〇今まで諸事情からお蔵入りしていた日記及びフォト。
















☆ニューアイムジャグラー驚異の(等価交換)7600枚獲得(神奈川県相模原市某店…昨年12/17達成)。161217_224703_ed.jpg161217_224656_ed.jpg161217_224647_ed.jpg161217_224629_ed.jpg161217_224621_ed.jpg



◎半年前の話。(当日違う台を打っていたが設定的に中間色が強いと判断して少々のコインを流して帰ろうとしたら、一台の空き台が目に止まった…。前日設定は恐らく6。なので無視して帰ろうと思ったが何となく気になったので打ってみることにした…。)そして前任者が(総ゲーム数400GのB1R3)Rボーナス後即ヤメの状態で放置されていた台を打ったら、その後閉店までかかりっぱなしとなった忘れられない思い出…。今後こんなに出せることはないだろうな…。。
















☆ラーメンてつや(東高円寺)味噌ラーメン…札幌の名店だが味はかなりしっかりしていて非常に美味だ。170305_171820_ed.jpg170305_171806_ed.jpg
















☆さっぽろ羅偉伝…味噌ラーメン…私の行きつけでかなりのお気に入り。純連はやっぱり旨いラーメンだと再認識させてくれる店。170312_164346_ed.jpg170312_164355_ed.jpg170312_164339_ed.jpg














もしかしたらガラケーで書いてきたameba日記はこれが最後になるかも…。。
AD
※個人的評価


S…毎日食べたい!ぐらいの凄く美味しかったレベル。


A…美味しい、また食べたいレベル。


B…普通、特にまた食べたい気はしないレベル。


C…全く口に合わない、二度と食べたくないレベル。














☆第五陣(4/27~4/30)




◎竹本商店「比内地鶏白湯のつけ麺・850円」(秋田・旨味たっぷりの比内地鶏スープに醤油と角館・安藤醸造の味噌を合わせた秋田らしい一杯・C以下)
170429_132108_ed.jpg170429_132048_ed.jpg170429_132330_ed.jpg



〇味のコンセプトがイマイチ…伝わらず…。全く口に合わず…。今後再訪は考えられない…。













◎麺屋 音「濃厚煮干しそば・850円」(北千住・最高級煮干しと濃厚鶏白湯のWスープ。旨味が強烈に広がる驚愕の煮干しそば!・A)170429_125913_ed.jpg170429_125842_ed.jpg170429_130853_ed.jpg170430_115021_ed.jpg





〇素晴らしい!スープの色を見たときにすぐに当たりの予感がした。薄すぎずまた濃すぎない煮干しの風味やコクの出し方が本当に美味しかった。なお裏メニューの味噌の煮干しそば(2枚目の写真)も頂いたのだがメニューとしての必要性に疑問を持った。













◎地球の中華そば×拉麺大公(コラボ)「名古屋コーチンの焼き味噌つけそば・850円」(名古屋コーチンの地鶏清湯と個性的な二店の塩と焼き味噌のタレが調和した一杯・B)
170427_195001_ed.jpg170427_194838_ed.jpg170427_195525_ed.jpg



〇次回は大公さん単独での出店を願いたい。









◎麺屋 翔「濃厚味噌ラーメン・850円」(新宿・塩の名店が放つ札幌風味噌。超濃厚スープに鶏・豚・牛をこれでもかと大量に使用!・A)170427_200040_ed.jpg170427_195957_ed.jpg170427_200429_ed.jpg170427_200418_ed.jpg





〇初日に食べてみた。かなり完成された味噌ラーメンだったので驚いた…。風味やコクが完璧で、本当に札幌のラーメン店かと錯覚してしまったくらいだ。そんなわけで二日後の土曜日に再訪したのだが行列だったせいか…なぜか味のばらつきがあった…。あぁ、初日に食べたあの味噌ラーメンが忘れられない…。。












◎中華蕎麦 とみ田「11年目の濃厚豚骨魚介・850円」(千葉・超濃厚スープと自家製極太麺が代名詞。昨秋の大つけ麺博でつけ麺部門一位を獲得!・S」170427_201456_ed.jpg170427_201344_ed.jpg170427_201914_ed.jpg


〇いつ食べても安定した味…。安心感は人一倍。割スープにも力を入れてくれているからこそ、また食べたくなる。私の中で日本一のつけ麺という称号は「とみ田」さん以外には有り得ない…。
















☆第六陣(5/2~5/7)









◎新旬屋 麺「山形さくらんぼ鶏 金のつけ麺塩中華・850円」(山形・芳醇な深い味わいのさくらんぼ鶏を用いた黄金スープとのど越し抜群の平打ち麺!・C以下」170507_145825_ed.jpg170507_145742_ed.jpg170507_151651_ed.jpg



