになんで今頃…とは思うけど、ずっと体内で炎症を起こしていたってことだよね…。

{2A23831F-36D1-4F18-A77E-8555E5DA8E0F}

だけど食欲もあるみたいでホッとした…。


まだ人馴れしきっていない珠ちゃんを捕まえてキャリーに入れて、今日抜歯手術の芽生ちゃんと、先日検査キットが無くて二度目のウィルス検査が出来なかった真白ちゃんを連れて病院へ駆け込んで。


芽生ちゃんを預け、珠ちゃんも急遽手術になったからそのまま預け、真白ちゃんの検査を無事終えました。

{F5C6F317-AA34-400C-AD04-09B635786019}


二度目のウィルス検査も終わったから、真白ちゃんもフリー練習の始まりだ。


前脚を噛まれてるところを保護され、抜歯手術もしてケアが終わったふじちゃんも、すっかりふくふくになってフリー生活を満喫してるから、真白ちゃんものんびりまったり暮らしていこう。

{11BC8255-2FCA-4E48-B2E7-7C511DAED67F}

それにしてもふじちゃん…ぷくぷくに育ったねw。



夜、シロちゃんのお見送りを終えて、病院にお迎えに行ったら芽生ちゃんは少しスッキリした顔で迎えてくれた。

{6D5913BF-B3DA-417A-9DD3-AE7660C35E0B}

ダブルキャリアなのに千切れた片腕から血を流していた所を保護され断脚をして、角膜が破れかけて危うく眼も喪いそうだったけど、フラップ手術の術後は順調で。
 
抜歯を終えてこれで痛い所は無くなるよ。


頑張った分以上、のんびりまったり暮らしましょ。


珠ちゃんは傷の周囲を少し大きめに切開して、消毒をして縫合をして貰ってた。

{860717EA-B5B2-40D6-B921-DDB398733FB5}

ぷんすか怒っていたから少し仲良くなれたのがまた後退しちゃったと思うけど、もう、寒空の下で餌が来るのを待つ暮らしじゃなくなったんだもの、ゆっくり傷を癒しながらじっくり仲良くなればいい。

気付けなくてごめんね。


タイガくんも胸水の抜去をして貰っていて、病院に着いた時にはまだ麻酔から醒めたばっかりで、ちょっとぼんやりしてたけど、ちゅ〜るをあげたらご機嫌に甘えてくれた。

{C96B6E25-7178-405B-8279-62C51115CDF2}

今日だけでうちのみんにゃさんを三匹も処置してくれた先生たちに、ホントに感謝しなくちゃな…。


みんなちっさな身体で頑張ってくれてありがとう。



帰宅して芽生ちゃん珠ちゃんをお部屋に戻し、少しご機嫌とりをしていたら、芽生ちゃんはホントにご機嫌で、大好きなお尻トントンしたら、いつものポーズで甘えてくれた。

{7B90ACA7-8FD6-4627-ABE4-08F61E2547A9}

すごいよね…ヒトなら耐えられぬ痛みをこんなちいさな身体で耐えてるんだよね。

ホントにすごいよね…。




どの子もみんな頑張っている。


かーちゃんがへこたれる訳にはいかないね。



頑張り続けるみんにゃさんのためにも、元気なかーちゃんに戻らなきゃ。



駆け足の報告、なんとか今日中にもう一個書けるように頑張りまーす。



明日も頑張ろう。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:
ちいさなちいさな身体で飯舘村の自宅で頑張り続け、ちいさなちいさな身体に傷を負い、保護され飼い主さんから手を離してもらったシロちゃん。


12日に日付が変わって少し経った頃、お空に走って行きました。


{07C25674-B728-423C-895C-9B6049F00C93}


ちいさなちいさな身体で頑張ってくれたシロちゃんに似合う野に咲く花を山盛りにして送りたかったけれど、今の季節には出来ない相談だから諦めて。

それでもいつも笑顔だったシロちゃんに似合うブーケを作ってもらった。


{F10A1494-7B79-4745-9583-768CFD87F51F}

シロちゃん、ホントに可愛い可愛いおばーにゃんだったもんね。



11日の通院は夜にたこちゃんが来ると言うから、時間を合わせようかと思っていたけど、なんだか嫌な予感があったから、少し早めにみんにゃさんのおやつタイムを終わらせて、病院に行き急ぎ足で巌くんと獅子丸の診察をしてもらった後、先生たちが別の患畜さんを診てる間に、メモを残して先に帰宅して。

