しみじみ

テーマ:
昨夜のQUEENから完璧にスイッチがそちらに入ってしまいました。
「フレディ・マーキュリーアルバム」を聞いてます。
すでに自分がエイズにかかってることを知っていた彼の歌声とまなざしはとても優しい。
このアルバムの中にはカバリエと共に歌う「バルセロナ」が納められています。彼が生きていたら、バルセロナオリンピックの開会式で歌われるはずだったとか。観てみたかったなあ。
奇しくも今年は彼の没後13年、オリンピックも開催された。そして私が彼の亡くなった年齢にならび、また、わたしの父の13回忌、母の7回忌というなんとも不思議な巡り合わせの年なんです。

このアルバムの中の「タイム」を聞くと、ベジャールのバレエ「バレエ・フォーライフ」のシーンを思い出します。上半身裸の男女のダンサーが羽枕を抱えて踊り、最後に羽毛の飛ぶ中で抱きあう…とても官能的で美しい踊りです。
舞台を観に行ったときに、廊下でばったりベジャール氏と遭遇!思わず歩みでて、握手をしてしまった。フランス語はおろか英語もできない私はしっかり日本語で「あなたの大ファンです。ありがとう」と言ってました(^o^;)
にっこり笑って手を握り返してくれたベジャール氏。
あたたかい手でした。いつまでも舞台を作ってほしいな。

わあ、雪がすごいですね。
帰省される方々、どうぞ気をつけて、ご家族のまつお家へ向かって下さいね。
いろいろな事のあった一年を振り返って、新しい年を無事に迎えられる幸せをしみじみ感じています。私を助けて支えてくださったすべての人にありがとう。
どうか良いお年をお迎えください。

AD

SHEER HEART ATTACK

テーマ:

昨日の忘年会の2次会でカラオケって喉を痛めました。
タバコの煙にやられました。
お医者さんはもうお休みだから、自力で治すっきゃないわね。
それなのに夜、車で出かける羽目になり、今帰宅。
米30キロ持ってきた。なんて力持ちなんだろう
まずい、咳が出てきちゃった。

先日、QUEENのオフィシャルサイトからQUEENの活動再開のニュース伝えられて、心穏やかではありません。
フレディ以外のボーカルをたてて、活動するのでしょうが、たぶん
ベースのジョンも加わらないだろうなあって予測できるよねえ。
なんか...さみしいけど、これは仕方ないんだろうか。
フレディ亡き後、様々なCD、やビデオ、DVDが発売されたけど、どれを観ても聞いても寂しくなってしまうのでした。
唯一トリビュートバンドの
KWEEN のライブだけが楽しいんですよねえ。


今日は車で久々にアルバム「SHEER HEART ATTACK」をききました。


QUEENのアルバムは一枚一枚がひとつの世界を構成していて、

私は「QUEENⅡ」が一番好きですが、このアルバムもどの曲もいい!
だいたい今聞いても古くないんですよね。


「ブライトンロック」のじょんがらギター、「キラークイーン」の妖艶さ、昔はすっ飛ばして聞いていた「テニメント・ファンスター」も今聞くといい。
「フリックオブザリフト」からつながる「谷間のゆり」は澄んだ音色が美しいし、「ナウ・アイム・ヒア」ヒット曲です。

「神々の業」ロジャーの声にびっくりのこだわりの曲だし、「ストーン・コールド・クレイジー」は早口言葉っていってました。

「デイア・フレンズ」はドラマ「プライド」の中で効果的につかわれていたよねえ。「ミスファイア」から「リロイ・ブラウン」は曲の構成がにくい。
「シー・メイクス・ミー」はブライアンのはかなげな声がなんとも。

で、もう一度「神々の業」で聞かせて、また最初から聞きたくなっちゃう。


...ってごめんなさい、夢中になりました。


でも、昔のアルバムって45分のかべがあったからねえ(^^;


だからこそ凝縮されていて、いいのかも。


このアルバムの後にあの「ボヘミアン・ラプソディ」を収録した「オペラ座の夜」がリリースされました。


あ?知ってるって?しつれいしました。m--m




AD

お年玉

テーマ:
夫の実家から小包みが届いた。
手作りのいくらのしょうゆ漬けと、そのビンを囲んでかりんとうや、おせんべいなどのお菓子がきっちりつめてあった。
のし袋が4つはいっていた。毎年子どもたちにお年玉を贈ってくださるのだが、今年はひとつ多い「?」と思ったら手紙がそえてあった。
「仕事に家事にたいへんだけど、体をいたわってね。気持ちばかりでごめんね」もうひとつののし袋には私の名前がかいてあった。
私へのお年玉だった。
息子の愚行をわびて、いつも私の味方をしてくれるお義母さん。
私への気遣いの後ろにどれだけつらい気持ちがあるかと思うと、胸がいっぱいになってしまった。
ありがたくて、せつなくて、涙が止まらない。
AD

仕事納め

テーマ:
今日あたりに仕事納めだった人もいるでしょうね。
私は明日です。いやいや、通院ばかりなのに働かせてもらって本当にありがたかったです。
明日は仕事の後に忘年会です。
私はお酒は飲めないのですが、お酒の雰囲気って大好きです。
酔っている人とテンション同じにできますもん。えっへん!

