どんな自分もOKな毎日を。心屋流を伝える人 みっきー【新潟・skype】

心屋流カウンセリングと統計心理学i-color診断を使って、
どんな自分にもOKを出すお手伝いをしています。
日々のくらしをちょっと楽に、もっと楽しく。


テーマ:
みなさん、ごきげんよう^^

たまに正式名称名乗ってみるか

心屋リセットカウンセリングマスター みっきーです。

だって、頑張る方が楽だったから。頑張ることしか知らなかったから。何もしないことは恐怖そのもの

こちらのつづきを書いていきます。

この一つ前の記事自分を大事にする、がよくわからない人へ~心屋の「やりたくないことをやめる」に思うからの流れも汲んでいます。

『 自分を大事にする 』を、
ちょっと履き違えてたなーと思いました(;´Д`)


という、素敵なコメント頂きました。

まさに、履き違えている、という表現がしっくりくるなーと思いました。


そうでもあるし、そうでもない、と感じました。

履き違えてた、で、全部をなくさなくてもいい、と思いました。


そして、履き違えたっていいんです。

一発で成功しなくたっていいんです。

その時はそれが「やりたいこと」だって思ったんだから。

そこに「やりたい」という気持ちがあったのは確かなんだから(割合はともかく)

それを叶えてあげた自分はOKなんだよ。

で、いっぱいやってみたから、あれ?なんか違ったかも、にたどり着けたんだよ。


だから、思った事はどんどんやってみればいい。

履き違えでもなんでも、わかるのは後からだったりするのです。

やらなければ、それさえもわからない。


ずっとやってみたいなぁと思いながら過ごすのか、

思い切ってやってみて、なんか違ったって思うこともあれば、

これだー!!!と思うこともあるし、

これだー!!!って思ったのにしばらく経ってから違和感感じることだってあるでしょう。

どれもOKだから。

やってみることに無駄なことなんて何一つないから。


「損したくない」から、最短距離を行きたがるだけ。

間違って恥をかきたくないから、正解を求めるだけ。

その気持ちさえ、持ったままでいい。


マスターコースを卒業して1年半、思うことは、一足飛びに劇的に変化することってそんなにない気がする、ということ。

すぐ慣れ親しんだ世界に戻ろうとする自分を、

なだめてすかして奮い立たせて、

繰り返し繰り返し書き換えていくだけ。

筋トレみたいなものよね。

私、そういう継続が苦手なんだよね(/ω\)


心屋って、魔法の言葉でぱっかーん、一発逆転サヨナラホームラン、みたいなイメージない?(私だけ?)

だけどさ、それがあってもなくても、日常で繰り返し繰り返しやっていくのは変わりないと思うんだよね。

頑固に何十年も繰り返してきた自分のパターンを、簡単にひっくり返せる人もいれば、

幸せが恐怖すぎて抵抗激しい人もいる←私はこっちね


怖いってことに気づけただけ、すごいことだと思う。

あんなに望んでいた幸せが、実は怖くて受け取り拒否してて、受け取らずにすむように巧妙に立ち回っていたのは自分だなんて、ショートコント以外の何物でもない。

ショートコント「母を幸せにできなかった私は幸せになる資格なんてない」


死ぬまでやりたいの?

もう、自分の人生を生きていいと許すの?

