竜雲斎の土佐(高知)の釣りブログ

土佐の高知発 釣りブログ

土佐の高知をホームグランドとして釣道を極めています。

2013年から、日本一を目指してトーナメンターとしても活動をしています。

釣りが大好きなので自然環境問題にも取り組んでいます。

自然本来のあるべき姿を変えてきた人間には自然を考える義務があると思います。

自然は私達そのものですからね。



◆連絡用メールアトドレス
tatsuunsai@yahoo.co.jp


ブログランキングに参加していますので、よろしければ下記のバナーをクリックして下さい
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


【高知釣り情報】
フィッシュオン四国
高知新聞釣り情報
いまいや釣具
奥田釣具・渡船
宇佐渡船
釣具屋フィッシングスター
四国西南釣り情報

【釣り動画】
ダイワ Fishing ch
シマノTV
がまかつ Fishing LIFE
がまかつムービーセレクション
釣研ムービーライブラリ
アピスTV
GYAO 釣りビジョン
キザクラTV
ぎょねっとムービー
四季の釣り
釣り東北

テーマ:
1月に高知県土佐清水市にある下川口に釣りに行った時の釣行記です。



年明けの須下に続き、ここも少しマイナーで穴場的なポイントです。

すぐ東に足摺、西に柏島と磯釣りのメッカがあるので、お世辞にも普段釣り人は余り多くありません。

ここはそれ程大きなサイズはでないのですが、最近結構釣れているとの事で、今回かなり久しぶりに釣行してきました。


午前6:30の出港に向けて車を走らせます。
到着すると釣り人は10数人程度でしたが、今回お世話になった「まつした渡船」さんは5-6人乗りの小型船外機なので2回に分けて出船です。

ただ、渡船代2500円と凄く渡船代が安いです(^^


私は二番船でオオバエと言う、下川口では一番沖側の大きな磯に渡磯する事になりました。


船着は同行者が竿を出す事になったので、私は東側のサラシが大きく出ている部分にする事にしました。
オオバエは初めてなので、色々と試してみたいと思います。



第一投目

少し波が高く、大潮と言う事もあって、かなり大きくサラシが出ています。

払い出しの先に潮目がありますが、右からのサラシでラインが大きく取られて凄く釣り辛いです。。


ガン玉6号を、口なまりとして針上10cm程度に付け、ウキを早く沈め出来るだけラインの引っ張られに抵抗を与えます。

上潮に乗ってウキはどんどん沖に出て行き、仕掛けは屈折はしていますが、マキエには同調して落ちていっています。


暫くして30cm程度の尾長グレ(^^
活性は悪くないようです。


次に36cmの良型マルハゲ(カワハギ)。肝も膨らんでいて、大会ではなかったら一番嬉しい魚かも(^^



その後は25-30cm程度が釣れ続きますが小型ばかりです。



サイズが出ないので、マキエから少しずらして深く探ってみる事にしました。

マキエからずらすとかなり深くまでサシエが取られません。
どうやら潮が固定されているようです。


水深はそれ程深くはないと思うのですが、試しにどんどんサシエを落としてみます。


暫くして、ラインに微妙なテンションが掛かります。

竿先で聞いてみるとお魚の重みが乗ります。

また、30cm程度かなと思っていると


グーン!! と良型グレの引きと重み!!!


足場はサラシの波が這い上がっていたので、少し高い場所にいたのですが、ここでは角度が悪いので波を被っている先の低場に素早く移動します。

その際、少しテンションが緩み、再度グーと突っ込んだ後に根に張り付かれました。

次の瞬間

ふわっと、ゼロテンションのバラシ。。


どうやら、シモリとシモリの間か海溝の直ぐ上で食って、戻ったようです。


確実に40cmオーバーはありました。。
これは悔しい。。。



悔しさを抑え、ハリスを2号に変えてアタリを待ちます。

暫くして同じようなアタリがありましたが、同じポイントでかかったので、また直ぐに根に張り付きます。。

余りラインテンションをかけずに、ロッドからのラインの角度を色々と変えていると、お魚が浮いてきました。

ハリスは明らかに根で擦れているので、丁重にやり取りをすると


口太グレ38cm!

