朝、8時半過ぎ。所用で国土交通省の荒川下流河川事務所 に向かう途中で撮影した新河岸川です。同事務所は荒川・新河岸川・隅田川の三河川にアクセスしやすい好立地にありますが、公共交通を使って行こうとするとひと苦労。筆者も自転車で駆けつけることになります。(比較的近所なので可能な話)(^^;


三月にしては寒々とした印象を受けますが、川というのは往々にしてこういう表情を見せるものです。それでも空の色合いをそのまま投影するため、東の明るさが映る辺りは穏やかな感じ。その明るくなっている方向、つまり川下の奥側は川の名称が変わり、隅田川になります。


ちなみに左の土手の裏は荒川で、土手の先に見える箱(4つ)と青い壁は通称「水門」(新岩淵水門)になります。


続 東京百景(BETA version)-#023 新河岸川とその先の隅田川


→こちらもどうぞ...「東京モノローグ」第218話 ~浸水想定深を探る

AD