幼少時の記憶では、新宿駅に南口はなく、ただ甲州街道が無粋に通っているだけでした。3年前の写真ですが、その南口は大きく変貌し、乗り降りや通行の量は都内でも随一。駅の南方はこのような都会的景観を誇り、新南口に加え、サザンテラス口(この日はオープン前日)までできるに至りました。人工地盤がもっと大きければ隣の代々木駅と一体化してもおかしくないくらい南の充実ぶりは目を見張るものがあります。


ドコモのタワービルの時計を見ると何となくわかると思いますが、短針と長針が重なる時分。20時40分頃の一枚です。頃合いがよかったようで、タイムズスクエアの左上あたりに、うっすらと月が顔をのぞかせ、新宿の明るい夜空を程よく調和するかのよう。手前は道路工事等でゴチャゴチャしてますが、不思議と落ち着きが感じられるのは、そんな夜空の広がり、あと光や雲など全体的に白が目立つせいかも知れませんね。


続 東京百景(BETA version)-#030 タイムズスクエアと夜空


→こちらもどうぞ...「東京モノローグ」第208話 ~変化あっての新宿駅

AD