{54681116-0A49-48EE-9AD2-48E779AC85C3}


指示された獅子丸や巌くんのケアや、夜のお薬やサプリをあげる子たちのケアを終わらせて、お掃除はめっちゃ駆け足で手抜きさせてもらって無理矢理終わらせて、それからはシロちゃんを抱っこしながらずっとベッドで一緒に過ごしてた。


名前を呼ぶと一生懸命お返事しちゃうから、なるべく名前は呼ばずに想い出話をしてみたり、シロちゃんがたくさんやらかしてくれた笑ってしまう数々の武勲話をしてみたり。


誰に言うでもなく、静かに静かに語りかけていた。


どれ位時間が経ったのか…。


膝の上のシロちゃんの呼吸が一方通行になってきたから、そこからはただひたすらに名前を呼んで、大好きだよって言い続けてた。



薄れゆく意識の中でも名前を呼ぶと、ちいさく口を開けてお返事しようとしてみたり、相変わらずの強い目ヂカラであたしを見つめてくれるシロちゃん。


ボタボタと涙がシロちゃんの身体に落ちるのを拭くことも出来ぬまま、何度も何度も名前を呼んで。


何十回か分からない程に呼び続けたあと、シロちゃんの身体からふっとチカラが抜けた。


抱き締めると壊れてしまいそうな細い身体を、ようやくぎゅうっと抱き締めて、ただひたすらに泣き続けてた。




ちいさなちいさな頑張りやさんのシロちゃんは、おおきなおおきな猫だった。


声もデカくて態度もデカくて好きって気持ちを伝えるチカラもおおきくて、可愛くて甘えんぼさんの猫だった。



泣き疲れて外に出てみたら、空にはデッカいお月さま。

{EF33E805-4F26-4DC3-99E3-320ABDA3DBD5}

お空に走ってくシロちゃんを迎えてくれる。



お別れの雪が降ってきた。




シロちゃんを保護したのは一昨年の10月のことだった。


給餌に来ていたnatsumintさんたちが首を噛まれたシロちゃんを見つけ連絡をもらい、次の日が圏内レスキューだったけど何とか時間を作り、シロちゃんを待ち合わせたPAまで迎えに行って病院へ向かう道すがら、シロちゃんに話しかけ続けていたら、大あくびされて大笑いしたっけな…。