やっとグレらしいサイズが釣れました(^^


その後、同じ場所、又は更に深いところでアタリはあるのですが、かけて直ぐに根ズレでバラシ。。

ハリスを3号に変えようかなとも思いましたが、色々と試してみたいので60m程の沖の潮目にポイントを変えます。

仕掛けを投入すると、直ぐにラインに変な張りが出来ます。。


まさか。。。

サヨリさん、ご登場です。。



暫くして手前も沖も、どこも全てサヨリさんの大宴会になってしまいました。

こうなるともう手立てがありません。


唯一サラシの中だけはサヨリさんがいないので、もう昼過ぎで時間も無いのでサラシの中を狙います。


サラシには直接マキエは撒かず、サラシが引いた時を見計らって露出した磯際にマキエを撒いていきます。

そうするとうまくサラシに揉まれて、マキエが潮目まで効いて行きます。


張り気味で流していた仕掛けが

バラバラバラ!!! と凄いスピードでひったくられました!!

ガン!!と合わせると凄い引き!!


ただ、浅ダナを沖に向けて走っていくので、青物のようです。

ロッドを横に寝かしてゆっくりと寄せてきます。。

お魚が何かは分からないのですが、引きからして根に入る事はないと思うので取れるでしょう。

それでも、凄いパワーなのでやり取りに時間が掛かります。


本日一番の大物なので、緊張が走ります。。。


数分して姿を見せたのは


屋久島釣行以来の再会、モンズマ(スマガツオ)です(^^


お腹に星のある本当のスマガツオ。
これはかなり嬉しいです(^^

※高知では、何故かヒラソーダの事をスマガツオと呼びます。



その後は、潮が悪くなり活性は下がりましたが、30cm程度をぽつぽつ釣り、14:30に納竿としました。


大会の練習用に少し釣りずらい場所で釣っていましたが、オオバエは大きな磯なので、次は別のポイントで快適に釣りたいなと思いました。

楽しかった!!



【結果】

尾長・口太グレ 25-38cm  27匹

モンズマ(スマガツオ) 50cm 1匹

フエフキダイ
サヨリ
キツウオ(イスズミ)


【釣行データ】

場所 : 高知県下川口 オオバエ
天候 : 曇り
  潮 : 大潮

渡船 : まつした渡船  渡船代:2500円
http://userweb.u-broad.jp/matusita/


【タックル】

ロッド : ダイワ メガディスハイパー 1.85号-53
リール : ダイワ プレイソ 2000LBD

道糸 : サンライン 磯スペシャル SKING(Sキング)2号
ハリス : 東レ トヨフロン スーパーL EX ハイパー1.75・2号
針 : ヤイバ閃光グレ ヘビー(茶)4・5号

ウキ : 釣研 全遊動EX-R 00号 + 自作ウエイトバランサー
パーツ : ストッパー・潮受け

マキエ : オキアミ生6kg + つりまん(カラーグレ1袋)
サシエ : オキアミ生M・特製加工オキアミボイルS・特製加工オキアミM・特製加工芝エビムキミ×2

その他 : 
ハピソン・エクセル・ベルモント・プロックス・昌栄・ユンケル



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月31日に、2016ヤイバ磯祭り四国大会に参加して来ました。

場所はトーナメントの聖地 日振島です。


今年の初トーナメントなので、気合を入れます(^^



参加人数は多くて40-50人程度だと思っていたのですが、今回はなんと80人以上いるようです。
それでも決勝ファイナルに進む事が出来る人数は、上位3名と変わりませんので、なかなかの狭き門となってしまいました。

私はゼッケン番号40番で、2船目の最後となりました。
良い所に上がれる事を祈ります。







午前6時出港。
1時間程をかけて日振島に到着。

北から順番に降ろしていきます。

私は本島の北側(裏磯)になりそうです。
もうずっと南側(表磯)で釣っていません。

磯の名前は分からなかったのですが、才蔵の東側になると思います。

それ程広くないポイントの地磯に渡磯しました。


高場に上がって確認をすると

全体的に凄く浅くかなり沖まで底のシモリが見えています。。。

まあ、裏磯はだいたいこんな感じですね。










40-50m程遠投して沖を狙う事にします。
風が少しあるので、これ以上はマキエが届きません。

潮は左に動いています。
潮が動いているのでなんとかなるかも知れません。


直ぐにラインを引っ張るアタリ!