〇二度と行く必要がないと分かっただけでも有り難い。少なくとも私の口には全く合わなかった。














◎すごい煮干ラーメン凪「煮干ラーメン・850円」(新宿・20種類の最高級煮干しを一杯に70g以上使った“濃厚煮干スープ”。麺もすごい!・B)170502_131721_ed.jpg170502_131652_ed.jpg170502_132753_ed.jpg



〇期待していたほどのニボニボ感は感じられず、残念…。














◎雷本店「雷そば・850円」(千葉・濃厚豚骨スープと自家製極太平打ち麺のとみ田が放つがっつり系ラーメン!・C)170502_133806_ed.jpg170502_133703_ed.jpg170502_134448_ed.jpg



〇とみ田さんはやっぱりつけ麺のお店だとはっきり分かって良かった…。












◎おとど食堂「東京名物肉汁おとど餃子・500円」(肉イベントで2年連続日本一に輝いた肉汁餃子!・C以下」170502_135434_ed.jpg170502_135416_ed.jpg170502_135926_ed.jpg




〇ここ、以前食べたラーメンも美味しくなかった。今回もスーパーのお惣菜コーナーの餃子と何ら変わらないレベル…。食のセンスを私は全く感じなかった…。













◎東京タンメン トナリ「タンメン・850円」(丸の内・タンメンの常識を覆す濃厚豚骨スープ。9種の野菜と具材が入り、栄養満点!・B」170503_193946_ed.jpg170503_193917_ed.jpg170503_193910_ed.jpg170503_194450_ed.jpg



〇不味くはないがまた食べたい…とまでは思えなかった。単なるタンメンに対する好みの問題かと思う。野菜好きの方にオススメしたい。













◎鬼そば 藤谷「伝承蟹味噌らぁめん~春の蟹祭り~・850円」(渋谷・ズワイ&タラバ蟹の味噌スープに北海道特製縮れ麺が絡むHEY!たくちゃん渾身の一杯・A」170503_195846_ed.jpg170503_195746_ed.jpg170503_200137_ed.jpg



〇らぁめんは素直に美味しかったし、具の蟹の身もスープに合っていた。裏メニューの味噌つけ麺も気になったが残念ながら食べる時間がなかった…。











◎くり山「つけめん・850円」(神奈川・”つけ麺の神様”故山岸一雄氏から譲り受けた製麺機で打つ、昆布粉配合の極上麺!・A」170504_145319_ed.jpg170504_145240_ed.jpg170504_150019_ed.jpg




〇評価はAだが、味の話だけ…。今回は本当に麺の量が少なかった…酷すぎるレベルに思った。嫌々イベントに参加しているのなら、もう二度と参加しなくて良い!もう二度と食べることもないだろう…。












◎丸満「福包み揚げ焼き餃子・500円」(茨城・20種類以上の厳選素材!一味違う老舗の餃子・A」170504_150850_ed.jpg170504_150823_ed.jpg170504_151045_ed.jpg




〇二回も頂いた。それだけ美味しかった。スパイスが効いていて、味にメリハリがあって良かった。












◎金沢ゴールドカレー本店「黄金半チャーハン・600円」(ふわふわの卵がたっぷり。黄金色に輝く絶品炒飯!・C以下」
170504_151744_ed.jpg170504_151708_ed.jpg170504_151918_ed.jpg




〇ここも酷かった…。全く美味しくもなく、量も半チャーハンだけに少ないので600円は高過ぎだと思う。悪夢を見た印象だ。
AD
※個人的評価


S…毎日食べたい!ぐらいの凄く美味しかったレベル。


A…美味しい、また食べたいレベル。


B…普通、特にまた食べたい気はしないレベル。


C…全く口に合わない、二度と食べたくないレベル。

















☆第一陣(3/30~4/2)




◎田代こうじ最強軍団(花咲ガニの濃厚つけ麺及び裏メニューの濃厚ラーメン・全て850円・原価は完全度外視!花咲ガニを贅沢に使った濃厚な極上カニスープとモチモチ極太麺・評価A)170330_145758_ed.jpg170330_150334_ed.jpg170402_190007_ed.jpg170402_192020_ed.jpg(通常メニューを二回、裏メニューを一回食べました)



《とみ田には心がこもった接客があった…。しかしながら田代こうじ門下生の今回の店舗には笑顔すら…ない。疲れきった表情なのか、ただやる気がないだけなのか…つけ麺は美味かったがラーメンはお粗末なものだった…。裏メニューは待たされるだけ待たされて…結局は麺が伸びきっていた…。従業員がこんな状態なら田代こうじご本人が厨房に立って陣頭指揮されるべきではないか。そうしないとせっかく来てくれたお客さん達に失礼ではないか…。そう思えてならなかった…。》