それさえも、一つずつ自分の中を確かめてみよう。

自分の中に答えがある。


怖さが強いのは、それだけわかってるんだと思うの。

もう幸せになっていいって瞬間が近くて、だからこそリアルに怖いんだってこと。

やっと手放せるかもしれないタイミングがきてて、だからこそ怖くてたまらないんだってこと。


自分にがっかりしてもいい。

何度も同じこと繰り返してもいい。

幸せになれなくてもいい。

怖すぎて逆戻りしてもいい。

そんな自分を認めてもいい。

そんな自分を許してもいい。

そんな自分だから今までやってこれたんだって胸はっていい。

びびりな自分にしょーがないよねって声かけていい。

時間かけてやるか、しゃーないって言ってもいい。

ひたすら怖い怖い言ってもいい。

今の自分のまんま幸せになってもいい。

怖いまま、幸せの方に歩き始めてもいい。


時間はかかっても、プロセスは様々でも、

あなたも、私も、あの人も、みんなが幸せになることは決まってるのだから。

安心して怖がっていていい。

どうせ幸せになるんだし。

どうせ幸せなんだし。

もう私、幸せなんだ。

そっか、認めてこなかっただけで、私、幸せなんだ。

そっかそっか、私、幸せなんだ。





自分にお礼が言いたくなるね。

人生を面白くしてくれてありがとう♡

ショートコント2本立て

「悩んでいる方が生きている実感がある」

「波乱万丈な人生の方が面白い」

まさに、私が選んできた現実。


それすら、面白がっていい。

だってもう幸せを受け取るだけなのだから。

悔しいけれど何もしなくても自分には価値があり、

幸せを受け取っていいと許可するだけなのだから。

あの頑張りはなんだったの?って、全部”損”になっちゃうことを受け入れるだけ。


私たちは自由。

心屋が好きだから、幸せになりたいから、全部心屋の言うとおりにしなくてもいい。

心屋が好きだから、幸せになりたいから、全部心屋の言うとおりにしてもいい。

好きな方を選んでいい。

ずっと窮屈な頑張りを選んだきたのだから、もうそろそろ好きにしていいよね。

心屋にとらわれて自分を見失うくらいなら、心屋から離れてもいいって思うのね。



私の当面のやりたくないことをやめる、を具体的に実行する方法は、片づけ・°・(ノД`)・°・←苦手すぎて、うっかりやりたくないことNo.1に長らく入っていた…

えっと、汚部屋に身を置くという、やりたくないことをやめるために、片付けします。

片づけられないのは、ものが多いので→捨てる

ものが多いのはいつか役に立つかも、でとっておいてあるから

過去に頑張ってきた証(紙類が多い)を握り締めてるから

要は「損したくない」ないんだよね

それがスペースも自分の心も圧迫して、何よりも「損」な状態にしてるのにね。


やりたくないことやめるために、頑張ってみます。

頑張る、を選んでもいい(*´σー`)






◇心屋塾オープンカウンセリング【福井市】
 日時:8/5(金)13:30~15:30
 会場:福井市地域交流プラザ(AOSSA5F) 応接室1
 お申込フォームはコチラ
 ※お部屋の都合により、募集定員6名


◇心屋塾オープンカウンセリング【上越市】
 日時:8/12(金)13:30~15:30
 会場:上越市市民プラザ 第7会議室
 お申込フォームはコチラ




◆セッション再開の想いとお申込はコチラ

◆i-colorコラム最新記事:パターン崩しで “べき・ねば” から自由になろう ~身近な暮らしの心理学~





読んでくれてありがとう。

今日の自分もOKな一日をお過ごしください♪

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん、ごきげんよう^^

真夜中に「私は偽善者です」と叫びたくなる

心屋の迷えるカウンセラー みっきーです。

のっけから病んでてすみません…夏は大好きです♡(ますますヤバイ(/ω\)


自分で言うのもなんですが、私、処理能力は高い方かもしれません。

マルチタスクは無理、いっぺんにたくさん同時進行できる人って尊敬する、なんて言っているけど、時と場合によっては自分もやっていることがあります。

超プライベートで自分の身の周りのことだけであっても、一日でこれだけこなせた、みたいな、ぎゅうづめでも必ずやり遂げてみせる、みたいな気概はあります。


だから、頑張れる方の頑張る教です。

頑張って大人になれちゃったから、前者でもあります。

夫は頑張れない方の頑張る教です。

頑張ってこなかったことがコンプレックス(他力ですべてうまくいっていた)=頑張れなかったけど、頑張ることがいいと思っているわけです。


頑張ることしか知らない世界の住人でした、私。

頑張ることがいいことで、頑張ってさえいればいいと思うくらいに、頑張りまくってました。

何かすることがいいことで、何もしないことは×

存在価値に直結しているので、頑張らないこと=何もしないこと=自分は無価値、という恐怖の方程式がナチュラルに私の中にありました(まだ今も(;´Д`)ノ


ただ、私の頑張る教って後天的なものなのかもしれないと思うんですね。

赤ちゃんの頃はのほほんと暮らしていたわけですから。

いつからスイッチ入ったんだろう?

弟産まれてからか?

お姉ちゃんって言われるようになってからか?


お姉ちゃんにしろお姉ちゃんじゃないにしろ、たくさんのことができれば褒められますよね。

褒められなくても認められますよね。

役に立つまでいかなくても邪魔にならずにすむかもしれない。

たくさんできる、人に迷惑をかけない、自分のことは自分でやる、それがいいことであり、

できるだけそうなるように頑張る!

