別に(株)やまびこの展示会で

抽選で当たって251Tを2台も半額以下で購入できたからとか、

帰り際のくじ引きでまさかの1等が出て

手に入れたハイブリッド加湿器で部屋が潤っているから、

とかそういうわけではありませんが、

 

(株)やまびこの経営姿勢は、私個人的にとても素晴らしいと思います。

OEMが多く、私が本来大好きなモノづくり企業とは違いますが

セレクトされる他社OEM製品はどれも優れたものが多く、

考えようによってはやまびこの知名度を生かして

隠れた名品を世に送り出しているとも言えます。

取引を一本化することにより販売店が扱いやすいのもメリットの一つでしょう。

 

気が付いたら(株)やまびこのブランド 共立、新ダイワ製品合計で

150万円くらいは購入しています。

そんな自分にチェンソー半額抽選券と加湿器(日本製)が当たるなんて

どっちも損をしていないよな、と思うわけであります。

ビジネスはどこかで泣く人が生まれたらだめだと

昔からずっと考えているので。

 

プラス

やまびこにとって赤字覚悟の抽選会も、

当選した人が手に入れた道具の良さを他に広めることによって

「意味」のあるものになっていくのだと思います。

 

チェンソー当たったラッキー!と勝ち逃げで終わるような人生を

良くも悪くも歩んでこなかった私が、しばらく251Tを現場で使用し

良い所悪い所引き出してここで紹介するので購入の参考にしてください。

 

まずファーストインプレッション。

 

持った瞬間に「傑作」の予感がしました。

手にした時のギア感も、前モデルの比ではなかった。

 

チェンソーでもなんでもコンパクトモデルでよく他機との

引き合いに出されるのが、その軽さ。

世界最軽量、とかそんなの。

確かに軽さは重要なんですが、

もっと大切なものがあります。

それはコンセプトとバランス。

プロの道具になくてはならないのは、作業を特化し

そこで100%パフォーマンスを発揮できる能力。

重さだけではない製品のバランスです。

 

ゼノアのこがるは、チェンソー界の常識を変えた

傑作シリーズであることは確かですが、

ブレーキの非搭載、ここでどうしても昔から手を出すことが出来なかったんです。

共立軽量チェンソー前々モデルのCS260Tもそう。

購入したもののパワーは他社よりあるけど、安全装置非搭載の為

結局現場出動はありませんでした。

 

 

こがるもオプションでブレーキが搭載できるじゃないか

と言われればそうなのですが、

メーカーの製品コンセプトは最軽量であって

オプションで「安全装置」

(これはこれで機能を特化したプロの道具であるとは思います)

似ているようでも全く別のプロの道具です。

 

私の所は特に女性がチェンソーを使うので

安全には特に気を使います。同業者には馬鹿にされるかもしれませんが

すべての仕事において効率よりも安全を取っています。

バッテリーチェンソーを仕事で多用するのもそういった理由があります。

 

ただ、CS251Tはうちの現場で使ってみたい

そういうモデルでした。

 

おっと見積もりに行かなくては

月曜日から現場で使ってみますので

気になっている方は、レポートお待ちください。

 

 

 

 

 

AD

需要のある所に対価あり

テーマ:

行き来する金額の話になっちゃうと

それはもう、稼がれてる皆さんに比べたら

恥ずかしいくらいのレベルの低い話なんですが、

自分の考え、働きがそのままお金になるというのは

想像以上に楽しいものです。

 

 

耕作放棄され、荒れに荒れてしまっている画像中ほどの

「元畑」を 畑に戻す。

そんなお仕事をしています。

 

 

歩くことさえできなかった篠竹ゾーン

刈ってみれば驚くほど広い土地が現れました。

 

篠竹の根っこを丁寧に除去していきます。

 

この間買ったミニショベル、キャタピラーの017CR

かなり愛着がわいてきました。

コマツのPC01はこのサイズの仕事には不向きなので

お留守番。

 

実は、この広さになってしまうと

017CRでもきついのですが

これしか持ってないし。

 

とりあえず1.7tクラスのミニショベルで

どの程度の仕事ができるか、

試してデータを取りたかったというのもあって。

結果、工期を短縮して利益を出すなら

3tミニショベルかな。

 

それ以上の重機は個人事業主向けではないし

投資したところで、回収は難しい。

ただ、人を雇う事を考えたら

重機のローン代は安いものだし

軽く数人分の働きをするんです。

 

 

こんな仕事を、女性二人を含む4人でやっています。

 

