人生は夢だらけ!

山、音楽、犬、ラグビー、動画編集…
好きなこと多すぎて人生楽し。


閲覧ありがとうございます。
この度、10年以上続けてきたブログ「KOKOMO CAFE」を
Amebaブログにインポートし、新たに
「人生は夢だらけ!」というタイトルで開始することになりました。
よろしくお願い致します!
NEW !
テーマ:
夏山にはいつもこれだけの虫対策グッズを持参してますニヤニヤ




先日の烏ヶ山と渓流…。

先日の烏ヶ山の尾根でまたまたブヨにやられましたアセアセ

写真のハッカ油の原液以外、全て使いました。
薬も飲みましたニヤニヤ

Facebookとブログ、皆さんが感動して下さった渓流では「ヒルさがりジョニー」を。

ヒルはいなかったと思いますけどねニヤニヤ
(ヒルは白山でしか目撃したことがない…)


山では何度も何度もしっかりハッカ油スプレーふってたのに~えー

手作りのハッカ油の虫除けスプレーって濃度を濃くしないと効かない、みたいですショボーンタラー


毒抜きのリムーバーは、刺されて2分以内に吸引しないといけないのに、
尾根で浮かれて遊んでたので、使った時には手遅れ~ニヤニヤ

何のため持参してたのかーえーガーン



20年前に兵庫県でキャンプをしてるときに
アブに刺されて腫れて歩けなくなったトラウマがあり、刺す虫には敏感アセアセ

蜂に刺されたり、アリに噛まれたり、
その度に腫れる腫れるえーん

葛城山の5月のおでこの虫刺されは2ヵ月経ったのにまだ跡が残ってます(T_T)グスン

スプレーしてるのに、犬の散歩でもきっちり蚊に刺されてますタラー

もしかしたら、
ハッカ油はブヨや蚊に効かないのかも?

そんなの意味なーいえーん!


次回山行にはハッカスプレー持っていくのやめよえータラー

手作りは身体に優しいのに。


虫刺されの皮膚トラブルの他に

山は紫外線をいっぱい浴びてしまいます


連休明けに娘が勤めるエステサロンでプチエステしてもらいました。
エステ代は娘からのプレゼントですキラキラ

元町まで電車で1時間ちょっと。

その前に、いつものお店。
元町にあるアウトドアショップの
シッティングブルのカフェでランチしようと思って寄ったら、
カフェはお休みされてましたガーンチーン

他のカフェ(よろず屋)に移動して、お昼休憩だった娘と合流してランチニヤリ音譜

夜はライブハウス。雰囲気はアメリカンで中々いい感じのカフェでした。



ランチを終えて、大丸で少し時間をつぶしてサロンへ。

動物業界にいた娘が転職する際、
こちらのエステサロンに勤めてた娘の友達の薦めで入社が決まりました。

その友達のお母さんは私のPTA仲間(^_^)
会長、副会長のコンビですニコニコ
親子で仲良し照れ


サロンではまずカウンセリング。
山行で紫外線浴びまくってヨレヨレの状態で肌診断。

隠れたシミなど肌の奥の奥を見る肌診断の機械で
将来の自分の恐ろしくて残念な顔を見ました

ギャーーゲッソリ

こわーいガーンオバケ~もやもやおばけくん

夢に出てきそうなくらいショッキングチーン


エステは贅沢なので行けそうもないけれど、
山から帰ったら娘にマッサージしてもらって、
サロンの良さげな基礎化粧品でしっかりお手入れしよアセアセ

肌の老化を止めないとープンプン!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回も覗いてくださり有難うございます。

先日の三連休は夏山の日本アルプスは大賑わいだったみたいですね。

リア友も80代のご両親と共に3泊4日で北アルプス縦走されてました。
私達も友達のご両親のように元気に仲良く登山が続けられたらいいなぁと思いますニコニコ

しかしながら、先日の三連休は北アルプス(唐松岳と槍ヶ岳)では滑落で二人(42才女性、62才男性)が残念なことに…。

このようなニュースを目にする度に気が引き締まります。
山を甘くみてはいけない。

技量を身につけて自分のレベル・経験値に合った登山をしなくてはいけないと思います。



さてさて。本題。

水の山へ行ってきた、最終章です。

水の山へ行ってきた
①渓流編は→こちら
②登山編→こちら
③登山動画→こちら




水の山、烏ヶ山の藪を下山している時に
キラリと青光りしているものを見つけました

ローガンヌ(老眼)でよく見えずニヤニヤ

最初、青いカナブンが死んでると思いました


ん?
よく見ると羽根。



これがカナブンに見えるとはショボーン
ほんと、目の老化には参るわタラー


オオルリの羽根かな?