◎宇都宮餃子館「ニンニク餃子・600円」(栃木・青森県産ニンニクをたっぷり使ったスタミナ餃子・A)170330_151344_ed.jpg170330_151327_ed.jpg170330_151511_ed.jpg














◎浜太郎「焼き餃子・600円」(静岡・日本一の餃子の街・浜松。激選素材の浜太郎餃子・B)170330_152156_ed.jpg170330_152205_ed.jpg170330_152329_ed.jpg















◎豪炎炒飯白圭「豪炎半炒飯・500円」(豪炎で炙る本格派。香ばしさがたまらない!B)170330_152812_ed.jpg170330_153238_ed.jpg



















☆第二陣(4/6~4/9)



◎麺屋中川會「濃厚魚介トリプルつけ麺・炙り!トロチャーシューのせ・850円」(錦糸町・超濃厚スープはカレーパウダーで味が変化。イベント限定のトロチャーシューも自信作・A)170406_162004_ed.jpg170406_161929_ed.jpg170406_162335_ed.jpg


〇ノーマルのつけ麺自体は非常に美味しかったがカレーパウダーを入れたらあまり美味しくなくなった。余計なことをやり過ぎると裏目に出るものだと思った…。















◎宇都宮餃子めんめん「羽根つき餃子・600円」(栃木・肉汁ほとばしる名店の餃子。黄金に輝く羽根付き!・B)170406_163013_ed.jpg170406_163236_ed.jpg














◎味噌ヌードルスポット角栄「プレミアム濃厚越後味噌・850円」(代々木・新潟産の麹たっぷりな高級越後味噌に、新潟ならではの生姜を効かせたホットな逸品・A)170406_163842_ed.jpg170406_163825_ed.jpg170406_164627_ed.jpg


〇意外にクセになるような味だった。また食べたくなるような中毒性を感じた…。












◎大阪元祖カレー鍋 宮がみ屋「スパイス香るキーマカレー半チャーハン・500円」(大阪・スパイスの香りに包まれた魅惑のカレーチャーハン・B)170406_165856_ed.jpg170406_170053_ed.jpg



〇福神漬けの代わりにコーンを入れてくれた気遣いにありがとうございます。ただ半チャーハン美味しかったんだが何故か冷めていて…美味しさ半減だった…残念…。。熱々を食べてみたかった…。















◎くじら食堂「肉そばブラック・850円」(東小金井・スープは旨味の深い豚鶏清湯。100日間長期熟成させた醤油ダレが冴え渡る一杯!・A)170407_160217_ed.jpg170407_160230_ed.jpg170407_160510_ed.jpg



〇素直に美味しいと思った。また参加して欲しい。












◎元祖浜松餃子石松「石松餃子・600円」(静岡・これが王道の浜松餃子!秘伝の石松ダレが決め手・A)170407_161651_ed.jpg170407_161957_ed.jpg














◎麺屋むじゃき「むじゃきの濃厚つけ麺・850円」(茨城・鶏をドロドロになるまで煮込み、激選した魚介をバランス良く合わせた超濃厚スープ・A)170407_162359_ed.jpg170407_163351_ed.jpg



〇つけ麺自体は素直に凄く美味しいと思った。ただ接客がイマイチ…。かなりの時間待たせたのに、お待たせしました…の一言もない…気が使えない接客には苛立ってしまった…。











◎中華そば しながわ「背脂煮干しつけそば・850円」(要町・丁寧に旨味を抽出した鶏と煮干しのWスープにこってり背脂でジャンクさをプラス・C)
170408_202021_ed.jpg170408_203039_ed.jpg



〇背脂はやっぱり苦手だと感じた…。私的には好きになれない…。















◎活力再生麺屋あじ庵食堂「会津喜多方蔵味噌ラーメン・850円」(福島・地元の味噌文化とご当地麺の伝統を重んじた、味噌の風味際立つ究極の喜多方ラーメン・B)170408_203853_ed.jpg170408_204227_ed.jpg



〇昨年秋の大つけ麺博以来だったが昨年トッピングされていたキャベツが無くなっていた…。甘いキャベツが良いアクセントになっていただけに拍子抜けした…。しょっぱい味噌ラーメンだけの印象になってしまった…。






☆第三陣(4/13~4/16)



◎麺屋つくし「濃厚旨味噌ラーメン・850円」(富山・野菜の旨味を加えた濃厚で芳醇な旨味噌スープ。札幌直送森住製麺の縮れ麺も自慢。味噌チャーシュー麺がA、味噌ラーメンがC)170415_182344_ed.jpg170415_182117_ed.jpg170414_194841_ed.jpg170414_194857_ed.jpg170415_183018_ed.jpg