噛まれた傷は、あと少しズレていたら、喉笛を貫かれていたかもしれないってのに…。

{AF87C1EC-FC8F-4E16-A01A-99317DAA51DE}

この怪我のあと、飼い主さんと話し合い、手を離してもらうことになって。


{D6FD621A-02D0-4E06-AF9B-BE1ADD7378F4}

お見舞いに行く度に身体全部を使って嬉しい気持ちを伝えてくれた。


その後もシロちゃんは何度もの危機を乗り越えて。

あまりに手術痕が大きかったから、当時はブログにも載せなかったけど、何箇所もに出来ていた乳腺腫瘍を、一気に全部切除して。

{5EB9F935-1AF1-477E-ACA3-91C03295300D}

あまりに広範囲だったし、病理検査の結果、悪性の腺癌だったから、肺への転移が不安で、手術してからは毎日のお薬が必須になっていた。


さすがのシロちゃんもこの時は痛いよ…ってしょんぼりしていたな…。


{EF106CC3-0D91-4E4B-A243-2D8FA38A7F1B}

だけど数日経ったら元のマイペースさを取り戻し、あれやれこれやれ早く撫でれとあたしを呼びつけてくれたっけw。

{9B8D4286-9C49-4741-9EB1-4441B5B2FD8A}

身体はちっさいのに態度は誰よりも大きくて、可愛くてたまらんばーちゃんだった。


なんでも言うこと聞きますよー。って、いつもあたしは下僕道に精進してたものw。


{B99FA189-8F46-4251-BA23-88ADB871F951}

甘えるのがホントに上手くって、隙を見つけては膝に乗り、早く撫でれと呼びつける、ホントに我儘なばーちゃんだった。


昨年の秋には譲渡会に参加して、ご縁を掴みかけたかと思ったけど、掴んだ筈の糸は残念ながら繋がってはいなかった…。


だけどこの譲渡会の時に、撮影班のにゃいさんが撮ってくれた一枚が、ホントにホントに可愛くて。

{7FCC2B82-295A-49EA-8AD3-F1FDA9CD4DDA}

あー。。。
いつ見ても何度見ても可愛いなぁ…。


まぁ実物の方が勿論何百倍も可愛いんだけどもw。



譲渡会の後も抜歯をしたりと、シロちゃんの災難は続いてたけど、数ヶ月置きの肺のレントゲン以外は、大きな心配はいらなくなったと思っていたのにな…。



お口の痛みが出てきてしまい、鎮痛剤やステロイドを使いながらのケアになり、それでも落ちる食欲を止めないように、なんとか少しでも食べてくれるものを探す毎日で。


だけど落ちていく食欲に高齢の身体はついていけなくて、肝リピドーシスに移行してしまい、投薬に補液、強制給餌のフルコースのケアをし続けたけど、エイズが邪魔して貧血も進んでしまってて。


いつだってどんな時だって考えれば考えるほど後悔の海に飲み込まれてしまうから、毎回ズドンと落ち込み続けて、どんどん浮上するための体力が足りなくなっている。


それでも最期の呼吸を終えたシロちゃんの顔が、苦しい顔ではなく、ホントに眠ってるように可愛いままだったことに、ほんの僅かな救いを貰ってる。




負けず嫌いで食いしん坊で我儘たくさん言ってるくせに、ちゃんと引くべきところは引いたげて。


だけど怒ると結構強くていつもあたしを笑わせてくれた。


ちいさなちいさなシロちゃんは、おおきなおおきな猫だった。


猫叉になってほしかった。

ずっと一緒にいたかった。


{EB27A11F-2BE4-49CD-92B7-5778A44DE3CC}

頑張ってくれてありがとう。



泣き疲れ語り疲れて迎えた次の朝はハラハラと降り続く雪が出迎えてくれた。


浮腫みすぎて痛い程の顔と目と指を雪で冷やしてみたら暖かかった。

{662866FC-AF74-4EDB-9ECD-3CC1FEEE9057}

その暖かさがとても悲しかった。


ちいさな雪の塊をそのままずっと握り締めてたら、止まった涙がまた溢れてきた。


どの子にも代わりなどはいないけど、どの子にも精一杯の愛を分け続けよう。



ね、シロちゃん。

それがかーちゃんの役目だもんね。


ホントは次の日にプリンスくんの搬送が決まっていたのを一旦延期してもらってたけど、はらはらと舞う雪を眺めていたら、やっぱり一日でも早く幸せな暮らしに送り出さなくちゃ。と決めて、急遽プリンスくんの里親さんに連絡を入れて、プリンスくんのお届けをして。


満面の笑顔で出迎えてくれたおかーさんにプリンスくんを託して帰る新幹線の中で、涙がどうしても止められず、ずっと泣き続けながら帰宅した。



そして昨日はお世話の合間に何度も何度も部屋に戻ってはちいさなシロちゃんの手を握りながら話しかけていたけれど、いよいよお見送りの時間が近づいて、外に出て大きく深呼吸。

