石って!?  お墓コンサルタント大橋理宏のブログ

石のことならなんでも!って先代社長のときは,看板にかいていました.
なんでもまでは言えないけど、わかること。つくったもの。
読んでいただける方の役にたつ伝わるブログをめざします。
職人の資格,一級技能士は持っていますが、かなり不器用な2代目社長のブログです。


神奈川の社長tvに掲載されました。2月17日公開

ブログ内にてお墓の疑問100 の連載が終わりました。

お客様の抱えるお墓の疑問に日々答えましたので是非読んでみて下さい


マイベストプロ神奈川 でも、日々お墓や会社にまつわる情報配信中です。

NEW !
テーマ:

まず昨日の記事を見てみましょう

 

そうブログを始めた頃に結婚式でよくある3つの袋の話に対して、石屋だったらこう話したい

 

3つのいし

 

の話を書いたことがある。

 

エンディング産業展にいって終活しているシニアにとって、

 

大切な3つの(み)というか三位一体について考えてみた。

 

そもそも三位一体ってなんだろう?

 

キリスト教で、父(神)子(キリスト)聖霊の三位は、唯一の神が三つの姿となってあらわれたもので、元来は一体であるとする教理ということだ。

 

一つ目の「み」は見守り

 

いま、社会的な関係はやや希薄になり、高齢者の見守りは大切な要素だ

 

二つ目の「み」は看取り

 

自宅で亡くなりたいという希望の規模を超えて自宅でなくならなければいけない時代がいよいよ来た。

 

さて、三つ目の「み」はなんでしょう?

 

 

さあ正解は!

「御影石(通称としての)の墓」です。

 

だって私、石屋ですから~

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そうブログを始めた頃に結婚式でよくある3つの袋の話に対して、石屋だったらこう話したい

 

3つのいし

 
の話を書いたことがある。
 
エンディング産業展にいって終活しているシニアにとって、
 
大切な3つの(み)というか三位一体について考えてみた。
 
そもそも三位一体ってなんだろう?
 
キリスト教で、父(神)子(キリスト)聖霊の三位は、唯一の神が三つの姿となってあらわれたもので、元来は一体であるとする教理ということだ。
 
一つ目の「み」は見守り
 
いま、社会的な関係はやや希薄になり、高齢者の見守りは大切な要素だ
 
二つ目の「み」は看取り
 
自宅で亡くなりたいという希望の規模を超えて自宅でなくならなければいけない時代がいよいよ来た。
 
さて、三つ目の「み」はなんでしょう
 
見守り、看取りと流れが来ています。
 
「り」で終わらないことだけはお伝えしておきましょう。
 
正解というのもなんですが私の頭の中にあるものを考えてみてください(笑)
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日エンディング産業展のときにお会いしました

 

兵庫県豊岡市の石材店

 

おおきた石材の大北さん

 

がわたしのことを紹介していただけました。

 

とてもわたしのこの数年を的確に捉えているなとおもいます。

ぜひ読んでみてください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先ほど納骨の立ち合いをしてきました。

 

最初にご来店いただいたときは衝撃の言葉から始まったお客さまです。

 

亡くなったおばあちゃんがお墓は必要なことがなければ触るもんじゃない!

 

そういわれたと。

 

だから、おばあちゃんにすべてをゆだね家族は10数年いや20年以上お墓にはいかなかったと。

 

誰も行かないことに対しておばあちゃんからは何もなかったようなので言葉そのままなのかもしれません。

でもそのお墓を見に行ってみるととても納骨をできる状況じゃない。

おばあちゃんが亡くなって久しぶりに見る墓地はそれはひどい状態でした。

そしておばあちゃんはなくなる前にもう一言「私は無縁墓には入りたくない」

 

つまりお墓を維持しろと

 

そして今回リフォームにいたり本日の納骨に至ったわけですが、お孫さんが今後お墓の面倒を見ていくということになったそうです。

前半のおばあちゃんの言葉は今後どう引き継がれるのかはわかりませんが、きれいになってよかったと皆さん最初にお会いした時とは違うとてもすがすがしい顔になっていました。

いろいろあると思いますが、ご先祖様にかかわってスッキリされている方を見ると、これが供養だよな~と思うわけです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)