そんなスタンスが身についていったのは、根底に自分がダメだ、という前提があったからだと思います。


私は自分のことをグズでのろまで気の利かない、何もできない人間だと思って育ちました。

お母さんができることが当たり前にできない(母は母ですごい人でした)

お母さんができないことでできることがある(これは勉強とかですが、なぜか出しちゃダメと思ってました)


親との関係でつまづいた自分は、人間関係もうまくいかないと思い込み、だからこそ人並みになるように、まずはマイナスを0にするために努力しなくてはいけないんだ、と普通を目指して頑張っていました。

うまくいっている人を見てその人の真似をしたり、自分の発言に対する人の反応や態度を見て自分の言動を修正する、そんなことを一生懸命やっていた時期もあります。


そこには、欠けている自分、人とうまくやれない自分、悪い意味で人と違う自分、変わっている自分、受け入れてもらえない自分などなど残念なセルフイメージてんこもりでした。

そういう小手先のテクニックばかり身に着けて、鎧を分厚くして、適度に人と付き合えるようにはなっていったけど、いつも寂しかった。

本当の自分に大きく×をつけているから、自分を出すことなんてできないし、出したら嫌われると思っていました。

本当に自分を出さずに、相手の望む言葉を言い、相手の望むようにすることが大事で、自分の感情なんて見て見ぬふりしていました。


むなしさ、とともに、楽しい、という感覚があまりなかった。

いつもぼろが出ないように気を張っていたから、楽しい事さえも「あ~、楽しかった」ではなくて、「無事終わった」という感じでした。


よく頑張ったね。

あの頃はそれしか術がないと思っていたし、そうすることがいいことだと信じて疑わなかった。

自分の身に着けた処世術を磨いて、なんとか人とうまくやっていけるよう、変な人だと思われないよう必死で自分を守ろうとしていたんだと思う。

たぶん、漏れてたけどね。

かなりのエネルギーを使っていたから、漏れは最小に抑えられていたかもしれないと思う。

その代わり、ずっと「疲れた」って言ってた。

小学生の頃から「疲れた」って言ってた。

私の周りに、気を許せる人がいなかったから。

友達もそうだったし、家族もそうだった。

油断できなかったから。

家族にさえ、裏で何言われてるかわからない、と思っていた(お父さんは声が大きいのでまる聞こえだった)


そこを頑なに信じ込んでしまったあの頃の私。

自分からぶっ壊すことなんて思いもよらなかった私。

居場所を確保するために従順で居続けるしかないと決めてしまった私。

笑うのが下手でいつも困ったような顔で写真に写っている。

気難しい子と言われて、黙ってうつむいていた私。

今もあの頃の私は私の中にいる。

時々、とまどう。

時々、震える。

とても怖がり。

恥ずかしがり屋で頑張り屋。


大人として振る舞う自分と、

子どものままの自分と、

どちらも私。

私は私。


そんな自分を隠すことに頑張り、役に立ちそうなことに頑張り、

何かを成し遂げること、何かできるようになること、

わかりやすい結果と、そこから得られる安心感(いっときだけの)欲しさに

ずっとずっと頑張ってきました。


頑張り続けることしか知らなかったから。

頑張らない世界があるなんて知らなかったから。

頑張らなくていい人は、私とは違うと思っていたから。

人はよくても、自分は許されないと思っていたから。


何をそう強固に思い込んだのかしらないけど、

とにかく、頑張ることでしか存在意義を見出なかった。

居場所を確保するために頑張り、

生きていていいという大義名分を得るために頑張り、

自分の中の空虚な穴を見たくなくて頑張り、

本当の自分から逃げるために頑張ってきたのは、

頑張っている方が楽だったから。


頑張っていれば文句は言われなかったから。

頑張っていればダメでも慰めてもらえたから。

頑張っていれば認めてもらえることもあったから。

頑張っていれば見ないフリできる感情があったから。

頑張っていれば許されるような気がしていたから。


その裏で、誰よりも自分を責めていたのはまぎれもない、この私です。

頑張ることでなんとか許してもらおうと、必死なふりして

「許す・許される・幸せになっていい」という本当の恐怖から逃げ続けてきたのは私です。


そっちの方が怖いのです。

知らない世界だから。

”頑張り続けて報われない苦しい世界”ならば先が見える、展開が読める、やっぱり私はダメなんだって安心できる。

”頑張らなくても許されてのうのうと幸せに生きられる世界”なんて知らないから怖いのです。

そこにいけるのか?

本当に許されるのか?

この私が?