{F079ED6C-E52F-4B2A-A5F2-4CD98FEADD79}

空気はピーンと張り詰めているけれど、雲に覆われた空から少し青空が覗いてた。

しがみついちゃダメだよね…。


野に咲くちいさな花のように、たおやかで強く強く心に残るネコだった。


ひとめ逢った時から今の今までその印象は変わらない。


凛とした強さとたまらん甘えっぷりで、あたしにも他のボランティアさんたちにも、見守ってくれたヒトたちにも、強い想いを遺してくれたよね。


忘れないよ。


忘れないよ。



さよならだけどさよならじゃない。


ずっとシロちゃんはたくさんのヒトの心の中に居てくれる。


可愛くて甘えっこで喰いしんぼで我儘で怒りんぼのおばーにゃん。


お空組のみんにゃさんを引き連れて、かーちゃんがいつかそっちに行くまで遊んでいてね。

{0CE3F67C-0931-4247-B619-4F6423CC44B5}

行ってらっしゃい。





大好きな大好きなシロちゃんの、

大好きな大好きなこの顔を。


{3918754D-C977-460B-9BB0-E486D4944D68}

忘れないよ。


忘れないよ。




野に咲く花のどの花よりも、

{BDAE4686-E1B3-4749-B363-E80B913F960D}

可愛くて大好きなシロちゃん。



いつかまたお空の上で逢いましょう。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎日が怒涛のスピードで過ぎて行ってしまうから、なかなかブログに辿り着けなかった…すみません。


ブログを書けなかったこの数日間も、毎日ドタバタ走り回って必死に過ごしてた。


普通のヒトな筈のあたしが、なんでこの無謀にも近い勢いで走り続けるのかと言われれば、守りたいいのちがあるから、って理由だけ。


それだけのために、なりふりかまわず走り回って足掻き続けて過ごしてる。


今年はまだ雪が少ないけれど、食べるモノを探せなくなった野生動物たちのせいなのか、姿を見せてくれなくなった猫や、いなくなってしまった犬もいて。


あの時こうしていたら…って後悔するのならば、あたしは身体が動く限りの無理をし続けることを選ぶ。

ただ、それだけのこと。


{EE57E62D-DF17-4468-9262-C6B24EC92562}

頑張り続けるいのちが、今日もそこに生きている。



頑張り続ける猫たちのいのちを、引き受けてくれる方はいませんか。


ちいさな身体で2000を超える夜を生き抜いたいのちに安心の日々を与えてくれるヒトはいませんか。




おひとりでも多くの方に知ってもらうため、拡散ご協力、どうぞ宜しくお願い致します!!


ーーーーーーーー


お空へ走っていった彦摩呂くんに、たくさんの応援やお見送りの言葉を、本当にありがとうございました。


まだまだ哀しくてやりきれなくてたまらないけれど、いつでも心の中にいるお空組のみんにゃさんにいつか会える日まで頑張り続けると誓っているから、可愛い姿を思い出しながら頑張ります。


たくさんの応援の御礼にブログに載せていなかった写真の中から、可愛い彦摩呂くんをお届けさせていただきます。

{4BB381AF-DE96-46A1-9223-5B8499450D99}


本当にありがとうございました。


ーーーーーーーー


文章にまとめるにはブログをサボりすぎてしまったから、少し駆け足でこの数日を覚え書き。


1月5日。

彦摩呂くんのお見舞いに行くとき、小夜ちゃんの鎮痛剤と抗生剤をチックんと、チチくんの二度目のウィルス検査と風邪っぴきの抗生剤をチックんに。


彦摩呂くんがお空に向かった後は、放心状態が続いたけど、夜のお世話の前に現実へと戻り、食欲がまた落ちたムクの検査に病院へ。

ムクは腎臓の数値がまた少し上がっていたけど、貧血の数値は少し改善してくれた。


酸素室に入院してケアをしてもらってるタイガくんは、ご機嫌に酸素室の中から突進してきて一生懸命甘えてちゅ〜るをウマウマしてくれた。

{A6A550B4-67FE-4082-B1D3-794D9DE7645C}

{C09EE33D-1619-4F96-AF30-2A726469929A}



1月6日。

泣いてばかりの一日。


朝、お休み明けでやっと始まったゴミの収集に、山盛りのゴミ出しを手伝いに来てくれたhibiさんから、あたしが大好きな奥さまゆうさんのカレーの差し入れをもらい、食べてたら美味しくてまた泣いていた。