私「テンカラの毛鉤に使えるんちゃう?」

池やん「おぉ!尻尾部分に使えそうや♪」


※毛鉤とは、渓流釣りでの釣りエサ(虫)に似せて作ったモノ。
毛鉤を作る羽根が欲しいので、
動物園へ行けばキジの檻の付近を
夫婦で怪しい動きをしながら探してますてへぺろ
公園の池の水鳥の付近も羽根を探します。
(決して直接鳥からむしり取ったりは致しません真顔)



水の山満喫2日目。


奥大山には
サントリー天然水の奥大山ブナの森工場があります。


山、渓流…締めは工場見学です。





そうそう・・・

今回、池やんは大事なものを忘れて来たえー


コーヒー豆・・・


奥大山のほんまもんの天然水で

「挽きたてコーヒー飲もう」言うてたのに


「あ!!豆持ってくるん忘れた」てガーン


「ほんまかいな~~」でしたわもやもやブー


奥大山の水は超軟水、
コーヒーがさらに美味しく飲めるはずでした


しゃーない、、、ガーン



工場見学まで時間があったので


「休暇村奥大山」のカフェで、朝のコーヒー。




窓からの眺めもいい休暇村です

息子や娘は覚えてないだろうけれど
ここは子供たちが幼い頃に2回来ています。

その頃が懐かしく思い出されます。

自分たちが山登りで再びここへ来るとは想像もしてなかったなぁ…



休暇村を出て
展望の良い鬼女台へ

大山、烏ヶ山、木谷の森が一望できます





次にブルーベリーファームへ


またカフェニヤニヤ


前日の空腹が2日目にも響いてますニヤニヤ










そしてカフェをあとにして

サントリーブナの森工場へ。




サントリーの社員(部長)である犬友さんに
「今ここです」とサプライズな写メを送りましたウインク





↓雪室
冬の雪を貯蔵して工場内の冷却に使用してるそうです。
アルプスの雪渓を感じさせます




山の恵みを受けながら登らせてもらってる者にとって
山の水のお話は、山への感謝の気持ちをさらに大きくするものとなりました




で、

また増えた“クリアファイル”

休暇村にあった景品引換券で貰いましたウインク











「連休、天気のいい所はどこ?」から始まり、

「山陰は快晴や」

 で、


急きょ行くことになった奥大山。

楽しめました~ラブラブ



今回、

仕事で遅く帰る娘に代わって
娘の彼氏が我が家の愛犬のお世話を
しに来てくれました

助かりました~照れ

次回の遠征も犬の世話とお花の水やりをやってくれるそうです

(次回予定している遠征の頃は全国的に天気が悪い模様(>_<)
延期かなぁ~( ̄~ ̄;)



奥大山の山旅から帰った連休最終日は
サントリーの部長のご愛犬のトリミングで↓キラキラ








奥大山の話題で盛り上がった連休となりました



サントリーCMを観る度に
奥大山の思い出がよみがえります照れ




最後までお読み頂きありがとうございました



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
つづきです



奥大山、渓流編は→こちら


烏ヶ山の山レポは→こちら





渓流の動画に続いて、山行の動画を。


藪漕ぎが多く、クマに出遭いそうな登山道でした


ヒグラシの鳴き声が大きすぎて
野鳥の声も消されてたので
映像のリアルな音声はミュートしてます


4分です
よろしければ







ご覧いただき有難うございました


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
続きです。




渓流編は→こちら


世間の3連休の前の金曜日から、
1日早く休みを取っていました。


行先は鳥取県の江府町、奥大山。


「とある山」とは山陰のマッターホルン、
烏ヶ山(1448m)のことです。



(鬼女台より撮影)

前記に書きましたが
地震と大雨により崩壊が進み、江府町は登山の自粛を促しています


崩壊とは関係なく元々中級以上の山で、
山容を見てもわかるように後半は急登でした


「危険だと感じたら登るのをやめよう」

そうふたりで決めて挑みました


烏ヶ山は2つの登山口があり、
山頂を周回する予定で登り始めました


選んだ登山口がキャンプ場側のカーラ谷登山口。


この登山口を選んだことで、今までにない山行になりました







登山口から入ると山の中はヒグラシだらけもやもや

お互いの声が聞こえにくいくらい大合唱で、

ヒグラシはすぐ近くでも鳴いていて、
顔のそばを横切ったりします

「オシッコかけんとってやぁ!

何度もヒグラシに叫びました真顔





スタートしてすぐにジブリな道グリーンハーツ


その後の道は人があまり入っていないので
植物が伸び放題。

クマが出没している山なので、笹の藪漕ぎでは
熊鈴を鳴らしまくりでした。


ロープに頼って登ったあとの稜線は
痩せ尾根でかなり道幅が狭く、
左右共に断崖になってて、藪で見にくい上に
クネクネ曲がっているため、藪の下の足元を
しっかり見て歩かないと滑落しますアセアセ



山頂直下が見え、もうすぐだ~と思ってると


目の前の登山道が崩れ落ちて
無くなっていましたガーンタラー




狭い狭い尾根。


自分たちがいる足元の道もいつ崩れるかわからない滝汗

支え持ってる木の根元も
土が流れ落ちてスカスカでしたポーン


ヒェ~~~ガーン


トラバースできないこともないだろうけど

急斜面で地震でもろくなってる地層


ムリ!!!


