1592年の知行加増

テーマ:

 

   
1592年1月11日、田中吉政公、伊勢国三重郡において3000石の知行を秀吉より与えられる。

20246286_1412215885528568_9196127778141215460_n.jpg

その村々の名前はと言うと、

20228909_1416652008418289_538527035675239671_n.jpg


三重郡東日野村は、三重県三重郡朝日町大字小向付近、

をひら村は、四日市市尾平、

そい村は、四日市市、曽井御厨としての土地、高角村は、曽井町の隣り、八王子村は、四日市市のようです。

どれも、織田信雄の改易に伴い、空主領のところを、拝領したと。領内にある穴太御園の工人たちなどを、その時より受け取ったものと考えます。

20229340_1416651968418293_2014821810236806947_n.jpg


20228379_1416651991751624_1532246056363348730_n.jpg


それから、伏見城、河川の工事を行ったと読み解きます。

ちなみに、地図を見ると、穴太職人たちの御園が近くに見えます。

滋賀県大津の穴太が平安期からあるので、朝廷の必要性によって移された、宮廷頓宮や陵墓近くの御園別所だと思います。

甲賀の東側かな。
AD