MR200か肉か

テーマ:
マキタ 充電式スピーカ MR200 (本体のみ,バッテリ,充電器別売)

¥10,428
楽天

マキタのバッテリーツールシリーズにワクワクがなくなってきたな
と思っていました。
鉄は熱いうちに打て というのが商売の鉄則だとしたら
マキタは私に限っていえば期を逃してしまったなというのが
正直な感想です。

私個人の購買欲などどうでも良いかもしれませんが、
ご~まるccにおけるマキタ関連のアクセス数は
馬鹿にできるものではありません。
現場で使っている人間の情報はやっぱり
重要なんじゃないですかね?

さすがにすべての商品を買ってインプレするわけにもいかないので、
何度かマキタにレビュー前提のサンプル貸し出しをお願いしましたが
検討も努力もなしに却下。
前例がなけりゃ、前例を作り出してしまえばいいのに。
とはサラリーマン未経験である私の甘い考えでしょうか?

ただ、購入側の立場になってみればわかるのですが、
我々が一番欲しいのはメーカーカタログ以外の「情報」なわけで、
マキタは特に「それを買ったらどんなメリットがあるのか」
という事を伝えるのが下手なんですね。
刈り払い機なんかあんなに種類を出しておいて、
何がどう違うのか全く説明がないんです。

充電式刈り払い機のハイスペック機もいつの間にか中国製になってしまって
(私が買った初期のモデルは日本製だった)
購買欲はダダ下がり。
中国製でも問題ないと一部の人は言うけれど、
少なくとも私の中では購入対象から外れました。

プロの使用も想定しているなら
ハイスペック機ぐらい中国生産を避けてほしかった。
何でもかんでも日本製にしろと言っているのではなく、
工具系と同じように園芸系のバッテリーツールにもプロラインを
設定していただきたいのです。

話がぶっ飛びましたが
新製品のマキタスピーカーMR200、かなり割り切っていてびっくりしました。
まだまだマキタにも「挑戦者」がいるんですね。
18Vを活かした最高出力10W
音はモノラルのようですが
大人しくなさそうな音にとても興味があります。
試聴はどこでできるんですかね?マキタさん。

これ買ってなきゃ
応援買いしたんですけど、、、













Weber(ウェーバー) チャコールゴーエニィウェアーグリル 12910003/Weber(ウェーバー)

¥14,904
Amazon.co.jp

日常を楽しむ



なぜなら休みがないから



当然暖色系LED電球。
電源供給はもちろんマキタ。



鉄板は6mm厚をチョイス

プロ仕様!極厚バーベキュー鉄板!BBQ・アウトドアの必須アイテム。 ウェーバー(weber) ...

¥13,580
楽天

落ち着いたら
ゴーエニーウェアグリル+6mm鉄板のレビューでも。


最後に、道具は新しければよいってもんでもないんです。
今でも野外で最高に気持ち良く音楽を聴きたいときには
マキタ旧モデルラジオのMR102を
KKBOX 高ビットレート
エクスペリア
ポータブルアンプ
ライン接続で鳴らします。

高音質か?と言われたらそうでもないんですが
すごくクセになる音を出すんですよ
このセット。



AD

植物図鑑

テーマ:


植物図鑑HP.....植物図鑑 (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥741
Amazon.co.jp

私はまだ見ていないんですが、
みなさんはどうでしょう?

原作を見てから映画を見るか
映画を見てから原作を見るか

人知れず映画好きな私に物申させていただければ
映画とは監督ありきです。
正直、キャストありきな日本映画界の「売り方」には
ほとほとウンザリしているわけですが、
植物図鑑は自分の信念をひん曲げて
映画館に見に行ってみようかと企んでいます。

原作を超える映画はなかなか難しいとしか
言えません。
それは植物図鑑に限った話ではなく、です。
理由の一つとして原作本の中では
読者である自分の頭の中で最高のキャストが
話、動き、間を作り、物語を生み出しているわけであり
一切他人の趣味、嗜好に邪魔をされない世界で話が完結します。

映画はどうでしょうか?
キャスティングは一方通行であり
こちらの想像力など一切必要としません。
しかし、役者の演技力が自分の幼稚な想像力を超えた時
それは映像の力となり、文字だけの世界からは得られない
深いストーリーを生み出します。

ビジュアル的に外しようのないこの二人を
三木康一郎監督はどのように
「植物図鑑」の世界に溶け込ませたのか。

客観的に見て終わるか
誰かに感情移入して時がたつのを忘れるかは
実際に見てみないとわかりませんね。

え?あまり見たくなさそう?
そ、そんなことないです 汗
実は関わっているのです、植物図鑑に。

チョメチョメなシーンで使われているあれやこれやの植物を
泥まみれになりながら用意したのは何を隠そう私と嫁です。
「ホラっこれが ヘ ク ソ カ ズ ラ」
とかリアルでやってました。リアル植物図鑑。
(あの高品質ヘクソカズラは私が用意したものではありません)
あれは別のプロの仕事だな クソッ

不可能を可能にする事はできなかったけれど
プロとして出来るだけのことはやったつもりです。
エンドロールに名前も載らないような仕事だったけれど
誇れる仕事でした。

よし、原作を見ずに
先に映画を見よう。
キャスティング最高だよね
おっさんキュンキュンするわ

あれ?