彦摩呂くんの身体をお空に還し、病院に御礼に寄ったらば、今なら出来るよと言ってもらったから、急遽シェルターにとって帰してコカくんの去勢手術を終わらせた。


手術の終わったコカくんは、帰宅したらエアコンの真下でおっぴろげw。

{B07B700C-2D06-4B39-BAA7-C5C00E1DB31A}

お疲れさま。


夜にはムクが犬か?と思うほどのデッカいンコをしてくれたら、おもむろにご飯を食べ出した。

衰弱が強かったしトシだから、腸の動きも鈍くなっていたんだね。


1月7日。

年始にいきなり頬っぺたが晴れ始めた爽くんの抜歯手術をお願いしてて。

イレウスの子が出た…と明日に手術を延ばせないかと先生に言われたけれど、何とか頼み込んで手術をお願い出来た。

{203A3463-E2E7-40F5-9F35-4C41FD526B04}

もう頬に溜まった膿が爆発寸前だったけど、ギリギリ間に合って抜歯も頬の処置も終わってくれた…。


爽くんを病院に預けてから、延び延びになってしまった年始にnatsumintさんたちが保護してくれた飯舘村の緊急保護っこたちをKさんのうちから隣町の病院へと搬送して、病院に預けてる子たちの中から一部の子たちを連れ帰り。

{7B66CCF4-0A8A-42BA-A46F-0F636712086D}

白血病を持ってたブルーシートの三毛さんは、お口の中も酷いことになっていた。

{C960406A-41B8-4ACA-9FFA-1DEFBAD8245D}

いなくなってしまったじーちゃんばーちゃんを待ち続けていたシャムミックスさんも、お口の中が酷い上に肝機能も悪くてど貧血。

{0D7DE71D-77AA-462C-9406-EE20601311C2}

クリスマスにバス停で保護したキジ白くんは、片目も悪い上に黄疸が出ちゃってた。

{2B17D014-D52E-4DDF-9DC5-8B01D0D3A88F}

頑張り続けた証なのかもしれないけど、悲しすぎるよ…。


爽くんの手術は無事に終わってくれて、折れてた犬歯を含めた総抜歯を乗り越えて帰ってきてくれた。


{55FA2806-B717-4CA9-9A0C-F21C5880C042}

爽くん、帰ってきてくれてありがとね。
お疲れさま。
早く痛いの無くなるように一緒にがんばろね。


1月8日。

昨夜Kさんがかけてくれてた捕獲器に、ブルーシート宅でhibiさんのかけた監視カメラに写った三毛さんが入ってくれた。

{D5F5192C-2121-4AC1-94A7-511BE42B3276}

これでこの餌場が閉鎖出来る。

間もなく解体が始まるところだったから、間に合ってホントに良かった…。


年末、豆かーさんたちにお願いして搬送してもらった関沢の茶トラくんが、急遽戻ってくることになり、入れ替わりにコスモくんをお願いすることになったから、駅で待ち合わせて茶トラくんを受け取り、コスモくんを託してそのまま飯館へ。


{E2345255-D736-4A83-8B99-D4A3CC62F63E}

{AD73EF5D-D697-4CF0-8323-06E2C1BEEE11}

びびりんぼだけどホントに甘えっこのコスモくん。


お別れにいちゃこらしていたら、真顔deフミフミしているのにおかしな格好してるのが笑えちゃったけど、コスモくんも元はブルーシート宅に居着いてた子。

きみも含めて五匹を全部連れ出せたんだ。

痩せっぽちの姿で現れたコスモくんが、今はぷくぷくでおうちの中で安心した顔で甘えてる。


幸せ見つけてもらうんだぞ!


