笹井清範の商人応援ブログ「本日開店」

お客を愛し、お客に愛される商人に、元気と役立つ情報をお届けします

NEW !
テーマ:

店とはお客さんと商人が出会う場所。

その出会いを演出するのが“看板”です。

看板の役割を「店や企業の本質的魅力である“らしさ”を表現して、その先にいるお客さまとの縁を創るもの」と提唱し、数々の個性的な事例を世に送り続ける看板屋さんがいます。

明日発売の商業界7月号に登場いただくイチゴスタジオの柳瀬香織さんです。

 

 

その代表作の一つに、坪井秀樹さんの拠点「TOSBOI STUDIO」があります。

坪井さんは、サラリーマン、事業承継者、起業家、そしてコンサルタントとさまざまな経歴を持つ人物。

その豊富な経歴と独特の感性から“引き出しの多いコンサルタント”として活躍しています。

そうした彼の世界観を、米軍の引き出し家具をモチーフに表現。

今では、その外装に惹かれて多くの来訪者が訪れ、新たな縁を生み出しています。


 

看板によって企業や店とお客さんの間に縁が結ばれ、それによってよりその人らしい生活をすることで笑顔が生まれ、周りにもつながっていく――。

柳瀬さんはそれを“美しい世界”と表現し、ビジョンとして掲げています。

誌面では、ほかにも多くの作品を掲載、その“美しい世界”を創りだすプロセスを紹介します。

 


 

看板には、こんな力があることに気づかせてもらいました。

店舗を持つ人、オフィスを持つ人に、ぜひ読んでほしい記事です。

そして、ぜひ第2回目を迎える商業界看板大賞に応募してください。


 

いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)