20cm程度の木っ端グレ(^^

一応、今回のサイズ規定はないのですが、これを検量しても賞が取れるはずがないのでリリースします。


次の仕掛け投入から餌取が出てきました。
どこに投げても直ぐにエサを取られます。

ラインを張り、竿先でアタリを取って見ると

ウスバハギ。。

フグ。。

今日のゲストが分かりました。
ただ、分かったところで数が多いので苦戦します(^^


グレの反応がなく、2時間程度経過します。。
潮もゆっくりと右方向に当ててくる感じに変わってしまいました。


辺りをキョロキョロと見ていた時

エサ取りを寄せようと定期的にマキエを撒いていた、左側の浅いワンド部分をふと見てみると


???


何か底の方で黒い影が動いているように感じます。。

逆光と波ではっきりとは見えなかったのですが、現状を続けていもしょうがないので、これを狙ってみる事にしました。


今度は、少し沖のシモリ付近に定期的にマキエをばらけさす様に撒いて、餌取が出来るだけワンドに入って来ないようにします。
(このポイントも後で狙います。)

ワンドには、集魚材は撒かずにオキアミだけ5-10匹程度、手で投げます。
こうする事で、餌取を極力少なくし、底の大きなお魚の食いを持続させる作戦です。
(こんな潮の動かない所で大量にマキエを撒いていると、直ぐに飽和状態になってお魚がエサを取らなくなってしまいます。)


斜めに張りを入れていた仕掛けのからまん棒が、すーと20cm程度動きます。

バシン!と合わせを入れると



ドン!!!!!



思わずよろめいてしまう程の重量感が竿全体にのしかかります!!!


お魚は手前のオーバーハングや沖のシモリに執拗に逃げようとしますが、そんな事はさせません!!
お魚の引きに合わせて磯中を駆け巡り対応します!!

暫くのやり取りの後、私の執念に負けたお魚が浮いてきます!!



!!!!!!!



50cmはありそうな口太グレです!!!!!



良型グレだと確認したらかなり緊張してきましたが、お茶碗を持つ動作のように繰り返されてきたタモ入れの一連の動作は、体に嫌と言うほど染み付いていますので、どんな状況だろうがスムーズに動けます!訓練の成果です!


グレをタモに収め、キーパーバッカンにキープして、磯にへたりこみます。。
張り詰めていた緊張感が解け、放出されたドーパミンで手と足がガタガタと震えています。。

やった。。。


こんな浅い奥まった小さなワンドで、まさかの良型サイズです。。

水深なんて、奥の方は私の身長程度で深い部分も2ヒロ程度なのです。
しかも底は砂地です。

通常のグレ釣りでは余程狙うはずがなくセオリーでは間違いのポイントなのですが、釣りの世界では結果が出ると逆転して正解になってしまいます。

経験は良質の栄養ですが、同時に先入観と言う悪玉コレストロールもあるという事ですね。
何でも試してみないと分かりません。






こんな場所です(^^


少し休みたいのですが、余韻に浸っている暇はありません。
大きなお魚がグレだと確認できた以上、これを逃す法はありません。

いつ活性が落ちるか分かりませんので、この最大のチャンスにキーパー5匹を揃えたいです!!


同じ攻め方で狙います。

やはり浅いのでグレが警戒しているのか、直ぐにサシエを吐き出します。

からまん棒10-20cm程度の動きで合わせを入れないと掛からない非常にシビアな状態です。

針は4号の小針で、サシエはムキミにして、出来るだけ違和感をなくして攻め続けます。

体や竿を動かすとグレが逃げるので、出来るだけ気配を消して磯と同化します。

岩化け、磯化け。。

川釣りでの経験が活かされました。


指先に引っ掛けている道糸に、僅かなテンションの変化を感じます。
僅か数ミクロンの違和感を感じる金型職人のような気分です。。


ガン! と合わせると
またまた凄い重量感!!