撤退!!


山頂まであと標高差10m、、、
下山しました



下山途中にすれ違ったのが
前記で写真を載せさせて頂いた方です

登山を始められて7年、
1年のうち11ヶ月間、家に戻らず山三昧。

7年前は100mも登れなかったそうです
山にハマってどんどん登って鍛えて
軽く100名山制覇

すごいですね~~~キラキラ


その方が撮って下さった写真




ちなみに私達は100名山には全くこだわっていません
全国にある名の知られてない山にも魅力がいっぱいウインク
色々登りたいので〇〇制覇は目指さないでいます


とはいっても、目標を持つことは大事ですね



今回の山行は、宇多田ヒカルさんが
登ったであろう場所まで行く!
という目標があったので

撤退しての下山中、


私「よし!向こうの登山口からもう一回登るで!!」

池やん「マジか!!」



もうひとつのルートからもう一度
登り返すことにしました真顔


下山後、休憩せず、そのまま別の登山口まで歩き再登山!


こっちのルートの方が長く、

2回目の登りだったのでヘロヘロアセアセ


休憩しているところへ
岡山県在住のカップルさんが登って来られて意気投合しました


お互い、なんだかホッとしました照れ




アップダウンのあと、
目標の尾根の分岐に着きました


ここまで登ってわかった・・・

最初の登りで、向こう側の尾根から
矢印の所まで来てたのです

もうちょいだった~~~アセアセ

矢印のとこまで来て撤退したのかぁ~~

実に惜しい!












最初のルートで話をした方は危険な場所を
トラバースして無事周回されましたが
滑落の危険は五分五分だったそうです(>_<)





ここは山頂ではなく、尾根の分岐ですが
標高は山頂とほぼ同じです


山頂へはここから少し
痩せ尾根の岩場を歩くらしいのですが
(CMで映ってる岩尾根)
直前に落石を見たと聞いたので
山頂は断念しました。

この場所で充分ですニヤリルンルン

でも、目標は達成し楽しめたので満足です





食事の材料を持ってきてたのですが
小さなアンパン2個の行動食で済ませ
1座を連続で2回登り、途中、
持ってたスポーツドリンクがなくなってからは、
予備の水と厄除け用に持参している塩を舐めました。


下山したら涼しい渓流が待っているおねがい

渓流への想いを胸に頑張り、無事下山。


そして、(前記の)
木谷沢渓流へと移動し
涼を堪能し、休暇村でお風呂に入って

国道近くまで下りて中華屋さんで夕食。


この日、まともに食べたのはこの食事だけ



行動食しか食べていないので
ご馳走でした



大阪から移住してこられたご夫婦が営んでるお店だったので話が弾みました照れ




そして夜は毎度のごとく星を眺めながら車中で就寝zzz






2日目はサントリー天然水ブナの森工場見学へ。




次の記事は山行の動画です。③登山動画は→こちら



つづく。



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
14日の金曜日、

夜中3時に起きて


とある山へ。


地震と大雨で崩壊の進んでいる山。


登山自粛が促されているので

山の名前は伏せておきます。

(記事タイトルでご存じの方は多いかもニヤニヤ)


山レポの詳細は後日UPしますが・・・



登ったのは山頂直下まで。









↑この写真でどこの山かピンとくる方がいるかもウインク




途中から一緒に登ったカップルさんと







↑日本100名山すべて、
200名山、300名山も半分以上
制覇されてる方と記念写真キラキラ


凄い方に出逢ったら一緒に写真を撮りたいワタシですラブラブ




股覗き音符

こうして見ると違った景色が見れるんですよブルーハーツ



山行はまた後日。

まずは

山登りのあとに行った某渓流を・・・



場所は伏せておきます

(…って、動画には地名が出ますが(^^ゞ)





クマ出没のお知らせがたくさん貼ってありました


出て来てもおかしくない場所です



熊鈴を鳴らして歩きました



想像通りの美しさ





いたるところで大きなカエルと出会います













渓流はダイジェスト動画で

(カエルとお喋りするシーンがありますが
温かい目でご覧いただければありがたいです(^^ゞ)





この渓流のそばの駐車場で車中泊をしたのですが、

「きっとホタルが沢山いるんだろうなぁ」

と思いつつ、熊出没が気になるし、、、

ホタルは諦めて、満天の星空を眺めてると…

川からホタルがこちらの方へ飛んできましたキラキラキラキラ
あ~感激ラブラブラブ

流れ星も見れて流れ星キラキラ

自然から素敵な演出を受けました。



ただ、

某CMで見て、行きたい!登りたい!
と思って行ってきたのですが



私達のようにここを訪れる人が
増えることによってこの豊かな
自然環境は壊されていくかもしれない…

真顔


考えさせられました。


とても複雑な気持ちです



山も。

どこまで人間が入っていいか。

どこまで許されるか。


今回はその山の神様が決めた領域が
あるような気がして


今までにない山行となりました


後日UPします。



つづく。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。