AD


トラクターはクボタのKB21。
21馬力の後輪クローラー仕様です。

広大な畑の耕耘仕事を効率良く行うには
少々サイズも馬力も物足りないのですが、
そこが勝負のしどころでした。

もちろん大きいトラクターが買えないという
懐事情が一番大きかったのですが
(トラクターは大体1馬力10万円という目安がある)
耕耘委託事業を視野に入れた時、
広大な農地は大きいトラクターを持っている人のほうが
早く安く耕耘することができる。
小さい農地は近所の農家が格安で
耕耘をしてしまう。
普通に考えて
トラクターを新車で買うだけの事業として成り立ちませんでした。

人と同じ事をしていたら
価格競争に巻き込まれて「終わり」
というのは今も昔もどの業界を見ても明らかです。

数年前に亡くなった大好きな祖母が言っていました。
「人が寝ている間に働け」
当時の私は働く時間の事を言っているのかと
思っていました。
しかし、最近になってその言葉の本質が分かったような気がするんです。

時間という事だけで考えると、
人が休んでいる時に働けよ という事なのですが、
投資家で頭のキレた祖母は
この言葉の中にもう一つの意味を持たせていたんです。

日本人があまり表に出さない
「金」の話。
要するに、
人が節約してお金を使わない時にこそ
投資しろ

という事なのです。 (強引な解釈ではありますが 笑)

どう?あってる?>ばあちゃん

こんな時代ですから、銀行も農協もお金を借りてほしいわけで
現金が用意できない私でも、数十年間金融機関と真面目に付き合っておけば
まとまった金額を貸していただくことが可能です。
で、今回の勝負となるわけですが、

正直な話、特殊分野に絞ったといえども
耕耘だけでトラクター購入代を回収できる事業は不可能です。
自分の家には畑もありませんし、、、

しかしカルイのトラクターPTO接続式のチッパーを接続できれば
話は別です。

先に言っておくと
このチッパーが購入できなかったら
トラクターの購入自体が事業として大失敗になってました。
(稼働率が低すぎ)

クボタトラクターKB21+カルイPTO-1500N
の組み合わせは
軽トラックが入れる場所であればどこでも突っ込んでいけるし、
軽トラックが入れないような斜面もどんどん降りれる登れる。
狭小地の開墾を仕事にした私にはぴったりというか
なくてはならない存在になりました。





処理能力は、
かなりわかりづらい写真なんですが
ほとんどばらしていない奥に山になっている「伐採枝」が
2時間ちょっとで処理できました。
少なく見えるんですが、実際見てみるとげっそりする量です。
枝の全長は3メートル程、枝の股はそのまま残してありますが
そのまま入っていきます。
それをきれいに積み重ねてある山なので
結構あります。
2tロング1.5~2台分くらいかな。

手前の袋にめいっぱい入ると人力では持ち上がりません。
こういう時にフロントローダーが役に立つ。

出来上がるチップが上質すぎて
ちょっと困ったことが起きています。
通常、伐採時には伐採枝の処分費をいただくのですが
(チップにしない場合は処分場でお金がかかるので)
今の所100%の人が畑に置いていってくれと言うんです。
防草材やたい肥として使用するのでしょう。
それほど細かく上質なチップです。
お客さんからしてみれば、処分費が浮いたんだから
「安く」して欲しいと思われるかもしれません。
(実際言われたことはないのですが)

この状況にはとても頭を悩ませます。
今までになかった悩みです。

最大処理径は150mmですが
作業スピードを重視する現場では
100mm位までを現場処理
それ以上は枝葉で廃棄処分するのが
スマートかなと思います。
うちでは薪にしますが。

チッパー作業時の枝払いには
バッテリーチェンソーが便利です。
エンジンの再始動の必要がありませんし
女性でも問題なく扱えます。








エンジンを持って行ってもなかなか使ってもらえないので
グランドはすべてバッテリーにしました。
STIHLのMSA160でストレスなく切れるサイズが
ちょうどチッパーの最大処理径付近なので
とても使いやすいのです。
AD