今度は磯の先端に直ぐに出れる場所で待機していたのでこちらの先手です!


同サイズを追加!!!

その後も1匹追加!!!



あと2匹。。

今日は行けそうです。

底に何匹泳いでいるかはっきりと確認が出来ませんが、キーパー数は居そうです。


暫くして、スーとラインを張るアタリに合わせて合わせを入れると


ふわっ  と、ゼロテンション


どこで傷が入っていたのか分かりませんが、道糸からラインブレイク。。。


やってしまいました。。

いい加減警戒心が強い状態なのに、ばらすと余計に釣り辛くなってしまいます。。


直ぐに仕掛けを作り直し、仕切り直しをしますが、案の定反応がなくなりました。。


仕方が無いので、少し沖に餌取を寄せる為にマキエを入れ続けていたポイントを攻める事にします。
(ワンドには、数匹づづオキアミを投げ続けます。)

餌取は、フグ・ウマズラハギなので、マキエワークで何とかなりそうです。


アタリがあると竿先で重みを感じるように攻めていると
グッっと竿先を押さえ込むアタリ!

合わせを入れるとなかなかの重量感!!

上がってきたのは、40cm程度の口太グレ(^^



このポイントでは40cm程度を数匹追加して、キーパーサイズは何とか確保する事が出来ました。

後はサイズアップです。

時間は11時程度なので、13:30の試合終了まで、まだまだ時間はあります。


その後は、潮が安定せず1ヶ所で釣れ続ける事がないので、潮に合わせて色々とポイントを変えて少しづづサイズアップして行きました。

釣果は40cmオーバーを15匹と文句無しの結果になりました。
今年はずっと好調です(^^


いつも思うのですが、日振島エリアのグレの魚体はスリムでスレンダーです。
高知のグレは体高があり一回り大きいので、同じグレでも見た目がかなり異なります。
理由は分からないのですが、このエリアはグレの魚影が非常に濃いので、エサの奪い合いがあり1匹1匹は十分にエサを取っていないのかも知れません。


港に帰港し、検量を済まします。

検量結果は6kg後半でした。
これは行けそうです(^^

当日の日振島は水温低下のせいか少しムラがあるようで、釣れている磯と釣れていない磯がはっきりと分かれてます。
しかし、50cmオーバーも多数出ており、状態自体は悪くないようです。



着替えを済まし閉会式を迎えます。

結果発表の掲示板が運ばれてきました。

今回はかなりドキドキします(^^






















やりました!!
準優勝です!!!!!


今年は絶好調です(^^



1位の方は8kg台でした。
これには流石に適いません(^^
ただ、ペアでの参加でしたので、ファイナルチケットの資格はなく、4位の方が繰り上げでファイナルチケットを手にされました。

私は繰り上げ1位になり、初めて一番高い所からの眺める雰囲気を経験する事が出来ました(^^

前は大勢の人達の前に出るだけで凄く緊張をして頭が真白になっていましたが、最近は程好い緊張感に変わり、緊張を楽しめるようになってきました(^^


3位は、昨年のダイワ グレマスターズ ファイナル3位の大坂の山本俊介さんでした。
山本さんも土佐磯友会のメンバーなので、私も含めて土佐磯友会から入賞者が2人も出ています。
いつも色んな大会でメンバーが上位になっていますし、本当に凄いクラブだとつくづく思います。


決勝戦は10月29・30日ですので、それまでに沢山練習をして腕を磨きたいと思います。

決勝の舞台、三重県尾鷲も未経験ですので、出来るだけ情報収集をして前入りで練習をしたいと思います。

トーナメントを始めて3年目の今年こそは日本一になりたいと思っています!