今日、この現場で作業をしていたら

お隣からも仕事をもらえました。

これ、現場が下請け仕事だったりすると

せっかくの仕事を受けられなかったりするんですよね。

自由って素晴らしい。

 

ちなみにこのような平地で

ブッシュに突っ込んでいくような作業の時は

 

 

 

 

 

STIHLのFS240

30ccオーバーの

大排気量エンジンで

 

木でも竹でもかったぎって進んでいきます。

 

自分がパワーのある刈り払い機で二人分の仕事をして

女性陣には片づけをお願いする。

無理に嫁や妹に刈り払い機をやってもらうより

うちではそのほうが効率がいいんです。

 

年明けに大きい仕事も決まったし

女性作業員だから何かしらデメリットになる、という事は

うちでは全くありません。

どんどんこういう業界でも女性が活躍していってほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

私の知る限り

積極的にバッテリーツールを導入している

造園屋、植木屋は本当に少ない。

同時に業界における女性進出に関しても

バッテリーツールと同様

積極的に、とはいっていないようだ。

 

仕事は、早さだ効率だパワーだろ等と言っているうちは

この業界における女性進出の可能性はゼロに近いし、

実際、女性がこの業界に入りたいと思っても

お勧めできる植木屋、造園屋を私は知らない。

 

道具も人も、間違った扱い方をすれば

その能力を十分に発揮することができない事は

明らかであるのに、

分からない人には分からないのが今の世の中。

会社の中で上司がそんな人であった場合、

能力のある人が、人を扱う能力のない人に

つぶされるのだろう。

 

「お前は使えない」

私はこの言葉を絶対に使わない。

なぜなら、人ひとりの能力を見極められない

自分の能力の低さを言い表している言葉だから。

 

私に言わせれば、

どんな人間でも必ずキラリと光る何かを持っている。

「性格」のない人間がいないように、

「何もない」人間などいない。

 

で、バッテリーバリカン。

 

軽さで選ぶなら18V

パワーで選ぶなら36V

18Vはパワーは無いし

36Vは重い。

能力をわかって使ってあげないと

せっかく持っている「キラリ」を感じられない。

 

軽さで選んだ18Vのバリカンが

動かなくなる、電池が早くなくなる、故障する、

この大きな原因はヤニ。

36Vやエンジンはパワーがあるから

(多少ヤニの抵抗があっても動いてしまう)

症状に気が付きにくい。

ヤニは電池の持ち、機器の故障に大きく関係するので

まめにメンテナンスを。

 

 

私は使い古しの歯ブラシと

これで毎日メンテナンス

 

 

ヤニが嘘のようによく落ちる。

これが

刃物クリーナーの「キラリ」というわけだ。

 

 

話は変わって、

STIHLの36Vバッテリーチェンソーは

うちの現場にはなくてはならないものになっている。

嫁と妹が積極的に使ってくれるので

非常に助かる。

現場が大きくなるにつれ、「のこぎり」では仕事にならなくなってきているから。

ただ、エンジンでバリバリやるような仕事は

うちの能力を活かせない。

つまり「私達」の勝負はそこじゃない。

 

バッテリーチェンソーの隠れたメリットを一つ紹介。

通常、エンジンチェンソーにはクラッチがあり

使用中、その周りに異物が入り込むと、

特にパワーのない小型トップハンドルチェンソーは

動かなくなり、クラッチカバーの分解、清掃が必要になる。

のんびりした仕事なら問題ないが、

1日に何回も詰まると文字通り仕事にならない。

 

バッテリーチェンソーには「クラッチ」がないので

これだけ異物が詰まっても平気で動く。

 

小排気量エンジンだと

クラッチが繋がって動作しようとしても

トルクのピークが上がりきらないので

力任せにスプロケットを動かすことが出来ない。

しかし、モーターは

チェーンを動かす構造自体が違う上

回転初期からトルクがかかるので、

多少の異物があっても問題なく回ってしまう。

今の所現場で

スプロケットカバーを外すような分解が必要になったことはない。

 

帰ってきたら必ず分解、清掃。

 

音楽を聴きながらの作業は、

「仕事をしている」というより

趣味に没頭している時と同じ気分。

これでまた稼げるのだから

やめられない。

 

よく、うちの道具を見て

全然使ってないねーってよくいわれるんだけど

使ってるんだよね、毎日使った後メンテナンスしているだけで。

 

 

人も道具もお客様も地球も大切にする仕事を目指すよ。

 

 

 

AD