忙しい社長のための「がんばらない」仕組み

働く時間を減らして、収入アップ!本当にやりたいことで、自由で豊かに幸せな人生を送りたい経営者へ


本当にやりたいことで、「自由で豊かに幸せな人生」をおくる。そんな経営者になるためのヒントをアップしていきます。

まずは、あなたが豊かになってください。その豊かさを、あなたの大切な人達とたくさん分かち合ってください。

それができたら、あなたの業界で豊かになる方法を、分かち合ってください。

これが繰り返されていけば、世の中少しはステキになると信じてます。

読者になる




テーマ:

こんにちは。おおたかです。

 

先日、大切な友人の携帯電話のキャリア(通信会社)切り替えをお手伝いしました。

 

ドコモから au へ。

 

切り替えの時に分かったのですが、ドコモを15年以上も利用していました。

 

15年間毎月お金を払ってくれるお客様。

そんなお客様のことをロイヤルカスタマーといいます。
 
ロイヤルカスタマーを wiki で調べると・・・

 

ロイヤルカスタマーとは経営学用語の一つ。 ある企業や商品やサービスに対しての忠誠心の高い顧客のことを言う。 このような顧客が存在するならば、需要が存在した場合には他社を利用することなく自社のみを利用し続けてくれることから安定した収益が期待できる。
 
とのこと。なるほど。

 

ドコモにとってロイヤルカスタマーな友人。

 

今回の切り替えに関して

 

さぞかし悩んで・・・

ものすご~く悩んで・・・・

 

 

 

ませんでした。まったく(笑)。
 
サービス内容はそのままで、月額が半分以下になると分かると、全く悩むことなく、数日で切り替えました。
 
別に不思議ではないですよね?

 

数百円の差ならまだしも、半額以下ですよ。

 

(ドコモだからとか au だからとかはさておき)

 

あなたもそうしませんか?
 
 
これを目の当たりにして、自分は怖いなぁ~っと感じました。
 
 
ビジネスをしている身としては、15年以上ものお付き合いがあるロイヤルカスタマーが、高い安いだけで判断して、去って行かれたら、泣きます。
 
泣くだけでなく、立ち直れないかもしれません。
(大袈裟ですが、ほんとそれくらいです。)
 
どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?
 
どうしてだと思いますか?
 
 
それは・・・

 

 

 

 

携帯ビジネスが、「便利に使ってもらうビジネス」だからです。
 
 
お客様からすると、最低限のサービス品質があって、使いたい時に使えて、お手頃価格、がいいのです。
  
なので、(全てではないですが、往々にして)
同じ様なサービス内容なら、安ければ安い方がいい。

結局のところ、価格(お金)でつながっていると。
  
お金でつながっているお客様は、他に安いサービスや商品を見つければ、簡単にそちらへ移ります。

 

自分の友人のように(笑)。
 
 
携帯に限らず、他にも「便利に使ってもらうビジネス」はたくさんあります。
 
 
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート等、読んで字のごとく、コンビニもそうです。
 
 
マクドナルド、ロッテリア、モスバーガー、すき屋、吉野家、スタバ、ドトール、タリーズ、エクセシオール、イオン、ジャスコ、ヤマダ電機、コジマ、ビックカメラ、エディオン、ドン・キホーテ、ユニクロ、しまむら、マツモトキヨシ、TSUTAYA、ゲオ・・・・・

挙げたらキリがありません。
 
 
これら多くのサービスは、日ごろ私たちがお客さんの立場で、"便利に利用している"モノばかり。


そんなサービスを子供の頃から利用して、今も利用し続けている、私たち経営者が、自分のビジネスを、商品を、サービスを考えるとどうなると思いますか?
 
 
 
 
 
「便利に使ってもらおう」とします。
 
 
お手頃価格で。
 
 
起業当初はいいのですが、コレを続けていくと
 
 
「忙しいのに、思ったより儲からない」状態になります。
 
 
違う言い方をすると・・・

便利に使ってもらって
とっても喜んでもらっているけど
本当に欲しい金額は請求できていない(できない)

 
 
という状態になります。
 
 
「便利に使ってもらうビジネス」は、大手だからこそ成り立つビジネスです。
 
 
小さなビジネスは、小さなビジネスなりのやり方があります。
 
 
では、どうしたらいいのでしょう?
 
