先日リフォーム産業新聞を読んだところ、

「塩系インテリア」が最も好まれているということでした。

 

塩系って何?

僕も思いました。

 

塩系とは白やグレーの淡いトーンのベーシックな

アイテムを選び、部屋の余白にお気に入りの雑貨や

ドライフラワーを少々という感じ。引き算のインテリア。

 

塩系インテリアの画像を検索してみると

 

こんな感じや

 

 

こんな感じ。

 

 

対して男前インテリア

 

 

 

 

やはり僕は男性なので男前インテリアのほうに魅力を感じます。

 

でも僕が一番あこがれるインテリアはこれ

 

 

 

AD
村上市坂町の住宅リフォームです。

食堂と台所です。
壁には家具の跡があったので壁はベニヤを貼ってクロス仕上にします。

床なりする部分があるのでフロアを上貼りします。

台所と食堂を食器棚で仕切ってある間取りでしたが、
食堂が暗くなっているので食器棚を撤去し台所と食堂をつなげることにしました。


流し台も古いものなのでシステムキッチンにすることにしました。
コンロはIHヒーターに変更します。


流し台と吊戸棚を撤去しました。


AD
村上市坂町の中古住宅のリフォームの依頼をいただいて、
去年の暮れから工事させてもらってます。

室内の廊下の天井ですが、
施工当時のものと思われる手垢のあとがついているので
これをなんとか綺麗にしないといけません。



写真ではわかりずらいかもしれませんが結構手垢がついています。

表面を少し削って綺麗になったらそうするつもりでしたが、
綺麗にはならなかったので少し濃い色で塗装し、
手垢の跡がわからなくなるようにしました。


AD

屋根裏断熱補修工事

テーマ:
先日、10年前に建てさせてもらったお客様から連絡をいただき、
屋根裏の断熱材に穴が開いてるか見てほしいという依頼をいただきました。


屋根裏に上ってみると写真のような状態でした。
テレビかひかり配線の施工業者が断熱材を破ってそのままにしていました。

お客様にこの写真をみせて後日、断熱材で補修することにしました。



後日このように補修しました。

村上市緑町K様邸新築工事18

テーマ:
村上市緑町K様邸新築工事です。

内装工事です。
クロスを貼りますがその前に下地を平らにしていきます。
ボードとボードのつなぎ目の隙間やビスの頭にパテを塗って、
乾いたらやすりで削って平らにしていきます。


2階のトイレは汽車便といわれる和式の便器です。


写真のようにパテ処理をしていきます。

村上市緑町K様邸新築工事16

テーマ:
村上市緑町K様邸新築工事です。


壁と天井にボードを貼っていきます。
クロスの下地になる石膏ボードというものを貼っていきます。


換気扇の下地にはビスが効くように合板を貼ります。


収納部分は布目ボードといわれるクロスが貼られているボードを貼ります。


宮大工の知恵と技

テーマ:
宮大工の知恵と技というものが情報誌に掲載されていて
面白いと思ったので一部抜粋して紹介させてもらいます。

1
堂塔の建立の用材は木を買わず山を買え

2木は生育の方位のままに使え

3峠および中腹の木は構造材、谷の木は造作材に

4堂塔の木組みは寸法で組まず木の癖で組め

5木の癖組は工人の心組み

6百人には百念あり。一つに統ぶるのが棟梁の器量だ

日本の大工の技術が脈々と受け継がれてきたことを感じました。
村上市岩船のS様から浴槽の交換工事の依頼を受けました。

施工前の浴室


一日目:浴槽・床タイルの撤去
排水配管改修
二日目:浴槽の設置

三日目:タイルの下地モルタル

四日目タイル貼




五日目:水栓金具取替

工事期間は五日で終了しました。