知らない世界は怖くて怖くてたまらないのです。


勇気を出してそっちにいけた人たちが、何も怖くないよ~、こっちは楽しいよ~と手を振っているけれど、怖くて怖くて、頑張り続ける慣れ親しんだ世界にいる方が楽なのです。


だから、中途半端なことしかできない。

自分の想定内の範囲で、やりたいことやったり、やりたくないことやめたりして、自分と向き合ってる気分になってる。

そこに気づき始めたら、ああ、もう怖いままやるしかない。



長くなってきたのでつづく





◇心屋塾オープンカウンセリング【福井市】
 日時:8/5(金)13:30~15:30
 会場:福井市地域交流プラザ(AOSSA5F) 応接室1
 お申込フォームはコチラ
 ※お部屋の都合により、募集定員6名


◇心屋塾オープンカウンセリング【上越市】
 日時:8/12(金)13:30~15:30
 会場:上越市市民プラザ 第7会議室
 お申込フォームはコチラ




◆セッション再開の想いとお申込はコチラ

◆i-colorコラム最新記事:パターン崩しで “べき・ねば” から自由になろう ~身近な暮らしの心理学~





読んでくれてありがとう。

今日の自分もOKな一日をお過ごしください♪

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(1)

テーマ:
おみなさん、ごきげんよう^^

夏休み、始まりましたか?

別名、昼飯地獄…私の場合は(/TДT)/誰か、助けて…

安定の心屋流自堕落主婦 みっきーです。


自分を粗末に扱う・傷つけるなんて、簡単なこと

つづきを書いていきますね。


”自分を大事にしましょう”ってあちこちで聞きませんか?

そのやり方は本当にイロイロあると思うんです。

例えばそれまで我慢し続けてきた人が、自分のためにお金を使う、とか

自分の本音を伝える、とか

ずっと無視してきた自分の気持ちに寄り添う、とか、

物理的なことからメンタル面まで、様々な自分を大事にする方法があると思うんですね。


ただ、いきなり「自分を大事にしましょう」と言われるととまどいませんか?

私は最初、よくわからなかったんです。

「自分を大事にすること」が、大事なことはよくわかった。

けど、具体的にどうしたらいいの?と思ったの。


心屋では「やりたくないことをやめて、やりたいことやろう」って言いますよね。

ずっと、自分の”好き””やりたい”に目を向けてこなかったから、やりたいことしましょうって言われてもすぐにはわからないのね。

そして、ずっと我慢して自分より人(親)を優先してきたから、自分の”嫌い””やりたくない”もよくわからなくなっている。

わかったとしても、やめることは自分の存在価値をおびやかすことだから、怖くてできない。


だから、心屋ではバンジーに例えられたりするんだろうな。

バンジー飛ぶぐらいの気持ちで、えいやーって自分のやりたくない(それをやらないと生きていてはいけない、くらいに思っているもの)ことをやめてみる。

これができるからかろうじて存在していていいんだと必死でしがみついていた”べき・ねば”(親からもらった価値観)を捨てる。

これ、怖いよね。

だって、そうやってずっと自分を守ってきたんだもの。

そうすることでしか、生きられなかったんだもの。

ここにいていい、という免罪符をもらうために、自分の気持ちより、親の顔色、彼らの役に立つことを選んできたのだもの。


だからね、やりたくないことをやめるより、やりたいことをやることの方が怖くない気がしたんだろうな。

私はやめることやめないまま、足して足して足しまくってきた気がする。

さらに、自分の本当にやりたいことがよくわかってないから、とりあえず”やったらよさそうなこと”をやり始めてみたりする←私の場合ね


例えば、自分のためにお金を使えないとしたら、お金を使ってみる。

高額のセミナーに行ってみる。東京まで人に会いに行ってみる。

洋服を買う。カフェにお茶を飲みに行ってみる。

どうせ落とすんだから無駄と思っていたネイルをしてみる。

お高いランチを食べてみる。

私ね、そういうの、したいと思ってやってきたけど、本当にしたいことだったのかな?ってふと思ったんだよね。

もちろん、ネイルしてテンションがあがり、気分もいいし、カフェでお茶飲んでほっとして満たされた感じがしたり。

やったことに無駄なんて一つもないけれど、なんかこれって、本当にやりたいことなのかな?って。

やったらよさそう、周りでやってる人がいる、よく見かける光景を自分がやってみたいことかもしれないって思ってやってみただけじゃないのか?って思ったんだよね。


「自分を大事にする=自分に何かしてあげること」と思っていた節がある。

自分のためにお金を使うとか、自分のために時間をかけるとか、自分のためにエネルギーを使うとか、本当に大事なことだと思うよ。

だけどね、何かすること、何か足すことだけが自分を大事にする、ではないんだよね。


嫌だと思っていることを嫌だと言う、思ってはいけないと思っているどす黒い感情を認めて自分の中に居場所を作ってやる、こういうことも十分自分を大事にすることだし(物理的に何かを足してはいない)

やりたくないことをやめる方がうんと怖くて、うんとエネルギーを使うと思うんだよね。

だから、ちょちょっとやりたいことやってる風にして、自分をごまかしてないかって一度振り返ってみるといいかもしれない。


それ、本当にあなたのやりたいことですか?