関係者の皆様、大変お疲れ様でした。


今日も釣りが楽しかった(^^







【結果】

尾長・口太グレ 40-48cm

合計 : 15匹



【釣行データ】

場所 : 愛媛県 日振島 本島北側(裏磯)
天候 : 曇り
  潮 : 小潮
渡船 : 第五はまかぜ



【タックル】

ロッド : ダイワ メガディスハイパー 1.85号-53
リール : ダイワ プレイソ 2000LBD

道糸 : サンライン 磯スペシャル SKING(Sキング)1.75号
ハリス : 東レ トヨフロン スーパーL EX ハイパー1.75号
針 : ヤイバ閃光グレ ミドル・ヘビー(茶)4・5号

ウキ : 釣研 全遊動EX-R 00号 + 自作ウエイトバランサー
   : キザクラ K's Magnas TP[ケイズ マグナス ティーピー]0シブ + 自作ウエイトバランサー
パーツ : ストッパー・潮受け

マキエ : オキアミ生6kg + つりまん(カラーグレ1袋3.2kg)
サシエ : オキアミ生M・特製加工ボイルS・特製芝エビムキミ×2

その他 : 
エクセル・ベルモント・プロックス・昌栄・ユンケル



AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年、今年の初釣りに行ってきました。

2日は、高知県興津のカメノクビに釣行していたのですが、最近須崎も含めてこのエリアは余り状態が良くなかったのですが、運良く釣れてグレ5匹(25-35cm)の結果。
あと2-3週間あれば型も良くなってくると思うので、良くなったらまた行ってみようと思います。


3日は、愛媛県の須下。
由良半島の北側に位置し、少しマイナーで穴場的な所ですが、60cmオーバーの可能性も十分にあるエリアです。
昨年末から状態は良いらしく、大物の期待を持って釣行をしてきました。


興津での釣行を終え、そのまま須下の富士丸渡船さんに向かいます。
道中で温泉に入ったり、中村フィッシングで買い物をしたりしたので、結局到着したのが午後10時前になってしまいました。








直ぐに土佐磯友会の仲間達が到着したので、仮眠室で少しビールを飲んで釣りと魚の話に花を咲かせます。
いくら疲れていてもこの話をしているといつまでも話が終わらないです(^^

ただ、前日は30分も寝ていなかったので、布団に入ると直ぐに意識がなくなりました。
5時に目覚ましが鳴り、外に出ると会長の保木さん達が準備をしていました。


朝食を少し食べて、6時30分に出港。
お正月に2daysで釣りに行けるとは幸せです(^^

港を出港して直ぐに本日の磯「ウスバエ」に到着。
なかなかの雰囲気の磯で、テンションが上がります(^^


左側2人、右側3人に分かれて釣り開始。

ジャンケンに勝ったので、私は磯の丁度真ん中程度で釣る事にしました。





少しタナが出ているので、出来るだけ先端に出ました。
潮は右前にかなりのスピードで流れているので、これに流して釣ろうと思います。


仕掛けを終えて左側に様子を見に行きます。(ウスバエは大きな磯なのですが、磯を超えて左側に歩いて渡れます。)

すると早くも40cmオーバーを釣っています!!
これは活性が良さそうです!!

戻ってユンケルを飲んでいると、会長保木さんが大きく竿を曲げています!
45cmはオーバーしているであろう良型口太グレです!!


少し焦りながら私も早速竿を出します(^^


かなり沖で浅めのタナみたいなのでガン玉無しでハリを入れながら流します。
何箇所か潮のヨレが出来ているのでその部分に集中します。

50m程流していると少しラインテンションが緩みました。
ヨレに入ったみたいです。
ラインに指先を引っ掛けて集中していると、潮の重さではない重量感を感じます。


竿先で確認するとぐーとした明確なアタリ!!

バシン!!と合わせると 明らかな良型の重量感!

潮に乗っての引きはなかなか強烈!


竿尻を魚の方に向け、ロッドの最大の反発力を生かして寄せてきます。


案の定、手前の張り出しタナの下に突っ込んでいきますが、それは想定してい
た事なのでラインが接触しないように慎重にゆっくりと浮かせてきます。


本日最初の相手は、46cmの口太グレ(^^

幸先はとても良好です(^^


潮がカーブしている部分で少し仕掛けが浮き上がっている気がするので、ハリ上15cm程度に8号のガン玉(口オモリ)を追加してみます。
0.07gとほんの些細な重さなのですが、フカセ釣りでは仕掛けに十分影響を及ぼす重さなのです。