仕事納めの後、ふるさとに帰る人も沢山いらっしゃるんでしょうね。
気をつけていってらっしゃい!



街の勢い

テーマ:
それほど盛り上がっていないかに思えた今年のクリスマスだけれど、どうしてどうして、今日は池袋のサンシャインはすごおおい人でした。
朝開店前からデパート前にはケーキコーナーが設置されていました。
サンシャインの吹き抜けには大きな大きなピングーのツリー!
どこのお店も若い女性でいっぱいです。今日は家族連れも加わってにぎわっていました。
帰り道、大きな袋を下げた人々が、足早に駅に向かっていました。
私は今日は「お仕事」で、まだ通常モードです(^^;)
明日は夢を与える「サンタ」に変身!でも、その前に病院に行かなくちゃならない。

あさってのクリスマスは...私も「サンタさん」に逢えるのです♪

クリスマス 2

テーマ:
「初めてのクリスマス会」
中学一年のときに、はじめて友人たちとクリスマス会を開きました。
今でこそ、スポンジケーキはいつでも手に入るけど、その頃は予約をしなければ買えなかったのです
自分たちがイメージしたのは丸い大きなケーキでしたが、何件もお菓子屋さんや、スーパーを回ったけど、どこにもスポンジケーキが売ってなかったのです。
仕方がないのでロールカステラを買って、ブッシュドノエル風なケーキを作りました。フルーツ缶も沢山あけて、サイダーをそそいだフルーツポンチも作りました。
ジュースで乾杯!ちょっと期待とは違ったけど、ケーキはおいしかった!
その後、お決まりの「告白タイム」好きな男子の話で盛り上がりました。
仲良しの4人組でしたが、私以外はみんなすごく成績も良くて、スポーツも万能
。校内でも目立つ存在でした。いまだになぜみそっかすの私が彼女たちと一緒にいたのか不思議でなりません。
たった数時間の出来事なのに、あのわくわくした気持ちは忘れません。
このごろはすっかりご無沙汰して年賀状のやりとりだけだけど、また4人で集まってみたいなあって思うこの頃です。

クリスマス

テーマ:
<>病院のロビーに大きなクリスマスツリーが飾られていました。
ツリーのしたにはプレゼントの箱がディスプレイされていました。飾りとわかっていても、きれいにラッピングされているので、「中身はなにかなあ」なんて考えてしまいます。
小さな男の子がその箱をほしいとぐずって、お母さんを困らせていました。「○ちゃんにはサンタさんがきてくれるんだよ。それとも、このプレゼントでいいのかなあ?」というお母さんの問いかけに、しばらく真剣な面持ちで考えていましたが、「チャンタたんのにすゆ!」と答えました。
一件落着。男の子は弾むような足取りでお母さんと行きました。

サンタさんのプレゼント、クリスマスには沢山のおもいでがあります。

これからクリスマスまでの間に、思い出を書いてみたいと思います。</


「ゼリーの思い出」
今の私からは誰も想像できないと思いますが、幼い時はとにかく体が弱かったんです。
毎年クリスマスの頃になると、熱を出して、寝込んでいました。
だから、テレビなどでクリスマスを盛り上げている番組も、熱でぼんやりした頭で見ていることが多かったですね。

あるクリスマスの朝、目を覚ますと枕元に小さなクリスマスツリーが飾ってありました。発砲スチロールの台に緑のモールの針金が三本交差して立ててあり、それに雪(綿)や、金のビーズがかざりつけてありました。
母が、「庭にサンタさんのプレゼントがあるよ」
と言いました。
庭のヤスデのした、雪の上に(そう、ゆきがつもっていた!)お皿に盛り付けたゼリーがあったんです。
手書きのカードがそえてあって、「merry  X’mas」と言う言葉と、きれいな女の人の絵が書いてありました。
冷たいゼリーは熱でほてった私にはとってもおいしくて、嬉しいご馳走だったんです。
この年、ほかにプレゼントをもらった記憶がないのですが、手作りのゼリーの味がわすれられません。やがて、それらは母が作ったことに気がつくのですが、後にも先にも母が絵を描いたのも、ゼリーを作ってくれたのも、このときだけでした。
弟が亡くなった年のクリスマスの事です。
きっと母にもいろんな想いがあったのだと思います。

紫の君

テーマ:
池袋の雑踏の中、和服姿の人とすれ違いました。
随分手前から、鮮やかな紫の羽織と着物はとても目立っていたのですが、もっと目立っていたのは、彫りの深い男性の顔だったことです。
厚化粧でも隠れない髭剃り後、でも、すごくきれいなんです。なにより、私がひきつけられたのは、その方の誇りを持った歩き方でした。
きちんと着物の装いの歩き方をして、視線はしっかり前を見ていて、きりりとしていたのです。どこかのお店のママさんかなあ...どんなお店なんだろうなあ、行ってみたいなんて思ってしまいました。

私はときどき、こういう人たちに憧れに似た感情をいだきます。
自分を偽らずに表現しているところにまず「すごい」って思ってしまいます。
あと、こんな言い方はおかしいかも知れませんが、性に関して、男、女って線を私の中では引いていないんですよね。
たまたま私は男性を好きになるけど、女性を好きになったかも知れないし、男になってみたい、と思った時期もあったし.....。

帰りの電車で、そんなことを考えながらうつらうつらしていました。