私はね、あれこれやってきてやっと、あー、なんか違うかもしれない、って思えるところに来た。

そして、やっぱり「やりたくないことをやめる」が先なんだと思った。

華やかで楽しそうなやりたいことなら、わりととりかかりやすいような気がする。

先も安心じゃない?楽しいに決まってるわけだし。


だけど、今までしがみついていた「やりたくないこと」をやめた先は、本当に楽になるのか?大丈夫なのか?って怖くならない?

仕事を辞めるとか大きなことだけじゃなくて、いつも気を遣ってお昼休み一緒に入ってたのを自分の心に従ってやめる、とか、もめるのが嫌でいつも黙ってきたけどケンカしてみる、とか、なんか、これまで従順にやってきたものを手放そうとするのはすごく怖い、私はね。

私さえ我慢すれば…、表面上はうまくいってるんだから…、何もわざわざ波風立てなくても…そんな言葉でずっと自分を説得して、自分を後回しにして、ないがしろにし続けて。

だから、今、苦しいんだよね?

どうにかしたくて心屋にたどり着いたんだよね。


「やりたいこと」の前に、「やりたくないこと」を考えてみよう。

やりたくないのにやっていることやめると、少しずつ自分が戻ってくると思う。

本当にやりたいことが浮かぶようになって、そこへかけるエネルギーが出てくると思う。

それくらい、やりたくないことは私たちのエネルギーも心も削っているんだと思う。


本当にやりたいことをやれていない、なぜならやりたくないことをやめていないから。

やりたくないことにエネルギーを使っているから、やりたいことをやりたいとすら思えない状況にいるんじゃないかって思った。

これ以上エネルギーを使えないから、やりたいことに気づかないように無意識の内にしてるんじゃないかって思った。

表面上はやりたいことやってるようにして、だから満たされてるでしょ?やりたいことやってるんだから我慢してやりたくないこともやりなさいよ、みたいな、自分の中で等価交換をしようとしているような。


なんか、気持ち悪さに気づいてしまった。


で、私のやりたくないことって、今とりあえず思いつくのはダメ人間まっしぐらな感じなの。

家事したくない、とか、ご飯作りたくない、とか、家から出たくない、とか、何もしたくない、とか←病んでるな(;´Д`)ノ

そのくせ引きこもってると寂しいとか、何もしてない罪悪感にさいなまれたりして。


そもそもどうして働きに出たのかって、家にいても何もしないなって思ったからなんだよね。

家にいても家事もせずただだらだらするだけなら、外でお金もらってきた方がいいじゃんって思ったんだよね。

家にいると家事しなきゃいけないから、しなくてもいい言い訳ほしさに外に仕事しにいったようなもので。

子育てしたくなくて、家事したくなくて、仕事さえしてればお金だって手に入るし、多少部屋が荒れていようとご飯が手抜きであろうと保育園に通わせていようと文句は言われまいって、そんな不純な動機だったんだよね。


やりたくないことをやめる、の方向がおかしい(/ω\)

やりたくないことをやめる(というよりはしなくてすむように)ために、別のやりたくないこと(仕事)を始めるというエネルギーロス甚だしい自作自演のショートコント。


家事をやりたくないし片付けもしたくないけれど、汚部屋に住み続けるのはもう嫌だ。

外へ行きまくって、一見華やかそうに見えて、その実、散らかった部屋でため息をついている自分は、ずっとどうかしてると思ってきた。

外へ出るより前にすることがある。

私のやりたくないは表面上の片づけたくない、じゃなくて、そこに身を置き続けたくない、ということだ。

もう自分を粗末に扱いたくないんだよね?

だったらやれるよね?

自分のために、捨てて、手放して、スペースを作ろう。

やりたいことを探す前に、やりたくないことを知ろう。







◆i-colorコラム最新記事:パターン崩しで “べき・ねば” から自由になろう ~身近な暮らしの心理学~


◇心屋塾オープンカウンセリング【福井市】
 日時:8/5(金)13:30~15:30
 会場:福井市地域交流プラザ(AOSSA5F) 応接室1
 お申込フォームはコチラ
 ※お部屋の都合により、募集定員6名


◇心屋塾オープンカウンセリング【上越市】
 日時:8/12(金)13:30~15:30
 会場:上越市市民プラザ 第7会議室
 お申込フォームはコチラ




◆セッション再開の想いとお申込はコチラ






読んでくれてありがとう。

今日の自分もOKな一日をお過ごしください♪

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。