〇曜日別だが二回食べた。いつでも同じラーメンを提供して欲しい。例えイベントだとしても、お金を取っている以上、プロとして手抜きをしてはならない!と強く思う。ラーメンの写真が三枚あると思いますが、違いが分かりますか?チャーシュー麺は一枚ですがそれ以外の二枚の写真は同じ味噌ラーメンを角度を変えて撮影しました。












◎横浜中華街 清香園「五目半チャーハン・500円」(神奈川・横浜中華街の名店から絶品五目チャーハンが参上!B)170414_195713_ed.jpg170414_195645_ed.jpg170414_200506_ed.jpg



〇特定のお客さんにだけ、エビチリ300円をサービスで渡してた…。何か自分がバカみたいに思えた。大して旨くもないチャーハンに500円も取られて悲しかった…。














◎つけめん らーめん活龍「ウニのつけ麺・850円」(茨城・純鶏の濃厚鶏白湯に、生のウニを贅沢に投入したイベント仕様の超豪華スープ!B)170414_200849_ed.jpg170414_200831_ed.jpg170414_201631_ed.jpg170415_181514_ed.jpg



〇ウニのつけ麺、また裏メニューの伊勢エビつけ麺を頂いたが、あまり両者に味の差はなかった…。ただしつこいだけのスープが口の中に残り、二度と食べたくないと思った。













◎塩つけ麺 灯花「名古屋コーチン芳醇塩つけ麺~二段重ね製法~・850円」(曙橋・厳選した名古屋コーチンを贅沢に使った絶品淡麗系スープ。極上平打ち麺ともよく合う。B)170416_134146_ed.jpg170416_134104_ed.jpg170416_134711_ed.jpg



〇そもそも塩スープにつけ麺は合わない気がする。好みの問題だろうか…。










◎らーめん くろく「仙台極旨濃厚味噌そば・850円」(宮城・伝統の「仙台みそ」の旨味と芳醇な香りを凝縮。400年の歴史を感じる濃厚スープに。B)170416_135749_ed.jpg170416_135706_ed.jpg170416_140651_ed.jpg



〇何をもってして歴史を感じられるスープなんだろうか?パンフの紹介もここまで言われると眉唾物に思える…。私の口には全く美味しいとは思えない味噌ラーメンだった。









☆第四陣(4/20~4/23)


◎鮮魚らーめん 五ノ神水産「つけ麺銀だら搾り・850円」(神田・ローストした銀だらの脂・旨味・香りがまとわりつく濃厚スープ。全粒粉入り麺も自慢。C以下)170420_182537_ed.jpg170420_182223_ed.jpg170420_183420_ed.jpg



〇今回のイベントで食べた中でのワースト。とにかく魚臭くて気持ち悪くなった。寿司屋でもあるまいし、ガリまで付けてくる始末。ここの店の麺類は二度と食べたくない!













◎せたが屋「四つ巴焼豚麺・850円」(駒澤大学・豚バラ、ロース、角煮、豚トロの4種の焼豚が競演。スープはせたが屋らしい煮干し系。B)170420_184428_ed.jpg170420_184404_ed.jpg170420_184856_ed.jpg


〇別に不味くはないが何かイマイチ…。イベント系では毎回メニューを変えたらどうだろうか…。前回と同じではやる気を疑われる…。














◎頑者「カニのネクストレベル・850円」(埼玉・昨秋の大つけ麺博限定メニューが奇跡の復活。スープに豚骨と大量の渡りガニを使用。A)170421_115512_ed.jpg170421_115450_ed.jpg170421_120115_ed.jpg170421_123620_ed.jpg



〇前回と同じメニューながら味のレベルが上がったように思えた。また裏メニューの醤油ラーメンもなかなか美味しかった。余談だがただ何回食べてもサービスなんか何もしてくれないね(笑)。














◎らー麺土俵 鶴嶺峰「横綱つけ麺・850円」(神奈川・豚骨魚介&極太麺の王道つけ麺。ちゃんこ鍋をイメージし、肉団子など具だくさん。A)170423_191006_ed.jpg170423_191028_ed.jpg170423_191536_ed.jpg



〇以前背脂で泣かされた店。今回は背脂つけ麺ではなさそうだったので再訪したが今回は大当たりだった。やはり背脂抜きの方が味が誤魔化されずに美味しく思えた。ホウレン草のゴマ和えが付いていたのには驚いた。しかしながらこれにはこれなりの良さがあった。それだけに今回のつけ麺は本当に素晴らしかった。
AD