これでしっかりと馴染み、同じパターンでぽつぽつと釣っていきます。
サイズは全て40cmオーバーと良型揃い。


暫くして潮が少し緩み、よくサシエを離すようになってきました。
アタリも、バラバラっとひったくるアタリは無く、ジワーと押さえ込むようなアタリです。
タナも段々と深くなってきました。
ガン玉を重くすると仕掛けが立ち過ぎて嫌なので、ウキに自作のバランサー(両面テープ付き板鉛)を追加して、少し早めにウキを沈めます。

余り深く入れると、バンドウ(ブダイ)のオンパレード。






サシエをローテーションで変えますが、この状態では芝エビのムキミが釣りやすいので、自分で色々と調合をしている特製ムキミで攻めます。
朝ほどではないですが、ほどよい間隔で釣れ続けます。


しばらくして、ほんの15分間程度だったと思いますが、竹ケ島向きにゆったりと潮が払いだしました。

感覚で分かります。
絶対に食ってくる潮だ。。

この潮がいつ変わるか分からないので、1投1投にミスのないように丁重に攻めます。
(ひょっとしたら、ここから大きく潮が変わって釣れなくなるかも知れない。)


手前からマキエと同調させてセオリー通りに流していくと、直ぐに結果が出ました。

3ヒロ程度ですーとラインを引っ張っていくアタリを確認!

ガン!!と合わせると、ドラグがジジっと鳴る良型の手応え!



丁重に浮かせてくると、46cmの口太グレ!!


これだけ釣れると面白い(^^



正午前の満潮からの潮変わりで潮が完全に逆になりました。
釣れない事はないのですが、左側に巻き込んで流れていて、そこの潮ヨレで食ってくるので、全て左側のシモリに突っ込んでいきます。
何度か根に張り付かれました。
この足場からはかなり釣り難いです。



正午が過ぎて、ワラ崎側に移動。
足元からなかなか良さそうです。




潮は、ゆっくりと当て潮です。

視覚で確認出来る範囲にマキエを撒いてみますが、何の魚影も見えません。

手前に少しサラシが出ていて、当てている潮とぶつかっている潜り潮があります。

そこを狙ってみます。

朝に会長の保木さんが手前で、ロクマルも過言ではない本命グレだと思われる手応えの魚をかけていたので、私も手前で大物を狙ってみます。
(この時は惜しくも根に入られてしまいました。)


ライン・ハリ・ガン玉・サシエのローテーション・マエキの先打ち後打ち、、、
色々と試してみましたが、底まで沈めてもエサも取られません。。


もう時間がないので手前は諦めて、大きくワラ先の手前まで遠投してみます。


2-3ヒロ程度で、バラバラっとラインをひったくるアタリ!

40cm程度の口太グレ(^^


次も同じようなアタリがありましたが、直結の部分から切れていました。
合わせが強かった。。。



ここで今回の釣行のタイムアップとなってしまいました。

結果は12匹でなかなかの釣果となりました(^^

須下では、試したい事や疑問部分が沢山出てきて、消化仕切れていない部分がありますので、今度是非試してみたいと思います。


今年の初釣りも楽しかった!!





【結果】

口太グレ 37-46cm 12匹

イガミ 47cm 1匹

バンドウ 47-60cm 5匹



【釣行データ】

場所 : 愛媛県 須下 ウスバエ

天候 : 曇り

  潮 : 小潮



【タックル】

ロッド : ダイワ メガディスハイパー 1.85号-53
リール : ダイワ プレイソ 2000LBD

道糸 : サンライン 磯スペシャル SKING(Sキング)2号
ハリス : クレハ シーガーグランドマックス磯2号
針 : ヤイバ閃光グレ ヘビー(茶)5・6号

ウキ : 釣研 全遊動EX-R 00号 + 自作ウエイトバランサー
   : キザクラ K's Magnas TP[ケイズ マグナス ティーピー]0シブ + 自作ウエイトバランサー
パーツ : ストッパー・潮受け

マキエ : オキアミ生6kg + つりまん(super全層グレ遠投*2)
サシエ : オキアミ生M・オキアミボイルMS・特製加工オキアミM・特製芝エビムキミ×2

その他 : 
エクセル・ベルモント・プロックス・昌栄・ユンケル





AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。