「ピンクの龍」


かってのお前は、愛エネルギーを司り、皆に意欲を与えるピンクの龍であった。

お前の放つ愛エネルギーには、深い思いやりと力強さが込められていた。
そのエネルギーを受け取った者たちは愛に満たされ、

学びの道を歩み進める強さを得る事が出来るのだ。

お前は一人でも多くの者を救いたいと考えていた。
そして休む間も惜しみ、皆へ愛エネルギーを送り続けたのだ。
お前にとっては、皆が満たされる事が喜びであり、望みであったのだ。

ある日、お前は一人の精霊と出会った。
その精霊は木に宿る精霊で、癒しの力を司っていた。
しかし彼は凄く疲れた様子で、誰かに癒しを与えてやれるような状態ではなかった。

責任感の強いお前は、疲れきった様子の彼を見て、

何としてでも彼を救ってやろうと意気込んでいた。
だが、彼はお前の愛エネルギーを受け取ろうとせず、

バリアのようにエネルギーを張って愛エネルギーを拒否したのだった。


お前は初めて自分のエネルギーを拒否された事で、少し戸惑っていた。
「何故そんなに落ちこんでいるのに私の愛エネルギーを受け取らないの?」
精霊はお前の問いかけに対しても無言で、何も答えようとしなかった。

お前はそんな精霊の事が心配で仕方なくなり、

彼を救うことしか考えられなくなってしまったのである。

「彼を救ってあげたい!」お前はその一心で懸命にエネルギーを尽くした。
だがいくら頑張っても、彼はお前のエネルギーを受け取ってはくれなかったのだ。

お前は彼にあまりにも拒否し続けられた事で、自分に対する自信を無くしてしまった。
そして魂を傷付け、愛エネルギーを送る事に怯えを感じるようになっていってしまったのだ。

その後のお前は、人が変わったかのように内向的になった。
そして、自ら進んで愛エネルギーを送る事をしなくなったのであった。
内向的に傾いたお前は、愛エネルギーをもてあまし、

孤独を抱えながらその世を終えたのであった




私たちは生を受けてから今に至るまでに、人との関係を通してさまざまな経験を重ねてきました。
また、あなたの今世での経験とリンクする、あなたに必要な学びを経験する為の過去世も
何度となく繰り返してきました。
その幾世にも渡るさまざまな過去の経験が、個々の喜怒哀楽の土台となるものを作っています。

前世を紐解く事で、あなたが知らず知らずのうちに心の奥底に閉じ込めてしまっている感情を
発見していきましょう。
在りのままの感情を見つけ出し、解放する事で魂は癒され、浄化が起こります。

魂が曇りなく光り輝くことで、あなたに備わる能力を思い通りに発揮することができるようになるでしょう。
あなたの本来の輝きを取り戻し、魂が望む未来を創造していきましょう。






フラワー☆フェアリー
 アートデザイン by ojiozu


イメージブログ
http://inspire.thanksmaker.net/


偶然、セッションの次の日に送っていただいたデザインアート★

ピンクの龍とのシンクロにびっくりの作品♪

メッセージは

「周りに影響されにくい強く大きくなってゆくエネルギーの感覚

引っ張り上げるような感覚も同時にあります」

すごいですよね☆

AD

コメント(4)