茶トラくんを飯館の隣町の病院で検査をしてから、預かってもらってるブルーシートのマリリンと白黒さんをKさんに一時預けるために連れて行こうと思ったら、これまたお口の中がえらいこっちゃになっていて。

マリリンのお口の中は歯茎からの出血で血だらけだ…。

{60A8532C-082C-43F0-8904-6C938CFCF201}

噛まれてた傷は治ってきてたけど、しっかりケアしなきゃならないから、週明けに違う子をKさんにお願いすることにして、一旦Kさんのおうちへお引越し。

{DE68BEB2-C893-4E22-A18B-D21437CD7FE9}

噛まれてた傷が悪化しないでくれて良かったよ…。


帰宅してからバナナちゃんが風邪っぴきになりそうだから抗生剤と、来週抜歯予定の芽生ちゃんに鎮痛剤をチックんしてもらい、電池切れになりそうな身体を一生懸命動かしていた。


1月9日。

朝、爽くんがようやくおやつに口をつけてくれた。

{7FCBC210-F28B-42EB-88A3-8E977BDAEF92}

少しずつ痛いの、減ってるんだね。

あとちょっと。

もうちょっと。


少しだけ安心したから、なんとかお世話やケアを終わらせて、お別れのいちゃこらをしてから、巧くんを連れて新幹線に飛び乗った。

{D795242D-DAD5-4F99-B7B9-6D7110C79383}


脱走対策も終えて待っていてくれたおうちで今日からトライアルがスタート。

最初は少しだけビビっていたけど、撫でられたらすぐにこんな顔。

{9134D617-178B-4898-9C4E-70995F435E35}

{5E25D8E6-9540-4033-9539-5E7F54245962}

初めて会った巧くんに突進して鼻チューされたもんだから、びっくりしてシャーってしちゃった先住猫のびーたんw。

{FD08FE8A-D512-43A2-9408-F65A6A7A3A00}

ちょっとトホホな顔してるけど、お話し聞いてたら巧くんと性格似てるみたいだから、きっと仲良くなれる筈…。

どうかうまく行きますようにと、一生懸命祈っているからね。


行けるかどうか分からなかったけど、巧くんのお届けが終わった後に少しだけ時間を作れたから、大好きなギャラリー・エフ浅草に立ち寄って、イズミさんやけこさんしょこさんに迎えてもらい、相変わらず絶品の納豆スパやンマー!なパフェや、気配を消してるすずのすけに、へこたれそうな気持ちをパワー充填して貰ってから新幹線に飛び乗った。

{BA295ED5-81C1-45BB-A03C-C18B97687656}

{A9B84F9F-5E69-4335-AB7F-83E4F530B443}

{6017E8EA-E5CF-47DF-B4A2-17DDD0D205BA}

帰宅したらば遅いよー!とブーイングを喰らいながらも、みんにゃさんのおやつタイムだけひとまず無事終了。

{CB1073AD-0503-4972-8DF9-2B519B040483}

今日も撫でられ隊のみんにゃさんがワラワラ集まるキャリアっこ部屋の優しさに触れて、さぁてケアと投薬とお掃除頑張るべ!と張り切りきれずにヘトヘトのおばちゃん約一名w。

だいじょぶ。少し休んだらすぐやるからね。と言いながらせっせとお世話やケアをして。



いつも巧くんとキューブベッドに詰まってグルーミングし合ってたロキシーくん。

巧くんが居なくなって寂しくしてるかと思ったら、二度目のウィルス検査を終えて引き始めた風邪も治ってきたからフリーになったチチくんと一緒にキューブベッドに詰まってた。

{A600E06E-7D52-46C2-A1E2-9AD139E5A2F0}

心配したかーちゃんの立場はどーしようw。


お口の痛みが薬で止められずに食欲が落ちちゃったら、一気に肝機能が悪化しちゃったシロちゃんに強制給餌も終わらせて。

{98460306-7E67-4851-B532-E54CAA5C3337}


機嫌は悪くないんだけど、食べてくれないと加齢とエイズキャリアのせいで免疫力も上がらない。

ケアの後はたっぷり甘やかしてあげるから、元気なシロちゃんに戻ってよ…。



怒涛と呼ぶしかないような毎日だけど、目の前のみんにゃさんとしっかり向き合いながら、頑張り続けてる子たちをひとつでも守り抜くために、あたしが出来るのは身体を動かすことだけだから、後悔しないためにも前を見つめて、ひとつずつ、ひとつずつ、出来ることをやっていきますね。


明日も頑張ろう。




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(3)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。