 
 
そんな問いかけが出来る場を、ご用意しました。

あなたが、悩んでいること

うまく言葉にできないけど、何かモヤモヤしていること、

今の状況/状態を打開するアイディアが欲しいなど

お茶を飲みながら、リラックスした雰囲気の中で、お話し交流できる場です。
 
 
売上規模や、会社の大小、問いません。

起業したての方でも、10年以上やっていても、関係ないです。
 
 
参加資格は、「ご自分で何かしらビジネスをやっていること」だけです。

参加費用は、実際に参加してみて、感じた価値分だけ出す、おさい銭システム。

(誰がいくら入れたのか分からないようになっています。)
 
2016年10月30日(日)

 10:00-12:00 文殊biz 宜野湾にて

 

ご案内詳細はこちらから
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。大高邦男です。


お客様から、アレコレ相談されたり、お願いされたりすることは嬉しいものです。

でも、これがエスカレートしていくと困りものです。


先日もこんな相談がありました。


Aさん(お客様)から

「予算は余りないんだけど、是非あなたにお願いしたい。」

と言われたそうです。


Aさんからの熱烈なラブコールが嬉しくて、その想いに何とか応えたい。

忙しくて、睡眠時間もままならない状況だったにも関わらず、特価でお仕事を受けたそうです。

誠心誠意頑張ったので、Aさんにはとっても喜んでいただけたそうです。


それからしばらく経って、またAさんから連絡がありました。

「今回も格安でお願いできないか?」と・・・


お分かりですね。

この方は、自分でAさんを身内ゾーンに入れてしまったのです。





身内ゾーン(お友達ゾーン)とは、基本お金をもらわなくても、お手伝いや助け合うゾーンです。


身内ゾーンに入れてしまった結果、以下のようなことが起こります。


□仕事は多い(時間はかかる)のに儲けは少ない。
□何かあれば、些細なことでもお願いされる。もちろん無償か格安かで。
□お手伝いしたいのは、やまやまだが、毎回格安で・・・と言われると正直テンションが下がる。
□あなたの価値を正当に感じていない。
□自分の利益のことばかり考えていて、あなたへの迷惑は気にしていない。
□便利にいいように使われている。
□Aさんからのご紹介の場合、格安お友達価格が前提になっていたりする。

などなど。



身内ゾーンに一度入れてしまうと、相手が勝手に出ていくことは、ほとんどありません。

まずは、あなたが、身内ゾーンに入れてしまったということを認識してください。

しっかりとお伝えして、お客様ゾーンへ移動してもらいましょう。

もし、それで関係性が壊れるようなら・・・

それは、遅かれ早かれ壊れる関係性です。

そのまま、何となく関係を続けていく方が、お互いにとって幸せではありませんので、お客様ゾーンからも抜けていただくのがいいと思います。


この例に限らず、あなたも身内ゾーンに入れてしまっている人(お客様)いませんか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。大高邦男です。

先日、友人達と呑んでいた時に、人の「幸せ」ってまちまちだよね。という話になりました。

ある人は、お客様に喜んでいただきながらも、可能な限り少ない時間で、望む収入を得て、大切な人達との時間を大事にする。

またある人は、何かに縛られることなく、自由に飛び回り、たくさんのステキな出逢いと共に、大好きな活動をする。

というものでした。(実は、もっともっと細かいのですが、ざっくりまとめるとこんな感じです。)

そして、ある人は、自分の幸せが何なのか、よく分からない、っと。


ここで、ちょっと質問です。

あなたが幸せに感じることが、

100回訪れる1週間と、10回訪れる1週間、

あなたにとってどちらの1週間がいいですか?



幸せに感じることが、より多く訪れる人生の方が、少なく訪れる人生よりも、より幸せだと思いませんか?


では、どうしたらいいのでしょうか?


自分が何に幸せを感じるのか?を知ることからはじめます。


世間一般的に言われている幸せや、他の人の幸せと比較するものではないです。


"あなたにとって"、嬉しいこと、楽しいこと、心地よいこと等は何ですか?

大きなことでも、小さなことでも、何でもいいです。

些細なことでもいいです。

むしろ些細なことの方がいいです。


そして、それらがより多く出現する毎日に、少しずつ修正していきます。


例えば、自分の場合、人にこのようなことを伝えるのが大好きなので、ゆるい勉強会を開催するとか、もっとしっかりやりたいのなら、セミナーを開催したりします。

パートナーとのサイクリングが、ことの他楽しかったので、新しい自転車を買って、サイクリングの時間を増やしました。

たったこれだけでも、幸せ度倍増です(笑)。

あなたにとっての幸せが何か?を見つけて、それがより多く発生する人生にメンテナンスすると、どんどん幸せになっていきますよ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)